ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

号泣/松田 志乃ぶ  

号泣 (集英社オレンジ文庫)号泣 (集英社オレンジ文庫)
(2015/03/20)
松田 志乃ぶ

商品詳細を見る

進学校として知られる天智高校で、春休みのある日、春日井奈々という生徒が転落死する。
自殺かと思われたが、彼女を突き飛ばす腕を見たという証言もあり…。そんな中、奈々と親しかった生徒にも異変が起きて…!?


松田さんといえば、ハイテンションラブコメというイメージ(悪魔のような~とか)だったんですがこれはドロっとしてて良い意味で裏切られたなーと!

なんというか、春と夏の毒が周りに伝染していって最終的には浸食されてしまって収拾がつかなくなり最悪な結末を起こしてしまったという感じかな。
この春と夏は、スクールカーストでは頂点に立つ人物で上辺では親友を演じてたみたいだけど実際はお互いを見下していたというか、まあごちゃごちゃしてたみたいで。夏は、昔から春の事が大っきらいだった(まぁ残酷な少女だとは思ったけど)みたいだけど、正直あそこまでやるのか・・・と思ってしまいました。間接的だけど春を追い詰めたのは彼女だし。確かに、夏視点の時はいかに春が嫌な子だったのかが伝わってきて共感したんだけど、視点を変えるとどうなのかな(なにせ春視点がないので)たぶん彼女も夏に対して同じ事を思ってたんじゃないかな。
そんな彼女たちの争いのとばっちりを受けてしまったあの人は(宮先生)ひたすら可哀想でしたね・・・あの行動(夏を殺す)に出るしかなかったというのが辛い。

彼女たちは、筝曲部で「四季の会」(三年生の名前にそれぞれ春・夏・秋・冬が入っていたから)と呼ばれて憧れの存在だったのに実際はこのざまだよ・・・!という感じがなんとも言えないね。
「性病」がテーマというか話に絡んできたりして生々しかったんですが、読み応えがあって面白かったです。
スポンサーサイト

Posted on 16:51 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

六花爵と螺子の帝国 /糸森 環  

六花爵と螺子の帝国 (一迅社文庫アイリス)六花爵と螺子の帝国 (一迅社文庫アイリス)
(2015/03/20)
糸森 環

商品詳細を見る

奴隷の少女アオは、精霊王の攻撃から青年貴族ジーンをかばい死亡した…はずだったのに、目覚めたらなぜか二人の身体は入れ替わっていた!?魔導学院でも“六花爵”と呼ばれる特権階級のジーンに、畏れ怯えるアオだったけれど―。「おまえの身体が気に入ったからくれないか」って、ジーン様、それは無理です!全寮制の学院に強制入学させられた少女と無自覚天然青年貴族の、逆転学院ラブ!


糸森さん作品は迷わずチェック!なんですが、男女入れ替わり物という事でちょっとどうなのかしら・・?と思ってたんですが面白かったです!

花族(特権階級)の人たちに振り回されつつも、アオも同じぐらい天然発言(ジーンと一緒に)で周りをザワッとさせているのが面白かったですwあと過去の出来事から汚部屋を掃除するのが生きがいで、汚部屋大好き・・・!というのがなかなか個性的だな、と(笑)

アオの身分は隷民で人間とはみなされない身分だけど、ジーンたちが「前を向け」など身分なんて関係ないという事を根気よく彼女に伝えようとするのが良かったなぁ。アオはまだ身分にとらわれているけどいつか胸を張って自分らしく生きられるといいな、と。

まだアオ自身の謎や、色々と明かされていない事が多いのでシリーズ化しますよね?まぁ一番の謎はレンズ先生なんだけどねー

Posted on 16:18 [edit]

category: アイリス文庫

tb: 0   cm: 0

狂伯爵と買われた花嫁4 永遠を誓う愛の言葉を君に/梨沙  

壁ドンな感じ?
狂伯爵と買われた花嫁4 永遠を誓う愛の言葉を君に (一迅社文庫アイリス)狂伯爵と買われた花嫁4 永遠を誓う愛の言葉を君に (一迅社文庫アイリス)
(2015/03/20)
梨沙

商品詳細を見る

最近、胸がどきどきして旦那様を直視できないんです!舞踏会以来、旦那様を意識してしまう新妻の私。彼の目的は、趣味の剥製作りの素材としての私の体だけなのに…!美貌の青年伯爵クリストファーと、彼に一目惚れされ購入された花嫁リリアン。心を通いあわせはじめた二人に迫る最大の危機とは!?


最近手を出したシリーズだったので、もう完結か的な。

ラストにぎゅっと詰め込められた感があったけど、ラストは綺麗に完結してたので満足。
リリアンの父親についても明かされていて、王族ではなかったけれどそれに近い宰相家の人間だったのね。祖父もまだ生きていて再会出来てたので良かったね、と。

今回、さらわれたリリアンを助けるために奔走していたクリストファーだったけど本当に変わったよなーとしみじみ。きっとリリアンに出会わなかったら、少なからず自分の父親みたいになってたかもしれないよね。ラストは殺すしか道がなかったというのが切ないです。
個人的に、クリストファーの周りにいる「鴉」たちは、ロバートを含め「愛情」をもって接しているというのにじーんと。皇帝に対しては「忠心」をもって従えているそうなので、後の事を考えるとちょっと不安ですよね。もし皇帝と対立する事があったら真っ先に消されてしまう訳だし。

剥製にしたいとか何なの・・・とか思い手を出さなかったシリーズですが、読んでみたら面白くてラストまで楽しめました。
ラスト、二人の間に子供が出来ていて嬉しいけどちょっと寂しくて複雑な気分です 笑(純粋なクリストファーでいて欲しかった)

Posted on 16:00 [edit]

category: アイリス文庫

tb: 0   cm: 0

F‐エフ‐ 巡る月と始まりの物語 /糸森 環  

F‐エフ‐  巡る月と始まりの物語 (角川ビーンズ文庫)F‐エフ‐ 巡る月と始まりの物語 (角川ビーンズ文庫)
(2015/02/28)
糸森 環

商品詳細を見る


滅びゆく異世界を救うことになった平凡な少女・響。目的地である王都の神殿への転移は成功したけれど、騎士リュイと聖獣エルとはぐれてしまう。幽鬼さまよう夜が訪れ、ひとりで人々の蘇生に立ち向かうことに!苦戦するその最中、闘神オーリーンから譲り受けた神剣の声が聞こえる。「小娘、非力な主!」その直後、身体を乗っ取られてしまい!?「私は、あなたのそばにいると誓った―あなたは?」救世の幕が開く第3巻!!


唯一、レイムを倒せる救世主みたいな存在だけど普通の人からみたら異質にしか見えないよな・・・・
今回神剣に体を乗っ取られて体が異形なものに変化してしまったのも見られてしまってたからなおさら。リュイやエルと一時的に離れてしまった時、響が孤立してしまってたのは読んでて辛かったなーあんなに頑張っているのに。
あと響はレイムから人にすることはできても、人は生き返すことができないし、誰かを助ける為には誰かを犠牲にしなければならなしで本当にままならないなぁ。

で、一時的に離れ離れになってしまったリュイだけど響への執着をさらに強めて帰ってきてくれたので本当にありがとうございます。これから登場人物が増えそうなのに、大丈夫かな(笑)

響も強くなってこれからだ、というところで第一部終了なんですが文庫版もひとまずここで完結なんだとか・・・。まだサイトの方でも未完の作品ですが、これから面白くなりそうなのにもったいない!イラストもあってたし、完結後でも良いからまた書籍化していって欲しいなぁ(編集部に要望出すべきかしら・・・・)ひとまず続きはサイトで読んでこようと。

Posted on 17:34 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

「大正×対称アリスepisode1 」プレー感想  

大正×対称アリスepisode1 通常版大正×対称アリスepisode1 通常版
(2015/02/20)
Windows

商品詳細を見る

【ストーリー】
鏡を通り抜けたら、そこは全てがあべこべな世界でした―――
貴方は気がつくと、真っ黒な世界をさ迷っていました。
貴方には記憶がありません。自分が何者なのかも、名前すらも分かりません。
真っ黒な世界は貴方以外誰一人としておらず、貴方は不安と淋しさで胸がいっぱいになります。
そんな時、貴方は一人の少年と出会います。
輝く金色の髪に美しい碧眼を持つ少年の名は「アリス」。
「アリス」は貴方を見るなり、貴方を「ありす」と呼びます。
どうやら、彼も記憶を失っており、「アリス」という名前以外何も思い出せないようです。
困った貴方は、嫌がる「アリス」を連れ、再び世界をさ迷います。
やがて、貴方とアリスは水晶で出来た大きな大きな鏡を見つけます。
鏡の中は、和と洋が混じり合った不思議な世界で、貴方は懐かしさを覚えます。
そうして、貴方とアリスが鏡を覗き込んでいると、通り抜けて鏡の国へと入り込んでしまいます。
鏡の国では、性別が逆転した童話のキャラクターが貴方を『ヒロイン』として迎えます。
鏡の国で各童話の『ヒロイン』となった貴方は、ちょっぴり不思議で歪な物語を、
ちょっぴり歪んだ童話の主人公たちと紡ぐことになります。

果たして、この物語の行く末はどうなってしまうのでしょう?



PCゲームという事で(あと分割商法だし)スルーしてたんですが、ライターさんが「死神の少女」(他にもタクヨーさんの作品を担当されてたみたい)の藤元さんだ、という事をいつも日参させて頂いているブログさんで知って即ポチりました。勢い余って2本も買っていて(特典目当てとかでなく)本当に自分が謎・・・

では感想は追記から
ネタバレ注意です
-- 続きを読む --

Posted on 16:48 [edit]

category: 他のブランド

tb: 0   cm: 0

女伯爵マティルダ カノッサの愛しい人/榛名 しおり  


女伯爵マティルダ カノッサの愛しい人 (講談社X文庫ホワイトハート)女伯爵マティルダ カノッサの愛しい人 (講談社X文庫ホワイトハート)
(2015/03/04)
榛名 しおり、池上 紗京 他

商品詳細を見る

トスカーナの伯爵家に生まれ、何不自由なく暮らしていたマティルダ。しかし父の死を契機に運命は変わり始める。度重なる身内の不幸、襲いかかる苛酷な現実。絶望にうちひしがれそうになるとき、彼女を救ってくれたのは、いつも修道士イルデブランドだった。幼き日の初恋は、やがて揺るがぬ想いに深化する。


伯爵家の「末の姫様」として甘やかされて育てられてきた少女が、父や姉、兄を亡くし、誰かに守られることを選ばず自ら女伯爵なり前に進んでいくマティルダがとても凛々しくて格好良かったです。

少女小説とは思えないほど、過酷な目にヒロインがあうので読むのがなかなかつらいんですがその境遇に負けずに立ち向かっていく姿がとてもいい。それにしてもマリア、とかを思い出させるようなハードさだったな・・・ヒゲ公爵ゆるさない
あと教会が出てきますが、時代が時代なので欲にまみれてる感が面白かったです。

イルデブランドとマティルダの関係は、家族でもあり盟友という感じでお互い信頼し合っているというのがとても良かった。お互いの立場上、結ばれることはけしてないんだろうけどマティルダは最後のさいごまで彼の味方であり続けたんだろうなぁ。ラストは皇帝の謝罪を受け入れてやるか的なとこで終わって、え?ここで終わり感があったんですが史実ではこの後皇帝側の勢力が増していってグレゴリウス7世は憤死してしまうらしので、おれたちの戦いはこれからだ!な終わり方で良かったのかも。

今回は初期作品っぽい路線でなかなかハードだったんですが、とても読み応えがありました!新作も楽しみにしてます。

Posted on 23:37 [edit]

category: Xホワイトハート文庫

tb: 0   cm: 0

王宮呪い師の最悪な求婚/宮野 美嘉  

王宮呪い師の最悪な求婚 (ルルル文庫)王宮呪い師の最悪な求婚 (ルルル文庫)
(2015/01/27)
宮野 美嘉

商品詳細を見る

王宮仕えの呪い師になったエレインの任務は、天才・変人・無表情で有名なラキスヴァデリの補佐。性格は最悪だけど特別な才能を持つラキス。いつか彼を踏み台にして出世しようと決意するエレインだが、ラキスは「エレインは抜けていて、かわいいね」と暴言気味に告げてくる。そんな彼の言葉が、なぜか最近は甘い口説き文句に聞こえるようになって動揺するエレイン。だがある日「愛する人の記憶を奪う」蛇が出現して…!?すれ違いピュア・ラブロマンス!


宮野さんはたぶんデビュー作から全部読んでるんですが、内容がブラックじゃなくてラブコメですごく新鮮でした!
エレインの妹の真相は重めだったけど、とても明るい雰囲気な作品だったな、と。あと誰も病んでなかった!

不思議系なヒーローと鈍感なヒロインの会話が微妙にかみ合ってないのが面白かったです。ラキスヴァデリは口説いているつもりでもセリフが「ゴキブリになっても、エレインは可愛いよ」だったりするので、こいつを踏み台にして出世してやる!と思っているエレインにしたら馬鹿にしてんのか!ってなるのはわかるwいや、でもエレインへの好意はダダもれだったので早く気付いてあげて!感はありましたけど(笑)

呪詛にかかってしまったエレインを守ろうとしたラキスヴァデリに反抗して、「王子様に守られて震えて、泣いている女が好きなんですか?趣味悪いですね」と言い放ったエレインが格好良かったです。あと好きな相手に、私の踏み台と言い放つエレインが素敵でした。

まぁなかなかかみ合わない2人ですが、周りの面々はラキスヴァデリのエレインへの好意に気づいていてハラハラ見守ってる感じだったんですが、もれなく読者の自分も一緒になって応援してる気分になりました(笑)

Posted on 22:51 [edit]

category: ルルル文庫

tb: 0   cm: 0

2月の読書まとめ  

今日から3月ですか!本当に最近時が立つのが早すぎて、ぼーっとしてたら気づいたら年末じゃないか!ってなりそうで恐いです(笑)

今月は14冊読みました。半分はコミックだったりするので、活字はあまり読めてませんね。最近生活がガラっと変わったのでなかなか活字を読む元気がなく、漫画かゲームする事が多いです。

仮嫁は安定して面白いシリーズだなーと。ビズログ文庫といえば、新ラインのアリス文庫が出来るみたいなんですがラインナップを見てもいまいち違いがわからない(ビズログ文庫でも大丈夫でない?的な)


コバルト文庫の一般向けレーベルオレンジ文庫がなかなか面白い
この2冊感想が書けなかったので、新刊もまだ積んでるしその内まとめて短い感想を書きたいと思ってます。読書感想の方は、読書メーターもつけてるしタイミングが合わなかったら結構ブログには書かないことが多いんですよねー

鍵屋→梨沙さん作品のキャラクターって結構ツボだったりします。ちょっとした謎とき物。血がつながってなくたって家族だよ、という感じでほっこり出来ました。螺旋→ロマンス大賞受賞の新人さん。SF物でちょっと難しく感じたんですが、新人さんとは思えないレベルだったと思います。コバルト文庫では浮いてしまってたと思うので、一般よりで出したのは正解だったと思う(女性向けレーベルではありますが・・・)次の新作がとても楽しみ。

かつくらで見かけて面白そうだったので購入。よくネットの広告で見かけてたけども

最初、骨頭なの?えーとなったけど読んだら骨なんて気にならなくなりました全然オッケー!今は魔法使いと弟子の関係だけど、二人の距離が徐々に近づいていってるので恋愛面もとても楽しみ!3巻は3月発売で、やったね!

と、いうことで下から読書メーターのまとめです



-- 続きを読む --

Posted on 11:56 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

Elysion 二つの楽園を廻る物語 (上)/十文字青  

Elysion 二つの楽園を廻る物語 (上)Elysion 二つの楽園を廻る物語 (上)
(2015/02/14)
十文字青

商品詳細を見る

如何にして楽園の扉は開かれたのか…。真摯なる策略が無垢なる呪いを招き、男は仮面を被り、女たちが嘆き、少女は笑う。肉体の檻に閉ざされた者たちの魂の軌跡はどこまで続いてゆくのだろう。その先に楽園はあるのか?そして楽園の正体とは?終わりなきパレードを率いる仮面の男の目に映った狂気と愛憎の世界が、ついに描かれる!


サンホラはちょっと聴いたことあるよー程度なんですが、書かれてる作家さんも読んでみたかった方だったしレイターさんも豪華だったので購入してみました。
この「Elysion」の楽曲ではArkしか聴いたことはないんですが、あらまりさんの歌声好きです。
サンホラの楽曲は人それぞれ解釈があるみたいですが、元ネタ(というか楽曲)をあまり知らないのでサンホラのノベライズという事をあまり気にしないで読み進めていきました。

最初は魔女の話から始まり、仮面の男とエル、別の時代の物語、の話が交互に載っている感じ。それぞれ時代がバラバラだったりするのでそれぞれ独立した話なの?とも思ったけど、共通のキーワード「楽園」「仮面の男」「大災禍」などが出てくるのでたぶん何か仕掛けがあるんだよね・・・仮面の男ラストで絶対立ってるから恐いよ

「魔女とラフレンツェ」、「Ark」、「baroque」はあんなにあなたの事を愛していたのに、どうして・・・?という感じで愛が愛憎に変わってしまう話だったのでだいぶ重い話でしたねーArkは読んでたら自分も洗脳されそうになりましたwなかなか狂った物語だったな(というか危ない宗教的な話だったのね)baroqueはエリスとメーテの感情のすれ違いっぷりがなんとも。ラフレンツェは、オルフェは絶対許さないという感じです。
仮面の男サイドというか、題名がLの~になっている話はちょっとよくわからない・・・病弱な娘と父親(金がたくさん必要らしい)が出てくるんですけどね。たぶん核となる物語なんだろうけど

サンホラの初公式ノベライズという事で、かなり力が入ってて読み応えがありました。あと楽曲をあまり知らなくても普通に楽しめました。どんな結末になるのかなー下巻も期待。

Posted on 11:06 [edit]

category: ノベライズ

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。