FC2ブログ

ひとりあそび

気ままに、読んだ本の感想を中心に綴っています

マリア―ブランデンブルクの真珠/榛名 しおり  

マリア―ブランデンブルクの真珠 (講談社X文庫―ホワイトハート)マリア―ブランデンブルクの真珠 (講談社X文庫―ホワイトハート)
(1996/09)
榛名 しおり

商品詳細を見る

17世紀半ば、現在のドイツ地方は、300の国家が割拠した。その一つハルバーシュタット公国は、若き選定侯率いるブランデンブルクに、まさに落ちようとしている。令嬢の身代わりとして城に残った、宰相の娘マリアは、その夜、父を処刑した選定侯に14歳の体を奪われる。戦乱のヨーロッパを舞台に、愛と生きる道を必死に探る少女。息もつかせぬロマンス。


10月のホワイトハート文庫で新刊が出るので、その前にと手に取ってみました。
さらさ文庫で出た「ロクサリーヌ夜話」も面白かったのもあります。
この作品は10年以上前に出版された作品のようで。内容的にも今の少女レーベルではやれないかな、こんなハードなのはね(苦笑)

ヒロインのマリアが過酷な運命に翻弄され過ぎて、読んでて胸が痛いです。父親を殺した相手に無理やり奪われたり、初恋の相手には色々な意味でボコボコにされたりして少女小説的にギリギリアウトじゃね?となりました。
個人的に精神的にきたのは、マリアが慕っていた公爵令嬢ソニアに「この売体!」と言われたことです、びっくりしました。
何度も辛い目にあい、幸せなれる道があっても最後は選帝侯と生きる道を選んだマリアが女としてとても格好良い。きっとミクエルを選んだほうが幸せに暮らせていけたのかもしれない、けどマリアにとってこれが自分の選んだ道できっとこの結末に満足してるんだろうなぁ。

恋愛というより、家族愛という感じで読んでてじんわりしました。
お互い家族の愛情に飢えていて、少しずつ寄り添っていくのが良かったです。
まぁヒーローに胸毛の描写があってファ!となりましたがw
あとマリア14歳で選帝侯28歳で年の差が・・・(笑)

近いうちにマリア外伝の方も読んでみようと思います。
スポンサーサイト



Posted on 16:27 [edit]

category: Xホワイトハート文庫

tb: 0   cm: 0

ミレニアムの翼~320階の守護者と三人の家出人~ (2)/縞田 理理  

ウィングス文庫って金星特急、姫君返上とか面白い作品が結構あってオススメ
ぜひ一度、手に取ってもらいたいんですが1冊800円近くするのがちょっとな・・・とw
冒険ファンタジー、姫君を返上したい話とかスチームパンクなお話とかがあったりします。

ミレニアムの翼~320階の守護者と三人の家出人~ (2) (ウィングス文庫)ミレニアムの翼~320階の守護者と三人の家出人~ (2) (ウィングス文庫)
(2013/09/07)
縞田 理理

商品詳細を見る

機械いじりの天才ジョニー、暗殺者から身を隠す王女ラモーナ、“田園”出身の青年ナッシュが居着き、サイラスの便利屋兼自宅はすっかり賑やかに。そんな時突然、“発明卿”殺人事件の容疑者としてナッシュが逮捕される。調べによると、ナッシュと同じホイッスラー姓の人間が他にも大量に逮捕されているらしい。逮捕を命じた“発明卿”ジャカード卿にナッシュの無実と釈放を直訴するため、サイラスたちは彼の主催するパーティに忍び込むが!?


みんなサイラスが好き過ぎて和む


無実の罪で投獄されたナッシュのために、奮闘するする姿が良いなー。
この擬似家族仲良くて微笑ましい。
あと今回ジョニーのパパさんが登場してたけど、すごく個性的な方で面白かったですwジョニーも本当は父さんにかまって欲しい系で何か可愛い。あと執事の機械執事のアルフレッドはどこで売ってますか?

王女暗殺事件、発明卿殺人事件、ぜんぶ別々の事件のようで実は繋がってるのかなー。次で完結のようなのでどうやって全てを解決するのか楽しみです。
(今回、犯罪トリックに時空移動とか出てきてちょっと頭がついていけなかったのは内緒)

Posted on 15:59 [edit]

category: ウィングス・ノヴェル

tb: 0   cm: 0

デ・コスタ家の優雅な獣5/喜多 みどり  

最近の個人的にイチオシだったシリーズ完結です。
落ち着いてからまったり読もうかなーという感じだったんだけど、我慢出来ませんでした!!

