ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

小説 黒蝶のサイケデリカ 上巻/秋月鈴音   



小説 黒蝶のサイケデリカ 上巻 (オトメイトノベル)
秋月鈴音
一二三書房 (2015-11-20)
売り上げランキング: 304,068

記憶をなくした少女・紅百合は、同じ境遇の男性4人と共に不思議な洋館に閉じ込められていた。そこに館の主を名乗る人物から『万華鏡ノ欠片ヲ探セ』というメールが届く―。洋館脱出するため、館の主の命令どおり紅百合一行は「万華鏡」の欠片を集めることに。紅百合たちは無事に洋館から脱出できるのだろうか?館の主とは一体?


灰鷹をコンプした後、何となくサイケデリカから抜け出せなかったので積んでいた黒蝶のノベライズを読んでみました。
ライターさんが書いている訳ではないですが、作品の雰囲気そのままだったしイラストは原画の結賀さとるさんが担当されてますよ!(個人的に挿絵のうさぎちゃんが可愛かった!結賀さんはモノクロでもとても安定してる(上から)のでイラスト的にもオススメ)
ソフトカバーなのでお高いのですが、本編では語られなかった裏側的なノベライズだったのでとてもおススメしたい・・・!(kindle,bookwalkerなどでも配信してるようです)

ちなみに下巻は12月16日に灰鷹の公式アートブックと同時発売だそうで、ちゃんと出る事に安心したw(上巻が去年の11月発売だったのとオトメイトノベルズにあまり動きがないのでもしかして出ない・・・?となってたのでw)

という事で、今回は一回たたみます~~
(黒蝶、灰鷹について触れると思うので)
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 17:57 [edit]

category: ノベライズ

tb: 0   cm: 0

灰鷹のサイケデリカ プレー感想  

ゲームコンプしたのセブスカぶりだぜ・・・!
しばらく「灰鷹」をどう読んでいいかわからなかったけど、シンプルにハイタカでオッケーだったようだ。
灰鷹のサイケデリカ
灰鷹のサイケデリカ
posted with amazlet at 16.10.22
アイディアファクトリー (2016-09-29)
売り上げランキング: 1,224

サイケデリカの新作という事で今年一番楽しみにしてた作品。
実際プレーしてみて、正直期待し過ぎた感はあったけれど(自分が黒蝶と同じテイストを求めてしまってたし)哀しくも優しい物語という感じでとても良かった。個人的満足度は8点(10点満点中)
割と現代物よりも童話な世界観とかが好きなのもあるし、今回プレー後すごくキャラクターたちに愛着がわいたしで自分はこの作品好きだなぁってじんわりしてる。あとは結賀さんのスチルや音楽も素敵で満足。スチルは今回結構多めに感じてテンション上がった!
「灰鷹のサイケデリカ」という作品としては完成度は高いと思うけど、ストーリはほぼ一本道だし乙女ゲームをプレーしてるというより本を読んでる感覚に近かったですね。

という事で追記よりネタバレ感想です
-- 続きを読む --

Posted on 17:42 [edit]

category: オトメイト

tb: 0   cm: 0

若奥様、ときどき魔法使い。/白川 紺子   

オビで気付かなかったけど、クマのマルコも一緒にいたんだね!可愛い~

若奥様、ときどき魔法使い。 (コバルト文庫)
白川 紺子
集英社 (2016-09-01)
売り上げランキング: 137,904

魔女が玉座に座り、貴族は魔法使いであるオムニア王国。優秀な魔法使いであるバイオレット伯爵レンの妻ローズは、たまにしか魔法が使えない落ちこぼれ魔法使い。王国では、春を呼ぶ魔女―春荒れの魔女―が現れず、冬の精霊があちこちで悪さを働いていた。しかも魔法使いたちが氷漬けにされるという事件も発生。そんな折、女王はローズこそが春荒れの魔女だと言い、拘束しようとして!?



魔法が使えたり、出てくるスイーツの描写も美味しそうだし(ただ私には甘過ぎるかも 笑)すごくキラキラとした世界観にとても癒されました。ひたすら旦那様に溺愛され続けるので、とても糖度も高くて少女小説的にも満足!お互いしか見えてない感じで本当にごちそうさまでした。個人的に、旦那さまの嬉しいと花を咲かせてしまう魔法がとても可愛くて一番お気に入りです。その花をリボンで結んで妻にプレゼントしてるとかきゅん()

魔法使いとしては落ちこぼれなローズだったけど、それでも魔法で人の役に立ちたいんだ!と前向きなところがとても好感がもてたし、最後はトラウマを乗り越えて「春荒れの魔女」になれたのはとても読んでて嬉しくなりました。あとローズが生まれ持っていた魔法は春荒れの魔女として必要なものだったり、すべてにちゃんと理由があったのも良かった!あとやたらお婆ちゃんたちが活躍してて格好良かったです。普段は冷静なのだけど、妻の事になると雷飛ばしたりしちゃう旦那さまも大変GJでした。

他にも、夫婦の馴れ初めの話や親友のリナがヒロインな書き下ろしも載っててとても満足な1冊でした。
レンとローズは情熱的な恋愛をした訳ではないけどとても二人らしくてにっこり。二人の結婚を認めさせる為に、レンのとった行動が結構大胆でニヤニヤしてしまいました。ツンデレ令嬢なリナもやっと素直になれて良かったね!

最近、白川さんはコバルトやオレンジで大活躍ですね~!
今月でた銀灯師シリーズも読むのが楽しみです。

Posted on 22:27 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

蜘蛛の見る夢/丸木文華   

TL読んだの久しぶりな気がする・・・・

蜘蛛の見る夢 (ソーニャ文庫)
丸木文華
イースト・プレス (2016-10-05)
売り上げランキング: 376

目覚めると見知らぬ洋館にいた尚子。そこへ、女物の着物を着た美しい青年・皓紀が現れる。彼は巨大企業の御曹司で、尚子の主人であるらしい。さらに、尚子はバルコニーからの転落事故により、1年間昏睡状態だったのだという。記憶と違う現実に混乱しつつも皓紀に仕える尚子。彼の尋常でない仕打ちと館の異様な空気に、尚子の精神は蝕まれ搦め捕られてゆく。彼の狂った愛に身体をも征服される日々の中、尚子はやがて1年前の真実を思い出し―。


久しぶりにソーニャ文庫の新刊に丸木さんが来たのでもちろん購入しました!
やっぱり丸木さんの文章って好きだなー、読んでて思わず世界観に引き込まれてしまう。語彙力が少なくて上手く説明が出来ないけれど、エロありでもとても品があると思うんだよなー

時代錯誤な家が舞台なので、あまり現代物という感じはしなかったかな。そもそもヒーローの皓紀の普段着は女物の着物だったりするので、ヒロインと一緒に戸惑うしかない。宝来家の奥様の暁子さまは壊れててヒステリー、弟は薬中だったり(途中退場)と結構異様な家で結構読んでて恐かった。奥様なんてラスト付近、刀振り回して殺そうとしてくるから・・・・ラストにヒーロー目線の過去話が載ってたのですが、お母さま生け花にされててそりゃ壊れるなと。あとヒーローヒロインの幼少期色々危ない

ヒロインの持っている記憶と周りの言う記憶が一致しない!もう何が真実が分からない!状態で結構ミステリーな部分があり、真相が気になって一気に読んでしまいました。もしかして自分の地雷(実は夢で体験してた記憶が、ただ似てるだけのまったくの別人で身代わりとして連れてこられた)なオチかと疑いながら読んでたのですがそんなことなくて良かったw
ヒーローもヒロインに辛くあたるので酷いし、ヒロインに対する執着が凄まじいのだけどその行動はヒロインを独占したい!という気持ち故なのでとても純粋なのだろうな・・・・ヒーローはヒロインを自分に縛りつけたと思ってるけど、実は捕まったのはあなたの方なのよ・・・的なオチにゾクっとしました。すべて思い出しても自分たちのために忘れたふりをし続けるという感じで、丸木ヒロインは結構したたかなのが良いですよね!邪魔者もいなくなった、ヒーローはヒロインを手に入れて満ち足りてるので(きっとヒロインの髪の毛にくるまって寝てるんだろうな)その内家、ヒロインに乗っ取られてるんだろうな(そもそも本当の宝来家の生き残りだから取り戻した事になるのか

本編を読んで、表紙とプロローグを読み返してみるとすごくしっくりした
今回も良い感じにドロッとしてて面白かったです!

Posted on 21:38 [edit]

category: ティーンズラブ系

tb: 0   cm: 0

令嬢鑑定士と画廊の悪魔/糸森 環   



令嬢鑑定士と画廊の悪魔 (角川ビーンズ文庫)
糸森 環
KADOKAWA (2016-10-01)
売り上げランキング: 4,384


「契約する。私に飼われなさい」「愛するようにお仕えしよう、お嬢様」絵画好きな伯爵令嬢リズは、叔父の雇った画廊臨時管理人ジョンに「あんたをくれ」と告げられる。しかし、それは愛や恋でなく、リズが持つ絵画に潜む悪魔を見抜く『至聖の目』が欲しいから。実は悪魔のジョンに、契約を迫られたリズが出した答えは―自分が悪魔を飼うことだった!?型破り令嬢と毒舌悪魔の絵画を巡るラブファンタジー!


糸森さんの新作は絵画にまつわるファンタジーで、それに悪魔が出てきたりとか完全にツボでもうありがとうございますという感じです。宵マチさんのイラストも作品にあっててとても素敵~

一様シリーズ化を前提にしているのか、まだ始まったばかりという感じではあるんですが絵画には歪画(ひずみが)というのがあってヒロインは生まれつきそれを見抜く目をもっているとか完全にワクワクしてしまうのだけど・・・・まぁその「至聖の目」のせいで悪魔に目を付けられてしまうのですが。あと結構、絵画の蘊蓄(創作な部分もあると思うけど)が素人ながらとても興味深く感じています。

そして契約する事になった悪魔ことジョン・スミスさんですが、毒舌なのだけど結構世話焼きでそのギャップがとても良かったです。ヒロインのリズが病弱なので、割とその体調に振りまわされてるのが面白かったwあとこの主従の駆け引きのような会話がとても良いなぁと、あとジョン・スミスの芝居かかった話し方が好きだったり。

今回、リズの婚約者が出てきてまあ結構酷い扱いされるのですが彼女自体淡々としていたからかあまりイラっとはしなかったかな自分的には。割と恋愛については貴族だから仕方がないと割り切るタイプなのだけど、これからその考えがどう変化していくのかが楽しみ。あと個人的にリズの家であるミルトン伯爵家の面々が個性的そうで長兄(放浪癖)と長女(浪費家)も出てこないかなとwお母様も良い性格してたし、二番目の姉グレイスはひねくれや、そしてリズは面倒臭がりだし(笑)そんな子供だちだけどわたしの宝物たちで愛しているのよのお母様のセリフにグットさせられたり(リズの突っ込みで感動が台無しだったけど 笑)

例の悪魔関係の事は解決出来なかったし、二人の関係もどうなるか気になるしで続きもとても楽しみ。
今回は作者さんが書きたかったラストまで読めるといいなぁ。

Posted on 20:29 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

9月読書メーターまとめ  

何となくテンプレ変えてみました、どうでしょう?個人的にはシンプルで気に入ってるのだけど、ちょっと色合いに見えづらッてなってます。
さて10月が、やってきた訳ですが・・・・
振り向いたら2017年が後ろに立ってそうで、絶対振り返っちゃだめなやつ

9月はちょっと一瞬で何してたか思い出せないです。
風邪引いてなかなか治らず、苦しんでいた記憶しかない(虚)最近なんだかすごく疲れていて、もう少しゆとりが欲しいなぁとボヤいてみたり。趣味である読書もゲームもなかなかはかどらなくて、積みが増えるばかりです。

そんなこんなで今月は11冊読みました。

個人的にコバルトの新人さん「花恋犬伝」がすごく良くて色々な方におススメしたい
あきさんのイラストも世界観にぴったりで最高でした。

世界観も幻想的でとても良かったのだけど、コトナとセキの絆にグッとさせらました。
この世界観でシリーズ化して欲しいなぁというぐらいお気に入り。

数年越しのまさかの続編でした。
どちらも好きなシリーズだったので読めてまた読めて嬉しかったです。


ルルル文庫が廃刊してしまうのではないか的な話題が出てたけど、一様今冬に新刊は出るみたいなんだよな~(過去シリーズの続巻)

仮嫁もついに最終巻

このシリーズらしい素敵な大団円でした!
最終巻でも元旦那を振りまくるフェルも強いが、それでもめげない旦那も強かった(そしてさすがの鬼畜皇子だった)
後日談の短編集も楽しみにしてます。

読書をモリモリしたいところなんですが(毎月言ってるが)ずっと楽しみにしていた「灰鷹のサイケデリカ」を手に入れた(待ち切れずに地元のゲーム屋に買いに行った 笑)ので、ちょっとゲームメインな生活になるかもしれないかも・・・?

という事で、下から読書メーターのまとめです。
(さっき1回記事を書いたのですが、保存に失敗してまた書き直しました・・書いている内容はまぁ同じなんだけど文章のノリとがが違って我ながら面白いなって)
-- 続きを読む --

Posted on 16:10 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター