FC2ブログ

ひとりあそび

気ままに、読んだ本の感想を中心に綴っています

夢の宮 ~王の苑囿~/今野 緒雪  

夢の宮 〜王の苑囿〜 (夢の宮シリーズ) (コバルト文庫)夢の宮 〜王の苑囿〜 (夢の宮シリーズ) (コバルト文庫)
(2012/08/01)
今野 緒雪

商品詳細を見る

七歳の春、翔志は初めて鸞城に入った。しかし、それは家族との別れを意味するもので…。そうとは知らず『夢の宮』に案内された翔志は、四人の少年と対面する。彼らは、帰ろうとする翔志に「帰れない」と言い、「我々は、王への供物なのだ」と言う。事情もわからぬまま『夢の宮』での生活を強いられることになった翔志はある日、新たに仲間となりともに勉強するという少女・麗婀に恋をして…。


新装版かと思ったら新刊だった!
古き良き少女小説という感じで好きなシリーズ。

少年の成長物語りと言う感じで面白かったです。あと夢の宮がマジ寄宿学校でした。
登場人物も王様含めてみんな良い人で、とても平和そうだなーと

自分的に鸞王家の家系図がややこしくて、お、おう・・・となったり(という事で、あまり深く考えないで読む事にしましたw)
あと最後のさいごに王子が良い男ぶりを発揮していてなんか読んでて切なかったです。自分的には狗正王子と麗婀の物語が良かったかなぁーなんて(コソッ
翔志と麗婀の恋はなんか純愛な感じはしなかったかな、何と言うか巫女(宣託)の力によってくっ付けさせられたという感じがしたので。


これからも、新装版と新刊を交互にちょこちょこ出して欲しいなぁー。
スポンサーサイト



Posted on 11:42 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と虹の後継者/三川 みり  

シュガーアップル・フェアリーテイル  銀砂糖師と虹の後継者 (角川ビーンズ文庫)シュガーアップル・フェアリーテイル 銀砂糖師と虹の後継者 (角川ビーンズ文庫)
(2012/07/31)
三川 みり

商品詳細を見る

俺様はハイランドで一番幸せな妖精だぞ…だから、泣くなよ」銀砂糖妖精を育てるため、妖精の選定がはじまった。銀砂糖師アンは彼らの素質を見極めようとするけれど、片翼を取り上げられた妖精たちは人間を信じない。計画は中止寸前まで追い込まれ、アンたちは窮地に立たされる。その一方、ミスリルの様子もおかしい。アンとシャルは問い詰めるが、ミスリルはとぼける一方で!?友として職人として、覚悟が問われる第九弾。


ミスリルーーー!

うーん、やっぱり人間と妖精の溝が深い・・・・。
そんな彼らに対して、アン達が誠意的に向き合う姿と妖精の未来の為に奮闘する姿がとても良かったです。
そんなアン達だからこそ、シャル・ミスリル・ベンジャミン・ノアも味方で居てくれてるんだよね。
この計画が妖精たちの新しい自由な未来の第一歩だと良いなぁ。

今回シャルがやっと恋愛に対して本気になった!もう9巻ですよ(笑)
「おまえが愛しい」→「おまえがかかし」と聴き間違えたアンに笑いましたがw
さて次回からどう攻めてくるかな・・・・あとキースもどうくるか。

あと、ミスリルの寿命が近づいて消えそうになってしまってるけど、自分的には最後までミスリルもアンと一緒に居て欲しい。やっぱりアン・シャル・ミスリルは3人一緒じゃないと・・・・。3人で砂糖林檎の木の近くに家を建てて住むという夢を叶えて欲しいなぁ。

次から新章という事で、次はミスリルが中心の話になるのかな?続きも楽しみ。

Posted on 11:03 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

封殺鬼 クダンノ如シ 下 /霜島 ケイ  

封殺鬼 クダンノ如シ 下 (ルルル文庫)封殺鬼 クダンノ如シ 下 (ルルル文庫)
(2012/08/24)
霜島 ケイ

商品詳細を見る


聖や弓生とともに怪異の根源である穂積関係の周辺事情を探る桐子。やがて彼女は穂積妙子に「寄生」しているものの正体が祟り神であり、このままでは妙子の生命力が喰らい尽くされるということを知る。桐子は祟り神を祓い落とすため、穂積逸人によって閉じ込められている塔から彼女を連れ出すことにした! ついにクライマックスを迎える神島桐子編。桐子と 志郎の恋にもようやく決着が!?


「桐子編」最終巻。最後のさいごまで面白かったです。
やっぱり鬼達が良い保護者っぷりでした。

妙子の事は結局は人間の欲深さが起こした悲劇だと思う・・・。色々とやるせない結末だったけど、妙子にしたら幸せだったのかなぁ。
あと実は件の正体が穂積中尉だったのが意外でした。彼はこれからどんな道をこれから歩んで行くのかな・・・・(あんまり長生き出来無そうなんですが)

自分的に友達の為に最後まで足掻いてた桐子の姿を見て、改めて彼女は変わったなぁーと。卒業まで女学院に居るようなので、もう少し女学生ライフを覗いてみたかったー!

今回最後のさいごで、志郎が男気全開してたのでマジGJ!でした。
てか桐子が志郎に対してツンツンしてて可愛いw「今さらおまえと見合って、私は何をしゃべればいいんだっ?」→「いや、見合わなくてもいいんだけどね」のやり取りが好きだw桐子と志郎の結婚の誓いが「指きり」でとても2人らしいなぁーとニヤニヤ。
もう少しこの2人のカップルを見ていたかったので完結は残念(「現代編」を読んでないので、その後は最強なおばあちゃまな桐子になった事しか知らない)
あと桐子の神島家として戦時中の奮闘記も読みたいんだ・・・。

シリーズに一区切り付いたので、「現代編」に手を出してみようかな・・・とか思ってたり。というか、ルルル文庫で新装版出して欲しい。キャンバス文庫って手に入らないし・・・。
お願いしますっ!ガバァッ(土下座)

また新シリーズに期待して待ってます!「桐子編」お疲れ様でした。

Posted on 10:57 [edit]

category: ルルル文庫

tb: 0   cm: 0

クロクロクロック1/6/入間 人間  

クロクロクロック1/6 (電撃文庫)クロクロクロック1/6 (電撃文庫)
(2012/08/10)
入間 人間

商品詳細を見る

黒田雪路―二十代前半の青年。殺し屋。拳銃の持ち主。依頼を受けて、女性陶芸家の暗殺を企み中、岩谷カナ―大学六年生(誤植ではない)。駄目人間。拳銃の持ち主。働くために外出中、首藤祐貴―高校三年生。気になっていた片想いの相手の後ろを追いかけ中、時本美鈴―小学六年生。顔立ちが整った少女。拳銃の持ち主。『嫌いな人』ランキングの六位を殺そうと街を徘徊中、緑川円子―陶芸家。頭には常にタオルな妙齢の女性。年齢不詳な、金髪青スーツな弟子と、個展会場に向かい中、花咲太郎―ロリコンな「閃かない探偵」。依頼され、なくしてしまった拳銃を捜索中―六丁の拳銃を巡って、六人の運命が、今転がり始める。衝撃の祝祭の幕が開いた。


久しぶりに電撃文庫

『群像劇』はみーまーの8巻以来ですかね、読んだのは。ころころ視点が変わるので少しよみづらく、読んでて少し集中が途切れるかなーと。
それぞれ「拳銃」という共通点はあるんだけど、目的とかがそれぞれ違うせいか、登場人物たちがそれぞれ交わりそうで交わらないのが面白い。
この話、どんな結末になるのかが少し想像が付かないなぁ。また騙された!と思えるような結末だと良いなー

あと今回もクロスオーバー作品で他のシリーズのキャラクターがちらほら出てきてて思わずニヤニヤ
ちょっと某みーくんとにもうとが出てきてたのはファンとして嬉しかったー

このシリーズを読んで(結構、色々なシリーズで見かける気もするし)花咲太郎シリーズ読んでみようかなー
入間作品はほぼクロスオーバーしてるそうなので、メディアワークス文庫で出てるやつもボチボチ手をだしてみよう。

Posted on 13:35 [edit]

category: 少年向けライトノベル

tb: 0   cm: 0

銀の竜騎士団 黒の皇子とウサギの誘惑/九月 文  

銀の竜騎士団  黒の皇子とウサギの誘惑 (角川ビーンズ文庫)銀の竜騎士団 黒の皇子とウサギの誘惑 (角川ビーンズ文庫)
(2012/07/31)
九月 文

商品詳細を見る


王女シエラVS猛禽系皇子。食うか食われるかの恋の駆け引き!!黒竜隊隊長スメラギと同じ顔をした帝国の皇子アルシェイド。そのせいで、スメラギは密偵容疑をかけられ拘束される。しかも、シエラは冷徹で強引なアルシェイドの手を扇で払い「私と婚礼を求めるならば、ひとりの異性として夢中にさせてくださらない?」と言ってしまい!?「おもしろい」と笑う百戦錬磨なアルシェイドに、なりたて次期女王は立ち向かえるの!?―。



今回から章タイトルが付いて、どうやらこのシリーズも長期戦になるらしい。
最後まで追いかけ続けれるかな。

今回もルーシェが王女として、というか次期女王として奮闘していて頑張れーとなった。
自分が女王としてローレンシアをどのよな国にしていきたいかとかが明確となってきたりしてたので、周りに助けられながらすこしずづ成長してるなーと。

あと毎回シリスがチートキャラ過ぎる気がw彼が暗躍してる限りローレンシアは安泰な気がする(笑)
シリスはルーシェの事を第一に考えてて、自分の幸せは二の次な人なので自分的に彼も幸せになったら良いよ・・・と思いました(実は自分はシリス>スメラギ)

さてアズィール帝国側も役者がそろった感じ+最後皇帝が爆弾を落としてくれたので、次はどのような展開になるのかな?楽しみです。

Posted on 13:14 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

ロスト・グレイの静かな夜明け/野村 行央  

ロスト・グレイの静かな夜明け (コバルト文庫 の 4-1)ロスト・グレイの静かな夜明け (コバルト文庫 の 4-1)
(2012/08/01)
野村 行央

商品詳細を見る

ロマン大賞作家が贈る、世界と再生の物語──。
事故で亡くなった少女・アズサは、見知らぬ場所で目を覚ました。傍らにはカーゴと名乗る少年。そこは心残りを抱えて亡くなった者がたどり着く“霧の壁"の向こう。そして武器商人が権力を握る退廃的な町で?


一瞬、某ファミ通文庫じゃね?とか思っちゃいますが、コバルト文庫ですよー
ノベル大賞受賞の新人さんです。

少し不思議でとても優しい物語でした。あととても静かな雰囲気。最近のコバルト(というか、少女小説レーベル)では見かけないお話で自分的に好きだなー、こうゆうの。主人公のアズサが傍観者的なポジションで、話は結構淡々と進んでいる印象。
今回、挿絵がなく扉絵しか無かったんですが逆にそれが作品の雰囲気に合ってて良いなーと思いました。

自分的にもう少し色々掘り下げて欲しかったけど、逆にこの物語はこのぐらいアッサリしてた方が良かったのかなーとも思ったり。

もっとこんな雰囲気の作品が増えて欲しいな。
この作家さんの次の作品がとても楽しみです。この路線をぜひ突き進んで欲しいです。

Posted on 22:31 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

私は歌い、亡き王は踊る/岡野 めぐみ  

私は歌い、亡き王は踊る (C・NOVELSファンタジア)私は歌い、亡き王は踊る (C・NOVELSファンタジア)
(2012/07/24)
岡野 めぐみ

商品詳細を見る


今朝、あなたの家は断絶した―見知らぬ屋敷で目覚めた少女リセは、父親の謀反により処刑されるところを一人助けられたのだと告げられる。森に暮らす貴人と姿を見せないその主に匿われ暮らすことになったが、リセには王家の存亡にかかわる“力”を持つという誰にも明かせない秘密があって…。


第8回C・NOVELS大賞佳作を受賞の新人さんです。この次期は大体どのレーベルも新人さんの季節ですね。
題名の「私は歌い、亡き王は踊る」に惹かれて購入しました。

自分的に重厚なファンタジーを期待してたんですが、結構あっさりめでサラっと読めました。
てかキスキア王国は神聖ローマ帝国の選帝侯みたいな感じ?なんでしょうか(トップに皇帝が居てそれぞれ諸侯が国を治めているらしい?)
物語の世界観とか登場人物、話の展開とかは好みなんだけど、何か物足りなく感じたし、あと文書が少し読みづらかった…

自分はもっとリューイとリセの関係を突っ込んで書いて欲しかったなぁーと。せっかく2人は唯一無二な存在だった訳だし。あとクレハとリセの恋愛過程も書いて欲しかった、あれ?いつの間にそんなに意識しているの?的なwとにかくそこら辺が薄かった。
どっちかというと、自分はもっとリューイとリセに交流にスポットを当てて欲しかったなぁ。

この物語自体は結構好きだっただけに、色々勿体ないなーと思ってしまいました。

Posted on 21:48 [edit]

category: ソフトカバー

tb: 0   cm: 0

7月の読んだ本  

最近、蒸し暑くてもう無理、無理。そんな中8月スタートです。
北海道の夏は短いので満喫したいと思います(あくまで希望)

今月は13冊読了したらしい。あんまり読んでないようで、意外とちまちま読んでたみたいです。
たぶん習い事に向かうときに結構読んでるんだと思う(通うのに往復2時間半は掛かってるし)
自分的にオーダーメイド殺人クラブがかなりインパクトが大きかったです。辻村さんの作品を色々読みあさってみたい。あとデ・コスタは期待の新作です。




あと十二国記復活!
新刊もその内出るようだし、未完に終らずに完結を迎えれそうで嬉しい。
次は9月に「風の海 迷宮の岸」が出ますよー


あ、まだ「プレミアム・ビーンズ」と「コバルト」注文してないなぁー。最近、文庫に収録されない事が多いからチェックしないと。
あとやっぱり、コバルトと角川ビーンズの新刊は届かない・・・・
今月はコバルトの新人さんをポチったので楽しみ。ビーンズの方の新人さんはちょっと様子見(「女神と棺の手帳」)


追記からは読書メーターのまとめです。
-- 続きを読む --

Posted on 16:19 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター