ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

狂王の情愛/富樫聖夜   

久しぶりにTLの感想を書くなぁ・・・(更新自体久しぶりなのは置いといて)
個人的にTLは合う合わないが結構激しいので、ほぼ作家買いが多いです(丸木さん、葉月さん、あと今回富樫も自分にはツボな作家さんかななんて)あとレーベルがもはやわからん!個人的はソーニャ推しかしらー(レーベル色的に)

狂王の情愛 (ソーニャ文庫)
富樫聖夜
イースト・プレス (2017-04-30)
売り上げランキング: 8,945

大国ブラーゼンで人質としての日々を過ごす小国の王女ティアリス。身分の低い母を持つ彼女は、祖国でもブラーゼンでも冷遇されていた。だがある日、ブラーゼンの第四王子セヴィオスに出会う。似た境遇の二人は惹かれあい、愛しあうようになるのだが、セヴィオスの愛はやがて排他的な狂愛に変わっていく。彼の異常な愛に気づかず、王となった彼のために身を引こうとするティアリスは、静かに微笑む彼に強引に組み敷かれ、何度も欲望を注がれて…。



エロだけではなく(個人的には薄めだと思った。自分が麻痺してる訳ではないと思いたい 笑)ヒロインとヒーローが惹かれ合う過程とか、歪みのネタバレとかストーリがとてもしっかりしててとても読み応えがあって良かったです。まぁタイトルから察し・・・という感じなので結構好き嫌い分かれそうな感じがしますが自分は面白かった。

要約すれば、母親が庶民(孤児院出身の歌姫)だった為に冷遇されていた王女ティアレスが大国ブラーゼンへ人質として送られるのだけど、そこで第四王子に出会いお互い惹かれあってラストは王子は聖王となり王女は聖王妃になりましたとさ、めでたしめでたしなシンデレラストーリーんだけど、そのハッピーなエンディングを迎える為に邪魔な物は迷わず排除してきたので振り返ればきっと血でドロドロなはず・・・そもそもヒーロー第四王子セヴィオスが王になったのは、ティアリスに「優しい世界」をあげたいからでその目的の為王になった訳で、その為に邪魔な父と異母兄を殺したり(もちろん自分の手は汚さず)ヒロインに優しくなかった王である父、王妃、異母姉もヒロインにこっそり国ごと滅ぼす優しさ(?)

一見、セヴィオスが執着を拗らせて箱庭にティアリスを閉じ込めたい故の行動かと思いきゃ、無意識に彼女が自分の望みを叶えさせていて、本心では自分と母親を冷遇した父や王妃、異母姉を心から憎んでいて、わたしの世界には必要ない、さようなら!と自ら作られた優しい箱庭で自分に優しい人や物だけを見て生きていくという感じでなかなかの歪みっぷり・・・王の前で、ティアリスの事をディスったらもう酷いですから、賢王の耳に入ればたちまち王は狂王となるという噂があるぐらい・・・ちなみに侍従見習い(他からすると)からすると、ティアリスは綺麗だけど聖王妃としてはパッとしないと称されてるそうですよ(限られた公務しかやらない、朝議で発言しない、謁見であまり言葉を発しない)まぁそんな言葉は彼女の耳に入る事はないし、きっと自分に優しいものだけを見続けるんだろうと思います。

(ちなみに、優しい王女様につけこむ狡猾宰相がヒーローな「二人だけの牢獄」も非常にオススメです。)
スポンサーサイト

Posted on 21:06 [edit]

category: ティーンズラブ系

tb: 0   cm: 0

身代わり伯爵と終幕の続き/清家 未森  

身代わり伯爵と終幕の続き (角川ビーンズ文庫)
清家 未森
KADOKAWA (2017-05-01)
売り上げランキング: 271

大公夫婦に第三子誕生!…そのとき何が起きたのか?(「身代わり伯爵と終幕の続き」)、変人揃いの女官見習いたちが、若手騎士との集団お見合いを実施!?(「令嬢たちのお見合い大作戦」)、華麗なる恋愛遍歴を持つ第五師団長・ジャック。ついに彼に恋の女神が振り向く―か?(「身代わり伯爵と忘れじの恋の約束」)他、リヒャルトとフレッドの出会いを描いた非売品小冊子掲載の中編も収録!幸せいっぱいの短編集!!


表紙が幸せいっぱい・・・・!ミレーユの表情がすごく大公妃だし、母って感じで感動・・・・!
(今回ちょっと扉絵のみで挿絵がないのが少し残念でした。)

前半は全員サービスとかの小冊子などからの再録で、リヒャルトとフレッドが親友になるまでの話で読んでてエドパパやラドフォード男爵という存在がいて良かったなぁとしみじみ・・・いづれシアランを取り戻すというリヒャルトの決意にグッとさせたれる短編でした。

メインはシアラン編の面々たちの話で、大公妃の愉快なお友達たちの令嬢のお見合い大作戦で(ルドヴィックとシーカ様がついに・・・!ただ契約結婚的なノリだったけっど 笑)それぞれ個性が爆発したり、ついに団長にも可愛いお嫁さんが・・!というかあんなロマンチックなエピソードあったんだ(失礼)
合間に挟まれるシアラン大公夫妻の幸せっぷりのエピソード、そして本編最終章の続きでは3人目は男女の双子ちゃんも生まれて、ミレーユやリヒトくんルクスくんたちと一緒に賑やかにそして幸福そうに暮らしていて本当に良かったね・・・・と。

欲を言えば、アルテマリスの面々のお話も見たかったけどここまで読めて良かったです。身代わりシリーズの面々と会えなくなるのは寂しいですが、とても楽しませてもらいました!完結〜後日談まで読めて幸せだ。
(清家さん体調を崩されていたとの事なので、是非ともご自愛してください・・・健康第一なので)

Posted on 13:00 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

なんちゃってシンデレラ 王宮陰謀編 なんちゃってシンデレラ、はじめました。/汐邑 雛  


夫ナディルの遠征中、アルティリエの侍女リリアが攫われた!一連の事件の鍵を握る人物からの呼び出しだと悟ったアルティリエは、自作の菓子と“夫の手紙”をお守りに「絶対出るな」と言われた王太子宮を抜け出すことに。そんな彼女の前に現れた驚きの人物とは…!?アルティリエ出生の秘密も明らかに!?元お菓子職人転生幼妻の餌付け計画第一章クライマックス!



転生幼妻要素部分を公式は押しているし、絵柄も可愛い感じだけど結構ガッツリ陰謀でめっちゃシリアスなシリーズ。そこが個人的に気に入ってます。
旦那の餌付けは一休み(だいぶ胃袋を掴みつつあるけど)で今回で王宮陰謀編が解決という事で真相がどんどん明かされて行ったので夢中になって読んでしまいました。
誰よりも守られているアルティリエを害することが出来るのは王しか出来ないし、王妃に見せかけて彼が黒幕というのも納得というかそれしかあり得ないか・・・その真実に気づいていた元のアルティリエが心を殺して人形みたいになってしまうのも当然な話でしたね。どうやら、公爵領に帰ってた際の陰謀でやはりアルティリエは一回死んでしまい、今の和泉摩耶が転生した状態とはイコールではないみたいでもう元の人格は戻ってこなさそうなのでオリジナルの方が不憫だなぁと。

エルゼヴェルト公爵家の姫(滅んだ帝国の皇女の血筋で鍵の姫)を守る為に王家があるなど、色々とダーディニア王家の事なども明かされてきたのだけど、家系図とか設定がちょっとややこしくて混乱する(笑)
あとなぜ不幸な結婚とされてたのに、エフィニア王女は皇太子であるナディルではなくエルゼヴェルト公爵家に王は嫁がせなかった理由を知ると(おそらく、エフィニアはエレアノールと王のグラディス四世の子でナディルとは異母兄妹。アルティリエは姪ではなく孫色々腑に落ちるなぁと。愛する人の忘れ形見だけど、憎きエルゼヴェルトでもあるんだから愛憎を抱いちゃうよな・・・。この時点で王は(エピローグでは薨去してしまってる)近々訪れる死期を悟っているのだけど、アルティリエに最後に「おじいさま」と呼ばれて、そしてこの国を滅させないから安心してねの言葉は嬉しかったのではないかな。

立場に縛られて自分の愛を貫けなかった親世代や、消えてしまったアルティリエまでこの二人には幸せになって欲しいものですね。今回、嫁は黒幕と対峙で旦那は遠征だった為ラブ度は薄いですが離れていてもお互いを信頼してるのがいいなぁと。唯一の鍵の姫であるアルティリエにはこれからいろんな事が待ち受けてそうだけど・・・

今回割と綺麗にまとまってはいたんですが、次からは第二章である王都迷宮編も書籍化されるという事で楽しみです。

Posted on 13:00 [edit]

category: B's LOG/アリス文庫

tb: 0   cm: 0

4月読書メーターまとめ  

気づいたら5月がきました。北海道はやっと桜!お花見!という季節ですが自分の住んでいる地域はまだ咲いてません(蕾になってるかな・・・)お花見の予定はないけど、桜は好きなので早く咲かないかな〜なんて
GWなんて関係ないぜ!!という感じなんですが、ちょっとゆとりが出来る予定なので、趣味に時間が使えたら良いのだけど。今月も割と大変だったのですが、それなりにコミックとか読めたのだけど感想つけないでだいぶ放置してですね・・・
ほんと読んだら小まめに感想付けるようにしたいです・・・ナノ彼も第1章完な7巻まで揃えたので、復習しがてら再読する予定です。一言感想を言うと、鷹人くん全部行動が裏目に出てもはや可哀想なんや・・・
あと毎月ぼやいてるけど、ブログの更新ももっと頻繁にしたいんだ。自己満ブログだけどね、更新ないとこっちもつまらん!!

と言う事で、今月のお気に入り・・・!


令嬢鑑定士、公式とかでは完結になってないけど糸森さんのブログを読む限り今回で完結っぽいかな・・・・世話焼き悪魔と病弱ものぐさお嬢様のコンビが楽しかったしただ残念。あとリズの家族のキャラの濃さ好きでした。
なんちゃって〜は真相が一気に明かされてすごく夢中で読んでしまいました。こんな可愛いイラストなのに内容はめっちゃシリアス。身代わり伯爵は、本編後の短編集でただ書いてくれてありがとうございました、と。表紙のリヒャルト、ミレーユ、そして子供達の姿ににっこり。

と言う事で、5月は久しぶりに10冊以上読むぞ・・・!(4月は9冊)感想もちゃんと書くぞーーー!

追記より読書メーターまとめです(今月もおまけで少ないけどBLもあるよ)
-- 続きを読む --

Posted on 21:31 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター