FC2ブログ

ひとりあそび

気ままに、読んだ本の感想を中心に綴っています

花神遊戯伝 あさき夢見し、百華の雪・月読み乙女/糸森 環  



もと女子高生。異世界で“女神”になると心決めたはずが―敵対する帝・司義によって、魔物である滸楽に堕ちた“失格女神”の烙印を押された知夏。対抗するために祭祀を司る帰鼓廷に向かうが、そこには知夏にかわる次代の女神、新『緋宮』がいた。胡汀だけでなく、護剣士の『緋剣』たちとも引き離され、捕らわれる知夏。絶体絶命のピンチに、裏切るのは誰…!?(百華の雪)


どんどん神世の伏線が回収されていって面白かったです。2冊ぐらい積んでたんですが、一気に読んでしまいました!

滸楽と共に生きていく方がきっと幸せに暮らしていける・・・けど、自分は新暦の緋宮だからと帰鼓廷へ向かった知夏を待ってたのは信じてた者たちの裏切りで。「魔物に堕ちた失格女神」と貶められても、知夏は大切な者を守りたい一心で戻ってきたのに・・・さらに知夏がもう使えないと判断すると、すぐ回絽帝よりの新「緋宮」である春日擁立して排除しようとしてきて、本当に今までがむしゃらに頑張ってたのが無駄になったようでひたすら読んでてやるせなかったです。
何よりも緋宮を第一に考えなければならない、緋剣があっさり裏切ったのが一番キツかったー

こんな酷い国のために頑張る必要なんてないのではないか?と絶望しつつも、神世の真実を知り、架々裏さんの思いを受け取り、運命を変えてやる!と前に進む知夏がとても眩しい。
本当に色々経験してく内に本当に強くなったというか(月読み乙女に載っている短編集を読むと知夏全然違う!)

いよいよ逆襲開始!という感じなんですが、その前に朝火さんをどうにかしないと・・・本当にめんどk

緋宮、滸楽、帝、緋剣たちそれぞれ祖が神世に関係のある人物が集まっているし、何より緋宮が異世界の人物で・・・ついに運命を変える時が来たという感じでわくわくしますね!早く続きが読みたいな
スポンサーサイト



Posted on 12:06 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

身代わり伯爵の結婚行進曲 III再会と宣戦布告/清家 未森  

身代わり伯爵の結婚行進曲  III再会と宣戦布告 (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵の結婚行進曲 III再会と宣戦布告 (角川ビーンズ文庫)
(2014/01/31)
清家 未森

商品詳細を見る

「あなたが着て初めて完成する衣装なんですよ」婚前旅行を終え、シアラン国へ戻ってきたミレーユとリヒャルト達。ミレーユはお妃として認められ、宮殿は二人の結婚式準備に追われていた。花嫁衣装も出来上がり華やかな日々が続くと思われたが、ミレーユが何者がに捕らえられ、ロジオンも負傷してしまう!!さらに、第五師団に銃口を向けたのはフィデリオで!?


リヒャルトとミレーユの結婚式もいよいよ近づいてきて、いよいよ完結間近という感じですね。
シアラン編が終ってから、ちょっとダレ気味かなーという感じだったけどやっぱりシリーズが終ってしまうのは寂しいです。

シアランに舞台が戻ったので、久しぶりの面々(女官候補とか)が出てきて懐かしかったですね。
あとリヒャルトとミレーユが糖度爆発しててワァー!となりました、ぐふぅ・・・

今回フィデリオはリヒャルトと敵対してしまったのは、読んでて辛かったですね。
自分は何があってもフィデリオは裏切らないと思ったんだけどな、今回の事も敵対勢力を一掃する為かと思ってたし。
リヒャルトも信頼してたし、数少ない身内だったから彼には味方でいて欲しかったんだけどな。

攫われて絶対絶命な状況でも、ミレーユはやっぱりミレーユで読んでて安心!
というかミレーユが攫われてブチギレしている大公の方が心配かな・・・
うーん!続きが楽しみです。

Posted on 14:12 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

幕末恋語り 乙女のたしなむ花戦!/藤原 眞莉  

幕末恋語り 乙女のたしなむ花戦! (一迅社文庫アイリス)幕末恋語り 乙女のたしなむ花戦! (一迅社文庫アイリス)
(2014/01/18)
藤原 眞莉

商品詳細を見る

時は幕末。会津元澤家の姫トワは、京都を訪れる。その目的は、かつての世話役で、初恋の青年・斎藤一に会うこと。なのに、やっとの思いで再会した途端「お帰りください」と冷たくあしらわれてしまう。だが、ここでおとなしく引き下がる姫だと思ったら大間違い!!あきらめずに追いかけるけれど、次第に変わりゆく時代の流れに翻弄されていき…!?運命に立ち向かう主従と彼らを取り巻く偉人たちの織りなす、恋と絆の物語!!


久しぶりに藤原さんの新作が出るという事で楽しみにしてました!

相変わらずヒロインがじゃじゃ馬な感じで、読んでて面白かったです。
史実とオリジナルが良い具合にマッチしていて、あー藤原さんだなーという感じ

新選組といえばどうしても某乙女ゲームが浮かんでしまいますね(笑)
ただヒロインが伊東甲子太郎たちと交流があり、そっち陣営に肩入れしてるので読んでて新鮮でした。
どっちかというと今の新選組のやり方は気に入らないという感じ。
今回ヒーロの斉藤さんも会津藩の間諜だったし。

面白かったけど、後半が駆け足だったのが残念でした。
京都から会津へ帰ってからとか、斉藤と再会してからの話とか。読みきりだから仕方ないのかな

久しぶりに姫神さま読みたくなったな!めちゃくちゃ長いシリーズだけど(笑)

Posted on 13:44 [edit]

category: アイリス文庫

tb: 0   cm: 0

竜宮ホテル /村山 早紀  

竜宮ホテル (徳間文庫)竜宮ホテル (徳間文庫)
(2013/05/02)
村山 早紀

商品詳細を見る

あやかしをみる不思議な瞳を持つ作家水守響呼は、その能力ゆえに世界に心を閉ざし、孤独に生きてきた。ある雨の夜、妹を捜してひとの街を訪れた妖怪の少女を救ったことをきっかけに、クラシックホテル『竜宮ホテル』で暮らすことに。紫陽花が咲き乱れ南国の木々が葉をそよがせるそのホテルでの日々は魔法と奇跡に彩られて…。


f-clan文庫版も読んでますが、好きなシリーズなので徳間文庫版も購入。
相変わらず優しい物語で癒されるな~

竜宮ホテルの住人と接する事によって、主人公の響呼がやわらかい感じになっていくのが良かったな。
響呼は自分は人を不幸にすると思ってたけど、実はあなたのお陰で幸せなれた人が沢山いるんだよ・・・という感じでほっこりしました。

書き下ろしの短編がひなぎくちゃん視点で新鮮。しろ子さんのお話はちょっと不思議で切ない話でした。
あとホテルの新たな住人も出てきてたので、2巻を読むのも楽しみにしてます。

Posted on 16:24 [edit]

category: 一般

tb: 0   cm: 0

1月のまとめ  

最近更新がさらに停滞してるような
しかも更新しても読書感想ばかりなので、乙女ゲーム系の話題を期待されてる方が億が一いらしたなら申し訳ないです。一様、ランキングにも登録してるし
だってPCの調子が悪いんだもの仕方がない、仕方がない・・・
(メモリー増設してみたんですが、効果なし。ただし動作は無駄に早くなったw)

今月は14冊読みました!
積本を崩していったので、だいぶスッキリ



mather(文華さん)は攻めが色んな意味で恐いし、あっこれはもう逃げられない!という感じで暗い雰囲気なんだけど終わりはハッピーエンドで面白かった。文華さんが好きならオススメ
眠れない悪魔はカップルがツンツン素直じゃなくて悶えたwシリーズ化と思ったら、これで終わりで(全2巻)少し残念。

実は次の新しい仕事の関係で、今の仕事を今月で辞めなければいけないので3月は結構のんびり(下旬ぐらいまで)できる予定なんです。せっかくなので何かシリーズ物をガッツリ読みたいなーと。色々探してみよ!

*ブログに拍手いつもありがとうございます!とても励みになってます
これからもよろしくお願いしますね!!

下から読書メーターのまとめです





-- 続きを読む --

Posted on 16:02 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター