FC2ブログ

ひとりあそび

気ままに、読んだ本の感想を中心に綴っています

ベリーカルテットの事件簿 薔薇と毒薬とチョコレート /青木 祐子  

ベリーカルテットの事件簿 薔薇と毒薬とチョコレート (コバルト文庫)ベリーカルテットの事件簿 薔薇と毒薬とチョコレート (コバルト文庫)
(2013/11/30)
青木 祐子

商品詳細を見る

19世紀・イギリス。有名執事の娘シャロンは、新人メイドとして貴族のお屋敷に勤めることになった。勤め先は、カルヴァート家の別邸―ベリーカルテット。ところがシャロンが屋敷に到着すると、滞在していた女性が遺書をのこして亡くなっていた!?カルヴァート家次男で美貌の作家・ロイと、新人メイド・シャロンの推理が冴え渡る!謎が謎を呼ぶヴィクトリアン・メイド・ミステリー!


ヴィクロテの作者さんの新作です。
ミステリー風少女小説という感じで面白かった!

有名執事の娘シャロンが完璧にメイドをこなしつつ、父親譲りの推理力で小説家ロイと協力して事件を解決していくというお話。シャロンは「ひとりの女の子であるまえに、メイドであれ」が座右の名なので真面目な子なんですが、ロイの前では可愛くみせようとマツゲをこっそりカールさせたり、実はロマンス小説が好きな乙女なのでそのギャップが可愛い。
ロイは商家の次男坊で小説家だけど、デビュー作以降まったく売れないし本人も残念なタイプなんですが(ただしイケメン)昔の思い出を小説にするぐらい実は乙女なヤツでしたw

推理部分は少女小説なのであっさり目で、いつボロを出すか・・・という感じでどっちかというと心理戦という感じだったかな?あと黒幕だった女の子が無邪気に病んでて恐かったです・・・だって大好きでずっと一緒にいたかったからという感じで。

今回はシャロンがロイ専属のメイドになるところで終わりでしたが、このコンビのやり取りをもっと観たいし、2人の過去に何があったのかも気になるのでシリーズ化して欲しいなぁー。
スポンサーサイト



Posted on 17:46 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

薔薇は花降る都で咲き初める /小田 菜摘  

薔薇は花降る都で咲き初める (コバルト文庫)薔薇は花降る都で咲き初める (コバルト文庫)
(2013/11/01)
小田 菜摘

商品詳細を見る

十年前の大火で両親を亡くしたアルベルティ家の令嬢・マリアンジェラ。実は母と聖王の不義により生まれた存在で、父から疎まれていたことが心の傷となり、異父兄・アルフォンソに命じられるまま、名目上の結婚をくり返している。だが、四人目の夫・レオナルドは今までの相手とまったく違っていた。人形のような自分から表情を引き出そうとする彼に心を開いていくマリアンジェラは…?


今回のヒロインはあまり政治に携わるポジションにいないからか(利用はされてる)、いつもより政治的な要素は少なめでした。いつもと同じぐらい微糖だったけど、主人公が変わっていく様子がしっかり書かれていて面白かったです。

最初は自分が不義の子(人妻と聖職者)で存在が罪だから、と自分の感情を殺して生きていたマリアンジェラが4人目の夫レオナルドと出合った事によってどんどん変わっていき、「生きることを諦めたくない」と思えるようになって良かったな。
この作者さんのヒロインは凛としている子が多いんですが、今回のマリアンジェラはどっちかというと後ろ向きな子だったのでちょっと新鮮でした。
今回悪役ポジだった兄のアルフォンソは親のせいで歪んでしまったもんだと思うので、ちょっと可哀想ですね。
彼の歪みっぷりはGJでしたが・・・

お互い思いが通じあって終っているんだけど、むしろこれからが大変そうだな(聖王がらみで)
マリアンジェラ絡みのゴタゴタはこれからがメインだと思うけど、続けるのは微妙?

今回の舞台はブラーナ帝国滅亡後の時代なのかな?
ルシアン教は花嫁シリーズでは結構ブラーナ王家と反目してた存在だったけど、今回は好き勝手やってて(自分の庶子に領地を与えてたり)厄介でしたwただこのシリーズでは腐敗政治は当たり前ーという感じなので問題はないですね。
(※花嫁シリーズはブラーナ帝国歴代の皇女がヒロインなシリーズです
だいたい読みきりシリーズなので、なんちゃって政治ロマンスを読みたいならばオススメ)

Posted on 14:22 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

コバルト名作シリーズ書き下ろしアンソロジー 1 龍と指輪と探偵団 (コバルト名作シリーズ書き下ろしアンソロジーシリーズ)   

コバルト名作シリーズ書き下ろしアンソロジー 1 龍と指輪と探偵団 (コバルト名作シリーズ書き下ろしアンソロジーシリーズ) (コバルト文庫)コバルト名作シリーズ書き下ろしアンソロジー 1 龍と指輪と探偵団 (コバルト名作シリーズ書き下ろしアンソロジーシリーズ) (コバルト文庫)
(2013/11/30)
榎木 洋子、高遠 砂夜 他

商品詳細を見る

コバルト読者なら誰もが知る名作シリーズに、書き下ろし最新作が登場! 『龍と魔法使い』『レヴィローズの指輪』『東京S黄尾探偵団』『女神さまのお気の向くまま』の新作が読める。2カ月連続刊行第1弾!


カバーイラストは明咲さんです。
本編とはカバーイラストは関係ない感じだったので、たぶんイメージ的な感じ。
本編の扉絵は当時のイラストレーターさんの書き下ろしっぽかったのでこだわりを感じさせられます。タイトルもそれぞれの作品のキーワードを使ってるというのが良いですよね。

どれか読んだことありますか?と聞かれたら、答えは否!(笑)
コバルト文庫とかをガッツリ読み始めたのは、高校卒業してからなので昔のシリーズはまだまだ読めてません。収録されているのは、どの作品も昔の名作と言われているシリーズでした。

個人的に一番好きなのは「龍と魔法使い」の書き下ろしです。なんか胸にじんわりくる話でした、これ本編知ってたらさらに楽しめたんだろうなー。これは近いうちに本編を探してみようと思います。
あとは響野さんの「東京S黄尾探偵団」のノリが鳥籠の王女と違ってびっくりしましたねー。
読んだことない作品ばかりだったので登場人物がよくわからなかったんですが、それでも今のコバルトの作風と違うのが新鮮で面白かったです。

昔の作品を手に取るきっかけになると思うので、定期的に名作アンソロジーシリーズを出していって欲しいです。
来月刊の「ちょー精霊と四龍島」も楽しみ。

Posted on 17:21 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

首の姫と首なし騎士 奪われし花嫁/睦月 けい  

表紙を見て、あっ・・・エルマー家の大勝利?とか思ったり

首の姫と首なし騎士    奪われし花嫁 (角川ビーンズ文庫)首の姫と首なし騎士 奪われし花嫁 (角川ビーンズ文庫)
(2013/11/30)
睦月 けい

商品詳細を見る

兄王子レイフォードを城外に逃がし、辛くも命を救ったシャーロット姫。豪商エルマー家の悪事を暴くため証拠探しに奔走する次兄クローヴィスと“人喰い竜”ガイの帰還に望みを託すが、敵の包囲網に打つ手なし。セシルとの結婚を決定づける評議会にのぞむシャーロットだが、護衛騎士アルベルトが乱入!現国王に刃を向け、結婚への異議を申し立てる騎士だが…。「花嫁」の手を取るのは誰か!?宿敵との最後の争い、大逆転なるか!?


エルマー家編完結です。
久しぶりにアルベルトとロッティセットで登場だったので、思わず自分も一緒に生温かい目で見てしまいました(笑)

どんどんと追い詰められていくロッティ陣営。やっと希望が見えてきた・・・!と思ったら、どんどん潰しにかかってくるエルマー家で最後のさいごまでハラハラ。
もう絶望しかない中でも、エルマー家や父王に負けず最後まで仲間を信じて待っていたロッティは本当に成長したなーとしみじみ。ロッティも成長したけど、クローヴィスも活躍してて格好良くなったなーと。あんなに嫌みだったのにね!どうした!
お互い最後まで仲間を信じ続けていたこそ、掴み取れた勝利だったと思います。

自分的にセシルはロッティ陣営に入って欲しかったけど、エルマー家が今までしてきたことを考えるとこの結末が妥当なのかも・・・。彼もずっと家族の愛情に飢えてて、最後やっと得られた、最後は家族として死にたいというセシルが切なかったです・・・もしかすると似たもの同士のロッティもこんな道を辿ってたかもしれないと思うとね・・・

次からはいよいよ新章で「王様候補」の話が進みそうですね。
ロッティは今の王家が王位を継ぐのはありえないと考えてるようです。ただクローヴィスは表向きレイフォードに王位を継がせて、実際はロッティに実権を持たせて政治を行いたいと考えてるようで・・・
王位継承について二人の考えが違うというのが気になるところです・・・

Posted on 22:50 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

11月のまとめ  

今月は8冊でした。一ヶ月で最低でも10冊は読むんだ!という事にしてるのであまり読めてないなー、最近。
今年中にあと2本ぐらいゲームをコンプしたいので、年末までゲーム中心な予定です。
ただ積み本も増えてしまってるので、もう少し読書に時間を割こうかな。

今月のお気に入り。
特に金星特急の外伝が良かったです。みんな幸せそうで、じんわり
金星特急はとても好きなシリーズでした。


文庫に挟まっているチラシ(コバルトでいう乙女ちっく通信)を見てたら、いつの間にかビーンズ文庫のラインナップがボカロ系と小説家になろう系(これはよくわからん。これがオンノベ?)がかなり多くなっていてびっくりしました。ビーンズは自社の賞を取った作家さん中心だった気がしたんですが・・・
やっぱり少女小説だけでは難しくなってきてるのかなー、ボカロ小説は中高生に人気なジャンルなようなので時代ですかねwその内、ビズログとかも(このレーベルは乙女ゲーのノベライズも多いですけどね)ラインナップに入れてきそうだなーと。
なんか時代の流れについていけないなーと思う今日この頃です(個人的に千本桜は読んでみたいかも。一斗まるさんも関わってる企画みたいなので)



下から読書メーターのまとめです

-- 続きを読む --

Posted on 11:56 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター