ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

夏空のモノローグ Portable プレー感想  

夏空のモノローグ Portable (通常版)夏空のモノローグ Portable (通常版)
(2013/03/20)
Sony PSP

商品詳細を見る

【終わらない"夏空"、再び――。】

舞台は海にほど近い田舎町、土岐島市。
主人公・小川葵はいつもと同じように過ごしていた。

平凡な風景の中にそびえ立つ、超高層建築物『ツリー』。

30年前に突如現れ、にわかに全国を騒がせたそれも、
今やただ寂れた観光資源に過ぎない。

そんな中、葵の所属していた科学部は廃部が決定。
面々は連れ立って廃部前日である、7月29日。
『ツリー』観測へと赴く。

その日、その時、その瞬間――。

『ツリー』は歌いだし、

――7月29日は、ループを始めた。


もう移植はされないのかなーと諦めてたなかの、つ い に待望の移植!
無印版が発売されたのは2010年(デザキンと同じ年)きっとファンの方たちの草の根運動(オトメイトブログ参照)の結果だよなー。本当に製作者とファンの愛を感じる作品。

今回はネタバレをかなり含む為、記事を念の為に畳んでみる。
追記より感想です。ネタバレ注意!
(個人的にネタバレを一切見ないでプレーする事を推進)
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 16:30 [edit]

category: オトメイト

tb: 0   cm: 0

3月29日  

お久しぶりにこんにちは。最近はゲームをモクモクとプレーしてました。
そのお陰で(?)今月はデザキン、夏空をフルコンプ。両方と割とサクサクなボリュームではあるんですが、基本的にプレー速度の遅いのでやった!という感じです。
待望の移植だった夏空は評判通りシナリオがとても良かった。あとマジ爽やかゲー。今週中には感想をアップしたいなー

で、少しハイペースでプレーしてて_(:3」∠)_な状態の自分に届いてしまった↓

Princess Arthur (プリンセス・アーサー) (通常版)Princess Arthur (プリンセス・アーサー) (通常版)
(2013/03/28)
Sony PSP

商品詳細を見る

普段なら積むところなんですが、今回はモニター応募で手に入れたので早くプレーしなければいけないという・・・(レビュー提出期限があるから)
アーサー王伝説(聖剣、円卓の騎士ぐらい)はまったく知らないんですが、ファミ通レビューでゴールドを獲得したみたいなので色々と期待しています。最近は乙女ゲームも色々と取り上げられることが多くなって嬉しいなーと。
まだ発売したばかりだからか、攻略が上がってないので少々困りつつボチボチプレーしていきたいと思ってます。
今回はライターさん(ガーネット・クレイドルの方)のオススメで攻略してこうかなー

最終回だったアニメアムネシア

(トーマの回だけでも欲しい・・・)
なんだかんだ最終回まで観てしまった。最初はどうかなーと思ったけど、最後まで面白かったです。
最終回はウキョウさんが乙女ゲームの攻略キャラとは思えないほどキテたのが印象に残ってます。
あと最後の終り方が好きですねー。ウキョウルートと見せかけての実は・・・という感じで、最後自分の世界に戻るという流れが面白い。どの世界観の主人公だったのは視聴者の想像にお任せします的なのは上手いなーと思った。最終話のED曲が新しい曲だったのもGJ
アムネシア本来の設定(平行世界とか)にアニメにちゃんと生かされてたし、ゲームプレー済みの方たちにも楽しめる内容だったのではないかな、と。
あとかなりサラッとではあるんだけど全ルートを12話でやりきったよなー。各キャラとの結末を知りたかったら、本編買ってね!という感じですかねw


さて、いよいようたプリ2期のターンがきますね!
今回からはBS11でも放送されてやったー!


*ブログに拍手を頂いてます。ありがとうございます!

Posted on 12:33 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

ブランコ乗りのサン=テグジュペリ/紅玉 いづき  

ブランコ乗りのサン=テグジュペリブランコ乗りのサン=テグジュペリ
(2013/03/01)
紅玉 いづき

商品詳細を見る

20世紀末に突如都市部を襲った天災から数十年後、震災復興のため首都湾岸地域に誘致された大規模なカジノ特区に、客寄せで作られたサーカス団。花形である演目を任されるのは、曲芸学校をトップで卒業したエリートのみ。あまたの少女達の憧れと挫折の果てに、選ばれた人間だけで舞台へと躍り出る、少女サーカス。天才ブランコ乗りである双子の姉・涙海の身代わりに舞台に立つ少女、愛涙。周囲からの嫉妬と羨望、そして重圧の渦に囚われる彼女を、一人の男が変える。「わたし達は、花の命。今だけを、美しくあればいい」。


sari-sariで連載されてた「少女サーカス」が書籍化!1話以降、本誌が有料になってしまって読めてなかったので発売を楽しみにしてた作品。

一見、華やかにみえる舞台だけどその裏では・・・という感じで雰囲気は全体的に暗い感じ。
何人ものライバル達を踏みにじって、手にした花形というポジションは一見羨望の対象だけど、実際はすごいプレシャーで(嫌がらせもあるみたいだし)読んでて胃がキリキリ。

サン=テグジュペリ、カフカ、アンデルセン、チャペックどの役持ちたちもみんな心に暗いものを抱えていて、どこか歪なんだけどその不完全さが美しい。一瞬の輝きの為に、自分の全てを掛けて演技をする姿がとてもまぶしく感じました。自分的に歌姫アンゼルセンの「わたし達は、命を売っているのよ」の一言がとても印象に残っています。この中でのエルは彼女たちが持っていないものを持ってるんだけど、その優しさがどこかサーカスには不似合いだと思うし、自分の体の一部を失っても「サン=テグイジュペリ」であろうとしたルウには敵わないと思う。
最後のエルとルウの結末はどこか対照的に感じました。

綺麗に完結しているんだけど、個人的にシェイクスピアVSアンゼルセンの誇りを掛けた覇権争い編も読みたい・・・。

Posted on 20:12 [edit]

category: 一般

tb: 0   cm: 0

V.T.R./辻村 深月  

V.T.R. (講談社文庫)V.T.R. (講談社文庫)
(2013/02/15)
辻村 深月

商品詳細を見る

辻村深月の長編ミステリーから物語が飛び出した。「スロウハイツ」の住人を受け止め、支えたあの作家。物語に生きる彼らと同じ視線で、チヨダ・コーキのデビュー作を味わおう。『スロウハイツの神様』の世界へようこそ。


文庫化されてたので思わず手に取ってしまいました。
未だに「スロウハイツ」は読んだこと無いんですけどw自分は倉花さん(うたプリのキャラデザイン)のカバーイラストに惹かれて購入したんですよねー。で、読んだら面白かったと(ラノベ風で読みやすかったというのもあるんだけど)

RはTにただ一言「愛している」と伝えたかっただけなのかな、と。誰にも理解されないけど彼女なりの精一杯の愛情表現だったんだと思いました。TにはきっとRという女を一生忘れられないだろうし、Rの願望は叶えられたのかな?R視点は一切ないので彼女が本当に何を考えていたのかはわからないのですが・・・

あと、TとRの友人達との関係は優しいんだけどどこか歪で脆い関係だなーと思いました。どこかみんな現実から目を逸らしているというか・・・・Rの死によってTを含めそれぞれ前を向き動き出したのかもしれない。

扉絵とかはチヨダ・コーキ版になってたり、解説を含め色々とこだわってるなーと。
きっとスロウハイツを読んでたらもっと、おー!!となったのだろうな。
って事で、近いうちにスロウハイツを読んでみようと思います。

Posted on 14:11 [edit]

category: 一般

tb: 0   cm: 0

花神遊戯伝 ひとひら恋せ、闇告げる王 /糸森 環  

花神遊戯伝  ひとひら恋せ、闇告げる王 (角川ビーンズ文庫)花神遊戯伝 ひとひら恋せ、闇告げる王 (角川ビーンズ文庫)
(2013/02/28)
糸森 環

商品詳細を見る

もと女子高生。今は、異世界で“女神の末裔”やってます―女神的存在“緋宮”になった知夏。行方不明の緋剣・佐基を探すため、伊織にお願い(…脅?)して一緒に来てもらうことに。待ち伏せしていた胡汀とワガママ王子・未不嶺も同行するが、市井で知夏はひとりはぐれてしまう。追ってきた未不嶺と朝火とともに、アンダーグラウンドに捕らわれて!?