デ・コスタ家の優雅な獣5 (角川ビーンズ文庫)デ・コスタ家の優雅な獣5 (角川ビーンズ文庫)
(2013/08/31)
喜多 みどり

商品詳細を見る

ノアがデ・コスタ家を裏切った。当主のエミリオも爆弾事件に巻き込まれ、組織は崩壊寸前!ロザベラはノアへの思いを断ち切ろうと、ダリオのプロポーズを受ける。しかしロザベラとダリオの婚約をきっかけに、敵対組織アリスタ・ファミリーとの全面戦争が秘密裏に計画されていて!?「デ・コスタの女」として生きることを決心したロザベラが、家族を守るために取った選択とは!?それぞれの運命が交差する、激動のシリーズ完結巻!


最終巻だからか表紙が爽やか。今までの中二っぽい雰囲気がとても好きだったんだけど、今回の表紙も良いですね。現在のロージーの姿という感じのイラストだと思う。
あと挿絵でのキャラクターの表情がとても良かったですねー、憎しみで表情を歪めてるやつとか最高。

個人的にロージーはとても好きな主人公なんだけど、彼女の求めている理想が今までデ・コスタ家がやってきた事を考えると綺麗ごと過ぎるんじゃ・・・と少しだけ思ったり。
それでももう「良い子」には戻れない、「わたしデ・コスタの女」になっちゃったの、と、人を陥れて勝利を勝ち取る、その喜びを知ってしまったからもう「良い子」戻れないとノアと一緒に行くことを選ばなかったロージーが凛としてて格好良かったなぁ。
自分の手札を使って最後は第三勢力のドンナとして君臨し、結果デ・コスタとアリスタの抗争を阻止できて自分の理想を実現させてしまうんだからロージーはかなり才能があるんだろうな・・・。リカルド、ダリオに取引を持ちかけるロージの「悪女」っぷりにゾクゾクしましたwあとダリオ、ノアをあそこまで夢中にさせるんだからたぶん相当な人タラシ。ノアなんて元から重いのにさらにロージー以外何も見えなくなってそうwあとダリオはちょっと可哀想だったな、あんなにロージ大好きだったのに最後は決別だしなぁ・・。

最後、自由、地位と自分の欲しいものを手に入れて、最後はノアとも結ばれる事が出来たのでハッピーエンドで終ったんですがむしろ本編後のロージーが気になりますね・・・。だってエミリオがまだ生きているし、ロージーとノアの子供が生まれたらまた暗躍しそうで恐いんですがwダリオが阻止してくれそうだけど、エミリオの方が何枚も上手そうだし本当に悪人だからね。
この物語がロージーがウェストエンドで女傑になる物語だったら、きっとここまでが序章だよなぁ。まぁこれ以上進めるとビーンズ的にはNGな展開なのかもしれないけどwうーん、もっと先の話も読んでみたかったです。

このシリーズは主人公がどんどん悪い子になっていくのが新鮮で面白かったし、ブラックな世界観もとても良かったと思います。
喜多さんの作品は自分的に当たりが多い(ブラックシープ、龍の王女とか)ので新作も楽しみにしています。

Posted on 00:50 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

8月のまとめ  

今日から9月とか!
あと1年3ヶ月しかないとか信じられないー

そういえば結局PC直しました。やっぱり愛着のあるPCだったし、データーの移動が面倒だったので・・・。
バックライトの他にも不具合があって修理に少々費用がかかってしまったけど、メーカーに修理にだすよりも断然安くすんだので良かったです。諦めずにネットで格安で修理してくれるところを探して良かった。
画面が前よりすごく明るくて感動。


さて今月は8冊読了。
ひたすらブラコンを読んでた気がします。ブラコンも活字ではありますが、字が少なくイラストが多いので自分の中ではコミック扱い(売り場でもコミックのところにあるし)なので読書メーターには登録しませんでした(メーターは活字だけ登録しているので)



今月は結構TLを電子書籍で読んでみました。読みたいときにすぐ読めるというのはやっぱり良いですよね。あとTLは内容がアレなので自宅で保存は少し気まずいしw
ただhontoだと挿絵が小さいし、kindleは読みたい作品が配信されてなかったりするので少し不便。
そういえばアクセス解析を見てみると、TLの感想を目当てで訪問された方がいるみたいで感動しましたwブログの記事と読書メーターの感想(感想短いですけど・・・ね)が購入の際に少しでも参考になればいいなーと

読書メーターをまとめたのでまた潜りたいと思います(ブクブク

*ブログに拍手を頂いてます!ブログに訪問してくださった方もありがとうございます。
最近は放置気味ですがこれからもよろしくお願いしますねー!


下から読書メーターのまとめです。
-- 続きを読む --

Posted on 01:46 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター