FC2ブログ

ひとりあそび

気ままに、読んだ本の感想を中心に綴っています

カーリー 1.黄金の尖塔の国とあひると小公女/高殿 円  

カーリー <1.黄金の尖塔の国とあひると小公女> (講談社文庫)カーリー <1.黄金の尖塔の国とあひると小公女> (講談社文庫)
(2012/10/16)
高殿 円

商品詳細を見る

<第二次世界大戦前夜、故郷ロンドンを離れ、英国統治下のインドへと渡った14歳のシャーロット。駐在英国人の子女が通うオルガ女学院の寄宿舎で出会ったのは、神秘的な少女・カーリーガードと、個性豊かな仲間たちだった。激動の時代を懸命に生きる少女たちの姿を描き、熱狂的なファンを生んだシリーズ第一作。


お、面白い!自分にストライク。世界名作劇場風な雰囲気がとても良いです。
もともとファミ通文庫で出てたのを、講談社文庫で出直し+続きも出るよ!と言うことなのでマジ胸が熱い
ふわふわな女学校物かと思ったら、意外とハードで良い意味で裏切られました。
短編はとある女学園の日常という感じで面白かったです。


基本、シャーロットが過去を振り返る感じに進むんですね。こうゆうの好きなんですよねー
遠い異国の地で、楽しいだけではないけど、大切な人や新たな友人が出来たり、周りの影響で「知る」と言うことを知ったり、確かに充実した学園生活を送り始めたシャーロットだったけど、世の中は第二次世界大戦の足音が聞こえ始めていて・・・・。この戦争はシャーロットや、カーリーたちにどのような影響を与えていくんだろう・・・。戦争が始まってじまうと、それぞれただの仲良しじゃいられないよね、きっと。
それぞれ、シャーロット(英)、カーリー(印)、ミチル(日)、ヘンリエッタ(ユダヤ人)で国や人種で考えると敵同士だったりするしね。これからオルガ女学院もただの女の子の箱庭という訳にはいかないよね。
あとカーリーの正体は読み手にはあっさり判明してしまったけど、シャーロットが知った時彼女はどうするのかな。
自分的に今はただの女の子なシャーロットがこれからどう成長して行くのか期待。

最後はハッピーエンドじゃないかもしれないけど、シャーロットたちがどのようにこの激動の時代を自分らしく生きていくのか楽しみです。
早く続きが読みたいなー!
スポンサーサイト



Posted on 15:01 [edit]

category: 一般

tb: 0   cm: 0

身代わり歌姫の憂鬱 /深山 くのえ  

身代わり歌姫の憂鬱 (ルルル文庫)身代わり歌姫の憂鬱 (ルルル文庫)
(2012/10/26)
深山 くのえ

商品詳細を見る

時は四代国帝の治世、安寧の世。
歌が得意な宮妓の銀花は、何故か足繁く教坊に入り浸る皇太子・叡季と、顔を合わせればケンカばかり。
いつもイライラさせられて、でもそれが楽しみなようでもあり…
しかしある日、王宮で皇太子妃選びが始まり、銀花はお妃候補の令嬢がたの宴会に駆り出される。
そこで、最有力候補のお嬢様からとんでもない「依頼」をされて…!?


サカノさんのイラストはやっぱり華やかで良いな~
舞姫シリーズ、初代カップルの孫世代のお話。愛鈴は舞姫だったけど、今回は歌姫なようで。
深山ヒロイン=大人しいイメージなので、今回の主人公銀花は気が強くて新鮮でした。
この銀花と叡季のケンカップルっぷりが良いです。どっちもなかなか素直になれないってのがね(ニヤニヤ
あと主人公に求婚が来ないように、裏で手を回していた皇太子様には笑いましたw

安定の深山作品で面白かったんですが、いかんせん王道過ぎるのか展開が読めてしまうのは残念でした。仮にも銀花は庶民だし、もうちょっと皇太子妃になるまでになにか周りの貴族に反対されて・・・なエピソードがあれば良かったのに・・・・と思ったけど、二代続けて庶民の妃らしいからそこら辺はゆるいのかなこの国。
あと悪役がとても小物でしたw読みきりだからか、少し物足りなく感じたかな。

今まで恋歌は苦手で、叡季に下手だと言われ続けていた銀花だけど、叡季に対する気持ちを自覚して彼の為に歌っい、それを聴いた叡季の「好きだって言え。・・・・あの歌は、俺のために歌ったんだって言えよ」のセリフにきゅん(笑)としました。笑とかつけましたが、このシーンがとても好きです。


最近短編ばかりなので(ルルル全体にいえる事ですけど)もうそろそろ長編が読みたいなー

Posted on 14:07 [edit]

category: ルルル文庫

tb: 0   cm: 0

おこぼれ姫と円卓の騎士 少年の選択/石田リンネ  

おこぼれ姫と円卓の騎士 少年の選択 (ビーズログ文庫)おこぼれ姫と円卓の騎士 少年の選択 (ビーズログ文庫)
(2012/10/15)
石田リンネ

商品詳細を見る

三カ国で領土争いをしているグラン山が燃えた―。次期女王たる自分にしかできないことをするため、レティは騎士のアストリッドを連れて王城へ戻る。ところが、大規模な支援をもぎ取ったレティに魔の手が!グラン山に戻る道中、罠にかけられたレティは、アストリッドとともに渓谷に転落。グラン山で指揮官を任されていたデュークはその報を聞き…!?


相変わらずレティさん男前・・・!あとマジ人たらしでした。

今回はグラン山の件で奔走しているレティが陰謀にはめられて、アスリッドと遭難してしまうの巻。
予期せぬ事態が起こっても、まず冷静になって自分の出来る事をする姿が相変わらず格好良いです!
あとそれぞれの「騎士王」の生まれ変わりがかそれぞれ活躍してて面白かった!特に今回は「銃声王」が良い味だしてました。あと獅子王が何かちゃんと年長者(?)っぽかったですw普通に獅子王、内政王、隻湾王それぞれの物語を読みたい・・・・


今回、デュークがレティに対して恋愛方面で自覚したようなので(アスリッドの前では演技で余裕ぶってる先輩ェ)、そこら辺も色々楽しみ。あと、やっとナイツオブラウンドの第3席の騎士となったアストリッドの活躍にも期待。あ、ノーゼルツ公爵もガンバッテー!
次はキルフ帝国の第4王子亡命のエピソードかな?楽しみです。
最近、お兄ちゃんS成分が足りないような気がする・・・・。

Posted on 12:16 [edit]

category: B's LOG/アリス文庫

tb: 0   cm: 0

花神遊戯伝 よろしく響け、この異世界/糸森 環  

花神遊戯伝    よろしく響け、この異世界 (角川ビーンズ文庫)花神遊戯伝 よろしく響け、この異世界 (角川ビーンズ文庫)
(2012/09/29)
糸森 環

商品詳細を見る

どこにでもいる、ごく普通の女子高生だった。昨日までは―異世界で、緋宮と呼ばれる女神的な存在に祭り上げられた知夏。だけど身元不明で威厳ゼロの知夏を神巫たちは認めない。緋宮を護る緋剣たち、慇懃無礼な冷徹青年・朝火と、癒し系美女・佐基の力を借りて神事を行おうとするが、知夏を待っていたのは汚された無人の斎道だった!?「俺の『緋宮』がただ泣きわめくだけの無能など、許せるか」スパルタ緋剣登場の第二の試練。


椰真ちゃんが癒し・・・!
やっぱり少し文章が読みづらいんですが、自分は好き。面白いです。
異世界トリップ系って最近、見かけないので新鮮。主人公の知夏は普通の女子高生過ぎるのも良いのかも(最近、主人公といえば(乙女ゲームでも)割とハイスペックな気がするし)ちょっとアホの子なのは気になりますがw

緋宮になったのは良いけど、見事周りにフルボッコに。しかも早々、自分の緋剣に裏切られるし、もう一人の緋剣は『緋宮』の地位に執着し過ぎてて恐い・・・、仲間には毒を盛られたりなど、かなり過酷・・・。なんて優しくない世界!
それでも自分なりに『緋宮』として、自分の理想を実現させる為に、少しずつ前に進みはじめたので色々頑張って欲しいところ。同時に、まだまだ甘い主人公の成長にも期待。

てか相変わらず、暴君こと胡汀がなぜ知夏に執着してるか分からないんですが・・・・。その内明かされるんだろうか・・・?というか自分は魔王様派なんです、すみません(?)

さて新刊は割とすぐ発売のようですね!楽しみです。

Posted on 13:35 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

英国マザーグース物語 哀しみのロイヤル・ウエディング /久賀 理世  

英国マザーグース物語 哀しみのロイヤル・ウエディング (英国マザーグース物語シリーズ) (コバルト文庫)英国マザーグース物語 哀しみのロイヤル・ウエディング (英国マザーグース物語シリーズ) (コバルト文庫)
(2012/09/29)
久賀 理世

商品詳細を見る

19世紀末、ロンドン。殺人床屋に関する有名な都市伝説を記事にすることになったセシル。取材を続けるうち、床屋は実在するのではという疑惑を抱いて…!?また、アッシュフォード家に一大イベントが訪れた。皇太子妃のアレクサンドラからお茶会に招かれたのだ!あたたかい人柄と、絶世の美貌に恵まれた皇太子妃。だが、彼女の結婚生活は決して幸せではないことを知ってしまったセシルは…。


パイが美味しそう・・・。
19世紀末のイギリスの雰囲気がとても好き。なんちゃってイギリスではなく、当時の時代背景などを積極的に取り入れてるそうなのでそこが良いのかな。

相変わらず、セシルとジュリアンが良いコンビ。ジュリアンの好意はダダモレなんだけど、セシルも今回ジュリアンを異性としてだいぶ意識し始めましたね!というか、いつ頃「婚約者=ジュリアン」ってバレるのかな・・・?まさか最後までバレないとかはないよね(だってバレエピソードで1冊になりそうw)

あとアッシュフォード四兄弟の次兄ジェフリーと末っ子サミュエル(ライト兄弟でもモデルにしてるのかな?w)が良い味だしてました。次兄の奇天烈な夢は実は家族の為でちょっと感動。この兄弟、仲良し過ぎる。
新たに出来たセシルの女友達たちのアメリア、ソフィも良い子たちで良いです。だんだん打ち解けていって、なんでも話せる仲になってるようで何より。

今回「哀しみのロイヤル・ウエディング 」という事で、皇太子妃やルイーゼたちのあまり幸福とは言えなかった結婚の話は切なかった。特にルイーゼの方の話は重い、重い。
あとルイーゼを自分の死んだ母親に重ねてみてしまったりするセシルは、色々心に抱えてるなーと。あともっと自分に自信を持ってるようになって欲しいなぁ。

いよいよ、黒幕(というか、王家がこの事件に絡んでる・・・?)がセシルに接近してきたので敵との前面対決も近いのかな。続きも楽しみです!

Posted on 13:08 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

身代わり伯爵の婚前旅行 III ひみつの誕生日大作戦/清家 未森  

身代わり伯爵の婚前旅行    III ひみつの誕生日大作戦 (角川ビーンズ文庫)身代わり伯爵の婚前旅行 III ひみつの誕生日大作戦 (角川ビーンズ文庫)
(2012/09/29)
清家 未森

商品詳細を見る

アルテマリスに里帰り中のミレーユは、リヒャルトへの誕生日プレゼントが決まらず、皆に相談してまわる事に。ジークは「身体にリボンを巻けばいい」と言うし、他にも珍回答が続出!そんな中セシリア様の縁談騒動が起きたり、ジャックがママに恋したりと、皆の恋愛事情に振り回されっぱなし!そのうえミレーユは消えた国宝の場所まで知ってしまい!?


余談ですが、ママのパパに対するあの態度は照れ隠しだと思います。たぶん、ジュリアはツンデレなんだよ!

相変わらず、ミレーユとリヒャルトは安定のイチャつきっぷりでした。普段からミレーユの事が可愛くて仕方が無い殿下は例の誕生日プレゼントを贈られた時にはどうなってしまうんだろう・・・ニヤニヤ

ミレーユも前回の失敗を反省しつつも、次期大公妃として自分なりに頑張る姿が良かったです。
前向きなのは良いこと!
というか、フィデリオはミレーユ=ミシェルと気づくんだろうか。その内、ミレーユの事を好きになりそうだよね・・・彼。ミレーユも彼の事情を知ってちょっとほだされてたし。

今回、ミレーユピンチ!のところで終わってしまったので早く続きが読みたいです。次の新刊は1月刊なのようで、年末には読めそうだな。
宝石盗難の黒幕も明かされ、シュバイツ王家(あんなに性格に難ありなんだから、父親が大公位を継がせたくないのも当たり前か・・・)が暗躍してる中、リヒャルトは大公としてどう行動していくのだろう。

と、いうかイルの正体はやっぱり行方異不明なシュバイツ王太子なんだろうか?

Posted on 10:42 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

風の海 迷宮の岸 十二国記/小野 不由美  

風の海 迷宮の岸  十二国記 (新潮文庫)風の海 迷宮の岸 十二国記 (新潮文庫)
(2012/09/28)
小野 不由美

商品詳細を見る

天啓にしたがい王を選び仕える神獣・麒麟。蓬莱国で人間として育った幼い麒麟・泰麒には王を選ぶ自信も本性を顕わす転変の術もなく、葛藤の日々を過ごしていた。やがて十二国の中央、蓬山をのぼる人々の中から戴国の王を選ばなくてはならない日が近づいてきたが―。


新装版、第3弾。上下巻が1冊になって帰ってきました(ホワイトハート版はなんで上下巻だったんだろう。絶対1冊にまとまる厚さだったのに)
「魔性の子」の高里要がいわゆる神隠しあった時の話。彼の神隠しの真相が明かされるエピソードでしようか。

なんたって泰麒が可愛い・・・・!なんであんなに素直で愛らしいんやー
汕子や女仙達がメロメロになってしまうのもしょうがない・・・。可愛いは正義ですね。
景麒も泰麒と接する事によって少しやわらかい雰囲気になるのも良かったです。その変化が、景王の失道につながってしまったのは皮肉な話ですが・・・・。

人として育ったせいか、中々麒麟としての役割が理解出来なくて葛藤しながらも王を選び台輔として前に進んだ泰麒だったけど、泰麒を待ち構えているのが過酷な運命だと思うと色々辛いです。この後の戴国はどうなってしまうんだろう。

Posted on 13:57 [edit]

category: 一般

tb: 0   cm: 0

わたしの嫌いなお兄様/松田 志乃ぶ  

わたしの嫌いなお兄様 (コバルト文庫)わたしの嫌いなお兄様 (コバルト文庫)
(2012/09/29)
松田 志乃ぶ

商品詳細を見る

士族・橋本家のおてんば娘、有栖は怒っていた。ある日突然、縁談を決められてしまったからだ!相手は年上の従兄、春日要―。富豪の両親のもと、何不自由なく育った要は、知的で優しい美貌とは裏腹に、悪戯好きでキザ、おまけに素人探偵気取り…と大変な問題児!どうやら、彼との(強引な)縁談には、ある人形の紛失事件が絡んでいるらしく…!?レトロモダンなロマンティックミステリー。


やっぱり大正物は良いですね!ハイカラな雰囲気がとても好きです。
ちゃんと物語に大正の要素が入れられてて(少女小説ブームとか)良かった。

コバルト本誌に掲載された短編を文庫化で、1話読みきり形式なのが3つ収録されています(1つは書き下ろし)
本誌読んだときにとてもツボだったので、文庫化は嬉しい!

有栖と要お兄様の掛け合いがとても面白かったです。要お兄様の方が一枚も、二枚も上手なので良い感じに有栖が踊らされてる感じがツボでしたw
主人公の有栖は、お兄様の事は好きなんだけど素直になれなくてツンツンしてしまうのが可愛かったなぁー。あとおてんば娘で、元気っ子なのも良かった。
お兄様こと要は有栖に対して「マイ・エンゼル」やら「僕のお姫様」とかキザなセリフをささやきまくってたので、本当にごちそうさまでした。
一様ミステリ要素もありますが、そこら辺はオマケ程度かなーと。あくまでもキャラの掛け合いがメインだよ、的なね。


今回で綺麗に纏ってはいるのですが、また続きを読みたいなー。次は「婚約者に振り回されるの巻」でw

Posted on 11:12 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

9月のまとめ  

あら、やだもう10月///
今年は北海道も残暑が厳しくて大変でした・・・。8月より暑いとかなんだったんだろう。
あと、9月から10月までの短期の仕事を増やしたので毎日ヘロヘロ。頑張れ、あと1ヶ月だ。


今月の読了は11冊。前半は結構もりもり読んでたんだけど、後半からは乙女ゲーばかりプレーしてた(その割には1本もコンプしてないな!今月は)ので思ったほど読めてなかった感じ。最低でもやっぱり10冊以上はキープしたい。



今月のお気に入りは4本。4冊中3冊はTL系というちょっと珍しい感じ。というか、今月はTL系レーベルが少し多めでした(絵買いとかしてみた)。
丸木さんの作品はほの暗い感じで(少し江戸川乱歩系な?)ガッツリBADな話なんだけど、面白かった。8月10日の新作は胸にじんわりくるお話でした。アレなシーンもアッサリめなので(今のコバルトで出しても無問題だと思う)普通にオススメ。おこぼれ姫~は愛人王街道まっしぐらなレティさんなのでした。

ついに幻狼ファンタジアも(たぶん)終了流れに。自分は本宮さんの「迷宮シリーズ」、栗原さんの「世界画廊シリーズ」が好きでした。f-Clanも休刊してしまったし、色々世知辛い。最近はこんな独自のレーベルカラーは受けないのかなー
今月から「翼の帰る処」は新装版で出しなおすそう。ちょっと値上げされてしまうんだけど、新たに短編も収録されるみたいだしその内買いなおそう。


さて、追記から読書メーターのまとめ
-- 続きを読む --

Posted on 11:01 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター