ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

BROTHERS CONFLICT 2nd SEASON(4)/水野隆志(エム・ツー)、ウダジョ、 叶瀬あつこ  

表紙は梓、雅臣、右京(裏表紙)担当です。おまけでまほちゃんと佐々倉くんもいます。
#33~34+梓視点の番外編も収録されてました。てか収録数結構少ないんですね、確かに刊行ペースは早いけど・・・

では下からネタバレ注意です!
(コミックの方は畳みませんので・・・)
BROTHERS CONFLICT 2nd SEASON (4) (シルフコミックス)BROTHERS CONFLICT 2nd SEASON (4) (シルフコミックス)
(2013/11/22)
水野隆志(エム・ツー)

商品詳細を見る

(扉絵のちぃちゃんと一緒シリーズ。右京さんが肉食系だったし、梓はやっぱり足フェチ・・・)

(余談ですが、シルフ本誌での4巻の煽り文は「他の男(兄弟)負けるのは嫌なんだよ」でガタっとなった)
4巻に入ってどんどん兄弟が離脱していってしまってるので、自分が押している兄弟がリタイアしてしまった・・!という方も多いのではないでしょうか。この4巻で一気に離脱してしまったのは、ちょっと展開が早すぎなんでないかと思います。

3巻で「これからの人生を、きみと2人で生きていきたい」とちぃちゃんにおっしゃった祈織さま。その言葉に「それは結婚ということですか?」と問い返すと、僕と君の間にはもっと尊い絆があると思っている。自分の人生をちぃちゃんのために使っていきたいんだと・・・言ってきてやっぱり何かが違うわ、さすが祈織さま状態に(自分がね)その言葉を聞いて、祈織さんは誰か支える人が必要なんだと、祈織さんにとって愛することは相手に自分の捧げることなんだと気付いて、それは悲しすぎると涙をこぼしてしまったちぃちゃん。それをみて祈織さんはちぃちゃんの答え(悲しすぎる=自分には受け入れられない)に気付いてしまって、ちぃちゃんにロザリオを要兄さんに渡して欲しいと言って託し、最後は「さよなら」と頬にキスをして去っていってしまいました。
最後までブレなかった人だったけど、ちぃちゃんに幸せにしてもらう結末も見たかったな・・・

3巻の時点ではまだ要は妹ちゃんの事諦めきれてない・・?と思ってたんですが、このタトゥー(ロザリオだったらしい)を消せる時が来るまで自分は恋はしないんだ、と断言してお兄ちゃんとしてアドバイスしてましたね。彼も自分より他の兄弟たちの幸せを優先してしまう自己犠牲型なので、いつか彼も幸せをみつけて欲しいです。
右京さんも前に大人気ない態度(元カノの写真の件)を取った事を誤り、もしかしたら今とは違う関係が築けていたかもしれないとコンフリクト離脱宣言。あと雅臣さんも離脱だそうです。

しんみりしたところで、棗さんのターン!!
高熱を出した棗さん、一緒に来た侑介を追いやり(ネコの椿と梓のエサを買いに行かせた)渡した鍵使って欲しかったとか言いつつ最後にキスをかましていてました。他の兄弟がみんな格好いいのにどうした!?という感じですねwだから旅行に呼ばれなかったんだよ(行くことも伝えられてなかったみたいだしw)
(お見舞いに行く前に来た昴さんのお誘いは、ちぃちゃん断ったんですねー。うーん
ただ熱を出してる人をほっとけないというのもあったかもしれませんけど)

そして旅行中、ついに椿と梓が離脱しましたね。
やっぱり二人は唯一無二な存在だから、ちぃちゃんだけを取るという事は選べないんだろうな・・・。
自分は双子が好きだったのでこの離脱は残念でしたが、納得の出来る退場の仕方だったと思います。
ちぃちゃんに無理やりキスしてしまい混乱してる梓を宥めて、2人で振られにいこうと(書き下ろし分)説得する姿にやっぱりお兄さんなんだなーと。自分的に、たぶん椿は2ndの途中からもう自分は身を引いて梓を応援しようと考えてたんじゃないかなーと思ったりしまいた。こんな恋ができたなんて、俺ら幸せだねと言う椿にブワッ・・・としました。梓の泣き顔のイラストも切ない・・・・
梓はこの後から、今まで同じデザインの眼鏡ばかりだったのをコンタクトにして前に進もうとしてるようです・・・

途中、弥ちゃんが反抗期だったのが気になりましたが(おねーちゃんと引き離そうとするから、まーくん嫌い!)シルフ本誌では来月号で、ミックスの方も次回で最終巻です。
最終巻は棗、昴、ちぃちゃんが表紙かな・・・。

『選ぶ人はただ一人。彼はキョーダイ。そして、わたしの好きな人。』
さて、ちぃちゃんはどちらを選ぶ・・・?
スポンサーサイト

Posted on 12:13 [edit]

category: ビジュアルストーリー

tb: 0   cm: 0

BROTHERS CONFLICT#37「ここで、言わなきゃ」  

今月はコミックスの方も同時発売だったので、一緒に買ってくるつもりだったんですが近所の本屋置いてないという・・・(コミックスの方は2冊だけあったw)マニアック(?)な雑誌も結構あるんだから少しぐらい入荷してくれたってさ(雑誌なので入荷が遅かっただけかもしれませんが)
という事で来月からは初めからネットで予約する事にします。
あーあ、発売日に読みたいのになぁ・・・、田舎は本当に不便。

まずは最新話の感想から~
シルフ 2014年 01月号 [雑誌]シルフ 2014年 01月号 [雑誌]
(2013/11/22)
不明

商品詳細を見る

今回でシルフ本誌を買い始めて3回目になるんですが、ブラコン本編は完結だそうです。そう最終話。
自分的にはうそだろー!!早すぎだよー!という感じなんですが、まぁそれは自分がハマったのが遅かったからね(笑)ここまで人気出たらもっと引き伸ばして続けそうなものですが(アニメ2期も決まってるし)、案外スパっと完結させてしまうんですね。自分はもうひとコンフリクト見たかった気持ちもあったけど、ダラダラ続けてぐだぐだな内容になってしまうよりは、もっと読みたかったーぐらいで完結を迎えてくれた方が良いかな、と。
(でも風斗くん帰ってきて欲しかったなーロスから)

あと来月からぷるぷる連載再開でやったー!!ぷるぷるかなり好きだったので嬉しいなぷぎゃーww
ゲームBBビジュアルブックの表紙も公開されてて、ちぃちゃんが可愛い。PPのと対になっているようで、梓とちぃちゃんのイラストでしたよ。

という事で今月の感想にいってみよー
続きからネタバレ注意です。

(誌上通販のうさたんどうしよう・・・)
-- 続きを読む --

Posted on 19:21 [edit]

category: ビジュアルストーリー

tb: 0   cm: 0

十三支演義 ~偃月三国伝~ (上)/佐々木禎子  

\曹操さまァァ!!!/
十三支演義 ~偃月三国伝~ (上) (ビーズログ文庫)十三支演義 ~偃月三国伝~ (上) (ビーズログ文庫)
(2013/11/15)
佐々木禎子

商品詳細を見る

時は後漢末。“猫族”の少女・関羽は、長の劉備や幼なじみの張飛らとともに、山奥で穏やかな毎日を送っていた。しかし、漢帝国から“黄巾賊”の討伐を命じられた野心家・曹操との出会いが、彼女の運命を変える!「その力、気に入った。必ず私のものにしてやる」猫族のもつ高い武力に目をつけ曹操によって、関羽は無理やり彼らの戦いに巻き込まれることになり―!?


本編のノベライズという事で手に取ってみました!イラストはコミカライズを担当されていた方です。
作品の雰囲気そのままノベライズされていて良かったですねー。劉備のかんうーや夏侯惇のツンツンっぷり、趙雲の爽やかっぷりが懐かしいw

内容としては曹操さま猫族の村に登場!から董卓将軍を討ったけど(ちょうど共通ルートが終るぐらい)、結局呂布さまにボコボコにされた曹操が戦線離脱したので関羽たちは村に帰ることにしたというところで上巻は終っています。2に繋がるようにするならば劉備ルートに近い感じになるのかなーと思ったんだけど、どうやら趙雲ルートっぽい?出てきては爽やかなフラグを立てていましたw

次は2月発売予定だそうなので、あ、下巻でるまで待てば良かったかも・・とか思ったり。

Posted on 15:32 [edit]

category: ノベライズ

tb: 0   cm: 0

11月23日  

(記事の方に拍手頂いてます!いつもありがとうございます
たいした記事は無いですがこれからもよろしくお願いします)

雑記の方はお久しぶりですかね?どうも、こんにちは。
最近はひたすらディアラバ三昧です。本編の方をコンプしまして、今MBをプレー中です。


MBになってシナリオが良くなったと思います。キャラ自体もちゃんと掘り下げられているじゃないかと
只今カナト、シュウを攻略し終えて楽しみしててた無神ルキさん(CV櫻井さん)を攻略しているんですがどうしよう萌えるんですけど・・・「おまえは俺だけのものだ」とかまるでメヨーヨ様みたいじゃない!
声優さん目当てです^^とか言ってたけど、なんかプレーしてるとハマってくるから不思議w
確かMBってFDでしたよね?普通に本編と同じぐらいボリュームがある(攻略人数10人)のには驚きました。正直シチュエーション部分はもっと少なくて良かったけど・・ね
人数が多いので攻略に時間がかかりそうですが、MBが終ったらDFラインの新作「SNOW BOUND LAND」をプレーしたいと思っています。DFライン久しぶりの新作なので楽しめれば良いなー(まだ届いてもいないけどね)

最近気になった乙女ゲーム情報とかはそんなにないんですが(笑)
何個かピックアップ
・Daisyさんのところは「絶対階級学園」(和田ベコさんが原画のやつ)の他に、三国恋戦記メンバーの新作「ヴァルプルガの詩」(こっちは3Daisy)も製作が決定されたようですねー。まだどちらも正式には公式はオープンしてないのでまだ何とも言えませんが、自分の好みそうな設定ならば購入してみたいかも。個人的にPCならでは!という内容にして欲しいです。
・あとは18禁ですが新規ブランドで遊郭物を出すみたいですね。なんとなくですが18禁で遊郭物ってありそうでなかった印象(花魁は乙女ゲームではやりづらいのかな?)その新作のシナリオが葉月エリカさんが担当されるらしいという事で少し気になっています。たぶんシフォン文庫で書かれている方だと思うんですけど、この方は元々コバルトでも出されていて、自分的に昔から好きな作家さんだったりするのでチェックしていきたいなーと思っています(まだ公式も出来てないので同じ作家さんではないかもしれませんが)あ、描写の方は濃い方だと思います(笑)
最近なんだか18禁の方盛り上がってるなー。次々新規ブランドが出来ていく(1作出したら放置って事も多いけど)

あとブラコン新刊買ってきたよ
残念ながらシルフ本誌は置いてなさそうなのでアマゾンでポチりました、なので読めるのは早くて月曜日ぐらいになりそう

新刊の方は祈織さまワールドに震えました。あと兄弟がどんどん離脱して切なくなってるところにくる、棗さんの彼氏ヅラっぷりに自分は満面の笑み。感想はまた後ほど。
残念なことにブラコン本編、来月号で最終回だそうです。コミックスも5巻で最終巻なもよう。
ちょっと最近は展開が早かったのでもう少しゆっくり進んで欲しかった気持ちも正直あります、ただダラダラ引き延ばしてぐだぐだな内容になってしまうよりはここで綺麗に完結してくれる方が自分は良いです、好きな作品なだけにね。


Posted on 16:24 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

DIABOLIK LOVERS プレー感想  

これをプレーする前は神様を攻略してたわけですが、プレー中に神なんていないんだよ!!ヒャッハー!的な事を言われてそのギャップに半笑い

DIABOLIK LOVERS (通常版)DIABOLIK LOVERS (通常版)
(2012/10/11)
Sony PSP

商品詳細を見る

主人公・小森ユイはごく普通の高校生。
ただ小さい頃から少し周りで変わったことが起きるだけ。


高校二年生になったとき、父の転勤のため神無町という街の学校に転校することになる。
転校先は「嶺帝学院高校」という、芸能人やセレブの為の夜間学校。
その一見華やかにみえる裏で、不吉な噂が絶えず囁かれている学校だった。

いわくつきの噂の中には「ヴァンパイアに襲われた生徒がいる」というものも……。

そして、居候先である父の親戚の逆巻家は、
街でも噂の最悪な六人兄弟が住む『オバケ屋敷』と呼ばれる場所で――。

突然、性格最悪なイケメン六人兄弟と同居することになった主人公。
しかも彼らはただの人間ではなく…………。

──何かに引き寄せられるような小さな期待を感じながら、
不安と恐怖の新しい生活が始まろうとしていた。

(MBの感想だと思った?本編の方でした。んふ)

はいディアラバといえば約1年前の発売日当初かなり話題になっていて、吸血鬼やドSに特に興味はなかったのに流行に乗って自分も購入してみたら、見事ライトに返り討ちにされました。そんな過去がある自分が何故またプレーしているのかというとMBの方のキャストに釣られたからです(終了)シリーズ物はやはり1作目からプレーしたいのでVita版(どのぐらいPSPと違うのか確かめたかった)と迷ったんですがツインパックの方がお徳だったので、Vita版は断念(定価だしね)

余談ですがさっき感想を書いたんですが保存を押したらそのまま記事が消えてしまって、白目。あれ3時間はかかったのよ
と言うわけで、本日二回目の感想いきまーす(棒)
ネタバレ注意です。
-- 続きを読む --

Posted on 17:24 [edit]

category: Rejet

tb: 0   cm: 2

金星特急・外伝/嬉野 君  

旅を終えて・・・
金星特急・外伝 (ウィングス文庫)金星特急・外伝 (ウィングス文庫)
(2013/11/09)
嬉野 君

商品詳細を見る

フランス外人部隊の砦に調査潜入した白鎖五十二位の夏草は、瞳の中に虚無を抱えるルイという中隊長に出逢い…?金星の残した不思議な力を回収すべく世界を旅する砂鉄とユースタス。純国普と戦いながら言語の研究を続ける王女達と、それを護衛する月氏達。そして金星との娘を育てる錆丸。錆丸と金星の世紀の恋の一方で語られなかったいくつかの物語と、彼らの旅の後日談を描いた、大人気シリーズ珠玉の番外篇集。


読んでてじんわりする外伝でした。
表紙の錆丸が父親でぶわっ・・・!

中には過去の話(鎖さま)も収録されてましたが、基本は後日談かな。合間に砂鉄とユースタスの物語が挟まれててる感じでした。砂鉄とユースタスは愛してる!!という感じではないけど、お互い信頼し合っているのが良いと思いです。

自分的に三月と夏草の外伝「砂男」が印象に残ってます。家族に焦がれていた三月が最後、血は繋がってないけど父母や姪っ子が出来て涙をこぼすシーンはなんとも言えなかったです。フランス外人部隊の頃、子供が生まれてくるのを心待ちにしてたエピソードを読んでからだとさらに良かったね、良かった・・・となりました。
書き下ろしの「花の海で」はみんな錆丸の娘にメロメロでなんか和みますねw特に三月が幼稚園のお迎えとか行っちゃうとか狂犬どうした!(女遊びもしなくなったらしい)
錆丸が娘が利用されないように、色々と動いていてすごく頼もしかったなー。
あとお兄ちゃんズ(伊織、三月、夏草)と砂鉄とユースタスは絶対的な味方というのが良かったです。このメンバーは確かな絆があって良いですよねー。

大好きなシリーズが本当に終ってしまったのは、やっぱり寂しいけど最後に素敵な外伝をありがとうございました!

Posted on 15:33 [edit]

category: ウィングス・ノヴェル

tb: 0   cm: 0

たった二人で世界を裏切る 犬のような彼 /丸木 文華  

たった二人で世界を裏切る 犬のような彼 (ティアラ文庫)たった二人で世界を裏切る 犬のような彼 (ティアラ文庫)
(2009/07/03)
丸木 文華

商品詳細を見る

彼氏は犬のように服従する―。高校2年生の遙は健太の告白に、軽い気持ちでOKを出す。最初は弄ぶつもりだったのに、年下の彼と歪んだ関係を続けるうち、次第に官能の深みにはまっていく遙。焦燥と執着、支配と服従、サディズムとマゾヒズムが錯綜するなか、主従じみていた二人の関係は狂いはじめ、遙は彼の身体に溺れていく―。


あまり現代物って好きではないので読んでなかったんですが、電子書籍化されてたので購入してみました。
TLで普通の高校生が主人公って本当に珍しいなー(NLの方もだけど)
と、いう事で今回はたたみます
-- 続きを読む --

Posted on 11:07 [edit]

category: ティーンズラブ系

tb: 0   cm: 0

僕の可愛いセレーナ /宇奈月香  

「歪んだ愛は美しい」がキャッチフレーズなソーニャ文庫。
の割にはそんなブラック展開でない事が多いらしく、そこに期待してた自分は少し残念。
TLのヒーローって基本ヒロインに執着してるので、他のレーベルと変わらないじゃないと思ったり

僕の可愛いセレーナ (ソーニャ文庫)僕の可愛いセレーナ (ソーニャ文庫)
(2013/11/03)
宇奈月香

商品詳細を見る

何重もの鎖で閉ざされた部屋の中、毎夜のごとく嬲られ、快楽に溺れていく身体。セレーナは囚われていた。仔犬のように無邪気で、飢えた獣のように危険な夫・ライアンに…。美貌の伯爵ライアンに見初められた町娘のセレーナは、身分差を乗り越えて結婚することに。隙あらばじゃれつき、愛の言葉を囁いてくるライアン。しかし幸せな結婚生活は、ある出来事をきっかけに歪んでいき―?


前作の「断罪の微笑」が面白かったので購入してみました。この作者さんの文章、丁寧な感じがして好きです。

普通の町娘(実は貴族の子だった!とかでなくて本当に町娘)が伯爵夫人になれた時点で、もうハッピーエンドやん・・・とか思いましたがまぁそこは置いといて

話自体はライアンが真実を話さなかったせいですれ違って、もう別れる!と言ったヒロインにヤンデレを発揮したりしてましたが、最後はハッピーエンドで(いや、途中にもう少しエピソードなのはあるけど)面白かったけど普通だな・・・と。
ただ改めて読み返してみると、ライアンは過去にライアンとセレーナが何があったのかは告白して謝罪してたような気がしますが、本当の顔(歪んだ部分や冷酷な部分)は最後までセレーナには見せてないんですよね。あと子供のころ一目ぼれしたセレーナの人形を作って愛でてた事も結局セレーナ知らないし。というか子供の頃に一目ぼれしてここまで執着してしまうライアンが怖いかもしれないw
セレーナはライアンは忠犬で可愛いし、とても幸せだわ的な感じだけど本当のライアンの姿は知らないし、知ることも一生ないでしょうね。ライアンに目隠しされて本当の部分が見えないので、考えようによっては少し歪んでいるEDなのかも

Posted on 14:07 [edit]

category: ティーンズラブ系

tb: 0   cm: 0

紫陽花茶房へようこそ 〜ふたりのための英国式魔法茶〜/かたやま 和華  

喫茶店系な話、流行ってるのかな・・・?好きだけどw

紫陽花茶房へようこそ 〜ふたりのための英国式魔法茶〜 (コバルト文庫)紫陽花茶房へようこそ 〜ふたりのための英国式魔法茶〜 (コバルト文庫)
(2013/11/01)
かたやま 和華

商品詳細を見る

銀座の路地裏に建つレンガ造りの洋館、紫陽花茶房。帝都一おいしい紅茶で客人をもてなす青い瞳の店主・紫音は英国伯爵家の御曹司で、自称“魔女の孫”。紫音の淹れる“魔法茶”はワケありの客人たちを一夜の夢に誘って…?「深夜十二時、夜のお茶会を開きましょう」。ちょっと不思議な青い瞳の店主と給仕のハイカラ女学生・月子が出会う、香り豊かな英国式魔法茶をめぐるハートフル・ストーリー。


コバルトに田倉さんキター!という事でイラスト買い。
コバルト文庫というか、メディアワークス文庫っぽい雰囲気ですね(全然他社だけど)
一部の書店では集英社文庫と一緒に並んでるようです。

イラスト買いだったけど、内容も面白かったです!
ラブコメって感じではなく、どちらかというと切なかったり、友情だったり、少し不思議なエピソードな感じで読み終わった後ほっこりなりました。あと大正時代が舞台なのでレトロな雰囲気も良かったです。イラストも作品にあっててとても良かったなー、扉絵もあったし

紫音さんと月子の会話が漫才みたいだな!と思ったら、作者さんレディキャンディーの人なんですね。なるほどw納得です。紫音さんの「オレね、本当に許さないからね」「紫陽花茶房にミクダリハンを突きつけて、フルーツパーラーに嫁ぐこと」のセリフが好きです。

紫音 、月子そして北斎のこれからをもっと読みたいのと2人が友達以上の関係になれるのか気になるのでぜひシリーズ化して欲しいなー。
コバルト本誌にスピンオフが掲載されるみたいなので久しぶりに買ってみようかな。

Posted on 16:58 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

封殺鬼 数え唄うたうもの /霜島 ケイ  

封殺鬼 数え唄うたうもの (ルルル文庫)封殺鬼 数え唄うたうもの (ルルル文庫)
(2013/10/25)
霜島 ケイ

商品詳細を見る

太陽を食らう星神との戦いが決着して半年、野坂三吾は新宿で平和を満喫していた。だが齢千年を超えるはずの鬼、大江山の酒呑童子こと戸倉聖が弟子入りをせがんできて、セットで菅原道真の遺恨の化身・雷電こと志島弓生もついてきて、拝み屋になると言う。聖は早速、地蔵に祟られているという女子大生を依頼人として連れてくるが…!?謎の数え唄と孤島の伝説の正体を、鬼たちは明かせるのか?


封殺鬼、新シリーズです。
今回からイラストをカズキヨネさんが担当される事になってヒャッハー!
ただ桐子編のイラストを担当されてた也さんのイラストも好きだったので、もう新しいイラストがみれないのは残念。

新シリーズという事で舞台は現代(今よりは少し前の時代らしい)
キャンバス文庫で出された本編後の話で、使役鬼としての任を解かれたらしい聖と弓生が就活中だそうでw
で本家、御影家次期当主さんに弟子入りする話。
なんですが、ルルル文庫で発売された分しか基本読んでないので少し話に入り込みづらいのが残念。本家といったら神島家でしょ?という感じなので、秋山、御影と言われてもピンとこない。

内容はシリアスで話の中心となる祟りの部分は思わずぞっとしたんですが、所々に入るギャグ(主に聖のせい)のお陰で話が暗くなり過ぎずにいいですねw伝承の真相に少ししんみりしつつ、高階さんの最後のエピソードにほっこり。そして最後は聖が面白いことにwそれに対しての弓ちゃんの反応が冷静過ぎて(笑)あ、引き続き「陰陽セブン」は隊員二名募集中だそうです。

現代編が舞台なので仕方がないんですが、やっぱり桐子の「鬼同丸!雷電!」の声が聞こえてこないのは寂しいものですね・・・。というか孫の神島達彦さん出てきてますし

Posted on 16:32 [edit]

category: ルルル文庫

tb: 0   cm: 0

11月10日  

先ほど仕事から帰宅。明日は全休なのでお酒を飲みつつタラタラ更新です。
神々をコンプしたので、予告どおりディアラバ無印をプレー中。ライトのED3つをひとまず見たのですが、色々尖り過ぎてて「あ、さようでございますか」という感じです。EDを見たとき(´◔‸◔`) となりあまりテンションが上がらないw平川さんの演技はなんかすごくて面白いのだけど
1つ1つは短いけどその分、エピソード数がそこそこあるので割とボリュームはあるかも?ひとまず歯食いしばってフルコンプ目指します

では最近気になった情報などー

今更ですが、最近のプリンスたちは劇団シャイニング企画で期間内毎日呟いてますね。何か呟く間隔とかがリアルであぁプリンスたちって存在するんだな現象が
劇団シャイニング第一弾「マスカレイドミラージュ」(嶺ちゃん、なっちゃん、藍ちゃん)の視聴が始まったのでさっそく聴いたんですがすごい難しい曲ですよね。メロディーがコロコロ変わるというか。それを歌いこなしてしまうなんて凄いなーと思いつつフルで聴くのが楽しみ。たぶんDL(ブロッコリーは配信が早い)で曲だけ購入すると思うんですが・・・ドラマCDって苦手なのでね。ツイッターでは今日ジャケット撮影したよ!と呟いていましたね^^

あとDaisy2さん関係。
三国恋戦記の続編が決定したそうです。恋戦記って三国志の有名なエピソード(赤壁の戦い)は本編で出てしまってるんじゃなかったっけ?あ、でも三国志自体はもっと長いしやろうと思ったら出来るのかな?
というか新作の「絶対階級学園」(原画さんが和田ベコさんだと聞いて一気に興味が出てきた)も製作決定したし同時進行大丈夫なの(恋戦記の時も発表から発売までだいぶかかった印象があるので)と思ったんですが、ライターさんは違う方っぽいので問題はないのか。自分もその内、恋戦記プレーしたいなぁ。


次は新規乙女ゲーブランドeterireの新作「宵夜ノ森姫」が割と気になる話
ここのブランドさんは「ツキウタ」というドラマCDを出してるブランドのようで。
攻略キャラに前野さんや鈴木千尋さんが来るという事ぐらいしかまだ好評されてませんが、コンセプトが「永遠の思い出」だそうでちょっと惹かれています。一様、チェックしていきたいと思います。
PSPで発売予定だそう。

めいこいアニメ化、続編決定だってさ

もともとが携帯ゲームだという事と、イラストが可愛い過ぎて普通にスルーしてたんですがどうやら評判が良さそうなので気になっています。たまにめいこいみたいな雰囲気なゲームもいいかもしれない(勝手に明るいラブコメだと思ってる)アニメ化はさすがブロッコリーというか

やっと発売されたhoneybeeの新作「青春はじめました!」どうやらシナリオの評価は高めなのに、公式で謝罪するほどシステムが悪いらしいですね。たぶん攻略が複雑というか難しいらしい+ボリューミーなようなので色々と詰め込みすぎたのかも。ここまでバグが酷いなら発売延期した方が良かったんじゃ・・・と思いますが、これまでも結構延期してますからねぇ。うーむ
(公式でパッチが公開されたようです)


あと今日買ってきた本
最終話のみLaLa本誌を買って読んだんですが、特別編が掲載されるという事なんで(コミックス化するかわからなかったし)LaLaファンタジーと一緒に最終巻も購入。

最終巻はその内、1巻からそろえて一気読みするんだ!(途中までそろえて読んでたんですが、あまりにも長くて切ってしまってた)
特別編はなんか切なくなりつつも、どこかじんわりする話で読んで良かった。
いっき読みしたら本編の感想と特別編の感想でも書きたいです。

そういえば新作のOPがどんどん公開されてますね。
自分は剣が君とクロノスタシアのを見たんですがどれもクォリティー高くて思わずポチりそうに(笑)
特にクロノスタシアは雰囲気が壮大過ぎるので様子見だな。やっぱりシナリオ面がね、うんw


(ブログに拍手を頂いてます!いつもありがとうございます)

Posted on 02:59 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

10月のまとめ  

今月は6冊でした。
ひたすらゲームをプレーしてたので10月もそんなに本読めなかったなぁ・・・
昔に比べると本の購入数は減ったけど、それでもそこそこ買ってはいるので積み本がどんどん増える、増える。
じゃあ買うなよ・・・と思われますが、やっぱり買っちゃうんですよwある程度積んでおかなければ不安的な(笑)


今月はこの3冊


最近どんどんTLレーベルに侵食されてる少女小説界ですが、11月にNLの「ネオスブックス ブロッサムサイド 」という新しいレーベルが誕生するみたいです。女性向けのファンタジー恋愛小説らしいですが、f-clan文庫が1年もたたないうちに休刊になってしまった例もあるので不安ですねー。たぶんレガロやレジーナと同じでソフトカバーなのかな、値段が1000円越えなので。3月のラインナップにルルル文庫でクラシカル・ロマンを出されていた華宮ららさんがいらっしゃるので手にとってみる予定。
あと来月のコバルト新刊で「コバルト名作シリーズ書き下ろしアンソロジー (1)」というのを出すみたいですね。どんな内容かはわかりませんが興味はあるので購入してみようかなと(イラスト明咲さんだし)来年の1月には第2弾も出るみたいです。最近コバルトでは昔の作品を新装版として発売する事がちょくちょくありますよね(ざ・ちぇんじ、夢の宮とか)コバルトの昔の名作って結構絶版で手に入りにくい事が多いので、自分はもっと新装版とか出して欲しいんですけどね~。新装版が出るなら読んでみようかなーという風にもなると思いますし。自分的に氷室さんのクララ白書とかが読みたいです!

下から読書メーターのまとめです


-- 続きを読む --

Posted on 10:44 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

プレー予定+購入予定(12月ぐらいまで)  

お久しぶりです
ゲームのし過ぎで目が変です(なのにPCをやるという)
最近は「神々の悪戯」をひたすらプレーしてました。
自分が新作をこんな早く崩すなんて本当に珍しいですね。
ただモニター応募で購入だったのでレビュー期限があったのもありますが。
詳しい感想はプレー感想書いたから読んでね!という感じなんですが、自分は当たりだったかな。
シナリオに癖はさほどないのでプレーしやすいとは思うんですが、どうやら合わない人は合わないようなので(笑)ちょっと変り種プレーしたいという方はぜひ!という事で。話自体は綺麗にまとまってますよ


そして次はなにをプレーするかというと・・・

今アニメ化(結局観てないけど)されてhotなディアラバさん


丁度1年前、無印が発売されたとき平川さんキャラをプレーして、もういいやァとプレーを止めたという前科がありますがFDの新キャラに櫻井さんが来たのでこれは・・・!と思い購入。シリーズ物は割りと初めからプレーしたいのでツインパックです。あまり声優さん買いということはしないんですが(好きな方はもちろんいますが)櫻井さんの鬼畜な演技を聞けるかもしてれないと思うとね、思わずポチっと
まずは本編からスタートという事で、ひとまず熊抱えてる人か、平川さんキャラどっちかから行きますね。

あと今年も2ヶ月しかないので自分はひとまず


もちろんディアラバ2本、タイニーとDebutを崩せればいいなーなんて
プレー速度は遅いのでこれが精一杯かな(というか崩せるか微妙)

購入予定の方は11月のオトメイトの新作「SNOW BOUND LAND 」ぐらいなんですが、イマイチどんな内容か把握してない感じなんですけど久しぶりのDFライン新作なので買いだな、と。
あとは12月発売の「君が剣」Rejetの新作PCゲーが気になっています。RejetのPCゲーが割りと好きなので(BWSしかプレーした事ないけど)気にはなってるんですが高いのであまり特攻する勇気はないwリジェさんは強気の価格設定ですね
そういえばアマゾン、ゲーム(新作ゲームのみ?)にもポイント付くようになったみたいですね。その分若干値上がりしてるみたいですが・・・

Posted on 19:49 [edit]

category:  まとめ

tb: 0   cm: 0

神々の悪戯プレー感想  

スチルコンプしたから感想を書くんだ、書くんだ・・・!(アポロン風に)

神々の悪戯 (あそび) (通常版)神々の悪戯 (あそび) (通常版)
(2013/10/24)
Sony PSP

商品詳細を見る

【ストーリー】
これは様々な神話の神々が集う世界のお話。
神話の代表である神が集まり、何やら相談をしている模様。
どうやら神々の中には「人間嫌いの問題児」がいるよう。
神は人間を愛し、人間から崇拝されなければいけない存在。
現在の神と人とのつながりの稀薄性は憂うべきこと……。

その現状を打破するため、人間に真似て「学び舎」を作り、
そして人間の少女を1人選んで
問題のある神々に「人間」とは何か、「愛」とは何かを教えるようにと命じたのだった



ブロッコリーオリジナル作品2作目です。ブロッコリーはうたプリでどーんと有名になりましたが、乙女ゲームブランドとしてはまだ新参者ですよね。ブロッコリー作品(うたプリしかないけど)は良くも悪くも癖が強いと思うし、この第2作目も神々と学園ライフ的な感じだったので(ジャンルは「運命の糸を紡ぐLove is pain ADV」)ちょっと大丈夫かな・・・wと思いつつも、久しぶりのカズキヨネさん原画な作品だったので買わないわけがない(モニター応募ではあるんですが)

完全イラスト買い(エレガの楽曲も楽しみ)まぁキャラ萌出来れば良いかなー的なノリでプレーしてみた感想は追記から。ネタバレ注意です。
(やっぱ乙女ゲームの感想は畳んだ方が良いかなーなんて考えてます。結構みなさんネタバレに配慮されているのでね・・・)
-- 続きを読む --

Posted on 18:01 [edit]

category: ブロッコリー

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター