FC2ブログ

ひとりあそび

気ままに、読んだ本の感想を中心に綴っています

かくりよの宿飯 四 あやかしお宿から攫われました。/友麻碧   



かくりよの宿飯 四 あやかしお宿から攫われました。 (富士見L文庫)
友麻碧
KADOKAWA/富士見書房 (2016-06-11)
売り上げランキング: 5,525


あやかしの棲まう“隠世”の老舗宿「天神屋」で食事処を切り盛りする女子大生の葵。突然やって来て銀次を連れて行こうとするライバル宿「折尾屋」の旦那頭・乱丸に楯突いた結果、彼女は南の地に攫われてしまう。こそっとついてきたチビの力を借り、地下牢から脱走しようとする葵だったが、その前に乱丸はじめ「折尾屋」のあやかしたちが立ちはだかり―。銀次と一緒に「天神屋」に帰るため、四面楚歌の状況を打破すべく葵が考えた秘策とは…ゴーヤチャンプルー!?


ライバルお宿に攫われて周りは敵だらけで絶体絶命・・・!かと思いきや、いびられつつも何だかんだ自分の居場所を作って南の地を満喫してるんだからすごく逞しい主人公だなっ!となった。最初に閉じ込められた座敷牢(快適)を最終的に寝床にしてたのには笑ったw
折尾屋が舞台だから大旦那出てこないのかなーと寂しく思ってたら、ちゃんと嫁を陰ながらサポートしつつ辛い時は葵を傍で元気付けてくれたりとただのイケメンだった・・・むしろ2人の仲が近づいててニヤニヤ

今回、天狗の親子である松葉様と葉鳥さんはお互い意地を張り合ってたという感じだったのだけど葵の料理のお陰で和解出来て良かった!がめ煮とても美味しそう・・・
葉鳥さんのお母さんの家族を大事にしていた気持ちにじんわりさせられたけど、子供のころ母親に大事にされてなくてトラウマになってしまっている葵がとても痛々しかったです。

折尾屋というか南の地の事情に首を突っ込んでしまっていて、儀式に必要な料理を作る事になったのだけど葵ならきっと海坊主の胃袋をガッチリ掴んでくれるはず・・・・!むしろ全部綺麗に一件落着にしてくれるんじゃないか的な安心感
スポンサーサイト



Posted on 20:49 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

異人街シネマの料理人(2)/嬉野 君   



異人街シネマの料理人(2) (ウィングス・ノヴェル)
嬉野 君
新書館
売り上げランキング: 128,032


殺すべき相手がいるらしいカイ。カイの出自と秘密を探る冬基。血のつながらない二人の兄に仲良くしてほしい桃だが…?美味しいご飯と名画と謎。シネマティック・ミステリー!!


じわじわ面白くなってきてる2巻目・・・・!
今回は桃の異人街シネマの経営パートは少なめだったけど、その分色々と新たな情報が出てきてさらに深まる謎という感じで続きが気になるんですが・・・・・

今まで無意識に相手に好かれるような態度を取っていた桃だけど、少しずつだけど意識しながらやりはじめてる・・・・?いつのまにか真礼ちゃんも桃に心酔してるし、あのカイも桃には少しずつ心を開いてるようなので自分の能力に気づいてしまったらともて危険だな!カイがずっと隠していた自分自身の事を桃の前ではポロっと言っちゃうし。
今回、カイがどこから連れてこられたか明かされたけれどそれは冬基父がねつ造したようなので、依然カイが何者なのかは不明だし、彼を狙う組織もあるようで、さらにお兄ちゃんが何者なのかが気になる・・・・(日本人ではなく、ロシア系説

今回ちゃっかり冬基お兄ちゃんが誘拐されてたけど、桃以外そんなに心配してなくて笑ってしまったwそして本当に自分で始末付けてて、最終的に自分の会社の利益にしてて兄ちゃんまじなんなのってなりました(桃も最終的にそれに乗っかっていたけど)

書き下ろしの、東北旅行(?)で真礼ちゃんが暴走しててそれを桃がビデオ撮影してて完全にやじ馬で笑ってしまいましたw
扉絵の犬神家の脚のイラスト、カズアキさん書き下ろしらしくイイネ!となった(笑)

そうそう今回、カイが護身術を習う相手で傭兵集団「月氏」が出てきておっ・・・!となりました。世界観はもしかしたら繋がってるのかもですが、金星特急の時代とは違うか(言語特に統一されてないしね)

Posted on 22:31 [edit]

category: ウィングス・ノヴェル

tb: 0   cm: 0

後宮錦華伝 予言された花嫁は極彩色の謎をほどく/はるおか りの   



後宮錦華伝 予言された花嫁は極彩色の謎をほどく (コバルト文庫)
はるおか りの
集英社 (2016-07-01)
売り上げランキング: 7,928

赤子のときの予言により、後宮入りを期待されて育った翠蝶。ところが皇帝ではなく皇弟・氷希と結婚させられてしまう。彼は右目に傷痕があり、夜をともにした女性にもうつるといわれている。だが結婚して半年、氷希が翠蝶の臥室を訪れることはいまだなくて…!?翠蝶の、とある秘密を知られてしまったことから氷希との距離が縮まっていくのだが―。すれ違う想いが絡まりあう中華後宮恋物語。


後宮シリーズも3巻目です。今回織物や刺繍がテーマで色々な衣装(しかも後宮が舞台なので)とても華やかな雰囲気でした、ただ中国的な漢字が多いので若干ゴテゴテというか読みづらく感じてしまったり(私自身ちょっと足りないので 笑)
今回気付いたけど、タイトルの間に(?)テーマを表す漢字一字が挟まれてたのですね(今回は錦)

今回はさらに前作から10年後ぐらいが舞台で、何かと不憫だった呂守王・氷希がヒーローです。皇帝であった父からは無関心、挙句の果てに異母弟(一番父に寵愛されてた)に毒盛られて顔に傷は残るわでもう無気力になっても仕方がない。
そんな元に嫁がされてきた翠蝶は、氷希は恐いし親には皇帝のお手付きになることを期待されてるしで結構お互いすれ違ったりするのだけど、接する内に彼の本当の優しさに気づいて・・・という感じでした。最初は皇帝のお手付きになってやる!と意気込んでたけれど、その内に本当に後宮に入るのが幸せなのかと疑問に思って少しずつ彼に恋していく姿がとても良かった。
氷希の前では勝気な態度なのだけど、いかんせんお嬢様育ちなので後宮で陰謀に巻き込まれたりするんですが、いざという時はちゃんと助けてくれるのはさすが。あと自分の裁縫の能力もちゃんと本編で発揮してたのも良かったと思いました。実は翠蝶の事を後宮で見染めて10年以上思い続けるというピュアっぷりな呂守王で、あまり態度には出してないけれど翠蝶の事本当は可愛くて仕方がない!というのにニヤニヤした(高王家の男子は一途だからな!)

このシリーズ、ヒロインは溺愛されて糖度たっぷりなんですが周りの恋模様が切なかったり、愛憎渦巻いてたりしてましてね・・・・
氷希の母である史貴妃は寵妃ではなかったり、林太医は好きな相手が幸せなら幸せという感じだったし、向麗妃はドロドロしたものを抱えてたのだけど彼女は彼女で不憫。自分はむりやり後宮に入れさせられたのに、恋した相手が別の女を愛してる姿を見なきゃならないって屈辱だよなぁ。
後宮が舞台だけに愛し愛されるって幸せなんだな、と読んでて思いました。前作のヒーロー(現皇帝)も栄皇貴妃(鈴霞)を寵愛してるけど後宮を持たない選択肢はないしで結構シビア。

このシリーズ結構前作の登場人物が出てくるのですが、娘である緋雪王女を亡くした恵兆王夫妻だったけど孫娘たちに囲まれて、それなりに幸せそうで良かった・・・・あと自分の恋を貫いた前皇帝も愛息を亡くしてから色々心境の変化があったようで、父親らしくなってた気がしました。
今回はだいぶみなさん落ち着いたのかそこまでゴタゴタしてなかったけど、後宮シリーズ続くのかな?

Posted on 21:48 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

緋色の聖女に接吻を-白き翼の悪魔-/葵木 あんね   

ルルル文庫は電子で買おうかな~と思ったのだけど、あきさんの表紙が素敵過ぎて普通に紙で買っていた件。

緋色の聖女に接吻を-白き翼の悪魔- (ルルル文庫)
葵木 あんね
小学館 (2016-06-24)
売り上げランキング: 3,170

死の間際、悪魔・バルキネスと契約することで生き延びた少女・アリーチェ。彼女は復讐をとげるため史上初の女教皇となることを誓い、ついには司祭枢機卿として教皇候補に上り詰める。一方のバルキネス、その正体は神の怒りをかい地上に堕とされた元天使だった。期限までにアリーチェの命を手に入れなければ悪魔のまま消滅してしまう。だが、バルキネスは彼女を愛してしまい…!?


退廃した聖都が舞台で、聖職者の腐敗が当たり前の世界観で清廉潔白の方が馬鹿がみるという感じなのが新鮮だった。賄賂、高位聖職者に庶子がいるのが当たり前で、そんな中を司祭枢機卿として渡り歩いていくアリーチェは強い女という感じだったけど、どこか弱い部分もあってそれを自覚してなお目的のために立ち止まろうとしない姿が凛としてて格好良かった。あとバルキネスの前では年相応でワガママな面をみせる可愛い面もあって良かった。

アリーチェの目的は女教皇となって、自分の大切な存在だった育ての母ドナを救ってはくれなかった神に復讐を・・・!という感じだったけど、その内本当の悪は神を騙って悪事を働く人間だったのだと気付いてしまったりと人間の悪意とかにスポットがあたっていて全体的には重たい内容だったなぁと。ただ元天使のバルキネスは初めからアリーチェに対してベタ甘だったし、終始甘やかしてくてたので暗くなりすぎず良かったかも。

主役カップルは、元天使と神に復讐を誓った少女のラブロマンスという感じで、女教皇となったアリーチェをバルキネスが支え続けたという結末がとても良いなと。サブキャラたちも色々掘り下げられていて何かすごい読みごたえがあった!政敵であるサンツィーノ司祭枢機卿とアリーチェのエピソードは色々読んでてやるせない気持ちになった。あとメネスタ枢機卿の扱いやすいやつ(笑)からの、実は狂信者的な人物で自分のしてる事はすべて正しいんだという思考にぞっとした。

ルルル文庫は読み切り前提なので物足りなく感じる事があるのだけど、読み応えがあって個人的に満足な作品でした。面白かった!

Posted on 16:46 [edit]

category: ルルル文庫

tb: 0   cm: 0

6月の読書メーターまとめ+4周年ありがとう  

2016年も下半期突入ですね、ほんと毎日が早くて動揺してます。あー年末なんてすぐきちゃうんだぁぁ(混乱)

6月はなんかつねに早歩きしてる感じでバタバタして忙しかったので、しばらくのんびり引きこもりたいと思います。普段出不精なのですこしアクティブするだけでその反動がすごいんだ・・・・

さて今月は14冊といつもより少し多いんだけど、積んでいたコミックスを結構消費したので活字はちょっと少なめかな?(通りで新刊が消費出来てないと思ったら!)まぁコミックスのストックもまだまだあるけどね。

次から最終章突入という事で、おこぼれ姫シリーズも完結がみえてきました。

専属騎士たちからの誕生日プレゼントからの、まさかの展開で驚かされた新刊。レティたちには辛い展開が待ち受けてそうで不安だけど、ラストはきっと大団円だと信じて・・・・!

ライト文芸は、少女小説では満たせないとこをカバーしてくれるのが良い(といっても、ほぼL文庫とオレンジぐらいしか買ってないけれどー)

紅霞後宮→順調に巻数がでて嬉しい。全体的に不穏な雰囲気なのだけど、紅玉の気持ちに一区切りつけたのは良かったな、と。そして皇帝のゲス度もますます上がっていく・・
カスミとオボロ→オレンジ文庫で文華さん!!とテンション上がった。ドロドロ度はいつもより控えめだけど、鬼の朧からにじみでる執着にわくわくしたのでシリーズ化よろしくお願いします!!!!!

月初めなので、色々な新刊情報が出始めているのだけどルルル文庫の新刊情報にざわざわしてしまったり、ビズログの(仮)花嫁の最終巻が8月に決まったようなのでちょっと寂しいような、早く読みたいような。

さて、実は6月13日でこのブログも4周年を迎えました!年々、更新頻度が低くなってる気もしないでもないけどやはり4年目という事でちょっとドヤ顔してます。一様、ジャンルは乙女ゲーと読書で半々のつもりなのだけど最近はもっぱら読書感想がメインになってしまってますねー。ゲームのプレー速度が限りなく遅いし、新作とかは軽くチェックするけど自分の中でメインジャンルではなくなりつつあるのかもしてないですね(とかいつつ、新作とか買ってますけどね)そんな感じではあるんですが、これからも自分の好きな物などの事を好き勝手書いていきたいと思ってます。
という事で、恒例の(?)お礼などを。自己満足もいいとこなブログではあるのですが、やはり覗いてくれたり拍手をおして頂くのはやはりとても嬉しいもので、結構チラっとしてます。本当に一方通行ブログもいいところなのですが、これからも管理人共々よろしくお願いします。

今回、何か企画を!と思ったのだけど、ネタがなくてですねー
検索キーワードなんてどうだろと思ったけど、いじれるほどのネタがなかったので終了(「アリスシリーズ デフォルト名呼び」とあって、わかるよー乙女ゲーム的にはそこ重要だよねーとなった)
個人的にはブログをリニューアルしたいのですが、WordPressとかが難し過ぎて完全に積んでます(笑)特に今のfc2でも何の問題もないんですが、長い目でみるともうそろそろどうかな?と。あと記事とかも色々整理したいしねー
来年の5周年の時、サイトをリニューアルしました!と言えれば良いなと思うので、今からこつこつやろうかなぁーなんて。


さて、下から読書メーターまとめです。
-- 続きを読む --

Posted on 15:22 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター