ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

荊の束縛 /夏目あさひ  



幼い頃、母の再婚をきっかけに子爵家の養女となったレティシア。自分を溺愛してくれる美しくて優しい義兄フェリクスに心酔する彼女は、深夜、彼から与えられる濃密な口づけも、ほのかな罪悪感とともに受け入れていた。だがその秘密の触れ合いは次第に過激になっていき、ついには純潔をも奪われて…。血のつながりがないとはいえ兄妹での交わりは許されない。しかしある日、二人の禁忌の関係が思いもよらぬ人物によって暴露され―!


初めて読む作家さんです。ソーニャらしいほの暗い結末らしいという事で手にとってみました。

そこまでエロって訳でもなくストーリーもしっかりしてて、面白かったと思います。ヒーローである義兄の真意や真相はぼかされているというかしっかり語られる訳ではなく憶測の域である感じなので、まぁ人を選ぶ内容かなーと。自分は結構好きです。

フェリクスと彼の友人(当て馬)ポール視点が多いからか、ヒロインであるレティシアの影がちょっと薄くなってたのが残念。最初は兄に溺愛されている妹という感じだったのが、嫉妬という言葉を知ってから一気に女というか妖艶になっていくのが魅力的だと思いました。語り部で傍観者なポールは色々見せつけられて哀れというか(笑)

何故あんなにレティシアに執着してたのかがわかりませんが、恋愛というよりも共依存系な話でした。なので今考えると糖度は低かったな。

ラストのあいつは自分が『運が良いだけ』と言うけれど、それは違う。彼は執念深く、足掻いてその結果手にしただけだ。それは偶然ではなく必然だ、なポールの分析(?)になるほど、となった。
色々ポールは真相を暴こうとするんですが、結局それも彼の憶測に過ぎないんですよね。結局、彼のみが知る的な
スポンサーサイト

Posted on 16:59 [edit]

category: ティーンズラブ系

tb: 0   cm: 0

恋と悪魔と黙示録 身代わり聖女と不思議なお茶会/糸森 環  



神であり悪魔でもある神魔アガルと契約をし、彼の恋人となったレジナ。辺境での事件を解決した直後、連れ去られたレジナが目覚めたのは、魔王マグラシスが支配する閉ざされた世界だった。兄に似た面差しの魔王の優しげな態度に戸惑いを隠せないレジナだったが、魔王の城で再会したアガルに、冷たい眼差しを向けられてしまい―!?


このシリーズ面白すぎてあーーーー!ってなる。

恋と悪魔シリーズも6巻目という事で、前巻から引き続き色々と謎が明かされていきます。今までの伏線などが全部繋がっていたりして凄い(語彙力が行方不明)

死んだはずの最愛の兄が実は魔王であり、彼の変わらない優しさに戸惑うと同時にやっぱり幸せだなと思うレジナだったけど、魔王がその慕う心を利用して彼女の意思を徐々に奪っていこうとしてたのが恐かったです。記憶を消されたアガルとバレクを近くに置いて、レジナを辛い目に合わせてからマグラシスが助けにきて、救ってくれるのは兄だけだとスリこませようとしててその行動にゾッ・・・
魔王が目覚めた事により、次は悪魔や獣人が頂点に立ち人たちが使役する世界になるんだとか。魔王の支配する王国はすでに入れ替わってて、町で人肉が売られてたりするんですがその光景を受け入れられないレジナに対しての、魔王の一言は人間も同じ残酷なことをやってるだろ?で個人的には納得して色々と考えさせられました。人間も結局は残酷だからなぁ。

今回アガルはレジナの事を忘れさせてしまったので、レジナに冷たいのは読んでて辛かったです。でも記憶はなくても本質、乙女なところとかバレクはお菓子好きは変わらないんだ、というのにすごく救われた。あとまたアガルとまた初めっから恋をしていくというのがとても良いな~
個人的に城から逃げ出すためにレジナがアガルを誘惑するシーンが気に入っています、アガルも脳内で盛り上がって王女と従者の怪しい物語が始動してて可愛かったなとw横で観ていたバハームフォン、ドン引きだったけど(笑)

ラスト、やっと魔王を出しぬけたと思ったらそれも彼の計算だった訳で・・・ここで卿ことヴィネトが操られたバレクに殺されてしまうんですが、退場の仕方も格好いいんだからずるい。死後、幻魔の王となってしまう彼も気になるけれど主を自ら殺してしまったバレクが心配だな・・・あとヴィネトを間接的に死に追い込んだ魔王(しかもバレクを使って)に対して兄だ、と思う事はレジナにはもうないでしょうね。

Posted on 16:26 [edit]

category: アイリス文庫

tb: 0   cm: 0

となりの魔王 到来編/雪乃下 ナチ  





平凡な田舎町に暮らす、平凡な女子高校生の瀬野夏織。ある日、うちの隣に引っ越してきたのは―魔王でした。全身黒いベール、肩にカラス、そして手には引っ越し蕎麦。「つまらぬものだがお近づきのしるしぞ」「はあ、これはどうも、ご丁寧に…」値引き品と通信販売が好き、町内会にもきちんと参加!おかしな魔王様とツッコミ女子高校生が繰り広げる、ハートフル非日常コメディ!


色々な方が面白いとあげられたので、自分もという感じで手にとりました(最近多いなそういうの!)
たぶんなろうの作品を書籍化した物だと思います。恋愛要素は皆無だからかアリス文庫の方から出てるんだろうか。

隣に引っ越してきたのは魔王だった・・・!といってもバトル物でもなく、至ってゆるーい日常ものでした。魔王が引っ越してきたのに、周りの対応はあーそうなのねーなゆるめな対応(魔王が引っ越してくるのは結構あるあるらしい)

魔王様の不思議な言動(?)にツッコミを入れていく平凡な女子高校生の夏織の掛け合いがコミカルで楽しい。何気に一緒に花火したり流しそうめんしたり仲良しだな!と思った。通販やバーゲン好きな魔王さますごい田舎ライフを満喫してますね!となりました。あとやたら防犯意識高いし(ドアにチェーンは必須)

文章が軽めで短編形式なので読みやすかったです。扉絵の四コマもコミカルで好きだなー!
来月続きが出るようなので楽しみ。

Posted on 17:57 [edit]

category: B's LOG/アリス文庫

tb: 0   cm: 0

マジメな魔王様を誘惑したらドSな絶倫になりました。/丸木 文華  


表紙がきらきらしてる

会ったこともない魔王との結婚が決まったリリス。相手は悪魔の中の悪魔。超サディストで、エッチなことをたくさんされる…と、淫らな妄想ばかりしていたけれど、驚くほど“いい人”だった!荒々しく身体を貪ってほしいのに「口づけをせがむなんていけない方です」キスで照れるほど奥手な魔王を誘惑し続けていると―。丸木文華が贈る、新感覚のエロティック×ラブコメディ。


自分は文華さんの作品が好きなので、TLの新作はかならずチェックして買うんですがタイトルを知った時え、マジ?となった。
今までどのレーベルで出てるのが、ドロドロなメリーバッドエンドばかりだったのでラブコメディ(コメディ色強し)だったのですごく新鮮でした。あと描写は生々しいというかかなり男性的なノリなのでたぶん結構ドン引きレベル(笑)久しぶりに変化球も良いかもね^^と思えるかどうかが楽しめるかのポイントになるかも。

オビに童貞魔王×妄想乙女と書かれてる件
魔界が舞台なので世界観がもう乱れまくりなんですが、ヒーローがまじめなのでヒロインのリリスが頑張って(?)誘惑してました。とあるきっかけで魔王として覚醒してまぁタイトルな展開になるんですが(笑)純情だったころとのギャップがなかなか好みでした。あと666カウントしちゃう魔王さまに笑ってしまったwヒロインのリリスは名門公爵家の一人娘という事で賢く悪魔らしくあろうとする子なんですが、彼女は彼女で色々こじらせてて色々妄想しては興奮してる感じでした 笑(秘密の本棚にはアレな同人誌がいっぱいならしい)どうしよう私嫌なはずなのに興奮しちゃう!的なノリなのでこれ本当にTL?となった(結構こんな感じの独白が多い)ぶっ飛んだ内容なんですが、世界観などはきっちりしてたのはさすがというべきか。あと文華さんがとても楽しそうに書いてるなーと(笑)

やっぱメリーバットエンド物が好きだけどたまにはこんなノリも良いかもね!

Posted on 17:39 [edit]

category: ティーンズラブ系

tb: 0   cm: 0

王女コクランと願いの悪魔 (2)/入江 君人  



「君が好きだ。コクラン。…愛しているんだ」悠久の時を彷徨い続けた悪魔と、孤独の運命を受け入れ続けた王女。奇跡によって逃れられぬ虚無から解き放たれたレクスとコクランは、あらためて出逢った。しかしレクスは捕らえられ、コクランの知らぬ間に後宮から追放されてしまう。離ればなれになっても、三度出逢おうとする二人。それを阻むのは、どこまでも深い後宮の闇と、初めて知る後宮の外の世界だった―。「めでたし、めでたし」のその先に、真の恋物語は始まる。


1巻が綺麗にまとまっていたので、若干今回は蛇足感があったけど面白かったです。というか、めでたしめでたしの先を書いてしまったんだからこれはシリーズ化してこそだと思うんだ・・・今回、新キャラも出てきたし色々解決もしてないしね。

あらためて出会ったコクランとレクスだけど、お互いの立場が二人を引き離してしまいます。コクランはレクスを取り戻そうと、なりふり構わず自ら陰謀に手を染めていくのと同時に大切な物を無くしていくようで読んでて痛々しかったです。前回では人形のようなコクランだったけど、愛を知ったからか良くも悪くも感情的になってとても年相応になってきたなーと。コクランは自分にはレクスしかいないんだと思い込んでるけど、彼女を気にかけているメイデイやアイネもいるという事にも気づいて欲しいな。
レクスは外にでて色々学び世界が広がっているので、彼はコクランが世界の中心ではなくなるような気もする。

というか、中途半端なところで終わってるので続きでるんですよね・・・?

Posted on 17:20 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

ブログ3周年です  

最近ややブログを放置気味ですが、本日ブログ3年目を迎えました。まさか3年も続くとは思ってなかったので自分でびっくりしてるんですが、ある程度長く続けているとブログにも愛着が出てきますよねー継続って大事。あと数年したら自分でサーバー借りても良いかなーなんて考えたり(ただネットに詳しくないのでどうだろ 笑)
3年目という事で、何か感慨深いです・・・まぁその分年もとった訳で(真顔)あと今年はプリライにも参加出来たのも大きくて、時間は作るもんなんだなーとしみじみ。あと飛行機代も格段に安くなってきてるし、昔よりは行きやすいのもある。というか東京なら案外近いよね・・・(むしろ道内で旅行するより近い 笑 交通費は置いといて)

という事で、お礼などを。相変わらず、好きな事を書いている自己満足なブログなんですが覗いてくれている方々もいらっしゃってとてもうれしいです。個別にはお礼してないんですが、拍手などもいつもありがとうございます!ブログではあまり触れてないんですが反応があるとかなり喜んでますからね、自分!
こらからもこんな感じでゆるーく続けていこうと思っているので、管理人共々よろしくお願いします。

で、今年の企画は全然準備してなくて(笑)もうネタ切れよ・・・というのもあるんですけどね。
気が向いたら「乙女ゲームのブランドについて語ってみる」とかやろうかなーと思うんですが、少女小説のエントリーあげるのに数カ月かかってるのでそこはお察しして下さいという事で。あとすごい悪口とかになりそう(笑)
あと検索ワードでもいじろうかなと思ったけど、ちゃんと解析ついてなくて終了。というかきっとブログ村からの方が多そうな気がする、うん。


Posted on 18:37 [edit]

category: あいさつとかお知らせ

tb: 0   cm: 0

紅霞後宮物語/雪村花菜  




関小玉、33歳。不世出の軍人と噂される彼女は、「とある事情」から、かつての相棒にして今はこの国の皇帝である文林の懇願を受け、ある日突然、皇后となった。いきなり夫婦となった文林との関係に戸惑いつつも、小玉は持ち前の前向きさと大雑把さを武器に、女性の嫉妬と欲望が渦巻く後宮「紅霞宮」に入る。他の妃たちの嫌がらせにも気づかぬ小玉のマイペースさに、後宮はまさに大混乱!だが、その混乱は後宮に潜む“闇”をも目覚めさせてしまい…。


この作品もtwitterで話題になってたので、思わず手にとってしまった作品。あとカバーイラスト桐矢さんじゃん!的な

後宮物なんですが、全然色っぽくなくて笑ったw元々相棒だった皇帝とも気の知れた友人という感じで夫婦という感じがしない。
そして皇后になってしまった小玉さん元軍人(庶民出身)なので、嫌がらせの豚の頭も美味しく頂いてて素敵だなと(笑)
あと無自覚の人たらしらしく、権力者で気位の高い王太子妃も過去に陥落済み(彼女が皇后だから支持してあげる的な)いつの間にか妹分の妃がいたり。

基本的にコメディーなノリなんですが、やはり後宮が舞台なので結構重かったり。貴妃はただ哀れだったよな・・・実家の都合で後宮に入れられ最終的には実家が陰謀を起こし自分も巻き込まれてしかも初恋の相手も加担して殺されてしまうし、自分の産んだ皇子を殺してしまうほど追いつめられてしまったんだから。
この貴妃の事件の後、小玉のわたしの物語が出来たら(醜さは切り取られるから)綺麗な物語になるんだろうねに対して、梅花のでもこの醜さを知れるのはこの時代に生きているものの特権だからそれでいいんだ、と考えてたのがとても印象に残りました。

後に、小玉は千年後も名が残る皇后になるそうなのでそこに至るまでの物語をもっと読みたいなと思いました。
あと皇帝が何を考えてるのかがわからないので、そこら辺も。
続巻が決まったそうで続きも楽しみ。

Posted on 17:44 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

紫陽花茶房へようこそ 〜夜のお茶会への招待状〜/かたやま 和華  



銀座の路地裏の洋館で、ひっそりと営業する紫陽花茶房では、英国伯爵の血を引く青い瞳の店主・紫音と、給仕のハイカラ女学生の月子が、帝都一おいしい紅茶でおもてなし。今宵、紫音の淹れる“魔法茶”で、夢の世界を訪れるのは…?不思議な三人の老女に誘われた、紫音と月子の出会い。月子の忘れられた初恋。そして…?大正喫茶ロマンス、ついに完結!



まさかの3巻完結・・・切りは良いけどね・・(というか読み切り形式なんだけど)
あと今回はコバルト文庫からだったのに、挿絵がなくて残念(扉絵のみ)

今回はまだ語られてなかったエピソードが中心だったかな。紫音と月子の出会いの話、月子の初恋の話、そして二人の未来を示唆するような話が3話収録されてました。
最初のトロイメライ」は月子と出会う前なので、ちょっとあのユカイな掛け合いがないのが少し寂しいです。出てきた3人の老婆さんたちはなんだか不思議な存在でしたねーマイ・リトル・レディな月子との出会いも運命的で素敵だなーと。

月子の初恋編である「鍵のないオルゴール」は何か読んだことあるような・・・?と思ったら、コバルト本誌掲載分だったのね。
月子の初恋の君の正体にはえーという感じだったけど、ヤキモチを焼く紫音さんがとても可愛いくてニヤニヤ

ラストは「夜のお茶会への招待」はついにお互いの気持ちに向きあって・・・という感じでしょうか。大使館のパーティーで月子を婚約者としてデビュタントさせるからねなところで完結です。もう少し先の物語も読みたかったのでここで完結は残念。
紫音さんが魔女の孫だけど、将来的には伯爵になるからその時は月子も伯爵夫人になるんだ。と彼女にやっと伝えたのが良かったな。あと月子もやっと「マイ・リトル・レディ」のマイの意味に向きあったのも良かったです。

もっと続きを読みたかったというのが本音ですが、余韻の残る終わり方で良かったなとも思います。
かたやまさんの作品はパルピテーションがあふれているので新作も楽しみ!

Posted on 17:09 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

シンデレラ伯爵家の靴箱館 小さき乙女は神を知る/仲村 つばき  




シンデレラの末裔・ディセント伯爵家のアランに求婚された新米靴職人のエデル。だが、自らの出生、そして父の存在からその申し出を断ってしまう!失意のアランは熱にうなされるも、とある啓示(?)を受け―?一方のエデルはレイと決着をつけるため、彼が出入りするクラウデッド家の仮装パーティーに潜入することに。そこで“魔術師の靴”による事件に巻き込まれ!?ドキドキを我慢する方法は?



安定のアラン様の迷言が輝いちゃってて素敵でした。素の方がエデルをドキドキさせてるみたいですが、どうかしばらくはザリガニ発言とかで読者を楽しませて欲しい(笑)ウサギのドレスをエデルを思い出しては脳内ウサギ小屋に入れてみたり、ザリガニのようなエデル(照れ顔)を脳内水槽に入れちゃうアラン様に笑ったwそして妹は協力してるようで完全に面白がってるし(笑)

今回の事件の真相はちょっと後味が悪いというか、それに利用され続けていたリリローズは可哀想だったなぁ。生きる為には、自分の手を汚すしかなかったというのがやるせない。それでもアラン達に出会い、高い代償を払う事にはなったけど自由になれたのは良かったなと思いました。

エデルの父レイの目的が明かされて、エデルの母ヴァイオレットを甦らせる事だったけど愛しているからという訳ではなくシンデレラを蘇らせたいからでちょっと自分はモヤモヤ。彼はきっと家族を愛しているという訳ではないんだなぁ。

Posted on 16:33 [edit]

category: B's LOG/アリス文庫

tb: 0   cm: 0

5月の読書メーターまとめ  

もう6月ですか・・・毎月言ってるけど日々が早すぎて困る
最近シフトが夜型に変更になったので、朝型だった自分にはなかなか辛いです。最近やっとリズムが出来てきた感じだけど、
それでもダルダル~
このサイクルになってから何が辛いかって、趣味に時間が割けなくなった事だよね・・・午前中は寝起きなのでケータイをいじりつつ仕事の準備をしてたら出勤時間になるし、帰ってきたら晩酌をするのでせいぜいゲームをちょろっとプレーするぐらいなので色々アッーとなってます(笑)いや、前が時間あり過ぎだったのか(知ってた)


そんな感じであまり読書出来なかったので、今月は14冊でした。いつもより若干TLが多いかな・・・?
コミックや雑誌もカウントしてるので少ないよなぁ・・・
あーもりもり読書したい、ね・・・

6月は楽しみにしてる新刊が多いので、読書に時間を割けると良いな~

モーテ→前巻がきれいにまとまってたので続巻にびっくりだったけど、違和感なく続いてたのでとても良かったし前作とまた違った雰囲気で面白かった。おこぼれ姫→もうシリーズ11巻目だったという事に驚いた。安定の面白さで恋愛面も少しずつ動き出しそうなので続きも楽しみ。かくりよの宿屋→ツイッターで評判が良くて、じゃあ自分も・・・的な。すごく飯テロな本で読んでてお腹すいた。主人公の葵があやかしの胃袋をガッチリつかんでいくのが面白かったです。続巻も決まったようで、大旦那との関係にも注目。

あまりブログの更新も出来ないので、おまけでゲーム状況でもちょろっと
最近はあまり1本のゲームに集中出来なくて、剣が君/うたプリASAS/ポゼマゼ/大正アリス2に手を付けている状態です。自分は総評しか書いてないので同時に複数のゲームをプレーするのは非常によろしくない・・・。せめてこれ以上は新しいゲームには手をつけないで1本ずつ地道にやってしくしかないね、開封してプレーし始めてしまったものは仕方がない。たぶん総評は非常にうすっぺらいものをお届けすると思います、はい(笑)

あとfc2ブログのマイショップ機能が急に終了になっててショック・・・感想とか書く時に、すごく便利(横に作品タイトルと作者さんの名前が入るし)で好きな機能だったのになぁ。今はアソシエイトの画像を張るしかないんですがバランスがイマイチ


と、いうことで下から読書メーターのまとめです



-- 続きを読む --

Posted on 09:51 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター