FC2ブログ

ひとりあそび

気ままに、読んだ本の感想を中心に綴っています

姫神さまに願いを―永遠国(はるかとおくに)ゆく日 /藤原 眞莉  

押入れでごそごそ探し物していたら「姫神さまに願いを」シリーズを発見しました。懐かしいー!という事で、1巻からまた読み始めてます。この姫神さまシリーズは自分のバイブルになった大好きなシリーズです。

姫神さまに願いを―永遠国(はるかとおくに)ゆく日 (コバルト文庫)姫神さまに願いを―永遠国(はるかとおくに)ゆく日 (コバルト文庫)
(1999/12)
藤原 眞莉

商品詳細を見る

時は平安―ごく普通ではない男女がごく普通ではない出会いをして、ごく普通ではない結婚をした。男の名は安倍保名、そして女は辰狐の化身である葛葉姫。息子に正体を知られたために保名の元を去って東国へと旅立った葛葉は、気まぐれから平将門の命を救う。菅原道真の生まれ変わりではないかと噂される将門に葛葉は興味を持つが…!?天下無敵の姫神さん・テンが愛したもうひとりの男。


本編はハイテンション戦国ラブコメ(?)なテンとカイの珍道中という感じなんですが、今回は過去編で舞台は平安時代、テンはまだ葛葉だった頃の話です。シリーズものの1作ですが、この巻だけ読んでも楽しめるかなと。
ハルさんこと晴明のやんちゃな(?)姿も拝めます

この話はひたすら切ないですね・・・
元の夫である保名(=カイの前世)は愛しているからこそ離れなければいけなくて、将門も愛してたけど結局葛葉の手で殺さなければいけなくなったのは読んでて悲しかったです。2人ともそれぞれ愛してくれたけど、最後はどちらの手を取る事もなく一人ぼっちになってしまってただ結末は切ない・・・テンには葛葉の分も幸せになって欲しいな

少し歳をとって改めて読んでみると、前は何とも思わなかった桔梗(将門の妾)が自分の目的のためなら手段を選ばない女だったのでちょっと恐いな・・・と思ったり(笑)無邪気ゆえの残酷さというか・・・

この話はただ切ないんですが、シリーズの中でも好きな話だったり。
まだまだ最終巻まで道のりは長いですが、もくもくと読んで行きたいと思います。
スポンサーサイト



Posted on 21:15 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

聖鐘の乙女 太陽の王冠と天空の調べ/本宮 ことは  

聖鐘の乙女 太陽の王冠と天空の調べ (一迅社文庫アイリス)聖鐘の乙女 太陽の王冠と天空の調べ (一迅社文庫アイリス)
(2014/06/20)
本宮 ことは

商品詳細を見る

父親の楽譜を探すため、男子音楽学院に入学したアティーシャ。伝説の曲に関連する遺物に触れ、別人のようになってしまった彼女に、次期国王であるサリアンはある決断を下す。一方、ネイトはアティーシャへの想いと、秘かな決意を胸に聖教会へ向かうが―!?伝説の曲の謎が明かされ、全てが終わりへ向かう中、それぞれが選んだ未来とは?


ついに完結です。このシリーズ結構長かったなぁーとしみじみ

「フィスハの願い」や神話関係はもっと掘り下げられるのかなーと思ったら、案外そうでもなかったですね。
まぁエルシオン王子に悪用されて、だいぶ大変な事になってはいたけど

結構最近はさくさく展開でそのまま完結してしまって、自分的にはちょっと物足りなかったです。あと1巻ぐらいあれば良かったのになー。最後は綺麗にハッピーエンドだったので良かったんですが、サリアン様派だった自分には少し切ない結末でしたけどね(笑)個人的にはネイトとアティは2人は傍にいてサリアンの傍にいて欲しかったけど、それを選ばないで去ったのはネイトらしいかな。あとサリアン様は最後まで王族らしくあろうとしてて格好良かったです。

本編は完結しましたが、後日談編も発売されるので楽しみ。
あと新シリーズの方も期待して待っています。

Posted on 19:04 [edit]

category: アイリス文庫

tb: 0   cm: 0

悪魔交渉人(1) ファウスト機関 /栗原 ちひろ  

今月創刊の富士見L文庫のラインナップの1つです。
自分的にf-clan文庫みたいな感じかな?と思ってたんですが、もっと一般よりな内容だったと思います。どっちかというとメディアワークス文庫に近いかも。挿絵がなく、カバーイラストだけだったのは残念。

悪魔交渉人(1) ファウスト機関 (富士見L文庫)悪魔交渉人(1) ファウスト機関 (富士見L文庫)
(2014/06/11)
栗原 ちひろ

商品詳細を見る

横浜の外れに佇む寂れた建物、WMUA・NITTOH美術館。ここに勤める怠惰な学芸員・鷹栖晶には、もうひとつの顔があった。それは、存在証明不可能生命体―通称・悪魔を視認できる唯一の人間であること。そのため晶は、エジプトで事故死した親友・音井遊江の肉体に憑依した謎の悪魔と不本意ながらコンビを組み、他の悪魔と交渉して彼らにまつわる事件を解決する任務を負っていた。ある日、美術館に持ち込まれた謎の壺の調査を続けるうち、晶と遊江は、『F機関』を巡る陰謀に巻き込まれる―。


久しぶりの栗原さんの新作という事で楽しみにしてました。

悪魔や謎の機関が出てくるのでファンタジーっぽいんですが、現代が舞台な事もありどこか現実的な話でした。敵の術者とかとの戦いは描写が若干グロかったかも?
個人的には、諦めれば楽なのに、誘惑されても人間であろうとする昌の姿が個人的に良かったなーと

話は基本的に重めで、森木さんとは何か気まずいしーという感じだったんですが悪魔の音井くんのテンションの高さのおかげでシリアスになり過ぎなくて良かったです。あと悪魔が昌厨過ぎて和みましたw

一様、きりのいいところで終わってるけどシリーズ化されるといいな

Posted on 18:31 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

おこぼれ姫と円卓の騎士 提督の商談/石田リンネ  

今回CD付き限定版も同時発売だったので(ちなみにデュークはまえぬさん)迷ったのですが、結局通常版にしました。

おこぼれ姫と円卓の騎士 提督の商談 (ビーズログ文庫)おこぼれ姫と円卓の騎士 提督の商談 (ビーズログ文庫)
(2014/06/13)
石田リンネ

商品詳細を見る

王の専属騎士(ナイツオブラウンド)集めも折り返しとなり、未来の女王に欠かせない“夫"を探すことに決めたレティーツィア。
目を付けたのは“勇敢なる大艦隊(バリエンテ)"総司令官に就任したばかりのナパニア国第六王子・ソレス。
彼に会うため騎士達とナパニアの客船に乗り込んだレティだが、そこには奔放な王子との【劇的な出逢い】が待っていて……!?
人懐っこい王子サマにあのレティが振り回される(!?)


いつの間にか9巻目

レティが誰よりも行動してて、時期女王としてどうなの・・・と思わなくてもなかったのですが、ヒロインが行動しなきゃ物語的には面白くないかw相変わらずレティはチートっぷりを発揮して最悪の状況を打破していくので、読んでてスカッとしました。でもまさか自ら弁護士になりすますとは思わなかったけど(笑)

今回婿候補として登場してきた、ナパニア王子ソレスとは結局婚約は実現しなかったけど騎士として良い関係を築けそう。自分的にレティとソレスの関係が好きなので、また登場して欲しいなーと。

ナイツオブラウンドもだいぶ埋まってきたので、もうそろそろ恋愛の方も進んで欲しいですね。
レティとデューク、お互いそろそろ本当の気持ちと向き合って欲しいな

Posted on 21:16 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

キスと帝国 漂流王女ヴァージニア・ナイトの結婚/松田 志乃ぶ  

キスと帝国 漂流王女ヴァージニア・ナイトの結婚 (コバルト文庫)キスと帝国 漂流王女ヴァージニア・ナイトの結婚 (コバルト文庫)
(2014/06/03)
松田 志乃ぶ

商品詳細を見る

ヴァージニアは第二王女だ。しかし、母親違いの姉に目の敵にされ、王国を追い出された。それ以来、姉のさしむける暗殺者の追跡を逃れながら、数々の国を渡り歩いてきた彼女についた愛称は漂流王女!数年前、ようやく田舎町に落ち着いたが、そこへ突然、青年王カルロス三世がやってくる。目的は、求婚!!お互いの抱える事情を理解し合ったふたりは、友情結婚を謳歌することにしたのだが…!?


松田さんの久しぶりの新作でした!相変わらず、テンポが良くて面白かったです。

たぶんモデルになっているのは、エリザベス一世とブラッティー・メアリィだと思います。あとは神聖ローマ帝国みたいなのも出てきたり・・・・?うーん、他は良くわからん(笑)

ヴァージニアとカルロスはお互いの利害の一致という感じで結婚した感じ(オビにある友情結婚ではないと思うw)なんだけど、安定の糖度高めのラブコメでした。あと初夜とかのシーンが際どいのはお馴染みですねw基本的にラブコメで明るい話なんですが、ヴァージニアやカルロスの幼少期とかが割りとシリアスだったかも・・・?あと軽く政略や陰謀がありましたが、敵も小物であっさり片付いてしまったのは少し物足りなかったかなー(読みきだと仕方ないですけど)

綺麗に終ってたので読みきり作品だと思うんですが、個人的にあのメアリィ・アン女王の話も読んでみたいw

Posted on 12:31 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

身代わり伯爵といばら姫の憂鬱/清家 未森  

身代わり伯爵といばら姫の憂鬱 (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵といばら姫の憂鬱 (角川ビーンズ文庫)
(2014/05/31)
清家 未森

商品詳細を見る

幼いリヒャルトと第五師団団長ジャックがかわした約束を描いた「身代わり伯爵と遠い日の約束」や、ミレーユの計らいで実現した、リヒャルトとキリル兄弟の絆を描く「身代わり伯爵とはじまりの旋律」をはじめ、ミレーユの第五師団時代の奮闘を描く「身代わり伯爵と開かずの間の謎」、シルフレイアの結婚を描いた表題作「身代わり伯爵といばら姫の憂鬱」など、超豪華書き下ろし100ページ以上!ファン必読、珠玉の短編集!!


久しぶりの短編集でした。
色々な時系列の話が載ってたので読んでてちょっと混乱したんですが、ミシェル時代の話とかも収録されていて懐かしかったです。

個人的にはリヒャルトと、セシリアやキリルたちのやりとりにほっこりしました。国の事情で一緒には暮らせないけど、お互いの幸せを願っているというのが良かった。

あとは表題にもなっている「いばら姫の憂鬱」はシリーズ第2巻の話で、話の裏側ではこんな感じだったのね、と。シルフレイアはいつカインを好きになったんだろうと思っていたので、掘り下げられて良かったです。カインもただ猫をくっつけているキャラではなかったんだね!!あとマットの宿主殿の正体にじんわり・・・・
無事にシルフレイアとカインも結婚式を迎えられたみたいなので、お幸せに!

セシリア様の思いは報われるのかなーと思いつつ、本編はシリアス真っ最中なので早く続き読みたいなー

Posted on 14:07 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

氷の王女と緋色の約束 ハーフ・クラウン /御永 真幸  

氷の王女と緋色の約束 ハーフ・クラウン (コバルト文庫)氷の王女と緋色の約束 ハーフ・クラウン (コバルト文庫)
(2014/06/03)
御永 真幸

商品詳細を見る

とある事情で男装せざるを得なかったユフィと、彼女にベタ惚れだったヴィンセントが結婚し、レイジエルド王国の共同統治者となって1ヶ月余り。二人は不器用ながらも仲睦まじい新婚生活を送っていた。そんなある日、捕縛された不審者は元「王位継承者」のガウェインで!?しかも彼がユフィのことを好きだったと衝撃告白したものだから、ヴィンセントは心中穏やかではいられず…!?


安定のじれラブでご馳走様。
帰ってきた元王子が大活躍したせいで、影が薄くなり相変わらず不憫なヴィンセントでしたwあと結婚してもなかなか次の段階に進めなくヴィンセントの忍耐力が試されているようです・・・

ユフィの周りが割りとチートなのであっさり片付くので少し物足りない気もするんですが、相変わらずキャラの掛け合いが面白かったです。個人的に今回出てきたナターシャ姫がお気に入りで、彼女が主人公の物語も読んでみたい。あと失恋王子の思いは報われるのか・・・とかね(笑)

ラブコメ物として面白いのですが、主人公カップルの問題は解決してしまってるし続けるのは難しいかな・・・・?

Posted on 13:44 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

シンデレラ伯爵家の靴箱館 恋する乙女は雨を待つ/仲村つばき  

シンデレラ伯爵家の靴箱館 恋する乙女は雨を待つ (ビーズログ文庫)シンデレラ伯爵家の靴箱館 恋する乙女は雨を待つ (ビーズログ文庫)
(2014/05/15)
仲村つばき

商品詳細を見る

シンデレラの末裔であるディセント伯爵家はいわくつきの靴を蒐集している―そんな噂を聞いたエデルは、ひとりでに動く母の遺品“赤い靴”を鑑定してもらおうと、次期当主・アランの元を訪ねた。だが、彼が告げたのは…驚くべきシンデレラの真実!!靴を取り上げられたエデルは母の死の真相を知るため、極度な人見知りにもかかわらず、アランの靴店『ガラスドーム』で働くことにするが!?新米靴職人&強引令息で贈る、靴にまつわる恋物語。


頑張る女の子の話はやっぱり良いですね。職人系の話とあきさんのイラストはすごくピッタリだと思います。
ヒーローのアランはシンデレラの子孫なんですが、そのシンデレラが実は魔力を持っていて国を乗っ取ろうとした悪女であったという設定がなんか新鮮でした。

強引なアランに怯えつつも、一生懸命仕事をこなそうとするエデルの姿が良かったです。あと人見知りでびくびくしているエデルが小動物っぽくて可愛いw
オーナーであり伯爵であるアランは不器用な人なんだけど、自分なりにエデルを励まそうとしてくれてるのが良かったです。ただ恋愛指南書を(妹の悪知恵)参考にしたのには笑ってしまったけどw

エデルの出生とか、生き残り魔術師たちの組織などまだ話も掘り下げれそうだけど、個人的には綺麗にまとまって終っているので読みきりの方が良いかなーと思いました。

Posted on 13:48 [edit]

category: B's LOG/アリス文庫

tb: 0   cm: 0

5月のまとめ  

今日から6月とか!この前にソナーニルの記事を書いたんですが、なかなか書けなくて疲れた。

今月はあんまり読書が進まない月でしたねー。今新しい仕事でヘトヘトなのであまり活字を読む元気がなく、ゲームかコミックの方を読んだりしてます。あと相変わらずアプリゲームをちまちま進めたりで、ときレスの薔薇クエ延長してくれたのでなんとか全部達成出来ました。あとはあと1つぐらい薔薇の置くヤツ欲しい。BFはマラソン→マラソンときて次は守って!が来たのでヘトヘトなんですが、周くんのために頑張りたいと思います。

今月は7冊読みました。び、微妙

(仮)花嫁は安定のラブコメ、茨姫はブラックな感じで2冊とも面白かったです。
今月は買う新刊が多いので、もう少し活字を読むようにしたい。


最近色々コミックを買っているんですが、特に「薔薇王の葬列」と「年下彼氏の恋愛管理癖」が面白かったです。
・薔薇王の~方は、薔薇戦争が題材となっている歴史物(シェークスピアの史劇が元になってるらしい)なんですがオリジナル要素も強いそうなのでこれからどんな展開になるか楽しみです。で、一番ビックリしたのは「オトメン」(読んだことはないんですが・・・)の作者さんだったという事。全然作品の雰囲気違うじゃない・・・・
・年下彼氏~はBLなんですが、ツイッターで見かけ気になったので購入。何かすごく萌えてうわー!!となりました。あとキャラクターの照れてくしゃっと笑う表情が良い。7月に発売される2巻も楽しみです。

もうなんでもありなブログになってますが、管理人共々これからもよろしくお願いします。

では下から読書メーターのまとめです


-- 続きを読む --

Posted on 17:50 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター