FC2ブログ

ひとりあそび

気ままに、読んだ本の感想を中心に綴っています

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~/三上延  

久しぶりの新刊!

ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖 (5) ~栞子さんと繋がりの時~ (メディアワークス文庫)
(2014/01/24)
三上延

商品詳細を見る

静かにあたためてきた想い。無骨な青年店員の告白は美しき女店主との関係に波紋を投じる。彼女の答えは―今はただ待ってほしい、だった。ぎこちない二人を結びつけたのは、またしても古書だった。謎めいたいわくに秘められていたのは、過去と今、人と人、思わぬ繋がり。脆いようで強固な人の想いに触れ、何かが変わる気がした。だが、それを試すかのように、彼女の母が現れる。邂逅は必然―彼女は母を待っていたのか?すべての答えの出る時が迫っていた。


相変わらず、本の薀蓄がためになるな~。
今回出てきた、寺山修二は自分も読んだ事があったのでおっ!となりました(ポケットに名言を)
あとブラックジャックシリーズも出てきてて、アニメの方が身近だったんだけど思わず原作も読んでみたくなりましたね~。

全部別々の事件のようで、実は栞子さんの母親が全部関わってたのは正直気味が悪いですね。
娘を試す為に身近な人間を使ったりもするし、いつの間にか周りの関係を壊してたりするし・・・。
確かに知識は持っているのだろうけど、その分何かが欠落してるんですよね、きっと。

今回やっと栞子さんが大輔の気持ちに答えてくれたけど、きっと彼が近くに居たからこそギリギリこっち側にいられてるんだろうなー。2人の自分がいつか大輔を置いてどこかに行ってしまうのが恐い→一緒に行けばいいじゃないですか、なやりとりがとても好きです。これを見てると栞子さんの両親みたいにはならないと思う。

最後、物語の大きな山場となりそうな事件が起こりそうでハラハラしますが、続きも楽しみ。
スポンサーサイト



Posted on 11:41 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 2

眠れない悪魔と鳥籠の歌姫 悪魔に歌う子守唄 /瑞山 いつき  

ヨネさんの描く悪魔かっけー

今回は瑞山さんのサイン本(セブンアンドワイ限定)をゲット出来ました!やったー!
アイリス文庫って結構サイン本をやってるんですが、(たぶん)特にアナウンスがないのでタイミングが難しい。
眠れない悪魔と鳥籠の歌姫 悪魔に歌う子守唄 (一迅社文庫アイリス)眠れない悪魔と鳥籠の歌姫 悪魔に歌う子守唄 (一迅社文庫アイリス)
(2014/01/18)
瑞山 いつき

商品詳細を見る


前の巻から結構間が開いての発売だったので、ちょっとどんな話だったけ?状態だったけどめちゃくちゃ萌えた!!
ツンデレ×ツンデレとか!

お互い思いあってるのに、素直に好意を伝えられなくてじれじれするので読んでるこっちも悶々w
あんな美形好みじゃない!っていやいや、そんな事はないでしょう的な(笑)
割とアルドはデレてて、当て馬をけん制したりしてたんですがニーナ気は強いんだけど鈍感なので気付かず(お約束)
あとサミアのルカバージョンのイラストがイケメンでした。

アルドに憑いていた悪魔も無事祓う(?)事が出来たけど、悪魔もニーナを必要にしてたようなので何か可哀想だなーと思いました。色々解決して大団円で終ったのでこれで完結かな?アルドとニーナがどんな未来を選んだかもっと読みたかったけど、もう少し読みたいなーぐらいで完結の方が良いのかも。

アルドが自分自身とニーナを心から信じれるようになり、最後の枷が取れる日がすぐ来るといいなと思いました。面白かった!

Posted on 17:22 [edit]

category: アイリス文庫

tb: 0   cm: 0

黄金旋律/村山 早紀  

黄金旋律 (PHP文芸文庫)黄金旋律 (PHP文芸文庫)
(2013/05/17)
村山 早紀

商品詳細を見る

「約束するよ。いつかきっと、ぼくがきみを助ける」優は、臨に誓うように言った。―医師をめざす少年・臨の家に同居することになった、弱気で引っ込み思案の従兄弟・優。しかし臨の家庭も、かつて事故で兄・律が亡くなったことが影を落としていた。それでも明るく振る舞う臨だったが、その限界を迎えた時、思わぬ出来事が…。少年たちの勇気と友情が、温かい感動とさわやかな興奮を誘う冒険物語、開幕。


自然破壊や第三次世界大戦などで、人類や文明がほぼ失われた未来が舞台となっています。
何かが原因で文明がリセットされてしまう未来も無いとはいえないので、読んでて少し怖いな・・・と思いました。

主人公の臨は死んでしまった兄の変わりなれるように、精一杯頑張ってきたけどやっぱり兄の代わりにはなれなくて・・・お母さんの「臨なんて嫌いだった」「律(兄)の方が好きだった」と言葉は酷いな・・・と思いました。あれだけ母親の為に頑張ってきたのに、その母親に拒絶されるのは悲しすぎる。たぶん臨が事故にあって彼を失ってしまわなければ、臨も大切な息子だった、愛してたとは気づけなかっただろうなー。
でも愛情があったからこそ、彼が目覚める時には自分たちは絶対この世に居ないけれどそれでも生きていて欲しい、自分の好きなように生きてと延命治療を受けさせたんだろうし。

色々失いながらも、大切な人たちの思いを胸に前に進もうとする臨たちが眩しいなーと。今回は序章だという事で、これからどんな旅をしていくのか楽しみです。
従兄弟の優が読んでたベストセラー小説「黄金旋律」とタイトルが同じなのは何か意味があるのかな?

Posted on 15:33 [edit]

category: 一般

tb: 0   cm: 0

花神遊戯伝 ひとひら恋せ、胡蝶の月/糸森 環  

花神遊戯伝  ひとひら恋せ、胡蝶の月 (角川ビーンズ文庫)花神遊戯伝 ひとひら恋せ、胡蝶の月 (角川ビーンズ文庫)
(2013/07/31)
糸森 環

商品詳細を見る

もと女子高生。今は、異世界で“女神の末裔”やってます―帝・司義からひどい仕打ちを受け、女神として暮らす帰鼓廷を飛び出した知夏。禁域に入った彼女を連れ去ったのは、魔物である滸楽の王、遠凪だった。滸楽が暮らす里で、思わぬ平穏を目にし、迷いが生まれる知夏だが、救出に現れた緋剣たちとの激突は避けられない。しかも、最前線には胡汀が…!?


このシリーズ久しぶりに読んだので、色々なんだっけ?状態
前の内容かなり覚えてないんだよねーと感想を探してみたら、前巻読んだの去年の5月だった!

遠凪さんに連れられ滸楽の里を見た知夏は、彼らの平和な生活や女性が幸せそうなのを見て蒸槻のありかたに疑問を持ちます。緋剣の白雨さんも滸楽の里での生活にかなり惹かれてるようだし、たぶん知夏としてならきっと遠凪さんといた方が幸せになれると思う。けど彼女は緋宮なので、少しでもプライドがあるならば帰鼓廷に帰るべきだと思います。そして回絽廷にケンカをうって欲しい・・・(笑)あとはやっぱり自分の緋剣を裏切らないで欲しいかなー、ほら朝火さんなんて今回ブチギレだからね・・・。

色々神話が紐解かれて真相に近づいて来たところに、司義さんが新たに緋宮を立てようとしてるそうで・・・本当にめんどくさいなコイツとか思ってしまいましたw

Posted on 14:50 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

おこぼれ姫と円卓の騎士 伯爵の切札/石田リンネ  

おこぼれ姫と円卓の騎士 伯爵の切札 (ビーズログ文庫)おこぼれ姫と円卓の騎士 伯爵の切札 (ビーズログ文庫)
(2014/01/14)
石田リンネ

商品詳細を見る

デュークがキルフ帝国でもらした台詞が忘れられないレティだが、一旦頭を切り替え、
次の王の専属騎士(ナイツラオブラウンド)勧誘に動き出す。
候補は、若くして未亡人となった女伯爵マリアンネと、流行には敏感だが幼女趣味(ロリコン)の伯爵子息ウィラード。
しかしマリアンネには“個人的な事情"であっさり断られ、ウィラードは多忙で捕まらない。
ようやく交渉できたと思いきや、ある条件が出され……!?


久しぶりに舞台が自国なターン!

時期女王陛下なのに自ら動き過ぎな気もしますが、まだ即位前だし良いか(笑)
レティ自ら動いてしまうという事は、王の専属騎士としては、デュークたちはまだまだですね。「軍師」「宰相」ポジションがまだ決まっていないというのもありますが。

騎士集めの方は折り返し地点なようなので、レティの恋の行方がメインになってくるのかな?
レティは自分の幸せよりも自分の大切な者たちを優先させて、自分の幸せは二の次なのでここはデュークさんに男気前回してもらうという事で・・・

Posted on 16:09 [edit]

category: B's LOG/アリス文庫

tb: 0   cm: 0

幼なじみは前世で魔王! ~エヒト・サーガ~ /瑞山いつき  

幼なじみは前世で魔王! ~エヒト・サーガ~ (ビーズログ文庫)幼なじみは前世で魔王! ~エヒト・サーガ~ (ビーズログ文庫)
(2014/01/14)
瑞山いつき

商品詳細を見る

聖戦“エヒトの審判”で世界を救った聖女の転生であるミア。なんの因果か幼なじみ・フィンの前世は魔王!闇を抱える孤独な彼を、「良い子良い子」と溺愛していたことで平和は保たれていた…が!!軽い気持ちで始めた聖地巡礼の旅。勇者一行(かつての仲間)との再会が運命を変える―!?「ウチの子は魔王になんかなりません!」愛の力で覚醒阻止はできるのか!?新本格英雄譚、堂々開幕!!


シリアスだな、と思ったらラブコメで、ラブコメだなーと思ったらシリアスで面白かったです。
設定だけみれば、自分的に少年系ラノベっぽいんだけど読んだらすごく少女小説でした。

前世では聖女だったけど、現世では何の力も持ってない普通の女の子(脚本家)だからこそ、ミアたちは勇者と魔王どっちも生き残る結末を迎えられたんだと思います。あと魔王しつけ済みで完璧なワンコ系男子~。あまりにもわんこで勇者様ご一行がほだされてて和みましたw


前世がハイパーハイスペックな聖女様だったのでどこかコンプレックを感じていたミアが、最後はただの普通な少女が主人公の物語を書こうと自分に対して前向きになれたのが良かったです。
勇者、その仲間(一人は不老不死)、魔王は転生して戦いをし続ける運命なのでシリアスな話になりそうなのに、明るい雰囲気なラブコメでした。

Posted on 15:43 [edit]

category: B's LOG/アリス文庫

tb: 0   cm: 0

第9回(2014年)少女小説人気アンケート  

第9回(2014年)少女小説人気アンケート(Vanilla Letter様)に回答してきました!

改めて見てみると、ほぼ完結してしまった作品ばかり



去年の記事を見てみると、デコスタと金星は去年も選んでますねー。
アンケート結果楽しみです。


*ブログに拍手頂いてます!ありがとうございます

Posted on 22:06 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

王女ベリータ~カスティーリアの薔薇~(上)(下)/榛名しおり  



カスティーリア王だった父の死後、幼い弟と別れ、母と二人、修道院に幽閉された王女ベリータ。その後、母とも引き裂かれ、孤独のなか誰も信じられずにいた。16歳になったある日、ベリータは王宮からの使いだという男たちに外の世界へ連れ出される。訪れた館で彼女が再会したのは、死の床にある弟だった。その日からベリータの運命は一変する…。王位継承を巡る策謀。そしてアロンソへの恋心の行方は?



マリア、マゼンダ色などを書かれている榛名さんの新作。
何も持っていなかった不遇の王女が、王位継承者としての地位に返り咲くために奮闘していくのがメインなので糖度は低いですね。
時代に合わせてだいぶマイルドになっていて、間違っても初恋の相手に指をちぎられて乱暴とかはないです(真顔)
面白かったけど少し物足りなかったかなー、もう少しガッツリやって欲しかった。

主人公のベリータは後のイサベル1世なので史実がベースで少し固めな雰囲気なんですが、歴史ロマンス好きにはたまらない作品だと思います。ベリータはちょっと賢すぎる(祖父や曽祖父が名君と言われてる人物なので血筋だよ^^と言われたら終わりですがw)んですが、史実ベースな話なので賢い子の方がストレスなく読めるのではないかと。
前半は割と史実通りで後半はどっちかというと少女小説なノリだったのでサラっと最後まで読めました。

ベリータは史実ではアラゴン王国王子フェルディナンドと結婚して共同統治をしてるんですが、表紙は王子じゃないんですよねw王子もちゃんと出てきて結婚もするんですが、ベリータが恋をしてるのは表紙のアロンソでそこら辺もサラっと流されて終るので三角関係EDです(笑)個人的にはフェルディナンドとベリータの戦友みたいな関係が好きだったり(「お前は子供を産めるのか?」「あなたは子供をつくれるの?」なフランク過ぎて面白かったです)

2人の子供はスペイン系ハプスブルク家の祖だったり、メアリー女王(血みどろ)の母だったりしてウィキ先生を見ながらへぇーとなりました。
次の新作の予定も決まっているようなのでとても楽しみです。その前に王女リーズを読んでみたいなー

Posted on 15:19 [edit]

category: Xホワイトハート文庫

tb: 0   cm: 0

12月のまとめ  

もくもく記事を書いてます

今月は12冊読みました!久しぶりに10冊こえましたね
読んだ割にはお気に入りな作品が少なかったかなー。

やっとエルマー家編、完結。
結構少女小説的にはシビアな締め方だったかな。
次からいよいよ新章なので続きが楽しみ。首なし騎士シリーズは今特にお気に入りです。



あとBLを結構読みました(小声)
個人的に面白かったのはこの2つ

「罪の蜜」は文華さんの作品が好きならばぜひ!支配してると思ったら、支配されていたという話でBADよりなEDかな?
話の構成も凝っていて面白かったです。
熱砂と~は作家さんが有名だという事で読んでみたら、見事ドン引きした話(笑)話自体はすごく読み応えあって面白かったんだけど、もうダチョウなイメージしかない(笑)

何冊かBL作品を読んでみて、BLは色々なジャンルがあって自由だなーと。
純愛っぽいのとか、マニアックなやつとか
あと結構しおりが付いてきて(少女小説は大手でも付かなくなった)感動しましたw



下から読書メーターのまとめです
-- 続きを読む --

Posted on 17:06 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

コバルト名作シリーズ書き下ろしアンソロジー 2 ちょー聖霊と四龍島 (コバルト名作シリーズ書き下ろしアンソロジーシリーズ)  

表紙のテーマは「文系な男女」なようで(前回は体育会系)
なぜ表紙の人物たちが、ドレスや中華風、平安ボーイだったりするのかというと(たぶん)今の少女小説の人気ジャンルが、後宮物(中華、平安)姫物(西洋風)だからだと思います。
コバルト名作シリーズ書き下ろしアンソロジー 2 ちょー聖霊と四龍島 (コバルト名作シリーズ書き下ろしアンソロジーシリーズ) (コバルト文庫 ん 1-19 コバルト名作シリーズ書き下ろしアンソロジー)コバルト名作シリーズ書き下ろしアンソロジー 2 ちょー聖霊と四龍島 (コバルト名作シリーズ書き下ろしアンソロジーシリーズ) (コバルト文庫 ん 1-19 コバルト名作シリーズ書き下ろしアンソロジー)
(2013/12/27)
瀬川 貴次、野梨原 花南 他

商品詳細を見る

あの名作シリーズをもう一度! 真堂樹『四龍島_』、瀬川貴次『聖霊狩り』、野梨原花南『ちょー』、前田珠子『女神さまのお気の向くまま』の大ヒットシリーズの最新書き下ろし作品が登場!


名作アンソロジー第二弾です。引き続き表紙は明咲トウルさんで、扉絵は当時のイラストレーターさんが担当されてます。
ティアラ文庫から出ている野梨原さんのシリーズが好きで、ちょーシリーズにも興味があったので引き続き購入してみました。

ちょーシリーズはクロスオーバー作品のキャラクターも出てきたようですが、割とシリーズ未読でも読みやすかったかなーと。個人的にダイヤモンドのサバサバしてるところが好きですね、そんな事今考えても仕方なくない?的な。
あと悪役の3人組普通に良い人で笑ったwキャラクターたちの掛け合いのテンポが良くて読んでて楽しかったけど、シリーズ読んだ後の方がたぶん楽しめたな、これ(笑)

他の2作品は後日談だったので、未読には非常に厳しかったですね。内容が頭に入ってこな・・・い
女神様シリーズは短いし(1の方に前編が載ってる)番外編だからか、読みやすかったです。
個人的には聖霊狩りの萌ちゃんが腐女子で面白かったw


また名作アンソロジーを出して欲しいなぁ

Posted on 16:36 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

2013年の反省会(読書編)  

あけましたね!
ご挨拶の方はまた後ほど


乙女ゲーム編は年内に書き終わってたんですが、読書編はまだでしたねーという事で。
2013年は122冊(読書メーター登録分)読了しました。
2012年は約160以上読んでたのに比べると、減ってしまってたので少し反省。うーん最近はひとまず自分の追いかけているシリーズの新刊をひとまず消費していくという感じだったからなぁ。今年はもっと色々なジャンルの作品を開拓して読んでいきたいと思っています(BLに手を出し始めましたけどね 笑)ひとまず目標は150冊以上で!

て、事で2013年自分が面白かった!と思った本を何冊かピックアップ
(それぞれの感想はブログの記事を参考にして下さると嬉しいです。)



2013年度はこの7冊を選びました。
7冊中4冊は完結だったり、番外編で唯一の新作は紫陽花茶房だけという結果に・・・
ブランコ乗りは電子書籍に連載されてた物が書籍化されたもので、少女たちのプライドをかけた戦いという感じで面白かったです。
この中で一番面白かったのは金星特急の番外編かなー。恋する少年の成長物語からの最後は家族エンドでじんわり・・
次点でデコスタで、臆病でびくびくしてた女の子がどんどん悪事に手を染めて「悪い子」になってしまうお話。最後は自分の手で欲しいものを手に入れられて良かったね、ロージー。

近年はどんどんシリーズ作品が完結してしまっていて、追いかけている作品も少なくなってきています。
巻数がある程度出てて、すぐ思いつくのは、首なし騎士、身代わり伯爵、シュガーアップル、花神遊戯伝(角川ビーンズ)、おこぼれ姫(ビズログ)、封殺鬼(ルルル)ぐらいです。
追いかけていたシリーズがどんどん完結してるというのもありますが、長期シリーズな作品も年々少なくなっていてますしね・・・。

他にも、ちょっと古い作品なんですが友桐夏さんのリリカルファンタジーシリーズが面白かった


表紙も可愛いのでさぞかしリリカルな少女小説かと思ったら、かなりハードな展開でこれコバルトなの?と問いたくなるお話でした。個人的には1作目が一番面白かった。春待ち~だけは違うお話ですが、他の作品は基本的に内容が繋がっていて、名門の塾が舞台となっています。
オススメな作品なんですが、絶版してるので結構手に入りにくいです・・・。

あまり話題には出しませんが、結構漫画も読んでます。もちろん進撃の巨人も集めましたし(笑)
最近だとセーラームーンも熱いです。あとヴァンパイア騎士もついに最終話を迎えるという事で、初めてLaLa本誌買ってみたり番外編のためにLaLaファンタジーを買ってみたり

コミックだと「毒姫」かな
5巻完結で、最近文庫版も出てますよ


体液が毒のため人と触れう事が出来ない「毒姫」の少女の物語。
絶望しかなくても、最後まで諦めなかったリコの姿がとても眩しかった。カイト、ハル、マオたちも最後は自分の意思を貫き通してそれぞれ格好良かったです。
ハッピーエンドではないんですが、純愛な作品です。



今年はシリーズ物をガッツツリ読みたいなー。
少女小説では伯爵と妖精シリーズ、ちょーシリーズ、龍と魔法使いシリーズに手を出したい・・・
あとハヤカワで出ている翻訳物のクシエルの世界シリーズとか
読みたいなーと思う作品は結構あるんですけどね~、なかなか




Posted on 16:00 [edit]

category: 年末のまとめ

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター