ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

そうだ、ルルル文庫を読もう!  

急に始まる少女小説を応援しようのターン

今回この記事を書こうと思ったきっかけはTwitterで公式から「ルルル文庫の新人賞募集停止」のお知らせが発表されてしまったからです。


数年前から、ルルル文庫はほぼ読み切り体制なんですがここ最近は数名の作家さんでローテして新刊を出している感じで(自称)愛読者としては危機感を感じてたところに新人賞募集停止ときてしまってですね・・・
ルルル文庫が1日発売の時からずっと追いかけてきたレーベルだし好きな作家さん(作品も)も多い、今のレーベルが徐々に縮小してしまってる状況が悲しすぎるので(だって最近チラシ的なルルルナビも入ってないんだから・・・)自分のおススメな作品を紹介していきたいと思います。

ルルル文庫は基本読み切り作品というイメージが強い(というか現に今そうだし)と思いますが、数年前までは普通にシリーズ物があったのですよ。ルルル文庫のシリーズ物だって面白いのあるんだよ!という事で今回は巻数が多めの作品を中心に紹介していきたいと思います!
あと前回書いたエントリー「最近の少女小説について語ってみるの巻」でもルルル文庫のおススメ作品を上げているので合わせていかがでしょうか。


花姫恋芝居シリーズ/宇津田晴


安心して読めるラブコメでお馴染み宇津田さんのシリーズ物で全6巻です。
大国の姫であるヒロインが政略結婚から逃れ運命の恋を探しに従者と双子の弟と共に旅に出るというストーリー
2巻以降、許婚である王子もちゃっかり旅に同行してヒロインに付き合って世直しをしていくという、まるで水戸黄門風なラブコメ物でラストまで安心して楽しく読めたシリーズです。

これもオススメ!

それぞれは読み切りなのだけど、「ご主人様なシリーズ」として世界観が繋がってたり1巻ヒーローの兄がサブキャラとして全作登場してたりラストは自らがヒーローポジになるというスピンオフ作品です。色々なタイプのカップルたちのラブコメが楽しいシリーズでした。

宇津田さんのデビュー作「珠華繚乱」シリーズだけ読んでなくて悔しいので、今度読もうと思う。


横柄巫女と宰相陛下シリーズ/鮎川 はぎの


横柄巫女と宰相陛下 (ルルル文庫)
鮎川 はぎの
小学館
売り上げランキング: 1,023,954

今は高瀬ゆのかさん名義でノベライズを担当される事が多いですね。鮎川 はぎのさんのデビュー作で全12巻です。
1巻は宰相陛下と呼ばれる宰相と、不器用なゆえ横柄巫女と呼ばれる巫女見習いが陰謀に巻き込まれて・・・という感じ。2巻以降は王宮に舞台が移るのですが、ヒロインカップルは「王」と「聖剣の巫女」という関係だし、サブキャラたちもそれぞれ色々なしがらみに縛られてるゆえ展開がとても切ないし痛々しく全体的にシリアスだった気がします。このシリーズは後日談も出ていて、それぞれ幸せそうな姿を読めて嬉しかったなぁ。このシリーズ何が凄いかというと6カ月連続刊行をやってた事ですね(2人組だから出来たんだろうけど)
ちなみに鮎川さんのルルルでの作品のほとんどは世界観が繋がっています(勝手に千一星教シリーズというくくりにしてる)というか「初恋グランギニョル」だけまったく違う世界観。もうそろそろ鮎川 はぎのさん名義の新作が読みたい・・な・・・・


プリンセス・ハーツシリーズ/高殿円

プリンセスハーツ―麗しの仮面夫婦の巻 (ルルル文庫)
高殿 円
小学館
売り上げランキング: 492,339

今は一般向けで活躍している高殿さんの王宮ロマンス物で全10巻(途中、短編集もある)パルメニアシリーズの1作品です。
初めは「パルメニア王国」を倒すという目的を果たすための共犯者という感じだったのが、徐々にお互いが大事な存在になっていくというのがとても良かった、というかペラっと読みなおしてみたらルシードがジルを罵り過ぎだった・・・(笑)最初は仮面夫婦でメリローズの身代わりだったのが、いつのまにか本当の夫婦になっていた、そんな感じです。王宮陰謀物でもあるので、ジルが自分の頭脳をフル回転して対抗していくのはハラハラしつつもすごく読み応えがあった。
最終巻のサブタイトル「大いなる愛をきみにおくろう」は本当に好きなタイトルで、最終巻ではルシードを愛する人たちの姿に泣いた・・・。
(余談ですが、孫世代の話「遠征王シリーズ」もオススメ。角川ビーンズからだし絶版(電子化してない)なので手に入りにくいのが難点。パルメニアシリーズはハマると大変なんですよ、番外編が同人誌収録ということが多々あるので)

桜嵐恋絵巻シリーズ/深山 くのえ

桜嵐(おうらん)恋絵巻 (ルルル文庫)
深山 くのえ
小学館
売り上げランキング: 97,611


ルルルの看板作家である深山さんの平安物で全10巻です(最終巻は後日談)
皇帝と舞姫の恋物語である舞姫恋風伝も好きだけど、桜嵐恋絵巻の方を上げてみる。
親から鬼つきの姫としてうとまれていたヒロインが、とある公達と出会って恋をしていくという感じでしょうか。二人の実家は敵対してたり深山さん作品のテンプレというかヒロインの親がまた残念だったりするのですが、二人で障害を乗り越えて幸せになろうとする姿がとても良かったです。確か本編ラストぐらいまでヒロインはヒーローに名前を教えなかったというのも奥ゆかしくて好き。

ひとまずそこそここのシリーズ長いのでまずは短いのからもどうですか的な

「隠れ姫いろがたり」は一番新しい作品ですね(まあ今月新刊出るけど)
こちらも平安物で、庶民育ちの皇女と兵部卿宮との恋物語です。上下巻なのでどうしても展開が早いのですが、糖度もあり真相含め上手くまとまっていて面白かったです、宮が攻めてます!

幽霊伯爵の花嫁シリーズ/宮野 美嘉

幽霊伯爵の花嫁 (小学館ルルル文庫 み 4-1)
宮野 美嘉
小学館 (2011-06-24)
売り上げランキング: 170,486

ブラック路線でお馴染みな宮野さんのデビュー作で全7巻。幽霊伯爵と呼ばれるコルドン伯爵家に嫁いだ天涯孤独の美少女サアラが結婚生活を満喫する話(?)このシリーズの見どころは、出てくるキャラがヤンデいるんだけど最大のヤンデレはヒロインだというところだと思ってる。どこか壊れたヒロインが繕ってた部分を旦那様によって暴かれたり、したたかな嫁にしてやられたりするシリーズでもあり、義息子や義母(幽霊)のツンデレが可愛かったり。

ブラック路線なら!

ひとまず読み切り作品からという手もアリだと思う!という事で。この2作は前回も上げたのだけど好きな作品なので
暴君と→ナチュラルにみんな病んでるという。一番まともなのは暴君なはずのヒーロー、茨姫→男嫌いな伯爵令嬢と癖のある従者との下剋上ラブでヒロインの「この男の子供なら産めます」発言に笑ったw

クラシカル・ロマンシリーズ/華宮らら

ルルル文庫 ルチア クラシカルロマン(イラスト完全版)
小学館 (2012-12-21)
売り上げランキング: 146,388

これはシリーズ物というか三部作ですね。
王宮ラブロマンスで陰謀物ですがヒーローと一緒に頑張る王女シリーズという感じでしようか。1巻はクーデターに巻き込まれた王女が主人公、2巻目は庶子である王女が王位継承争いに巻き込まれたり、3巻目は中立国の王女が国の為に何が出来るか模索するという感じでした。
時系列的には、薔薇の戴冠(2巻)→嵐の舞う花(3巻)→ルチア(1巻)だそうです。ちなみに「英雄の占星術師」(確か全2巻)シリーズは同じ世界観。

封殺鬼シリーズ(神島桐子編)/霜島ケイ

封殺鬼―鵺子ドリ鳴イタ〈1〉 (ルルル文庫)
霜島 ケイ
小学館
売り上げランキング: 689,743

「封殺鬼」シリーズ自体はかなり長編かつ本編は結構前に完結してるしでちょっと手に取りにくい感がハンパないのですが、ルルル文庫で出ている「神島桐子編」(本編の神島達彦の祖母)は過去の話で完全に独立してるので実はルルル文庫のシリーズから手を出しても問題はないんです(ドヤ というか、わたし自身も本編未読です。

ちなみに他の本家である、秋川や御影は出てこなく神島家内の話。
昭和初期が舞台で、軍部とかが勢力を増してきた時代なのでどこか全体的に暗い雰囲気なんだけど鬼たちと桐子のたちのやり取りがとても面白いシリーズ。基本的に神島家当主として泰然としている桐子なのだけど、たまに見せる子供っぽい一面がとても魅力的だったと思います。ちょっとルルル文庫では異色な作品だけど、桐子が女学生になったり弓ちゃんが少女小説を音読したり将来の旦那が出てきてたり結構パルピテーションしてると思うの。
ちなみに、鵺子ドリ鳴イタ(全4巻)→帝都万葉→クダンノ如シ(上中下)という流れです。
あと、本編の番外編である「封殺鬼 花闇を抱きしもの 上下」(桐子と鬼たちの出会いの話)と「鳴弦の月」(鬼たちの過去編)は唯一新装版として也さんのイラストで発売されました。

本編軸の新作も出てる訳で

ここからカズキヨネさんにイラストに変更になったのだけど、これ以降新作出てないんだよね・・・・・
時代が変わっても鬼たちは変わらなくて安心したけど、桐子の「鬼同丸!雷電!」の呼び声がなくて寂しい・・・


ちなみにこんなのもありました(おまけ)

花嫁アンソロジー

ルルル文庫 花嫁アンソロジー(イラスト完全版)
小学館 (2012-12-21)
売り上げランキング: 93,177

ちなみに花嫁アンソロジー以降、出なかったので(今後も出なさそう)これが最初で最後のアンソロジー。
作家陣は、深山さん片瀬さん葵木さんでした。
深山さんが平安物(高星さんのイラスト)片瀬さんが魔界物(ただし愛玩王子の後日談のためちょっと不親切ではあった)葵木さんは中華後宮物(デビュー作である「女王家の華燭」と同じ世界観)でそれぞれ違った話が読めて面白かったですけどねー

今回はあげないけれど(疲れたから 笑)もちろん読みきり作品でも面白い作品だってあるんですよ!


タイトルだけ上げると、「侍ニーティ」(みどうちんさん)「吉原夜伽帳」(ミズサワヒロさん)は本当に良作だっただけにもっと読まれて欲しいな・・・

(ちなみにここで上げてる作品はほぼ電子書籍化されてると思います(封殺鬼の新装版はないかも)というかむしろ紙だと手に入りづらいかも。商品リンクは特にkindleにしてないという不親切さ 笑)

という事で、自分なりにおススメな作品を上げてみたのですかどうでしょうか?少しでも興味を持ってもらえたらとても嬉しのですが・・・^^
あとここで紹介した作品って結構古くてですね・・・・読書メーターにも登録する前に読んだ作品も結構あって大変でした、内容があやふやであまり紹介になってないのが辛いところで読んでみると内容違わね?となる事大だと思うので先に謝っておきます、すみません。あと自分が紹介してないシリーズ物もまだあるので興味があったらぜひ!

ルルル文庫に関わらず、今の少女小説って縮小されつつある小さなジャンルなんですよね。こうやって定期的に色々紹介するってきっと大事なことなんだよなぁと思ったり(というか今回、この記事を書くにあたって過去のラインナップをみたんですが、今書かれてない作家さんが多くてですね・・・とても切ない気持に・・・)

最初に書いたとおりルルル文庫新人賞停止という理由もあったのですが、実はフォロワーさんであるみかこさんのエントリー「ルルル文庫新人賞が中止。悲しいのでルルル文庫のオススメを紹介します」(晴れたら読書を)を読んで触発されたからというのもあります。色々な作品を紹介されてて、いつも興味深く読ませて頂いてます。

という事で、長くなりましたがここまで読んで下さってありがとうございました。少しでも参考になれば嬉しいです!
スポンサーサイト

Posted on 23:54 [edit]

category: 少女小説を応援しよう!

tb: 0   cm: 0

最近の少女小説について語ってみるの巻  

Twitterで「少女小説って今でもコバルト文庫だけなの?」という呟きを観てちょっと衝撃を受けたのと、フォロワーさんが「最近の少女小説のイメージ」というエントリーをとても上手にまとめられていて、自分も(自称)少女小説読みとして記事を書きたい!!と思ったのが今回のエントリーのきっかけなんですが、このネタ自体は何カ月も前の事なのでだいぶ今更感が(笑)
今までも何回か記事をまとめようとパチパチうっていたんですが、途中から飽きとこれじゃない感があって今回3回目ぐらい・・・

意外と少女小説もレーベルがそこそこあるんですが、今回はTL(大人な描写あり)やネット発レーベル(レガロ、レジーナ等)は除外。文庫サイズかつ自分が勝手に定番だと思っているレーベルをオススメ作品を中心に語っていこうと思います。結構この記事を書いていると古い作品をおススメしたくなって我に返ったり。最近の~って書いてるのに昔の作品載せてもアレだし、結構絶版してるのもあるので(コバルトとかはあまり電子書籍に強くないイメージなので)今手に取ってもらいたい!と考えると非常に微妙。

という感じでゆるーくお送りしたいと思ってます。よろしければお付き合いください^^
(※レーベルについてマイナス面も言うと思いますが、あそうなんだーぐらいで流して下さるとうれしいです。あくまで個人的な意見な感じなので、ね。あとちょいちょい自分語りが入ります)

・集英社コバルト文庫
自分も初めて読んだ少女小説はマリみてだったり、学生のころは少女小説メインではなかったんだけど姫神さまシリーズや王ロマシリーズだけは追いかけてたりしてたので結構思い入れの強いレーベルなのかなーと。創刊が1976年で老舗ポジなので(昔、少女小説ブームとかあったらしいし)少女小説=コバルト文庫というイメージが強いのかも。
最近は他社で活躍している作家さんも書かれたりしてますが、あまり新しい物を入れたがらない保守的なレーベルというイメージがあります。ジャンルも一般寄り(茶房物とか図書館物とか)を出したりはしてるんだけど、やっぱり少女小説の定番(姫中華嫁)が多い気がする。集英社文庫だった名残(?)なのか、たまにこれ少女小説でないし!!な作品だったり悲恋物を混ぜてくるコバルトさんが割と好き(笑)

個人的に一般寄りな雰囲気な、『紫陽花茶房へようこそ』(かたやま和華 著)/『英国マザーグース物語』(久賀理世 著)、歴史ロマンスな『皇女アナスタシア』(一原みう 著)なんかがお気に入り。
(最近アマゾンのアソシエイトもおかしくて何故か裏表紙が表示されたりするので、kindleの画像を使ったりしてます。前の記事もおかしくて笑うしかないw)

一般寄りの「オレンジ文庫」が出来たせいか、コバルト文庫がだんだん縮小されてるように感じます・・・あと最近は長編がほぼなくコンパクトな作品がメインになっていてワクワク感が足りなくて寂しい。そして最近コバルト離れが激しい自分です。

・角川ビーンズ文庫
角川の少女向けレーベルなので、個人的に派手なレーベル(偏見)だと思っている。創刊は2001年なので割と最近だったのが意外(元は角川ティーンズルビー文庫)ジャンルは定番(姫とか)もありつつ、中二だったりニアホモ、ファンタジーで結構色々作品が多いイメージ。自社の作家さんがメインだけど、ネット作家さんも書かれてたり読者的にもバランスが良いのかなー。あとアニメ化された作品もあり、まるマ/少年陰陽師/彩雲国物語はビーンズの三大作品なんて言われてたり。
この中では彩雲国しか読んだことないけど、外伝含め大好きな作品です。


完結した作品では、『デ・コスタ家の優雅な獣』(喜多みどり 著)/『花神遊戯伝』(糸森環 著)/『シュガーアップル・フェアリーテール』((三川みり 著)なんかがオススメです。

デコスタは5巻、花神は外伝含め11巻、シュガーアップルは外伝含め17巻なので読みごたえもあると思います。

現在刊行中の中では、『身代わり伯爵』(清家未森 著)/『アルバート家の令嬢は没落を所望です』(さき 著)なんかオススメ。身代わりシリーズはかなり長いんですが、あと一冊ぐらいで本編完結です。


あとは第一部で完結だったり(F)、続きが出なかったり(首の姫)どちらも面白いのでバタバタしている。


ビーンズに入っていきなりおススメ作品が増えたんですが、最近は追いかけているシリーズも少なくなってきたなーと。角川ビーンズも最近はあまり新作の長編化が少なくなった印象。正直前よりは魅力を感じなくなってきたかな・・・あとはボカロ曲が原作の作品が割と早く展開されてたと思います。

・ビーズログ文庫
割と新しいレーベルだと思います。エンターブレインだけど、まぁ角川だよね。乙女ゲーム雑誌でお馴染みのビーズログもあるので、ゲームのノベライズもあったり。
レーベル色的には、ハイテンションラブコメが売りなのかな?あと結構変なヒロインが多かったり、変わったあらすじも多くて思わずつられ買いをしてしまう事も。あらすじがちょっと変わってても、読んでみれば至って普通という事が個人的に多い(たまに本当にぶっ飛んだ作品もあるけど)そこそこ長いシリーズも多いので、今一番勢いのあるレーベルだと思います。

個人的には『おこぼれ姫と円卓の騎士』(石田リンネ 著)/『(仮)花嫁のやんごとなき事情』(夕鷺 かのう 著)/『シンデレラ伯爵家の靴箱館』(仲村 つばき 著)がオススメ。

順調に巻数が進んでるので良きかな、良きかなー。

ビズログの新規レーベルアリス文庫も出来て、読んだりラインナップを観た感じ中高生路線というかビズログの妹ポジレーベルなのかしらなんて(ノベライズ、ボカロもこっちに移動した)

・一迅社アイリス文庫
アイリスも比較的新しいレーベルだと思います。基本的に恋愛物でテンプレ作品が多いんだけど、シリアス物やファンタジー物もあったり割と作家さんの個性が良く出ているレーべルだと思います。久しぶりの作家さんが書かれてたりするのが魅力的なところだとは思うけど、アイリスでしか読めないという作家さんがあまりいないのが弱いところなのかなと。ネット作家さん起用が一番早かったのもアイリスだと思います(たぶん)
あと表紙が一番キラキラしてて(ピンナップもあり)良いです。

同じ作家さんばかりで申し訳ないんですが、『恋と悪魔と黙示録』『六花爵と螺子の帝国』も面白い。恋と悪魔はアイリス的には割と長いシリーズ。


完結済みのでは、『聖鐘の乙女』(本宮ことは 著)/『狂伯爵と買われた花嫁』(梨沙 著)『眠れない悪魔と鳥籠の歌姫』(瑞山いつき 著)/『BLANCA』(スイ 著)がお気に入りです。

聖鐘の乙女はアイリス文庫で一番長いシリーズで外伝含め16冊。眠れない悪魔は少し古いのかなーと思いつつ、良いツンデレ×ツンデレなので。

・小学館ルルル文庫
元はキャンバス文庫だったらしいけど、ルルル文庫も割と若いレーベルだと思います。前は普通にシリーズ化してたんですが、今は基本的に読み切り体制です(続いても3巻)読み切り作品が基本なため糖度は高め。糖度を目当てに読むのがいいがやっぱり読み切りなので物足りない・・・ルルル文庫も割と自社の作家さんが多いけど、最近同じ作家さんのローテなのでそこが不安だ。あとは少コミのノベライズも出てますね。

個人的に、ルルルでは
宇津田晴さんや宮野美嘉さんが作家買い

個人的にレディー・マリアンヌをおススメしたい。シリーズ化前提だったのがまさかの2巻で完結でスットコドッコイだったけど、ゴロゴロ出来ます。炎の発明家とご主人様はそれぞれスピンオフ作品です。

宮野さんはブラック路線が売りなので、登場人物が結構闇深い・・・

デビュー作の幽霊伯爵が割と長めのシリーズかな、と。他のここに上げている作品は読み切りです。

高殿さんのプリンセス・ハーツ、華宮さんのクラシカルロマンも外せない。ちょっと古い作品にはなるんですけどねー。


プリハーは王宮陰謀物が好きならぜひ!クラシカルは王女の成長物語だと思います(三部作)

あとは『封殺鬼』シリーズ。現代編はキャンバス文庫かつ長編なんですが、ルルル文庫版は神島桐子編で過去の話なので単体でも楽しめます。大正末期~昭和初期が舞台なので世界観がほの暗いです。あと結構少女小説してますパルピテーションです。
鬼たちの過去編、桐子と鬼たちの出会い編(上下)はルルル文庫で復刊してます。

鬼たちと桐子のやり取りが好きなシリーズでした。というか過去編から入ったから現代編があんまりしっくりこないんだ・・・(現代編の新作がルルルで一冊だけ出てる)

・講談社Xハート文庫
1984年に創刊した講談社X文庫のサブレーベルらしいので割と歴史は古いのね。有名過ぎる十二国記シリーズが刊行されてたレーベルだけど、今ではTLBLなんでもあり(マークの色で見分けてね!なのでなかなかw)のごった煮状態。
個人的に昔の作品を探してみると(花嫁シリーズ、迷宮シリーズ、マリアとか榛名さん作品)面白い物も多いと思います。

最近は榛名さん作品しか買ってないけれど、歴史好きな方にはおススメ。新刊の女伯爵~はなかなかハードな展開で昔の作風に近いなと。


・新書館ウィングス文庫
よくわからないレーベル②出版社的には女性向けではあるだろうけど。
冒険ファンタジーだったり、スチームパンク物だったり、(でっち上げ)信託皇子を目指したり、恋愛メインではない作品が割と多い。雑誌で連載もしていてそれが文庫化してる感じだと思われます。毎月新刊が出るわけではない+単価が高いので(今度ソフトカバーになるらしい)オススメしづらいが結構面白い作品も多いのは確か。

金星特急は名作だと思います。おススメなシリーズとしてあげられる方が凄く多い作品。


個人的には『姫君返上!』(和泉 統子 著)をおススメします。良いロイヤルファミリー物ですよ。




という感じで、いかがだったでしょうか。書影でごまかしてる感がありますが、結構長くなりました。あと下に行くほど適当でごめんね、つかれた(笑)あと今回記事を書いてて、意外と電子書籍化してる作品が多いなーと(少女向けって電子書籍に弱いイメージがあった)
あまり参考にならないかもしれませんが、少女小説も色々な作品があるんだよ!という事で。少女小説読みさんたちにも、あこんな作品あったんだねと少しでも手に取るきっかけになったら嬉しいです。
あまり読書系のエントリーは書いた事ないので、個人的には(内容は置いといて)満足してます。
という事で、ここまで読んでくださってありがとうございました。

















Posted on 18:59 [edit]

category: 少女小説を応援しよう!

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。