お、新章に入って面白くなってきたよ!
巻が進むごとに読みやすくなってる気がする。

自分的に今回は知夏の成長が良かったかなー。今までは何となく考えが甘く良い子な感じだったけど、色々な事を知ったり辛い事を経験したせいか考え方が少し緋宮としてしっかりしてきた印象。
新たに帝サイドの人間を緋剣にして、帝の動向を探ろうとしたり少しずる賢くなってきたな、と。


今佐基と先代緋宮の事は解決したけど、緋宮の闇の部分など新たに謎が出てきたので早く続きが読みたいなー
意外と展開が暗い+ハードなので少しハラハラする・・・

Posted on 13:43 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

伯爵令嬢の華麗ならざる結婚事情 〜愛だけじゃたりない!〜 /湊 ようこ  

伯爵令嬢の華麗ならざる結婚事情 〜愛だけじゃたりない!〜 (コバルト文庫)伯爵令嬢の華麗ならざる結婚事情 〜愛だけじゃたりない!〜 (コバルト文庫)
(2013/03/01)
湊 ようこ

商品詳細を見る

アンナは由緒正しい伯爵家のご令嬢。しかし実は、父が遺した借金に追われる日々。ジェラルドは「金で爵位を買った」と言われる男爵家を継いだ青年銀行頭取。しかし実は、国に借金を踏み倒されて銀行は火の車。そんな二人が、現状打破のため良縁を得ようと参加した慰霊祭で知り合った!肩書きを信じた二人は、勢いで王子の前で結婚の約束を交わしてしまったけれど!?―。


デビュー作の氷雪王~が大好きで作家買いしている作家さんです。久しぶりの新作だったのでとても楽しみにしていました!最初はなかなかノリきれなかったんですが、読んでる内に面白くなってきた!

今までの悲恋テイストからガラッと雰囲気が変り、今回はラブコメなお話でした。
お互いお金の為に結婚したけど、実は二人とも債権持ちでした!的なうっかりな感じが面白かったですwヒロインのアンナは身分が高いはずなのに(国王の御落胤)土木工事のアルバイトに行っちゃって結構むきむきなのには笑いました。ちょっと少女小説のヒロインには珍しいタイプなんですが、色々と苦労してきたからか考え方が結構しっかりしているのが良いなと思いました。
今回のカップルは最初はお互いの保身の為に結婚したからか全体的に微糖なんですが、一緒に生活していく内に確かな信頼関係が築かれていってるのが良いなぁと。自分的にお互いに信頼し始める事からはじまる関係も好きなんですよね、絶対信頼の出来るパートナー的な。別に恋からはじまらなくてもいいじゃない。

全体的には明るいお話なんですが、政治面のお話とかはやっぱりしっかりと書いてくれてたので良かったなーと。
個人的には王太子の裏の暗躍は読んでて面白かった。彼はたぶんお腹が真っ黒なタイプだと思うので、これから物語をどう引っ掻き回してくれるのかに期待。
将来的にはジェラルドの経営するステラ銀行は大銀行へと発展するようなので、個人的にはそこまでの道のりもしっかり書いて欲しいなーと。思いっきり続き物だと思うしね!!

Posted on 22:48 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

3月12日  

なんか今月はあんま本を読む気にならん。



先週札幌に行く用事があったので、パシャリ
北海道はなっちゃん押しですよ!!

あ!、AS発売おめでとう。なかなか評判良さげなので期待しときます。
写真

札幌駅北口の掲示板っぽいところに居ました。結構人通りの多いところに貼っていたので、邪魔にならないようにキョドリながら写メって即移動。胸の中では「なっちゃん!なっちゃん!」と興奮してたんですが、傍目からみると真顔でスマフォを構えた変な奴だったはず。ちなみに、なっちゃんの隣にはASのポスター(なんかのコードが付いてた)が貼られてました。
というか主要都市のJRにプリンスたちのポスターが貼られてる状況がすごいよねwブロッコリーさん、儲かってまry

今回ASが発売されてゲーム関係はしばらく出ないよねー(ブロッコリーの新作もあるし)と油断してたら、まさかのMUSIC2の発売ですよ。その手があ っ た か !

Posted on 20:48 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

デザート・キングダム ポータブル プレー感想  

デザート・キングダム ポータブル(通常版)デザート・キングダム ポータブル(通常版)
(2013/02/21)
Sony PSP

商品詳細を見る


魔神王国EVUU(エヴ―)の姫『アスパシア』は15歳のカワイイ少女。
ちょっぴりオシャマでワガママがチャームポイントだとは本人の弁。
そんなオシャマな少女が、ある日突然魔力が使えなくなってしまう。

魔神の王様である父親に尋ねると、その原因──今は亡き母親が実は人間であり、
自分が魔神と人間とのハーフであることを聞かされる。

こうして神さまから人間に成り下がった少女は、人間の世界へGO!
約2ヶ月間の放浪の末、ようやく辿り着いた砂漠の王国『キングダム』。
そこで彼女を待ち受けていたのは、右も左もイケメンだらけのパラダイス。
ではなく、大小さまざまな願望を持った人間たちだった。

アスパシアの目的はこの願いを持った人間たちの願いを叶え、
その見返りとして『魔力』を得ることで魔神に返り咲くこと。
──だがしかし、少女に与えられた時間には限りがあったのだ。

魔神になれなければ、彼女を待つ運命は『人間』になることのみ。
それはつまり、本来彼女がいるべき場所、EVUUへ帰ることができないということであった……。

魔人に戻るためのアスパシアの冒険が今始まる。


\ かってにタイトルの「デザート」をスイーツの方かと思ってたんですが、たぶん砂漠の方だよねー /

無印版が発表された当時、主人公の「がびーん!!」におい(笑)となったので自分は思いっきりスルーしてたんですが、結構評判が良いのでずっとプレーしたいなぁと思っていた作品。移植されなかったらプレーしてたか正直わからないので(我が家のPS2が息してないから)今回のポータブル化は、夏空と合わせてありがたい。
てか無印版は2010年発売だったんですねー、(乙女ゲーム的には)結構前の作品だな。

下から、かーるくプレー感想↓ 一様、ネタバレ注意 

☆総評8点
(10点満点中)

ギャグ色が強い作品ではあるんだけど、「人間にとっての魔神の存在とは」などテーマがかなりしっかりしてた印象。どのルートでもそのテーマがぶれる事がなく、最終的に主人公が自分の答えを見つけて前に進んでいくというのがとても良かったです。可愛らしい絵柄+ギャグゲーなのにやりおるな・・・!
このゲーム、どの攻略者を選んでもキングダムの歴史(セラが王位について、教団が消滅)が変らないのが面白いですよね。主人公の神としての力が無くても人間は自分達の力で未来を掴み取ることが出来るという事なのかな。

結構、演出が凝っててプレーしてて面白かったですね。あと主人公の顔グラのバリエーションもかなり多いのではないかな?たまに枠からはみ出して、ウンパラをパンチ(たまにケリ)したのには笑いました。
今回モブたちに顔グラが無かったんですが、主人公のアスパシアは人類に興味がないから人間の顔を認識出来ていないという演出とかにおおー凝ってるなーとなりました。自分的に全ルートをコンプしたあとの攻略キャラのスチルが出る→コンプ達成のスチルが出てきて完結という流れがとても良かった。

ボリュームは結構少なめじゃないかなーと。プレーが早い人なら本当に2,3日でコンプしちゃうのではないかと(自分は1週間。ちなみにプレー速度は遅め)糖度の方も結構微糖。移植にあたってスチル追加や後日談が追加されたようだけどそれでもちょっとボリューム不足かなぁ。まぁサクサク進めるは良いのですが。
ルーレットを回すミニゲームがあるけど、SYKとかに比べたら全然楽。特に邪魔にならないレベル
あとはスチルも綺麗だし(若干今の絵柄とは違うかな?という感じ。少しキャラが幼いかな)、追加要素の分もあってかスチル数も結構多めじゃないかなー。グラフィックは安定のオトメイトでした。ただ「セラといっしょ」のコンテンツが良く分からなかったw普通に後日談のSSとかでも良いのよ・・・


自分的にこの攻略順がオススメ
(今回自分もこの攻略順でプレーしています)
セラ→シャロン→ヴィ→レジェッタ→イシュマール→ウンバラ
(BADEND、その他のENDも途中で回収してます)
一部攻略制限が付いてるのですが、この流れでいくのがストーリ的に綺麗かな、と。
自分的にメインヒーロなはずのセラのルートがちょっと物足りなかったのが残念かな。いつの間にかハッピーエンドじゃんw的な(セラルートで明かされなかった舞台裏はシャロンルートで明かされてるような気がする)あとヒーローあんま活躍してないよお!個人的にヴィのGOODENDが綺麗で好きです。あとイシュマールの中の人の演技がとてもキャラに合ってたと思う。シャロンの中の人はデザキンではじめましてだったんですが、とても良い声だなーと。
というか、このゲームまじウンパラゲー(たぶん真相ルート。デザキンの世界観は色々な結末が存在する平行世界なそうで、ウンバラはすべてのルートの記憶を持っている)オリオンばりにいつでも一緒!姫さま大好き!なところがとてもツボ。望んではいけない事を願ってしまい中々切ない話だったけど、最後のさいごで願いが叶って良かったね!とじーんとしてしまいまいた。他のルートのウンバラを思うとブワッ

あと個人的に主人公のアパスシアがとても良かったな!性格が真っ直ぐで自分を偽らないところがとても好きです。あと自分が悪い事を言ったと思ったら素直に謝るところも良いな。もちろんツッコミが鋭いところもw
物語序盤では人類(人間)を見下しているんすが、奉仕活動などや人間の生活を見たり、実際に人と接する事で主人公自身の考えが良いほうに変わっていくのも良かった。
ビジュアルももちろん可愛いくてGJ(パッケージイラストのアスパシアの可愛さは尋常じゃない)
と、自分はヒロインの個性が強いほど喜んでしまうので問題は無いのですが、歴代オトメイトヒロインの中でもかなり個性が強い子なので注意が必要かも。
今回はデフォルトネームの「アスパシア」でプレーしても名前を呼んでもらえなかったのは少し残念。今でこそデフォルト呼びが付いているオトメイトですが、まぁ結構前の作品だから仕方がない。まぁアスパシア並みの個性的主人公なら名前固定でも問題なかったんじゃないかとも思いますが


余談ですが実は世界観がアムネシア(製作チームが一部同じ)とリンクしてるそうなので(オリオンの存在、神とか。トーマルートではパロディとして出てくるらしい)その内色々ネタを探してみたいなー。
デザキンをアムネより先にプレーしてたら、ネタにもふもふ出来たと思うのでそこが少し無念。

ストーリーもしっかりしててこの本編で綺麗に完結してるし、色々と演出も凝ったりしてるしで、個人的に良作だなーと。デザキンはもっと評価されるべきだと思うんだ・・・。

Posted on 14:08 [edit]

category: オトメイト

tb: 0   cm: 0

3月3日  

どうも、こんにちは。
最近はついに風邪と過労のコンボでぶっ倒れたりしてました。
なんか今回倒れて、転職した方が良いんではないかと思ったり。色々悩んでます
ただ自分は田舎住まいなのに諸事情で車の免許が無かったりするので、なかなか次の仕事も見つけづらい。そしてもう割りと長く働いてるので辞めづらい。ただそのまま今のところにいると、そのまま仕事中心の生活になってしまうのが辛いんだよなーと。そんな感じで悶々としています。

で、今日はひな祭りなんですねー。昔はお雛様を飾ったりしてた記憶がありますが、最近はスルーする事が多いです。お母さん、お雛様出すの面倒なんだってさー。
そんなことより昨日から北海道は天気が大荒れだったので、その影響の方が気がかりですよ・・・。


ここ最近、やたら雑誌を買ってます。
自分の読む雑誌は結構マニアックだったりするのでもっぱら通販なのさ



・秋号は買い忘れてたんですが、「皆川博子」さんの特集号だったので慌てて購入。最近発売された、「開かせていただき光栄です」と「双頭のバビロン」が中心になっているインタビュー内容でした。あと今まで出された本のラインナップがあらすじと共に載ってたのが嬉しかったな。皆川先生の本は今少しずつ揃えているんですが、入手困難な物が多いんですよねー。ひとまず自分はドイツ物から揃えてます。あと今月発売の短編集も楽しみ。皆川先生が80代だと知ってびっくり!すごい元気な方だなー!
冬号は作家さんのインタビューとかが載るのですかさずチェックしてます。あとはビーンズ文庫のシュガーアップルシリーズの三川みりさんのインタビューが良かったです。かつくらを読むとこれも読みたいなー的な本が増えて困る。
・今まで買ったことがない「ミステリマガジン」高殿円さんの白百合ホームズ(扉絵が雪広うたこさん)を読むためだけに購入。自分的に高殿さんのホームズを読めただけで満足なんですが、シャーロックを目当てに買ったらちょっとアレじゃないかな・・と(何せ少ししか特集載ってないしw)白百合ホームズの同人誌(今回掲載された話の後日談)も面白かったからぜひ1冊にまとめて早川さん!
というか白百合ホームズのお陰で、ホームズが色々気になってきた・・・。あとシャーロックも面白いの?状態に
・まさかの薄桜鬼のるるぶが出たよ!!自分の予想以上に人気あるんだな・・・と。たぶん表紙はヨネさんではない(けど個人的に違和感がない)一様、自分は黎明録までコンプしてます、薄桜鬼
ゲーム内のスチルも載っていて、このイベントはこの辺で起こったよー的に観光地を紹介しているのでファンには嬉しい仕様かも。てか普通に良く出来ていると思うよ、このるるぶ。ファンにはオススメな一冊
自分的には函館が一番なじみの深い(自分の地元からは別に近くはないんですけど)場所で、新撰組を抜きにしても良いところなのでオススメです。函館は新撰組というか、土方副長押しな気もしますが五稜郭に行くとやっぱりグッとくるものがあります。桜の時期にいくとさらにじーんときます。五稜郭タワーに副長の(銅像が)いらっしゃるので、「おい!てめぇら」(CV三木氏)と勝手に心の中で再生するのはもはやお約束。あと「箱館奉行所」も再建されたばっかりなのでぜひご一緒に。
るるぶ読んで、薄桜鬼をすごくプレーしたくなる(が手元にない)
自分もるるぶ持って旅行に行き隊士。

と、長くなったのでこの辺で


*記事に拍手頂いてます!ありがとうございます、励みになってます!

Posted on 16:28 [edit]

category: 雑記

tb: 0   cm: 0

2月のまとめ  

あれ・・・、今日は2月29日じゃないんですか。
もう2013年は2ヶ月終了デスカ。もう少し私生活を頑張りたいなぁ・・・・と思う今日この頃です
なかなか上手くいかなくて、もやもやする日々。フゥー


2月はひたすらもくもく本を読んだ気がする




今月は17冊も読んだそうで!自分でもビックリ
自分的に豊作だったかなぁーと。

で、今月創刊だったソーニャ文庫(TL)を何冊か買ってみました



ブラックな展開でどっちかというとBADよりな結末だったのがTL(というか少女小説では)で物珍しくて面白かったな!このまま独自な路線で行って欲しい。というか文華さん来ないかな、期待!


さて、下から読書メーターのまとめです。



-- 続きを読む --

Posted on 19:48 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。