ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

誓約の花嫁と煌きの王/悠木 美羽  




“聖なる花嫁"の神託を受け、生後すぐ神殿に預けられた王女アンケスエンは、
予知の力を持ち、この国の王となる未来の夫の姿を夢に見続けていた。
そこへ内乱が勃発。国が荒廃する中、アンケスエンはようやく正統な王である夫・ティトと出逢う。
だが度重なる動乱で簒奪者に二度もの結婚を強いられ、心身共に深い傷を負っていたアンケスエンは、
年下の彼に心を開けず……!?


あらすじ&表紙のキラキラ感がすごくコバルトぽいな・・・と思ったんですが、ビズログ文庫です。
フォロワーさんの感想を見て自分好みそうだなーと思い、購入してみました。ちなみに今回は電子書籍です(Book Walker)

王道な少女小説という感じでとても良かったし、読んでて何だか懐かしいなーと。
読み切りゆえというか、恋愛を含め展開もサクサク進むんですがそこは軽めの歴史ロマンスという感じで面白かったです。ヒロインのアンケスエンは「聖なる花嫁」という立場ゆえか色々と内乱に巻き込まれて大変な目にあってましたが・・・・

たぶんこの物語のメインは、ヒロインと年下夫なティトのすれ違いラブなんだと思うんですが、変にお互いが勘違いしていてちょっとまどろっこしかったかなーと。ひとまずアンケスエンは背中の傷を早く伝えれば良かったのに・・・(そうするとサクっと終わってしまう気もするけど 笑)勝手に彼に嫌われてると思って、勝手に側室を持て!と催促するんだからそりゃ年下夫もグレるさ・・・
その分、お互い思いが通じあうと一気に相思相愛になったのでまぁ問題ないか(笑)

今回電子書籍で購入したので、ティトが14歳の時の書き下ろしが載ってたんですが本編の補足という感じ。
内容はちょっとシリアスかな?という感じなんですが、ラストは大団円なので読了感は良いです。最後はあの女性も幸せそうでなにより~







スポンサーサイト

Posted on 17:04 [edit]

category: B's LOG/アリス文庫

tb: 0   cm: 0

嘘つきたちの輪舞/一原みう  

たまに少女小説すれすれな作品を混ぜてくるコバルト文庫。そういうところが好きで買い続けてしまう。


憂鬱な毎日を送るアンナのもとに、10年ぶりの手紙が届いた。差出人は、アンナの腹心の侍女だったリリヤ。「今こそ、あの事件の真相についてお話しできるのではないかと思い、筆をとりました」―10年前、名家の子息・キリルに見初められ、誰もが羨む結婚を間近に控えながら、キリルの弟との密会を重ねていたアンナ。その先に起きた、不可解な事件…。リリヤの手紙が明かす、衝撃の真相とは…!?


発売日に合わせて買っていたんですが、前作のアナスタシア皇女の作品がとても良かったのもあり早く読みたい!と思いつつもったいなくて今まで寝かしてしまってました(笑)

今回は短編集で、3編の作品が載っていました。3編違うイラストレーターさん起用で、凪さん雲屋さんカズアキさんなのでとても豪華なのも嬉しかった!
どの作品ももれなく悲恋なので読んでてちょっと暗くなるんだけど、どの物語もそれぞれ良かった(2つの作品はコバルト本誌に掲載された作品なようです)

短編の「妖精の庭」はもう全てが遅すぎたという感じかな。不幸な結婚をして不遇な環境にいると思ってたけど、本人は幸せで。確かに出会った時は思い合ってたけど、彼女の心にはもう自分がいない・・・クリスティーナも公爵の愛情に気づいたのは彼の死後だし何だかとても報われないなーと。妖精の奇跡で若いころの公爵と円舞を踊ったというのはロマンチックで素敵だったけれど、二人ももっと早く出会えてたら良かったのに。
「夏の夜の夢」はSFな話だったので、読んでて頭が混乱したんですがこの作品が一番お気に入り。クラーク卿とアリシアも純愛って感じだったし、アリシアと祖母のエピソードにじんわり。やっぱり悲恋ではあるんだけど、最後に起きた奇跡に良かったね、となりました。

そして表題作の「嘘つきたちの輪舞」は一番報われない話で読んでて辛かったです。誰か一人でも自分の本心を伝えていたら、大団円を迎えられたかもしれないのに・・・最後のさいごまで嘘をつき続けてた結果、誰一人も幸せなれず・・・物事が全部面白いほど悪い方向に進んでしまって迎えたのは最悪な結末だという・・・
個人的にアンナが途中からエドゥアルドに夢中で最後まで自分の事しか考えてなかったのがすごくイラっときたんですが、一番罰を受けることになったのは彼女でもあるので・・・エドゥアルドには兄殺しの犯人と思われたまま、そして彼も結局戦死してしまう。アンナはたぶん嘘つきな仮面をかぶったまま生き続けなければならないんだろうな・・・・
基本自分の幸せが第一!という感じで自己中心的なんだけど、登場人物を美化していない(少女小説とかはやっぱりヒロイン補正があってなんぼだとは思う)ところが逆にリアルで良かったと思います。

読み終わった後はやっぱりテンション下がったんですが(笑)とても読み応えがあって面白かった。またしばらくしたら読みなおしたい(再読用に電子書籍版も買おうかな)

Posted on 17:42 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

かくりよの宿飯 二 あやかしお宿で食事処はじめます。/友麻碧  


あやかしの棲まう“隠世”にある老舗宿・天神屋。女子大生の葵は、その大旦那である鬼神のもとへ、亡き祖父の作った借金のかたに嫁入りさせられそうになる。持ち前の負けん気から、あやかしたちの前で「借金は働いて返す」と宣言した葵。九尾の狐の銀次に助けられつつ、得意の家庭料理を武器に、ついに天神屋の離れに食事処「夕がお」を開店させた。だが、鬼門中の鬼門といわれるその場所は、一筋縄ではいかない。立地条件の悪さ、謎の営業妨害、そして予算削減など、「夕がお」の前途は困難ばかりで…!?


今回もほっこりストーリーで面白かったです。安定の飯テロ作品だったんですが、満腹時に読んでたのでそれほど被害はありませんでした(?)個人的には豚の角煮 が食べたい・・・・

祝!「夕がお」開店!なんだけど立地条件の悪さ、謎の営業妨害、そして予算削減などなかなか物事は上手く進まなくて・・・
そんな状態でも、凹みつつも前向きに頑張る葵の姿がとても良かった。あとピンチをチャンスにするんだから凄いよな。

個人的に、銀次さんたちのように直接手助けをする訳ではないんだけど、基本遠くから見守って葵の好きなようにさせてくれてるんだけどいざとなったら必ず助けてくれる大旦那がとても素敵。葵から賄賂として貰ったお弁当が美味しくて思わず手紙を書いてしまった大旦那可愛い。

今回出てきた、あやかしと人間の夫婦縫ノ陰さまと律子さんの馴れ初めのエピソードがとても可愛らしいくてほっこり。「一生大事にするから、どうかこちらに嫁いでおいで」というプロポーズの言葉にきゅん。あやかしと結婚した女性から直接話を聞いて少し結婚に前向きになったかな?と思ったけど、大旦那に対しては安定のツンデレだからな(笑)先はまだ遠い・・個人的に律子さんの、あやかしは一途だというのには納得。最初は意地悪だった天神屋の面々も絆されてからはすごく優しいですもんねー

なんとか軌道に乗ってきた「夕がお」だけど、食事処を繁盛させる他にもまた別の問題が出てきて・・・どうやら葵を狙ってる勢力があるようなので続きがとても気になる・・・

Posted on 16:21 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

紅霞後宮物語 (2) /雪村花菜  



不世出の軍人と誉れ高かった関小玉が、何の因果かかつての相棒で今の皇帝・文林によって皇后にさせられてから1年。高貴妃の事件からようやく落ち着きを取り戻した帝国に、新たな火種が飛び込んできた。―「先帝の遺児」の出現。静観する文林をよそに、宮中には動揺と策謀が広がっていく。そんな中、文林失脚に備え、逞しくも軍人らしく、彼と鴻を抱えての逃走計画を進める小玉だったが、件の「遺児」の秘密を知り…。小玉の“想い”と文林の“執着”、絡まった糸が導く物語の結末は!?


今回も面白くてサクっと読んでしまいました!
先帝の遺児が見つかって、現・皇帝文林(何せ皇族の血が薄いので)失脚の事態なんだけど、当の本人は静観。そして皇后は冷静に義息子と旦那(皇帝)を連れてトンズラする準備をコツコツしているというのがさすがというか(笑)

遺児事件は文林からしたら茶番みたいなものだったろうけど、それに引っ張りされて巻き込まれた旻ちゃんがただ可哀想だったな。先帝の遺児で謀反に加担した形だったので処刑されちゃうんだろうか・・・とビクビクしてたら、そんなことなくて良かったマジで。まぁ小玉が死んだ時には・・・的な感じで文林と王太子妃の中では決めたみたいだけど、小玉は二人より長く生きたそうで旻ちゃんも天寿をまっとうしたようです。

前回は全く何考えているかわからなかった文林だったけれど、彼の思惑とか何故皇帝についたのかが今回明かされたのでスッキリしました。たとえ小玉さんに狂信的な執着を抱いてたとしてもね(笑)文林は本当は小玉の下で働きたかった、誰よりも彼女にくっついていたかったらしいので不憫ではある。まぁ本人はまったく気づいてなくて、面倒だから文林違う人好きになってくれないかなーと嫁探しをし始めようとするし報われない・・・というか酒に酔って一夜の過ちを犯してたとか何なのこの夫婦めんどくさい(笑)そして大家は周りの人間から嫌われ過ぎで(笑)実の息子にも「あちいって、やなのー!」言われる始末。そんな義息子鴻くんは立派なマザコンになるそうで・・・これは続きが楽しみですね。

Posted on 15:42 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

乙女ゲームで死にたくないんです/葉月 クロル  



ここは『禁じられた激情~陵辱の甘い罠』というとんでもないタイトルの18禁乙女ゲームの世界!18歳までに誰かとエッチしないと死にルート確定のモブキャラのオードリー。18歳を機に凌辱ルートが待ち受けているヒロインのフローラ。それぞれのキャラクターになぜか転生してしまったふたりの少女は、待ちうける運命を変えるために奮闘する…!


フォロワーさんの感想を見て面白そうだったので手に取ってみました。メリッサの作品は二作目ですね。

あ!わたし前世でプレーしていた乙女ゲームに転生してる!系な話なんですが、今回はTLなので18禁乙女ゲーム『禁じられた激情~陵辱の甘い罠』というとんでもない世界観のヒロイン(とモブ)になってたよ的な感じです(笑)
このままだと、作中ではモブなオードリーは死亡エンド、ヒロインことフローラはどいつを選んでも凌辱ルートまっしぐらじゃないか!ということでヒロインたちが自ら奮闘してそのフラグをブチ壊していく話でした。設定がエグイ割には普通のラブコメなので安心して下さい、自分は最後まで楽しめました(自分的に文庫で出ているTLよりも描写がマイルドだと思います)

オードリー編、フローラ編、おまけでシンシア編でそれぞれ違う話が読めたのも良かった!
オードリー、フローラそれぞれ自ら最悪の運命を回避しようと奮闘する姿が良かったんですが、若干二人(短編のシンシアを含めると三人か)の二十代の乙女ゲーを楽しんでたころの前世がはみ出てしまっていて若干読んでて微妙な気持ちに(笑)


文章が軽めなのでサクサク読めたのは良いんですが、もうちょっと色々掘り下げて欲しかったかなぁと。ヒーローたちに溺愛されるのは読んでて楽しいんですが、展開が早すぎていつのまにこんなに相思相愛になってるの?的なね・・・いや、あれか恋に落ちるのは一瞬だから過程なんて気にするなって事ですか、きっとそうだ・・・

個人的に、あの変態な攻略者たちのその後が気になる・・・・(魔術師長とシンシアの短編はあったけど)

Posted on 20:18 [edit]

category: ティーンズラブ系

tb: 0   cm: 0

9月の読書メーターまとめ  

もう10月とか・・・
あと今年も残すところ3か月きってしまいましたねぇ・・・
相変わらず色々スローペースなので年中には崩したい作品を選んでそれを中心に進めたいと思っています。

9月はなかなか活字充出来なかったなーと。一様、12冊読んでたみたいですけどコミックに加えムック(華アワセ)も交じってるから微妙。

今月はこの2冊がおススメ。糸森さんとかはもう信者入ってるのでよろしく!という感じですが、ヒロインが過酷な目にあわない+世界観がかわいらしいのでとてもおススメ!姫の華麗なる~は設定はちょっと攻めているけど、読んでみれば良いバティ物でした。高星さんのイラストも綺麗なのでおススメ!シリーズ化されるといいな

あとは「華アワセ 總-アヲイロノキヌ-」蛟編のストーリー集なんですが、本編の補欠にもなってると思うしボリュームもあるしとても良かった!なんで今まで読んでなかったのかな~~(ただ発売したのって姫編の後なのね)


今日はパチパチブログを書いて終わりそうだな・・・

そんな感じで、追記より読書メーターまとめです。
-- 続きを読む --

Posted on 14:51 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

華アワセ 總-アヲイロノキヌ-  

蛟編が久しぶり過ぎて、内容全然覚えてなかった(みことの望月を蛟に半分あげてたとか。そりゃいろは嫉妬で狂うわw)

タイトルの「總-アヲイロノキヌ-」の由来(?)がちゃんと本編に出てきたのが良かった。


『蛟編』で結ばれた蛟とみことの「ひとつ先」の物語―二人が愛を深めていく過程を、それぞれの視点で描いていく月花書き下ろしのストーリー集。各キャラルートエンド後のエピソードや、これまで手がけた全てのSSも再編して収録。


いろは編までなんか繋げる物ないの・・・と調べてみたら、ストーリー集というか後日談が出てたのね!今までノーチェックだったけれど、ポチってみました。ちょっと厚いムックな感じなのかな?と思ったら、ちゃんと書籍(文庫よりちょっと大きいぐらい)だったのね^^
蛟編で結ばれた2人の物語がメインで、みことと蛟視点でそれぞれ語られていきます。気持ちが通じ合ってからの方がむしろ大変で、二人とも自分の立場故に悩んで暴走しつつも、二人で障害を乗り越えて未来へ向かっていくという感じでした。最初は帝に蛟との関係を理解してもらうんだと、自分たちの事しか考えてたかったり、駆け落ち上等的な感じだったのがエピローグでは今だけではなくその先ことを考えられるようになってたのが良かったなーと。
本編中、色々お預け状態だったからか蛟さんが限界突破しかかってて笑ったw
あとはいろは。蛟編では一番感情的というか、みことが欲しいと手に入らないとわかっていても求めてしまう感が強くていろは編まだですか。
結構読んでて気になったのは、蛟編ではまだ出てきてないワードとかがちょっとだけどあった気がします。宮廷とか入内、帝とかのワードは出てくるけど帝本人はさすがに出てこないか(紅うつつ編でもわからなかったし)あと泉さん(この時点ではまだ母親かもね?って感じだけど)と蛟とのやり取りにじんわりしました。

他にも前日譚(白シーツを被るいろはw)蛟と結ばれない結末を選んだあとの後日談やビズログ掲載SSの再録など個人的にはとても満足。

タイミング良く姫編のストーリー集も11月末に発売されるみたいなのでポチろうと思います。

Posted on 14:22 [edit]

category: ノベライズ

tb: 0   cm: 0

戦場の円舞曲/片桐由摩  

自称、乙女ゲーマーな少女小説読みなのでたまにはノベライズの感想でも。



夢の中に現れたメフィストに、親しい人の記憶を全て奪われたラン。記憶を取り戻すために森の奥にあるという城を目指すランとアベル達だったが、予想外の妨害者の出現や『自分のことを一番に思い出してほしい』という男達の邪念により、行程は一向に進まない。果たしてランは無事に記憶を取り戻すことが出来るのか!?


そういえばオトメイトってノベライズのレーベルも持ってるんですもんね。ふと思ったんですが、乙女ゲーマーさんたちには需要あるのだろうか・・・・ソフトカバーなので結構良いお値段ですし(独り言)

本編終了後の、こんな時間軸もあったかもねという話なので完全にゲームをクリアした人向け。文章イラストが原作者の方たちなので作品の雰囲気そのままなのが嬉しかったです(余談だけど、イラストの武村さんってIF所属だったのね)

内容は退屈してたメフィストがランの記憶を奪って、みんなの事を忘れてしまったという感じ。しかも攻略キャラたちはランとEDを迎えた時間軸の彼らたちなのでもう大変(笑)俺の事を一番に思い出して欲しいと、それぞれ周りを出し抜こうとランに迫るのが面白かったです。あとリシャール、アサカなどサブキャラも結構出てきましたよ。
ラストはパラレルワールドな乙女ゲーらしく、それぞれの後日談が載ってたのも良かったです。戦ワル久しぶりだったんですが、ティファレトってこんな重かったけってぐらい重たかった(笑)

Posted on 13:26 [edit]

category: ノベライズ

tb: 0   cm: 0

魔法少女育成計画/遠藤浅蜊  

このライトノベルがすごい!文庫は初ですね



大人気ソーシャルゲーム『魔法少女育成計画』は、数万人に一人の割合で本物の魔法少女を作り出す奇跡のゲームだった。幸運にも魔法の力を得て、充実した日々を送る少女たち。しかしある日、運営から「増えすぎた魔法少女を半分に減らす」という一方的な通告が届き、16人の魔法少女による苛烈で無慈悲なサバイバルレースが幕を開けた…。


鬱展開なシリーズらしいとの事で前々から気になってた+アニメ化決定という事で手に取ってみました。アニメ決定!というフレーズってなんか強いなと思った、気になって手に取ってしまうし。

とあるソシャゲ「魔法少女育成計画」というのをプレーしていたら、いきなり君は選ばれた人間だよ!魔法少女になって良い事をしようね☆という感じだったのが、途中から魔法少女同士の潰し合いになって夢も希望もない展開でした・・・このクソ運営め!じゃすまないんですけど
このゲームからの脱落=死なので、生き残ろうと邪魔な魔法少女たちを全力で排除しようとする姿は恐かった・・・・魔法少女よ、どこへ行った。

グロ展開が目立つんですが、個人的に魔法少女たちのリアルでの姿が理想(=魔法少女)とかけ離れていてすごく闇を感じる作品だったなぁと。可愛い魔法少女はリアルではアル中な女だったり、トップスピードはまさかの妊婦さんで鬱。そして何故、ラ・ピュセルを退場させてしまったんだぁぁ・・・・!

ラスト、半数どころか2人まで減らされてしまったけれど彼女たちはまた物語に絡んでくるのかな?(シリーズそれぞれ読み切りっぽい??)まだ魔法の国サイドとか明かされてない事が多いと思うので、のんびり追いかけていく予定。

Posted on 12:57 [edit]

category: 少年向けライトノベル

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター