FC2ブログ

ひとりあそび

気ままに、読んだ本の感想を中心に綴っています

おこぼれ姫と円卓の騎士 恋にまつわる四行詩/石田リンネ  

おこぼれ姫と円卓の騎士 恋にまつわる四行詩 (ビーズログ文庫)おこぼれ姫と円卓の騎士 恋にまつわる四行詩 (ビーズログ文庫)
(2014/09/13)
石田リンネ

商品詳細を見る

未来の女王レティーツィアの侍女候補・アイリーチェには、年上の恋人がいる。だけど彼には、一桁の年齢の少女しか愛せない特殊な嗜好があった…!?偶然の出逢いが四度重なれば、運命となる。アイリーチェと伯爵子息ウィラードの恋物語を綴った外伝が登場!さらにアノ騎士が主役になる短編のほか、レティがデュークを騎士に見初める(!?)までの物語などシリーズ初、“恋”がテーマの短編集!


恋にまつわる短編集で読んでて面白かったです。本編はレティが騎士探しに奮闘してるせいか微糖なので、今回糖分補給出来て良かったです(笑)

無事、変態を卒業な伯爵(ただしリーチェは9歳年下だそうなのでギリギリ 笑)
メインである中篇「葡萄姫の恋愛未満」は最初契約から始まった恋人ごっこだったけど、その内お互いに本気になっていくのにニヤニヤ。どっちかというと、年下のアイリーチェの方に主導権があるってのもツボです!!メインの2人の他にも、デュークやアストリッドが脇役として登場してくれたのが嬉しかったり。あとは、めちゃくちゃ良い人なジルベルト(不憫さん)にも新しい春が来るように全力で応援したいと思います。

他にも、アストリッドのレティに対する真っ直ぐな恋心だったり、ノーゼルツ公「残念だけど、可愛い」と嫁たちに言われたりする短編集が収録されてて面白かったです。レティが主人公の短編集ではお悩み相談室を開いてたりしてましたが、デュークの事を昔から吟味というストーカーしてたというのに笑ってしまいましたw最終的に目を付けたデュークを自分の騎士の第一席にしてしまうんだからすごいよねー

次から新章「軍師編」が始まるそうなので楽しみだー
スポンサーサイト



Posted on 19:10 [edit]

category: B's LOG/アリス文庫

tb: 0   cm: 0

王女コクランと願いの悪魔/入江 君人  

カズアキさんのカバーイラストに惹かれて購入してみました。読んだ事ない作者さんだったので、調べてみたら「神さまのいない日曜日」の人だったんですね。角川文庫版も出てるようなので読んでみたいな。

王女コクランと願いの悪魔 (富士見L文庫)王女コクランと願いの悪魔 (富士見L文庫)
(2014/09/10)
入江 君人

商品詳細を見る

「さあ、願いを言うがいい」「なら言うわ。とっとと帰って」王女コクランのもとに現れた、なんでもひとつだけ願いを叶えてくれるという伝説のランプの悪魔。しかしコクランは、願うことなど何もないと、にべもなく悪魔を追い払おうとする。なんとか願いを聞き出そうと付きまとう悪魔。しかし、“すべてを与えられた者”と謳われるコクランを取り巻く王族と後宮の現実を知ることになり…。物語を一人演じ続ける王女と、悠久の時を彷徨う悪魔の、真実の願いを求める恋物語。


どこかの帝国にある後宮が舞台なんですが、後宮といっても学校みたいな感じだったのでちょっと新鮮。宮女とか出てきて、みんなで演劇をしたりするので読んでて賑やかでした。
「願いを言え」→「じゃあ帰れ」みたいなコミカルなやり取りもあって面白かったです。

コミカルな部分もあったけど、全体的にはシリアスな話だったかなーと。コクランは王女なんだけど、王妃となった母親の不義の子なので周りに疎まれて悪意に晒し続けられ、どこか狂ってしまったという背景があるのでなかなか重たい。自分の大切なものは消され、駒としていいように利用されてきたコクランも悲しいし、その境遇を受け入れてしまっていたのも読んでてやるせなかったです。唯一、愛していた父王(血は繋がってないけど)にも利用価値がないと思われたら、あっさり切り捨てられてしまうし。

その中でも悪魔のレクスはコクランにちょっかいをかけながらも、彼女のことを思い寄り添いつずけてくれて最後は自分が消えるとわかってても生かそうとしてくれる彼はとても綺麗で純粋な存在だなと思いました。それに比べて、自分の保身のためにコクランに悪意を向け続けていたヒトたちの方がよっぽど醜い存在だなぁと。

最後レクスとは悲恋で終ってしまうのかな?と思ったけど、最後のさいごで奇跡が起こってハッピーエンドで胸がじんわりしました。ずっと誰かに愛されたいと願っていたコクランにずっと寄り添ってくれる存在が出来て良かったね。

Posted on 18:12 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

浪漫邸へようこそ /深山 くのえ  

あきさんのイラスト、ルルル文庫じゃあまり見かけたことなかったので新鮮・・・!
洋風なイラストのイメージが強かったけど、大正なのもとても素敵^^

浪漫邸へようこそ (ルルル文庫)浪漫邸へようこそ (ルルル文庫)
(2014/08/26)
深山 くのえ

商品詳細を見る

大正初期。ある事情から、十六歳で家を背負うことになった貧乏子爵家の長女、紗子。偶然、危ないところを助けてくれた帝大生、伊織との出会いをきっかけに、紗子は子爵邸で秘密の下宿屋を始めることになる。早速集まったのは、帝大生と画家と本屋、それに作家と写真屋というなんとも個性的な人々で!?ワケあり子爵家ではじまった、賑やかで優しい同居生活とほのかな恋。美しく密やかに、乙女の恋は花開く―大正ロマン譚開幕!


安定の深山さん作品で面白かったです。
1話読みきり形式なので読みやすかったし、大正ロマンな雰囲気がとても好きだなー!

主人公の紗子は控えめなんだけど、芯が強くしっかりな子で好感がもてました。というか、親(借金作って行方不明)が残念過ぎるので、長女だし(弟、妹がいる)自分がしっかりするしかなかったとも言える。

生活のたしにしようとこっそり下宿を初めた菖蒲小路家でしたが、集まった下宿人が愉快な人たちでなかなか楽しそうです。あと女学校での友達である梨影もサバサバしてる子で良いですね。

お互いが一目ぼれみたいですが、2人には身分の差があり伊織ももう諦め気味なところがあるので、今回はお嬢様からぐいぐい迫っていくのかな?(そんなタイプに見えないけど)でもいざとなったら、周りがくっ付けてくれそう(笑)

という事で、2人の恋の行方が気になるし、もっとじっくり読みたいのでシリーズ化お願いしますよ!

Posted on 20:37 [edit]

category: ルルル文庫

tb: 0   cm: 0

レアリアI/雪乃 紗衣  

9月から新潮文庫nexが創刊されました。ひとまず自分は「レアリア」だけ購入したんですが、「いなくなれ、群青」、「知らない映画のサントラを聴く」も面白そうなのでその内購入したいです。
たぶん作品路線はラノベと一般の中間な感じだと思います(メディアワークス、L文庫系)一般よりのレーベルにも言えることですが、挿絵がないのがちょい残念(レアリア、うたこさんだし!)

レアリアI (新潮文庫)レアリアI (新潮文庫)
(2014/08/28)
雪乃 紗衣

商品詳細を見る

軍事を担う魔女家当主・オレンディアの元に育った少女・ミレディアは、幼い頃に森で拾われた身。彼女は森で出会った青年・アキのことをずっと想ってきた。が、その念願の再会は、やがて世界に悪夢をもたらした。今、17歳となったミレディアは魔女家名代として、仲間と帝都へ向かう。両国の休戦、次期帝国皇帝候補の後見、そして、愛する彼を殺すために。


彩雲国物語が完結してから、初めての新シリーズ始動という事で楽しみにしてました。自分的に、という感じですが彩雲国物語が好きだった(特に前半)という人にはオススメ出来ないかも。どっちかというと、後半や骸骨を乞うが好きだった人達の方が楽しめるかも・・・?というか(かなり)人を選ぶ作品だと思います。

読んでて時系列がころころ変わるし、世界観が複雑(兄王家、魔女家、法王家、王朝)でよくわからない現象、登場人物が多いし、一冊に色々詰め込まれててかなり分かりにくいし読みづらい。あと個人的に文章が堅いようで、いきなり砕けた感じになるのがちょっと読んでておぅ・・・となりました。
と、不満点がけっこうあるし読むのに結構時間がかかってしまったんですが、個人的には好きな世界観だし登場人物が魅力的で面白かったです。

ミレディアとアキの愛していてるけど同じぐらい憎い。欲しいものはお互いの命という感じが本当にツボ。個人的にアキの「僕のお姫様(ミ・レディ)」呼びがたまらん
大事な物はどんどん失われていくけど、その中で手にいてた守るべき皇子。政略といっても唯一の家族になったので、彼は、絶望で心が壊れかかっているミレディアにどんな影響あたえるんでしょうか。

徐々に帝国の終焉にむかってしまっていて、すべて絶望のまま終わってしまうような展開だけど少しでもミレディアたちにとって優しい世界になると良いな。
ひとまずどこが終着点なのかな。王朝との休戦期限までとか?ミレディアの出生やアキの事や、オレンディア世代の事もガッツリやって欲しいなぁ。あとレナートはお願いだから長生きして!

2巻の発売も決まっていてる(来年春)みたいなので、楽しみに待ちたいと思います。次からは用語集や地図も付けて欲しいな・・・色々分かりずらいから

Posted on 12:17 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

身代わり伯爵の結婚行進曲 (4) 裏切りと婚約解消 /清家 未森  

最近珍しくバタバタしてて、あんまり自分の趣味に時間をさけなくてもやもや。おかげさまで読んでない新刊とかが増えてきてるよー
ゲームの方も少しずつしかプレー出来なくて(眠いから)あやかしごはん、やっと1人攻略できた感じです。
ブログも雑記な記事を更新したいな・・・

身代わり伯爵の結婚行進曲 (4) 裏切りと婚約解消 (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵の結婚行進曲 (4) 裏切りと婚約解消 (角川ビーンズ文庫)
(2014/08/30)
清家 未森

商品詳細を見る

ロジオン、ダラステア皇帝(とその小姓)と共に誘拐され、囚われの身となったミレーユ。リヒャルトを蹴落とすために動いているというフィデリオの真意が見えないまま、ついにミレーユは、リヒャルトに婚約解消の手紙を書くことに…。一方リヒャルトは、ミレーユ奪還のため策を練るのだが―!?「ミレーユ―俺を見てください」待つのは幸せな未来か、それとも…?物語は最高潮へ!!


全巻は確か短編集だったので、本編は久しぶり。
ミレーユが攫われてだいぶたってるからか、大公殿下の目が(挿絵で)だいたい虚ろだったのが印象に残ってます、はい。

シアラン大公妃として、色々評判にキズを付けられてもう絶望的な状況になってしまってるんだけど、それでも最終目標はリヒャルトのところに戻る!とポジティブ娘なミレーユがとても良かったなーあと大公妃になれなくても、侍女でもいいからリヒャルトの近くにいよう!ってどれだけ一途なの

殿下は最後ブチギレちゃうんですが、久しぶりに登場したフレッドが安定のお兄ちゃんで読んでて安心しました。彼がウォルター伯爵に言った「こちらはつかみたい未来のために忙しいのだ」セリフがとても格好いいです。
あと攫われたミレーユのために動いてくれる人(キリル、シャロン)がいてじんわりしました。

フィデリオはやっぱりリヒャルトのために自己犠牲を選んだみたいですが、そんな事は結局自己犠牲に過ぎないと思うので早く誰か目を覚まさせてあげて!!
ラスト、すごいところで終わっているので早く続きを読みたい!ミレーユを早く奪還して欲しいな

Posted on 11:30 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

8月のまとめ  

今日から9月ですね。あと今年も3ヶ月しかないとかびっくりですね!日中はまだ若干暑いけど、風とかがもう秋だなーとしみじみ。
そういえば、うたプリ4thの抽選が29日に発表されたんですが見事落選でしたw若干ヘコンだんですが、公式を見てみると3次先行ぐらいまであったのでまだ希望は捨てずにいたいと思います^^一次で当選された方々、おめでとうございます!

さてさて今月は9冊読みました。
同人誌の「続・相棒とわたし」も読んだので、本当は10冊です(読書メーターに登録されてなかったので)


榛名さんの作品が好きでマリア、マゼンダ、王女リーズ、王女ベリータ、ロクサリーヌと読んだけど、次は何を読もうかなー。「相棒とわたし」はラッセとエッドがじれったくてニヤニヤ。次の同人誌で完結するみたいなので楽しみです。シャーリー・ホームズはシリーズ化して欲しい・・・


久しぶりにTLに文華さんでした。個人的にティアラ文庫よりハッピーエンドだと思うのでオススメ。監禁アンソロに収録されている話は、他の作品と毛色が違う感じですが面白かったので、長編で読みたかった。


最近は「夢の雫、金の鳥籠」にハマって一気読み(5巻までしか出てないけど)
フォロワーさんが面白い!とつぶやいていらっしゃって、気になり購入してしました。

スレイマン1世治世のオスマン帝国が舞台で、奴隷として売られた女の子がハレムで成り上がっていく的な話で面白いんですよね。主人公ヒュッレムは後に、皇后となる人物らしのですが、どこまで史実通りになるのかな?


最近なかなか1つのゲームに集中できなくて、色々中途半端になってます。プレーしていた「CHAOS;HEAD DUAL」をコンプしてからプレーしようと思ってたんですが、結局届いた「あやかしごはん」プレーし始めてます。
なかなか評判が良さそうなので、楽しめればいいな

あやかしごはん 通常版あやかしごはん 通常版
(2014/08/29)
Windows

商品詳細を見る


それでは、追記から読書メーターのまとめです。
-- 続きを読む --

Posted on 16:14 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター