FC2ブログ

ひとりあそび

気ままに、読んだ本の感想を中心に綴っています

独創短編シリーズ 野﨑まど劇場/野﨑まど  

独創短編シリーズ 野﨑まど劇場 (電撃文庫)独創短編シリーズ 野﨑まど劇場 (電撃文庫)
(2012/11/09)
野崎まど

商品詳細を見る


「電撃文庫MAGAZINE」で好評連載中のユニークすぎる短編が文庫化。死体を探しに行く検死官、対局にペットを連れてくるプロ棋士、勇者を何とかしたい魔王、若頭、サンダーファルコン、ビームサーベル、ライオン、うげげげと喋る牛、電撃文庫の妖精等、変態的(?)な登場人物たちが繰り広げる抱腹絶倒の物語の数々。


日参させて頂いてるサイトで紹介されているのをみて興味を持ち、手にとってみました。
こんな自由なラノベはみたことないw(誉めてます)
裏表紙のところをみたら、あらすじではなく「裏表師」という短編だったのには笑いましたw(というか、あとがきも遊んでましたしね)

ボツ作品を含め、かなりの数の作品が収録されているのですが1つ、1つが短い為かサクッと読めました。この作者さんの世界観は独特で、どの話もそれぞれ違った雰囲気のお話で面白かった!
ひたすらシュールな話なのも多いのですが、最後のさいごで結構「あれ?バットエンドか・・・?」というのもあったので普段は、良い青春物からの最後は・・・・的な作風の方なのでしようか。
自分的には、『土の声』、『バスジャック』、『魔王』、『デザインベイベ』(りぼんネタがツボ)、『奇烈、ラーメン戦争』(一番好き。声出して笑った)、『TP対称性の乱れ』、『おりがみパーク』(まさかのカバー裏w美脚後鳥羽院)がお気に入りです。


この作者さんは普段メディアワーク文庫で活躍されている方なんですね。この短編集も面白かったし、 野﨑まど作品を色々読み漁ってみようと思います。
スポンサーサイト



Posted on 17:17 [edit]

category: 少年向けライトノベル

tb: 0   cm: 0

月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ! /氷室 冴子  

月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ! (コバルト文庫)月の輝く夜に/ざ・ちぇんじ! (コバルト文庫)
(2012/08/31)
氷室 冴子

商品詳細を見る

十七歳の貴志子は、親子ほどに歳が違う恋人の有実から、彼の娘の晃子を預かってほしいと頼まれた。晃子は十五歳。気が進まなかった貴志子だが…?表題作『月の輝く夜に』のほか、同じく文庫未収録作品『少女小説家を殺せ!』『クララ白書番外編 お姉さまたちの日々』を収録。そして文庫・単行本で134万部を記録した不朽の名作『ざ・ちぇんじ!』上下巻を併せた、氷室冴子ファン必読の一冊。


ちょっと文章に時代を感じたけど(冗談はよしのすけ!とか 笑)、面白い物は何年たっても面白いんだなぁ。
収録されてる作品の初出は自分の生まれる前に発売されてるんだから、すごいよねーと。

表題の『月の輝く夜に』は意外と短いお話で、ジャパネスクとざ・ちぇんじ!とはまた違った大人の雰囲気の作品という感じででした。誰の思いも報われないんだけど、それがまた切なくて印象深かったです。
『ざ・ちぇんじ!』は月の~とはまた違った明るい雰囲気で面白かったです!最後の綺羅姉妹のざ・ちぇんじ!っぷりはお見事!となりました。綺羅姉妹に振り回された(?)帝や宰相中将はちょっと可哀そうだったけど、まぁ最後はそれぞれキレイにまとまったので良いかw

他にも『少女小説家を殺せ!』(彩子センセーが強烈w)『クララ白書番外編 お姉さまたちの日々』(女学校の裏の権力者とか面白いんだけど!やっぱり女子高物は好きだなー)が収録されていて、とてもボリューミーで読み応えがある短編集でした。
自分的にクララ白書が面白かったので、読んでみたいなーと思ったら絶版かつプレミア価格ェ・・・・
これを機に昔の名作を新装版で出しませんかね、コバルトさん(チラッ

Posted on 18:17 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

11月のまとめ  

2012年も終ってしまう!!
今月はぎり10冊読みました。最近はゲームを崩す事を中心としてるのでなかなか本が読めません。
最近は前のように本をごっそり買わなくなったなぁ。新作も様子見するし
もうそろそろ、今年の面白かった本を選びはじめるかな・・・。



今月のお気に入りは3冊でした。首姫とデ・コスタは自分的に少女小説でイチオシなシリーズ。入間さんの新作はまじ表紙詐欺、好きだけど。

そういえばホワイトハート文庫はいつの間にかTL系も混ぜるようになったんですね。もうホワイトハートはごった煮状態(BLも昔からラインナップ入りしてるし)昔は十二国記や榛名しおりさん(マリア-ブランデンブルクの真珠)とか色々、硬派な少女小説を出していたレーベルなのに、どうしてこうなった!まぁ老舗のコバルトも最近は際どい描写の本も普通に本誌に載せたりしてるから、時代か・・・・

さて、追記から読書メーターのまとめです。

-- 続きを読む --

Posted on 21:24 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター