ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

ちょっとお知らせですよ!  

さて、いよいよ明日(日付的には今日)研修に向かうため実家から出ます。
いい加減、寝なければいけないんですがやっぱり気持ちが落ち着かずブログ更新中。
書類の関係で約1ヶ月ニートだった訳ですが、思ったほど何も出来なかったという(笑)ちょっと勿体なかったなぁ、今更遅いけど。
趣味的には、もっと本読みたかったなー。結局、積み本コミックも合わせて結構残ってしまったし。まぁ読む時間が取れるかは微妙ですが、何冊か荷物に本を忍ばせました・・・。あ、結局kindleあけてもいないや・・・まぁ次に帰省した時にでも設定するかー。
ゲームの方はさほどボリュームのない作品ばかりですが華アワセ、蝶毒、しの恋の3作品をコンプして感想も書けたのでまぁ充実してたかな。ハトアリはひとまず放置で(笑)

と、いう事で明日から研修へ向かうのでたぶんブログの更新がほぼい出来ません。
次できるとしたら休暇で帰ってくる時ぐらいかな。PC持っていけないし、携帯も使用制限あるし自分の時間がどれだけとれるかは微妙なのでね。なのでブログへのコメント類(めったに来ないですが 笑)には中々反応出来なくなるので、お返事等はまったーりお待ちくださいね。ツィッターの方にもなかなか反応出来ないと思いますが、そちらもよろしくお願いします。けして無視とかではないので!(笑)

今日、急いで荷造りしたんですが大荷物でなかなか大変でした(笑)
それでは行っています!
スポンサーサイト

Posted on 01:43 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~円満離婚に新たな試練!?~ /夕鷺かのう  

(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~円満離婚に新たな試練!?~ (ビーズログ文庫)(仮)花嫁のやんごとなき事情 ~円満離婚に新たな試練!?~ (ビーズログ文庫)
(2014/01/14)
夕鷺かのう

商品詳細を見る

仮)の旦那様クロウに対し、“嫌われて離婚してこい”から“ベタ惚れさせて離婚しろ”と命令変更を受けた身代わり花嫁のフェル。それってどうやんの―!?と悩みながらもクロウと距離を縮めていく中、突然「来ちゃった☆」と、クロウの長兄ジルフォードがやってきた!しかも彼はフェルに「愚弟が本当に君の正体に気づいてないと思う?」と言い出し…!?ニセ新婚生活、爆弾投下の第6弾!



途中、大戦争が起こりそうになったり、新婚旅行にいってみたり、離婚する前に身代わりを解消されそうになったりしてましたが(端折りすぎw)新たに雇用主(ユナイア王)から「メロメロにしてから離婚してきて」と命令変更になり、フェルも頭を抱えているところからスタートの6巻です。

黒幕はてっきりあの毒女ことシレーネ様だと思ってたら、実は後ろに何か自ら妖精と呼ぶ一族がいるっぽい・・?しかもそれに教会がからんでそうなのでこれはなかなか解決出来ないパターンですね。
まだまだフェル自身(実はユアイナ王家の本当の王女。シレイネは取替えっ子)の出生などもすべて明らかにされた訳ではないので、まだまだ謎が多いです。
相変わらず、(仮)夫婦も相思相愛なのにじれじれしていてまどろっこしいので早くくっ付いて下さい!!もう6巻ですよ!早く(仮)とって!

地味に、作中で最近流行している言葉「お・も・て・な・し」、「進撃の~」、「私が嫌いでも、~のことは嫌いにならないで下さい!(今回はお酒になってたw)がそっと使われてて、読んでてじわじわ来る(笑)

Posted on 01:23 [edit]

category: B's LOG/アリス文庫

tb: 0   cm: 0

忍び、恋うつつ プレー感想  

最近、評価高い作品だからって自分も楽しめるとは限らないよなーとしみじみ(その逆も然り)
まぁ確かに人によって評価するポイントって違うから当たり前だよなーと。
レビューとかは参考程度にするのがいいのかもしれないですよね、自分もブログで感想を書くときはやっぱり主観的に書いてしまうし。
ただやっぱりゲームって値段が高いので、失敗したくないってのはありますよねー。

忍び、恋うつつ (通常版)忍び、恋うつつ (通常版)
(2014/01/30)
Sony PSP

商品詳細を見る

幼いころに両親を亡くし、
自分を育ててくれた祖母も亡くした16歳の主人公。
彼女は、生活費と学費のための奉公に明け暮れながら
憧れの"忍者"になるために町の忍術道場に通っていました。

ある日、彼女はひょんなことから奉公先で
"真田高等修練院"の副理事長と出会い、
特待生認定試験 を受けてみないかと誘われます。

特待生になるための試験を突破するには、
修練院に"編入"して
中間試験で一定以上の成績をおさめなくてはならず……。

"忍者"になるという夢のために
その誘いを受けることを決意した主人公。

彼女はついに迎えた仮入学の初日に、
なぜか男性たちをメロメロにする不思議な術を
発動してしまい――!?


予約買いしなかったけど、何気に評判が良いから後から気になるパターン
最近だとめい恋、花まにがそうでした。結局、購入はしてないんですけどね。
しの恋はオトメイトだし、何かパッケージがポップで可愛いなーと思い思い切ってポチってみました。
何かオトメイトだからなーで買ってしまう自分に笑った(鴨)


では感想は追記から
ネタバレ注意です

-- 続きを読む --

Posted on 14:58 [edit]

category: オトメイト

tb: 0   cm: 0

蝶の毒 華の鎖~大正艶恋異聞~ プレー感想  

蝶の毒 華の鎖~大正艶恋異聞~蝶の毒 華の鎖~大正艶恋異聞~
(2014/02/20)
PlayStation Vita

商品詳細を見る


時は大正7年。
戦争の特需で財を成す人々がいる一方で、国家からの恩恵だけを頼りに暮らし、
時代の波に乗り遅れた華族達の生活はいよいよ困窮し始めていた――

自分の誕生日を祝う夜会の最中だと言うのに、野宮百合子はひとり自室に籠もっていた。
公家華族である野宮家の財政は困窮を極めているにも関わらず、
状況に相応しくない豪華な宴になっていたからだ。
父・野宮康之の真意を測りかねる百合子。
だが、幼なじみの尾崎秀雄から、その夜会の狙いを聞いて合点がいく。
それは百合子の結婚相手を決め、彼女の幸せ…延いては家の将来を担保するためのものだったのだ。
戸惑いながらも、両親のためを思い夜会の会場に向かう百合子。
だがその時、反政府の暴漢達が乱入し、夜会は阿鼻叫喚に包まれる。

そして、警官隊の到着により事態が収拾した後、さらなる悲劇が野宮家を襲う。
その騒動の中で、康之が何者かに殺害されてしまったのだ。
あまりの出来事に怒りも悲しみも忘れて、呆然とたたずむ百合子。
だが彼女は、ただ一つの事だけは理解していた。
これが、転落の始まりだと言うことを――


蝶毒は本編とFD含めPC版をプレー済み。
この作品は18禁ならではのドロドロさだと思っていたので、どうなるのかなーと思いつつも好きな作品だったので購入してみました。やり比べしてみたかったし。実は蝶毒Vita版に合わせて本体も買いました(増税前に買いたかったのもあるし)余談ですが蝶毒がきっかけで、シナリオを担当されている丸木文華さんのファンになり、色々BLとかにも手を出す事に・・・

では感想は追記から
ネタバレ注意です

-- 続きを読む --

Posted on 12:11 [edit]

category: 他のブランド

tb: 0   cm: 0

ビズログ5月号を買ってきた  

(記事に拍手いただいてます!
みなさんの拍手によってこのブログは支えられています、感謝!)

どうも、お久しぶりです。
休み中は、ゲーム崩したりー本をいっぱい読むんだぞ!!!っともふもふしてたんですが思ったほどガッツリいけた訳でもなく・・・気付いたら、実家を出る日が迫っていたので(金曜日)ぼちぼち出発準備始めてます。
個人的にもっと本を読みたかったなー(ヴァンパイア騎士は完結したので一気読みしてみた、面白かったけど長かった 笑)と言う感じなんですが、仲の良い友達と遊んだり出来たのは良かったなーと。
あとブログももう少し更新したかったんですが、そんなにネタもなく断念(笑)ひとまず忍び恋~をコンプ、蝶毒ももう少しで終りそうなのでその感想などは書いてしまいたい。


と、いう事で話は変わりましてビズログの話。
オトメイトの新作が結構載ってるようなので買ってきたのですが、値段が900円以上もして震えた・・・
発売日から結構たってるので畳みませんねー

B's-LOG (ビーズログ) 2014年 5月号 [雑誌]B's-LOG (ビーズログ) 2014年 5月号 [雑誌]
(2014/03/20)
不明

商品詳細を見る


今月の表紙はプリンスたちですね!確か今月のガルスタもプリンスたちで紛らわしーと思ったけど、あっちは先輩組だったのか。でも雰囲気が似てるのでやっぱり紛らわしい(笑)

では自分が気になるところを適当に
よろしかったらお付き合い下さいー


・オトメイト新作がどんどん来る
まずは詳細は来月の新作が2作から
「戦場の円舞曲(ワルツ)」→プリアサの製作チームの最新作でキャッチコピーは「少女が奏でるのは愛の円舞曲ー。」
タイトル的に歴史物かな?プリアサみたいにモチーフ物かはどうかわかりませんが、個人的にジャンヌダルクとかだったら嬉しいかも。ひとまずキャストも公開されてます(前野さん、加藤和樹さん、石川界人さん、小野賢章さん、柿原さん、中村さん)ところで、下に載ってる(c)TEZUKA PRODUCTIONSってなんですかね?アトム?
プリアサが面白かったので楽しみだけど、プリアサの展開がなさそうなのが残念。
「Code:Realize」→一ジョー氏×mikoさん×西村悠氏で新作。もうこのタッグってだけで買わせて頂きます。
キャチコピーは「猛毒の少女はーそれでも、愛を求めた。」でシリアスな感じ

「レンドフルール」→今月のビズログで大特集で書き下ろしピンナップが付いていて神々しい。
和洋折衷な世界観で「姫と騎士のロマンティックな恋物語」だそう。人物紹介とか世界観などが掲載されてましたが、面倒なので省略(笑)システムは今までとは違ったタイプになるそうです。
次号でキャスト発表みたい。
「RE:VICED」→久しぶりの島さんの作品なんだけど、イラストの癖が強くて色々試されている気がする。

そういえばオトメイトの公式で、新作はVita展開していく事が決定しましたね。
ひとまず上記の作品+BinaryStar、ディアラバFD、ノルンFD(これPSPで発表されてなかったっけ?)、マジフォーだそうです。
PSPの時は完全移行するまで時間がかかった気がしたんですが、今回はあっさりいきましたね。増税前に買うって方も多そうだし、オトメイトスペシャルパックも結構売れたみたいだしそこら辺見越しての移行なのかなー?まぁ自分的にはとてもありがたいですけどね。

・今年も元気なクインロゼ
大陸シリーズの「クリムゾン・エンパイア」のリメイクが決定しました。ゲーム形式もアドベンチャー形式に変更になるみたいなので、手に取りやすいかも。イラストも目に優しくなってます(塗りが淡くなった)対応機種が未定という事で、まさかのVita・・・?(PC化は無いと思いたい)この調子で過去の作品もどんどんリメイクしていきそうですねー、あとは魔法使い~とアリスシリーズ(クロアリから)もリメイクしていきそうだな。
ハトアリFDの発売が5月29日に決まっていて、本編をコンプする目処が全く立ってない自分は白目
他にも「ブラック・コード」「黒雪姫」「ロミオ&ジュリエット」「魔女王」「大正鬼譚 言ノ葉櫻」「マーメイド・ゴシック」と盛りだくさんでした、相変わらず(笑)

他にも華アワセのインタビューが載ってて、シナリオはひとりで書いているとあり、まじか(´・ω・`)となった。次の「唐紅/うつつ編」は蛟、姫とは違った形で「華アワセ」らしいチャレンジをするようです。あとやっとうつつが出てきますが、実は蛟編から出てるそうで自分はあいつか!(ラブミー)と予想しときます。
かなり端折ってというかオトメイトとクインロゼの事しか書いてませんが、他にもコルダ3やディアラバ、うたプリ、薄桜鬼SSL(ちょっと面白そうだなーと思った)、ハニビのあやかしごはん(やっぱカズアキさんのイラスト良いなぁ・・・。だけど通常版でも6800円と高め)、十三支(曹操様の病みっぷりがぶっ飛んでて発売日が楽しみです、はい。あと書き下ろしもあり)とか載ってました。あとシチュエーションCDとかも結構載ってて、へーとなったり。今結構人気なのかなCDって。


来月はオトメイトの新作やレンドのキャスト、ハニビ×さといさんの死神物などの発表と気になる記事も多いのでまた買っちゃいそうだなー

Posted on 16:24 [edit]

category:  まとめ

tb: 0   cm: 0

she&sea 海賊王の退屈/糸森 環  

iaさん(糸森さんの別名義)のサイトで公開されていた作品の書籍化です。

she&sea 海賊王の退屈 (単行本)she&sea 海賊王の退屈 (単行本)
(2014/03/01)
糸森 環

商品詳細を見る

水恐怖症女子・笹良は、スクリーンから溢れ出た波にさらわれ、海賊が支配する世界へ。そこで、絶対王者ガルシアの船に拾われ、船の守り神“冥華”にまつりあげられるが…!?


普段ソフトカバーは(高いし)買わないんですが、糸森さん×カズアキさんということでちょっと奮発してみました。
おなじみの異世界トリップ物なんですが、すごく面白くて一気に読んでしまいました!どうしよう、ハマった

海賊とかがいるファンタジーな世界なんだけど、どんなに足掻いても最後は海賊王のガルシアによっおまえは無力だ、王の寵愛なければ生きていけないんだよ?と現実を突きつけてくるので全然優しくないんですけどこの世界ー
言葉は通じない(ただし自分が聞く分には問題ない)、船に女を乗せるのは禁忌だという事で周りからは疎まれる(気味悪がられる)、海賊船なので不衛生とか結構ご都合主義になってなくて本当に読んでてササラが可哀想になってくる。

そんな過酷な世界でも、がむしゃらに突っ走っていくササラがとても好きです。元の世界へ返りたいと弱音を吐いたり、今まで居た世界とは何もかも違いすぎて絶望したりするんだけど、それでも前を向いてササラらしさを失わないのがいいですね。口調はかなり独特なんですがそれもまた可愛い笹良、乙女!
それに比べ、ガルシアの残忍さよ・・・ササラを異常なほど寵愛しているけど、その理由がわからないので恐いんですけど・・。表紙を見たときはワイルド系なんだろうな!と思ってたら、ほんと色んな意味で王でした。

続きが気になったので、サイトの方で続きを読んでみたら少し内容が変わってるのかな?(25話ぐらいから読み始めてみた)ちゃんと綺麗なところで終ってますが、ぜひ完結まで刊行して欲しいです。

やっぱりカズアキさんのイラスト好きだなー!挿絵でのキャラの表情がとても良かったです。

Posted on 11:56 [edit]

category: ソフトカバー

tb: 0   cm: 0

BROTHERS CONFLICT 2nd SEASON (5)+13Bros.MANIAX   

発売されてから結構間が空いてしまった!



ブラコン最終巻です。と、いってもシルフ本誌で最終話は読んで感想も書いているのでそんな書くことは無いんですけど、やっぱり最後なので。今回単行本とコミックス両方とも結構分厚いので読み応えがありました。一様3話+おまけが収録されてるんですが、半分ぐらい最終話です。シルフ掲載時もそこそこな長さだったんですが、今回単行本収録にあたってかなり加筆されているのでさらに長くなっていました。
ファンブックの方は、全38話のプレイバックやエイプリール企画や第1話リトライ版や朝日奈家のその後が書き下ろしされてたり盛りだくさんだったので、個人的にはオススメ!

今まで単行本の感想は隠してなかったんですが、最終話なので畳んどきますね!
続きよりネタバレ注意です。
-- 続きを読む --

Posted on 13:32 [edit]

category: ビジュアルストーリー

tb: 0   cm: 0

華アワセ 姫空木編 プレー感想  

華アワセ 姫空木編 (エンターブレインムック)華アワセ 姫空木編 (エンターブレインムック)
(2014/02/26)
不明

商品詳細を見る

“華札(はなふだ)"を用いた札遊び、“華遷(かせん)"。
その特殊な“華"の力を引きだせるのは、一部の能力者“華詠(かえい)"のみ。
彼らの多くは男性であり、学園内に限り唯一の力を持つ5人は
“五光(ごこう)"と呼ばれ、崇められている。
本作は、稀有な才能・人材を輩出する華遷国立学園を舞台にくり広げられる、
“五光"を目指す男性たちと、彼らに身を捧げる乙女の物語である――。

数々の人気コンテンツを世に送り出した由良と、
プロジェクト“月に叢雲、花に風(略称:月花)"が放つ、
“甘く、激しく、苦しいほどの恋"が綴られる乙女ゲーム『華アワセ』

“華札"をモチーフとした、“華"と“水"たちの禁断の恋物語


蛟編の発売から約1年3ヶ月ほどたってやっと第2作目姫空木編の発売。
だいたい3ヶ月ほどのペースで発売されると思ってた時期もありました・・・。
前作をプレーしたのがだいぶ前なのでおさらいがてらに自分の感想を読んでみても、結局どんな話だったかはあまり思い出せなかったw(所詮自分の感想だもの・・・)いや、今回の姫編もクオリティー高かったので待ってたかいはあった!という感じなんですが、でも内容忘れるのでもう少し早く出して欲しいです(真顔)

では感想は追記から
ネタバレ注意です

-- 続きを読む --

Posted on 12:43 [edit]

category: 他のブランド

tb: 0   cm: 0

3月11日  

今日は3月11日「震災の日」、あれから3年たちましたね。
自分に出来る事はとても少ないのですが、ひとまずYahoo検索で「3.11」を検索しました(10円募金になる)
震災から3年目ということで、復興がさらに進んでいく事を願っています。


最近、自分は久しぶりの長い休み(ニートともいう)という事で珍しく泊まりに行ったりしてました。
最近はひとまず家に居るので、ゲームと読書など自分の趣味に費やしてるんですが(まぁ働いてた頃とあんま変りはないw)時間を気にせずゆったりできるが良いですね・・・。今までの仕事は不規則だったので常に時間を気にしてたのでなお更です(やだ!もう寝る時間だわ的な)今月末から仕事の研修が始まるので、今の内に思う存分好きなことやっとくぞー


さて色々と乙女ゲーの情報が出てきてたので自分の気になる物をピックアップ

・うたプリ新作
「うたの☆プリンスさまっ♪All Star After Secret」ASのFDだよっ♪との事です。
何気にうたプリのタイトルのセンスが好き(略したら、AA、SS、AS、ASASだったりして楽)
ハードはPSPのようですが、まぁASがPSPで出てますからねー。次ぐらいからVitaさん来るんではないかなと予想。
ゲーム発売に先駆けて、CD(計5枚ぐらい)が出るそうで。自分は最近CDはアップルストアで購入派です(CDかさばるから)


・ノルン祭
ひとまず、アニメ化/FD/Vitaに移植が決定したようです。まぁオトメイト側もかなり力を入れてると思うし、知ってたよ!って感じですね(笑)
正直、真相含めてシナリオが微妙なのでどうなるんですかねアニメ。主人公も含め、登場人物も多いからそこら辺も大変そうだなー。ひとまずFDは深琴や七海の為に買うけどね☆

オトメイトの新作「BinaryStar」はやっぱりRiRiさんみたいですね!
まだ詳細などはわかりませんが、シリアスっぽいので期待。


で、最近のゲーム状況
割と早寝なのであまり進んでません



華アワセはあと姫空木だけなので、今日中にコンプ出来るかな?恋しのびは、貧乏忍者とむっつり忍者を攻略しました。そこまでボリュームなさそうなので華アワセ終ったらサクッと崩したいなぁ。
あとブラコン最終巻の感想など書いてなし、ブログの方もこまめに更新しようと!


問題のPCさん、小型扇風機を当てるようになってから絶好調です。
自分的にそこまで本体が熱いと感じた事なかったけど、熱のせいで落ちてたんだなぁー。
まだPC氏の方も使えるとわかったので、あと3年は頑張ってね!

Posted on 12:59 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

カーマリー地方教会特務課の事件簿 (1)/橘早月  

ぽにきゃん文庫って、初めて買ったんですがジャンルがイマイチわからない
ひとまず少女小説ではないので、ライトノベルの方に分類しておこう。

カーマリー地方教会特務課の事件簿 (1) (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)カーマリー地方教会特務課の事件簿 (1) (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)
(2014/03/03)
橘早月

商品詳細を見る

カーマリーという地方都市の教会を舞台に、コメディタッチで繰り広げられる神父と僧兵と聖騎士の、アンデットとの戦いと日常。
ファンタジーの文法を活かしながら、神とは何か信仰とは何かを描く。


結構、宗教が題材というか神父さんがハッスル(?)している作品が好きなので手に取ってみました。
イラストはアニメ薄桜鬼のキャラデを担当されている中嶋さんです。

主人公のジークフリートは殉死率の最も高い「カーマリー地方教会」に人事異動(左遷ともいう)されるところから始まります。殉職が多い地域なんだけど前半は、訓練生の卒業試験に振り回されたり、狼の恩返しを受けたりなど、日常系な話が多かったんですが、後半は悪魔や宗教の歴史や、戦いなどの要素が出てきて、そして同僚の殉職と結構シリアスな内容でした。

結構、舞台となっているレストラニクス聖教国の国教であるキーセ教の設定が凝ってて面白かったです。
色々な流派(知識派、正統派など)があって、昔は魔女狩りなどもあったみたい。

もともとネット上で連載されていた作品だったからか、章ごと読みきりな感じで読みやすかったです。
2巻目も5月に出るようなので楽しみ!

最初、表紙の人が主人公かと思ってたんですが違うんですねw
次の表紙も訓練生組なルキアとアーシェイなので、ジークなんか不憫ですね(笑)

Posted on 15:24 [edit]

category: 少年向けライトノベル

tb: 0   cm: 0

ハーフ・クラウン 秘め公爵といばらの輪舞/御永 真幸  

ハーフ・クラウン 秘め公爵といばらの輪舞 (コバルト文庫)ハーフ・クラウン 秘め公爵といばらの輪舞 (コバルト文庫)
(2014/01/31)
御永 真幸

商品詳細を見る

シエラ公爵家の跡取り男子として育てられたユフィは、誰よりも強く賢く凛々しい美青年。突然の王太子出奔により、彼女は次期王の候補者として挙げられる。そこに現れたのがもうひとりの候補、クロヴナー公爵家の貴公子ヴィンセント。そして彼は、ユフィの真実を知っており、彼女をひそかに愛していた…。無二の親友として絆を深める2人だったが、ヴィンセントの一途な想いは止められなくて!?


いつも日参させて頂いている読書系のサイト様で評判が良かったので、自分も手に取ってみました。
御永さんはデビュー作から追いかけている作家さんでもあります。

初恋の女の子が、ある政治的理由から美青年になっていて淡い恋心を打ち砕かれただけではなく、惚れた弱みなのかユフィに振り回せられるヴィンセントが不憫で面白かったです。
自分の中の初恋の少女を粉々にされても、ユフィを一途に思い続ける純情ボーイなヴィンセント(色々好意がはみ出している系)に「彼の結婚式を、選りすぐりの剣術家百人を集めて祝うくらい親しくなりたいな」とだいぶズレてた好意を抱いてしまっているシエラ公爵パネェな・・・

自分的に、ヴィンセントがシエラに求婚した時の、結婚する!結婚しない!なやり取りがお気に入りです。
シェラは、ヴィンセントの「おまえひとりの我慢で、どれだけの人間が幸せになると思っているんだ!」の一言であっさり結婚を決めてしまったので、最後まで不憫男子なのでしたw

陰謀とかはサラっと解決してしまったんですが、ラブコメメインで安心して読めたので良かったです。
この作品、コバルト掲載時とは内容が変わっているそうなのでちょっと読み比べてみたいかも。

Posted on 09:22 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

2月のまとめ  

せっかくの長い休みなんだから!という事で、友達と温泉旅行に行ったり、久しぶりに仲の良いいとこが本州から帰ってきたのでしばらく泊まりに行ってみたりしてました。久しぶりに帰ってきた自宅!という事で、まぁしばらくは家でまったりしていたいと思います(笑)

色々記事が溜まっているんですが、ひとまず2月の読書メーター分をまとめてなかったのでそれから。
今月末から職場の研修(しかも寮)で忙しくなるので、3月分ぐらいからしばらくまとめられなくなるなー


今月は11冊読みました。まぁ仕事で忙しかった割には読めたかな?
身代わりもいよいよクライマックス直前という感じですね。個人的にシアラン編以降少し引き伸ばし過ぎなんではないか、と思いつつも買い続けていたんですが今回は久しぶりに面白かった。
花神遊戯伝は最初だいぶ文章が読みづらいなーと思ってたんですが、巻が進むごとに読みやすくなり内容も巻が進むごとに面白くなっていくのでお気に入りのシリーズです。
最近ツイッターなどで「書店のラノベ担当者が選ぶ、絶対にアニメ化すべき女子向けラノベ5作」という記事を見かけるんですが、個人的に花神遊戯伝も和風ファンタジーな感じで良いのではないかなーなんて。まぁでも少女小説なんかは少しアニメ化し辛そうだなー、やっぱ本ならではの良さというのもあるしイラストレーターさんたちのきらきらなイラストをアニメで表現するのは難しそう。
あと「女性向けライトノベルに異変!?少女たちがハマる奥深き世界の最先端」というのも見かけたり。最近はビーンズ文庫などでは、ボカロ曲とかが増えてたり、コバルトでは一般寄り(発売日が違う)の作品を出し始めているので、少女小説というジャンルが少しずつ小さくなっているようで切ないなーという感じなんですが、結構話題になってるのか・・・な?偏見ですが、今の中高生でコバルトとかイメージがないなー(自分の時は携帯小説が流行ってた、恋空とか)
少女小説もいろいろな面白い作品があるので、オススメなんですけどねー。もう少しジャンル大きくなって欲しいものです・・・、せめて新刊が近所の本屋でも手に入れれるぐらいに・・・




では下から読書メーターのまとめです
-- 続きを読む --

Posted on 17:06 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター