ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

ただいま神サマ募集中っ!/香月せりか  

電子書籍ストアで見つけて思わずポチっとしてしまいました、懐かしい・・・・!当時たまたま表紙が目に入ってのを買って、読んだらいいお話だったなーと今でも自分に引っ掛かってる作品です。そしてそれかが香月さんとの出会いでもあります(今は葉月さん名義の方が多いけども)
この作品2009年ですって、学生でしたよね当時は(白目)
電子に弱い(と自分は思っている)コバルトさんも少しずつ昔の作品も電子化してるようなのでその調子で頑張って!


神様を見ることができる女子高生・七緒の家は、それなりに歴史のある水浪神社。しかし祭神のミズローが働かないせいで、参拝客も激減。うっかり増えた借金のために、立ち退きを迫られていた。そこへ突然現れたのは、ミズローとそっくりなのになぜか美形に見えるもう一人の神様。彼は「何でも望みを叶えてやる」と、たちどころに借金問題を解決、その上で、七緒と結婚したいと言いだして…。



一様ラブコメものらしいですが、個人的には家族愛な感じで恋愛色は弱いのかな?と
現代物だし

祭神が働いてくれないので神社が流行らない、うっかり増えた借金のせいで立ち退きを迫られたり毎日モヤシご飯という結構ギリギリヒロインな七緒ちゃん(お父さんコンビニのアルバイト行ってるし)とそしてあまりにも働かないので物語の早いうちにクビにされるニート神のミズローの掛け合いがコミカルでとても楽しかったです。デート行こうぜ!といってデパートの屋上のパンダの乗り物に乗せに行ってくてたり(お金がないので自販機の下から100円拾ってくる)ドヤ顔でチョコボールの銀のエンジェル的なのをプレゼントしてくるので高校生な七緒ははぁ?という感じになってたけど、きっとミズローにしたらいつまでも可愛い子供みたいなものかもしれない。

ミズローの本体(?)のクローが出てきてスパーンと500万円返済してくれて(ただしあまね様のへそくりだった)彼に口説かれたり高天原に攫われたり、あまねさまが大活躍してたりと盛りだくさんだったのだけどページ数がそんなにないのでサクサク進んでしまうのが少し物足りなかったかな。
実はミズローの力がないのはちゃんと理由があるのだけど、彼の行動理由は全部七緒を守るためというのにぐっとさせられました。
あのデートプランも小さいころの七緒が好きだったから(当時はお賽銭の100円)銀のエンジェルもおもちゃを七緒が欲しがったからなんだよね、、

ラストはミズローも力を取り戻し神社も盛り返してきて(ただしあまねさまに返済中)めでたし、めでたしなのだけどもう少しこのシリーズを読んでいたかったなぁと(この1冊で終わってしまったので)この後、七緒とミズローで花束を持ってお母さんのお墓参りに行ったのかな・・・?
スポンサーサイト

Posted on 21:07 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

宝石商リチャード氏の謎鑑定 天使のアクアマリン/辻村 七子   


(1巻発売の時はBLタグが付いててざわついてた気がしたけど、今公式を見たらバティというタグになってて????)

宝石商リチャード氏の謎鑑定 (集英社オレンジ文庫)
辻村 七子
集英社 (2016-11-18)
売り上げランキング: 2,523

美貌の敏腕宝石商・リチャードの店「エトランジェ」でバイト中の大学生・正義。店には様々な人間が訪れる。結婚三十周年記念の指輪のための宝石を探す夫婦、恋人と連絡の取れなくなった女子大学生。そして、とあるオークションへの代理出席を依頼する者も。オークション会場には、リチャードの過去を知る男がいた。正義とリチャード、それぞれの想いはすれ違い―!?


「危ういトルコ石」で悪質商法のアジト(?)に変装して絡みにいったリチャードと正義ににちょっと笑ってしまった(笑)
あと正義の前では素の部分というか、ちょっと甘えた表情をみせてしまうとことか正義に自分を褒めさせて盛大にドヤるリチャード氏は可愛さしかなった。

エピソード的には宝石を通して色々な夫婦(恋人)の形があるんやで、という感じだったろうか・・・・
谷本さんは恋をしたくないからさっさと結婚したいという独特な考えをする子だったんだな(その考えを否定する気は全然ない)正義が気持ちを伝えた事によって恋にちょっと前向きになれた事でもしかして・・・・と思わなくはないけど、正義くんの隣にいると自分も良い人になったみたいでそんな自分が好きだ!という状態になりそうというか私自身2人を応援出来なくてハッピーな結末を思い描けません。プリンを作ってあげたいのはどっちなんだ!!
でもアクアマリンを見たとき谷本さんみたいだと思ったんだ!と告白するシーンはとても好きなんだよな。真っ直ぐな正義らしくて。

リチャードの隠された部分がちょっと明かされたのもつかの間、キューピットを演じてそのままどこかに行ってしまったリチャードに絶望しつつ、前のパートナーとのトラウマもあっただろうしたぶんこれ以上正義との距離が近づかない様にだと思うと辛さしかない・・・・
明らかに好意がダダ漏れだったのにそれに全く気付いてなかった正義だったけど(そして無意識の好きだ等の発言)母親のひろみや穂村さんの言葉でさすがに気づいたかな・・・?(正義が自分の為に作ってくれてるから喜んでたのかプリン・・・・)
ひとまず次の巻ではリチャードを探しに行く旅に出ると思うので(願望)そのおせっかい根性でリチャードをがっちり捕まえて、ちゃんと彼と本音で向き合って欲しいなと思います。

Posted on 22:58 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

後宮陶華伝 首斬り台の花嫁は謎秘めし器を愛す/はるおか りの   

\ 全然更新出来てなかったやつ ~/

後宮陶華伝 首斬り台の花嫁は謎秘めし器を愛す (コバルト文庫)
はるおか りの
集英社 (2016-11-01)
売り上げランキング: 35,224

帝国の三人いる公主のうち、今まで一度も縁談が来たことのない長女・鳳姫を見初めたのは、野蛮な国と名高い鬼淵国の若き王・神狼。周囲が同情を寄せるなか、鳳姫は父王の命令ならば従います、と覚悟を決めていた。というのも、鳳姫は母妃の不実によって生を受けたにもかかわらず、父王の慈悲により真公主として育てられた負い目があったから…。そんな鳳姫が見つけた、真実の愛とは!?


後宮シリーズも第4作目で今回は「陶磁器」というテーマだそうで、作中陶磁器を絡めたエピソードや蘊蓄などが結構多いのですが、そこから辺の知識がまったくない自分には読みづらくてちょっと辛かったり・・・

今回のヒロインは不器用でも自分なりに精いっぱい頑張る子でとても好感が持てました。初めは不義の子である自分が公主として育ててもらった恩に報いるために鬼淵国に嫁ぎますという感じだったのが、神狼と出会って接していく内に恋をして自ら望んで行くんだという感じになっていくのでとても爽やかな結末だったなと。ラストでは偽公主だという事を引け目に思ってた鳳姫が、真公主よりも公主らしくあろうと思えるようになったのも良かった。このカップルのエピソードとしては、個人的に鬼淵語で「あなたなら必ず上手くいきます」と伝えたかったのに、この豚野郎!とかくそったれ!とか汚い言葉になってたのには笑った(発音が難しいらしい 笑)その後に「愛しています」も「あなたを殺してしまいたいわ」になってしまったようだけどこれは、これで萌える。

メインカップルは政略から始まる恋という感じの王道で良かった、まぁ周りがまた愛憎渦巻く感じでドロっとしてはいるんだけど読みごたえはあって面白いんだよね~(甘すぎず苦すぎず)まぁ神狼の元王妃は結構(悪い意味で)したたかな女性だったんじゃないかな、彼はちょっと妄信してたようだけど。あと1作目に出てた大叔母である翡翠長公主のエピソードも(和藩公主繋がりで)語られてましたがめっちゃ悲恋でしたね・・・・

相変わらず、今上帝は宋皇后だけを寵愛してるようなので(ただ公主たちは溺愛しているらしい)今の後宮は不幸ですよね、どんなに寵愛を望んでも見向きはされないんだから(公子か公主を産んでまぁ上位の妃でいれればいいぐらい割り切れれば良いけど)向麗妃も甘明儀も後宮のせいで不幸にされたようなものだろうし。

そんなこんなで皇太子である遊宵も(血は繋がらないといっても)姉に恋心を抱くと言う難儀な恋をしてしまっていた訳ですが、最初執着が爆発しそうでビクビクしだけど、自分が神狼には叶わないと気付いてからは、鳳姫に思いを伝えて失恋した後は二人の婚姻を弟として応援してる姿がちょっと切なかったり。

いう感じでキャラ立ちしているサブキャラが多いので、もう少し後宮シリーズ続かんじなのかな?

Posted on 21:55 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

アルバート家の令嬢は没落をご所望です 3/さき  




国一番の才色兼備の大貴族の令嬢として知られる、実は変わり者のメアリ・アルバート。従者のアディと無事ゴールインし、物語はめでたしめでたし、で…終わらないんです!ついにメアリ・アルバート、念願の渡り鳥丼屋開業!!でもそれには何やら横やりが入ってきていて―?他にも元・野心家令嬢や泣き虫令嬢たちの賑やかなその後を描いた、大人気WEB小説、胸キュンも詰まった番外編短編集!


みんなメアリ様が大好き過ぎな件
ツンデレだけど、面倒見が良いもんねお嬢。
あと友人であるアリシアとパトリックの結婚式で泣くのを我慢しちゃうところとか素直じゃなくて可愛い!

結婚をしてもお嬢様と従者の関係はそのままであるんだけど、恋愛面ではアディがリードしてるようでメアリも仕掛けるので(そしてたまに節度が発動)その2人の甘いやり取りにニヤニヤしてしまいました。アディの部屋にお泊りが、アルバート家では七十七番と呼ばれてて笑ってしまったw個人的に大学時代に、無意識に隣をみあげちゃう(いつもアディが横に立っていたから)メアリが可愛いなって思った。あとメアリとアディの出会いのエピソードもお気に入りです!「はじめまして、お嬢様!」なちみっこアディとか可愛さしかない。

今回の短篇集では、エレンシア大学(ドリドリの登場人物たち)でのご学友たちのその後も読めたのが嬉しかったです。
一番綺麗にまとまったのはパルフェットとガイナスカップルなんだろうけど、野心家なマーガレットもとある三男坊を射止めたり、カリーナはまぁうん・・・・それぞれ楽しそうでなにより。

そして友人たちがメアリがアルバート家を継ぐと思って色々動いてたんだけど、実は念願の「渡り鳥丼屋」オープンが決まっただけだという見事なすれ違いっぷりに笑ってしまったw

という感じな本編後の賑やかな短篇集でとても満足。面白かった!

Posted on 16:57 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

10月読書メーターまとめ  

はいはいはい11月ですね~~急に寒くなったので、風邪に気を付けなければーあとインエンザのワクチン今年は行かないとなぁと、体調崩して体調悪くなるのは勘弁なので!
あと今年も2カ月で終わりかぁという感じで相変わらずじりじりしてるんですが、年末は色々なブログさんがまとめを上げられるのでそれが毎年の楽しみなのです(自分もボチボチ準備しないとね!)

今月は、乙女ゲーム「灰鷹のサイケデリカ」をメインにプレーしてたので読書は全然捗らず6冊でした。ここ最近では一番少なかったかも(笑)

ビーンズ文庫では糸森さんの新作がスタート!
これから面白くなりそうな感じなので、今回は完結まで読めるといいなぁ
ちょっとずれたご令嬢と世話焼きな悪魔のカップル(?)が面白い


あとは久しぶりにTLの新作に丸木さん来たよ~
現代物だけどあまりそんな感じはせず。安定の執着ヒーローなんだけど、結構メンタル弱くてそこにイイネ!となったり。そして丸木ヒロインは結構したたかで好きだ。


灰鷹をプレーしてから、サイケデリカから抜け出せなかったので積んでいたノベライズを読んだりもしました。
ただのノベライズかと思ったら、まさかの本編の補足的な内容だったとは・・・個人的には黒蝶が好きならば読んで損はしないと思います、というかこれ本編入れた方が良かったのでは?となった。
来月に下巻も出ますよ~


今月の新刊も届きそうだし、積み本がまた増えてきたので残り2カ月は読書を頑張りたいと思います。
(iPadみたら電子書籍も結構積んでた~~よ、読まなきゃ)

という事で、下から読書メーターのまとめです。
-- 続きを読む --

Posted on 21:05 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター