ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん11 ××の彼方は愛 /入間 人間  

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん11 ××の彼方は愛 (電撃文庫)
入間 人間
KADOKAWA (2017-06-09)
売り上げランキング: 1,009

あるところ、ある時代に双子の姉妹がいました。
姉は妹をこう評します。「わたしと比べたら馬鹿」
妹は姉をこう評します。「よくできた姉様」
姉の方は父親によく似ています。「勘弁して」
妹の方は笑うと母親に瓜二つです。「あっはっは」
いつの頃からか、妹の存在を認識できなくなった姉。
悪党を探して殺すために金属バットを持ち歩く妹。
両親とそっくりで、嘘つきで壊れた二人。
歪んだ双子の姉妹の、交わらない日常。
そんな彼女たちが住む町で起きた連続殺人事件。
そして、双子の姉は言いました。
「うちの妹が犯人よ」と。
──ねえ、まーちゃん。今度は僕たちの子供の話だってさ。


本編が完結してからまさか続編が出るとは・・・!昔、夢中になって読んだ作品なのでまた新作が読めて嬉しいです。
入間作品はご無沙汰だったのですが、相変わらず読みづらい!(笑)でもそれが癖になるッスなんです。
思わず、久しぶりにシリーズを読み直したくなりました。

登場人物たちの名前を結構忘れてしまっていて所々わからんかったけど、湯女さんやロリコン名探偵が結構話に絡んできていてニヤニヤ。あとにもうとちゃんも叔母として出てきてました〜
みーくんまーちゃんの子供の話で、読んでてあゆちゃんは多重人格なのかしら?と思ったら(妹は本当は存在しない)小学5年の時に妹のまいちゃんと怖い大人に監禁されて(おそらく性的暴行を受けた)壊されてしまって、事件を忘れ自分を守る為に妹を認識出来なくなり妹を探し続けているそうで・・・妹のまいちゃんは元々少し狂っていて、そしてその狂気を損なわず「犯人は私が殺すので」とその目的があったし、姉様を守るという使命があったからこそ壊れなかったのかな。あと姉のあゆちゃんはまゆちゃんと違う時間を生きてるのかな(それとも話しの時系列が違うのか)

本当に救いようがなくて読んでてグサグサ刺さりましたが、ラストは穏やかなそうに生きていてなんか安心しました。
あとあゆちゃんの娘の元女子高校生(口調が長瀬っぽい)もよくグレなかったよね〜
きっとまーちゃんもあゆちゃんもきっと夢の中で生きていくのだろうけど、少しでも幸せだといいな。
あと自分の娘たちにそっくりなひ孫のまゆちゃんとあいちゃんののびのびした姿は救いだろうな。
みーくんも自分なりのxxの形をやっと見つけられたのかな・・?
スポンサーサイト

Posted on 15:00 [edit]

category: 少年向けライトノベル

tb: 0   cm: 0

魔法少女育成計画/遠藤浅蜊  

このライトノベルがすごい!文庫は初ですね



大人気ソーシャルゲーム『魔法少女育成計画』は、数万人に一人の割合で本物の魔法少女を作り出す奇跡のゲームだった。幸運にも魔法の力を得て、充実した日々を送る少女たち。しかしある日、運営から「増えすぎた魔法少女を半分に減らす」という一方的な通告が届き、16人の魔法少女による苛烈で無慈悲なサバイバルレースが幕を開けた…。


鬱展開なシリーズらしいとの事で前々から気になってた+アニメ化決定という事で手に取ってみました。アニメ決定!というフレーズってなんか強いなと思った、気になって手に取ってしまうし。

とあるソシャゲ「魔法少女育成計画」というのをプレーしていたら、いきなり君は選ばれた人間だよ!魔法少女になって良い事をしようね☆という感じだったのが、途中から魔法少女同士の潰し合いになって夢も希望もない展開でした・・・このクソ運営め!じゃすまないんですけど
このゲームからの脱落=死なので、生き残ろうと邪魔な魔法少女たちを全力で排除しようとする姿は恐かった・・・・魔法少女よ、どこへ行った。

グロ展開が目立つんですが、個人的に魔法少女たちのリアルでの姿が理想(=魔法少女)とかけ離れていてすごく闇を感じる作品だったなぁと。可愛い魔法少女はリアルではアル中な女だったり、トップスピードはまさかの妊婦さんで鬱。そして何故、ラ・ピュセルを退場させてしまったんだぁぁ・・・・!

ラスト、半数どころか2人まで減らされてしまったけれど彼女たちはまた物語に絡んでくるのかな?(シリーズそれぞれ読み切りっぽい??)まだ魔法の国サイドとか明かされてない事が多いと思うので、のんびり追いかけていく予定。

Posted on 12:57 [edit]

category: 少年向けライトノベル

tb: 0   cm: 0

モーテ ―死を謳う楽園の子―/縹けいか  

昨日からfcブログからアマゾンの商品が検索できないぞ・・・(履歴消したけど直らず)
ひとまずアソシエイトのやつを代わりに。



遺伝子の罠―数万人に一人が罹り、必ず十代の内に自殺へと追い込む奇病・モーテ。小説家志望の青年・ダンテは、モーテを患う子らを収容するホテル・グラティアでアルバイトとして働くことになる。どんなに不穏で陰湿な場所かと不安を感じていたが、そこで出逢ったのは天真爛漫な少女・アミヤだった。グラティアで暮らすモーテの子らは皆前向きで、死を予感させるようなこともなく、平穏な日々を送っていた。しかし、安寧の日々は一瞬にして崩れ去る―ある少女の自殺によって。しかもその自殺には不審な点が多く、ダンテは真相を追及し始める。果たしてそれはモーテによる症状か、陰惨な他殺か、それとも…?モーテの子らが望む“命の使い道”とは―?



前作の「水葬の少女」が綺麗に終わってたので、まさか続編が出るとは!前作からの続きという感じだったけど、違和感がなかったのがすごい。

前作に比べて驚きというかミステリー感が少なかったけど、作品のイメージはすごく暖かいなと思いました。モーテ(=自ら自殺してしまう奇病)が題材なのでやるせない事も多いんですけどね。
前作にも出てきた元気っ子なアミヤがヒロインなので、作品の雰囲気も明るくなってたなと。でもふと、彼女の冷めたというか諦めた表情にハッとさせられたり。あと今回の主人公であるダンテ。最初は自分の小説のネタにしようとグラテイアで始めたバイトだったけど、モーテの子たちに接している内に彼らの純粋さにやるせなさを感じつつも最終的に寄り添う事を選んだのできっとグラテイアでは必要な人間だったんだな。ダンテは結構感情的になったり、空回りしたりするんだけど色々な経験をしていく内に成長していって良かったと思います。

モーテは必ず10代の内に自殺してしまう。マノンは「モーテの奇跡」が起こってモーテが消えてしまったけど、奇跡だから奇跡といわれてるのであって自分たちはいづれ自ら死んでしまう。そんな子たちが、自分の残された命を何に使うのか?と思ったら、残される人たちの為に自ら喜んでささげてしまうんです。モーテの子たちはただ大好きな人たちの為に見返りを求めずすべてをあげる!という感じなんだけど、残された者にしたらその子のことを一生忘れることが出来ないし少し残酷なのかな・・・と。

あとマノン(偽)も出てきて、アランは彼女と繋がっていてまだ囚われ続けたままなので彼も自由になって欲しいな。
アランも言ってましたが、彼女は何者なんですかね?モーテをすごく憎んでるようだし・・・(確かに人生をめちゃくちゃにされたのかもしれないけど)

ラスト、ついにアミヤにもモーテの症状が出てきてしまって・・・その時が来てしまったら、彼女はどんな選択をするんだろうか。続きをおとなしく待ちたいと思います。

Posted on 14:48 [edit]

category: 少年向けライトノベル

tb: 0   cm: 0

親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。/野村 美月  

感想を書いてて、改めて思ったけどタイトル長い(笑)ラノベでは結構あるあるな事だけど

親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。 (ダッシュエックス文庫)親友の彼女を好きになった向井弘凪の、罪と罰。 (ダッシュエックス文庫)
(2014/11/21)
野村 美月

商品詳細を見る

「弘凪!オレ、彼女ができた」親友の相羽遙平から打ち明けられた、高校一年生の向井弘凪。女の子にモテまくっても、特定の彼女を作らなかった遥平が誰かとつきあうのは、あまりに意外だった。遥平が彼女を作らないのは、中学生二年生のときのあの事件のせいではないかと、弘凪は責任を感じていた。そして、弘凪自身も女の子に好意を持つのを避けてきた。ちょうど弘凪には気になる女の子がいた。通学電車でよく出会うスケッチブックを抱えた名前も知らない女の子。遥平に彼女ができたらなと、弘凪はその子に勇気を出して話しかけてみようとするが―。


三角関係物で読んでて、おめえら面倒くさい!!となった。

電車で通学してた時、気になる女の子がいた。本の趣味も同じで気が合いそうだ、話しかけてみたいと思いつつなかなか話しかけれない・・・。そんなある日、親友に彼女できたようで紹介されたら気になってたあの子だった・・・!!という残念な展開に。
今まで特定の彼女を作らなかった親友にやっと彼女が出来た、と自分の気持ちを抑えて二人の仲を応援する事に。関わらないようにするんだけど、なぜか一緒に行動する事になったりして逆に距離が近くなってしまい、突き放したりするんだけどどんどん好きになってしまう。彼女の方も彼に好意を持ってるようだしで、読んでて罪悪感が・・・

やっぱり自分の気持ちを抑えられなくて、結局遙平にバレてしまい修羅るんですが彼は彼で弘凪が好きになった子を好きになって全力で奪いたくなる(弘凪が好きになる子は、きっと本当の自分を見てくれるだろうから)みたいで中学のころのゴタゴタも彼が応援するよ!といいつつ、弘凪が好きな子を誘惑してて自分を好きになった途端興味がなくなって突き放したみたいだからかなり捻くれてる性格なんだろうな。古都も元々、弘凪が好きで両想いだったのを遙平が間に入ってしまったようだし(遙平なりに古都が好きだったようだけど)弘凪はずっと中学の出来事に罪悪感をずっと感じてたのに、遙平は結構自分勝手なやつだなーとちょっとモヤモヤ

三角関係物だったけど、読了感は爽やかで良かった。ラスト二人はくっついて初々しくてお似合いなカップルになりそうだなーとにっこり。

Posted on 15:52 [edit]

category: 少年向けライトノベル

tb: 0   cm: 0

モーテ ―水葬の少女― /縹けいか  

MF文庫って、表紙が可愛い系な(?)作品が多いイメージだったので手に取る事がなかったんですが一般寄りな作品もあるんですね!そいうえば高殿さんの「銃姫」シリーズもMF文庫だったか。

モーテ ―水葬の少女― (MF文庫J)モーテ ―水葬の少女― (MF文庫J)
(2014/08/22)
縹けいか

商品詳細を見る

絶望的に純粋な"絆"の物語――この世界に奇跡は存在しますか?
遺伝子の罠――数万人に一人が罹り、必ず十代の内に自殺へと追い込む奇病・モーテ。秘密と不穏に満ちた孤児施設・ドケオーに送られた少年・サーシャは、大人への憎しみを抱き、孤独に生活していた。そんな彼の前に、マノンという美しい少女が現れる。マノンとの仲が近づくにつれ、彼女の相談役・フォスターである気味の悪い男・ドゥドゥが、マノンを傷つけているのではないかと疑問を抱く。サーシャはマノンを助けるために、大きな決断をする。しかし、その裏には驚くべき事実が隠されていた。誰もが望まない、約束された自殺へと誘う「モーテ」が、孤児施設と彼らの背景に横たわっていて……。絶望的に純粋な”絆”の物語――この世界に、奇跡は存在しますか?


安定のヨネさん買い。書かれてる作者さんも同人ゲー「ファタモルガーナの館」の方という事で。
最初の方はサスペンスのような展開なんですが、最後まで読めば純愛物だわーとなりました。これは良い意味で騙された・・・・!

という事で、今回は畳んでみる。ネタバレ注意です!
-- 続きを読む --

Posted on 14:39 [edit]

category: 少年向けライトノベル

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター