ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

恋と悪魔と黙示録 恋咲く世界の永遠なる書 /糸森環  


人と獣の姿を持つ神魔アガルと契約をし、彼の恋人となったレジナ。人間と悪魔が争う中、“最古の王女”である自分の運命を受け入れたレジナは、魔王マグラシスと対峙する。全ての欠片が揃い明かされる世界の真実。レジナが望んだ未来―そしてその先に待っていたものとは?


アガルの恋する乙女っぷりに定評があるシリーズ、ついに最終巻です。
予定のない休日に一気読みしてやんよ!!と思ってたんですが、普通に読み出したら一気読みしてしまいました。
長期シリーズだから仕方ないと思いつつ、色々と登場人物とか最初の展開を結構忘れていて悔しかったですw(本編全9巻だもんねー)再読できたらベストだったのですが、なかなかねぇ。

安定の鬼畜展開で読んでて最後までハラハラしたし、ある場面でレジナの足の裏の皮膚が剥がれたのは、思わずヒィイイイイイとなってしまいました。自身が血まみれになっても、何度も絶望してもアガルとの恋を握りしめがら前に進み続け、眠りを望まず今を生き続けることを選んだレジナだからこそ迎えれた結末だったと思います。
本当は唯一神だったラウルことマグラシス神も悪魔も、ラプラウに愛され神に祝福されて地界に進化を許されたそうなのでそのうち違う種同士だけど人間と共存できたらいいね。

今は色々とあってみんなのことを信じられないけど、いつか仲間たちと心から笑いあえる日々がくるといいなぁと。
アガルや、イリヤやカラシャ、親友であるマチェラ姫たちもいるけれど、神のもとでなくては生きれなく死ぬことの出来ないレジナが心穏やかに暮らしていけますように。そして卿とバレクお帰りなさい!案外、レジナの近くで見守ってくれてたのねとにっこり!
あとアガルとレジナは一年間ずっと結婚式を上げ続けるそうで・・・この二人は何度も巡りあって恋してやっと結ばれることができたんだよね!ずっと、ずっとお幸せに!

神話のような物語だったと思います。完結おめでとうございます、サイドストーリーも楽しみです。
スポンサーサイト

Posted on 19:42 [edit]

category: アイリス文庫

tb: 0   cm: 0

恋と悪魔と黙示録 身代わりの聖爵と悪魔のための茨姫 /糸森 環   



人と獣の姿を持つ神魔アガルと契約をし、彼の恋人となったレジナ。〈最古の王女〉である彼女を魔王に渡さぬため、朔使総帥リウはレジナを深き眠りにつかせた。時は過ぎ、棺の中で目覚めたレジナを迎えにきたのは…。


前巻が出たの3月だったのか、少し久しぶりだったのですね。このシリーズも8巻目になりました。
今回読んでて、色々設定とかが思い出せなかったのが悔しくてですね~いつかシリーズ再読してやるんだ!!

前回リウに眠らされてしまってしまい目覚めたら50年後で、意外と時間がたってないな(1000年後かと思った)と思ったけど周りの環境は確実に変わってしまってるし、人間なら当時十代でも六十代にはなってしまってるという事だからその空白の時が不安しかないよね・・・レジナも眠っていって状況がわからないし、誰もが怪しいしずっと目覚めを待ち続けてくれたアガルさえ信じきれないと疑心暗鬼な状態なんだけど、信頼してたリウに強制的に寝かされたのだからなおさらだよね。
さらに悪魔とかに狙われたりレジナはエンドレスで危機的な状況なのだけど、そんな中でもアガルのおっとり乙女モードが全開でもはやそれが唯一の癒し(笑)こっちは茨に囚われているのに、アガルの乙女モードが暴走してレジナが達観してしまってたのに笑ったw今回、レジナには二百五十年前にモレノ王女という過去があった事や(きっと伏線があっただろうけど思い出せない・・・!)騎士としてアガルも一緒にいた事が明かされたけど、これからの展開で当時の事を思い出したりするんだろうか。

レジナをリウのところに連れていこうとした月ととりから逃げたと思ったら、その後は実は悪魔に捕まっていて惑わされていて現実ではなかったという展開にも驚いたけどまさか500年がたってしまってたとは・・・・その間ずっとアガルは待ち続けていた訳で、嬉しいような悲しいような。
そしてレジナが属していた朔師の面々はもはや味方とはいえないのは悲しいし、現・朔師総帥(ブレフ・エルこと月、リウは使徒座)は「王女」が自分たち思い通りにならないのならば国外に連れだす(=この宗教が及ばない国に行った場合、レジナは消滅してしまう)方針なので人間サイドに付くのもどうなの?って感じだよなぁ。あと
。ラスト、最古の悪魔カラシャも介入してきたし(彼の場合ひっかきまわしたいだけな気もするけど・・・・)続きもだけど、この作品のラストも想像出来ないな!

今回、卿とバレクが少し出てきてくれたのが嬉しかった!レジナが本当に参っている時に、軽い言葉で励まして前に進ませてくれる人だよな・・・・レジナにとってヴィネトは憧れな人ってのはとてもしっくりきました。今はさようならだけど、また4人で会えるよね!

Posted on 20:18 [edit]

category: アイリス文庫

tb: 0   cm: 0

恋と悪魔と黙示録 身代わり王子とラプンツェルの花の塔 /糸森 環   

面白すぎて、カップヌードルのCM(あの犬神家をパロってるやつ)の池でヤカン持ってるやつみたいな状態になった(伝わっただろうか 笑)



「ぼくの運命は、あなたなんですから」神魔アガルと契約し“名もなき悪魔”の生態を解明する朔使となったレジナ。魔王マグラシスから彼女を救うために払われた代償は、ヴィネト卿の“命”だった。朔使総帥に保護されたレジナだったが、そこで待っていたのは、意外な人物との再会で―!?人と悪魔、その狭間で揺れるレジナは、恋人となったアガルへの想いを秘めたままある決心をして…


とにかく卿がいなくなってしまったのがつらい・・・・
その現実を受け止めきれないバレクがひたすらヴィネトを探してきゅいきゅい鳴き続けているというのが本当に可哀想で読んでいられなかった。レジナたちも卿が死んでしまった事を受け入れきれてなくて、彼女たちにとってすごく大きな存在だったんだな。
ヴィネトを殺してしまったのはバレクだけど、そのバレクを殺したのもヴィネトで・・・(幻魔の王としてだけど)狂ってしまうよりも、新たな主を迎えるよりも愛した主に殺してもらった方がバレクは幸せだったのかもしれない。残した言葉が「愛しのヴィネト様。大好き」そして「ビスケットも好き」とはにかんで逝ってしまったのがもう言葉にならない・・・・ビスケットも好き(それを作ってくれた、レジナも好き)という事だよね?
今回バレクのエピソードもあったし、神魔と契約主に結構スポットが当たっていたのだけど、神魔にとってどれだけ契約主が唯一無二で絶対な存在なのかを再確認させられました。自分の契約主が一番。

獣の千年王国が始まりそうな中で、相変わらず人間側はゴタゴタしていて完全に積んでいる状態なのだけど、絶望しかない中でも、仲間に「王女」という身分を利用されても人間側であろうとするレジナの姿が良いです。感情はころころ変わるし、人も平気で裏切るんだけど、相手を助けようとする、そんな人間の矛盾してる部分をすごくレジナは愛しているんだなと思いました。
やはり狡猾な兄ラウルには叶わなくて、彼の手のうちに落とされてしまうのだけどカラシャなど上手く利用して状況を好転させとうとするレジナだったのだけど、ラストまさかのリウ様が・・・・という感じでこれどうなるの続き・・・(まさか次巻は千年後?

もうね、、、糸森節というか鬼畜展開が多かったのですが、その中でもアガルの純情っぷりは通常運転でいきなり怪しい恋愛物語をはじめはじめて一人で悶えている姿に何か安心した。ずっとそのままでいて欲しい(笑)

Posted on 20:07 [edit]

category: アイリス文庫

tb: 0   cm: 0

六花爵と螺子の帝国2 すべては恋のせいですので。/糸森 環  



貴族の青年ジーンと身体が入れ替わる体質になってしまった元奴隷の少女アオ。それまでの生活から一転、特権階級である“花族”の養女アレクシアとして魔導学院でジーンと片時も離れず過ごすことに…。そんな中、他校との交流のある野外授業が行われることになり、アレクシアは脱引きこもりを果たしたジーンと参加することになって―!?



相変わらず、ジーンとアレクシアの掛け合いがハレンチ(本人たちはいたって真面目)
ジーン様は「肉体!」と連呼するんだけど、まぁ天然天使なので仕方ないかな(棒)あと手錠を特注してアオとはめて街へ出かけてたけど、この二人離れたら大変だしね!うん(笑)
そして何だかんだツッコミ役が板についてきているロキアス様なのでした。

と、思わず笑ってしまうシーンも多いんですが、やはり糸森作品なので世界がヒロインに対して優しくない。
名門ダリア家の養女になり特権階級である六花族になったけど、所詮元隷民、おまえなんて家畜なんだよ的な事をバンバン言われるので読んでて辛い。たまに友好的な使徒もいるけど、結局アオを貶める為だったりするのですごい何とも言えない気持ちになりました・・・今回は野外活動のターンだったんですが、紛失事件とか異常な現象がすべてアオのせいになったのは胸クソ(言葉が汚いけれど)荷物検査したら大量の掃除道具が出てきたのには笑ったけどw
あと個人的に、ジーンの元婚約者ナターシャの隷民の憎悪が恐ろしいな・・・と(この後も出てくるんだろうか・・・)

それでも今の身分でいたい、ジーンの隣にいたいと踏ん張り続けた結果、自分の力で「青爵」を手に入れたし、六花爵たちの信頼も得られたと思うし悪い事ばかりではないよね。
あとアオ自身の力で化石鯨を呼び戻したのは、読んでてやったね!となりました。

今回は物語に「人魚姫」を絡めていたのが読んでて良いなーと。
ラストの、ジーンの一言で悲恋で終わるはずの物語が変わる音がしたというのがとても好き。

まだ明かされてない事も多いし、世界観や登場人物たちも魅力的だし長く続いて欲しいなぁ。

Posted on 17:41 [edit]

category: アイリス文庫

tb: 0   cm: 0

恋と悪魔と黙示録 身代わり聖女と不思議なお茶会/糸森 環  



神であり悪魔でもある神魔アガルと契約をし、彼の恋人となったレジナ。辺境での事件を解決した直後、連れ去られたレジナが目覚めたのは、魔王マグラシスが支配する閉ざされた世界だった。兄に似た面差しの魔王の優しげな態度に戸惑いを隠せないレジナだったが、魔王の城で再会したアガルに、冷たい眼差しを向けられてしまい―!?


このシリーズ面白すぎてあーーーー!ってなる。

恋と悪魔シリーズも6巻目という事で、前巻から引き続き色々と謎が明かされていきます。今までの伏線などが全部繋がっていたりして凄い(語彙力が行方不明)

死んだはずの最愛の兄が実は魔王であり、彼の変わらない優しさに戸惑うと同時にやっぱり幸せだなと思うレジナだったけど、魔王がその慕う心を利用して彼女の意思を徐々に奪っていこうとしてたのが恐かったです。記憶を消されたアガルとバレクを近くに置いて、レジナを辛い目に合わせてからマグラシスが助けにきて、救ってくれるのは兄だけだとスリこませようとしててその行動にゾッ・・・
魔王が目覚めた事により、次は悪魔や獣人が頂点に立ち人たちが使役する世界になるんだとか。魔王の支配する王国はすでに入れ替わってて、町で人肉が売られてたりするんですがその光景を受け入れられないレジナに対しての、魔王の一言は人間も同じ残酷なことをやってるだろ?で個人的には納得して色々と考えさせられました。人間も結局は残酷だからなぁ。

今回アガルはレジナの事を忘れさせてしまったので、レジナに冷たいのは読んでて辛かったです。でも記憶はなくても本質、乙女なところとかバレクはお菓子好きは変わらないんだ、というのにすごく救われた。あとまたアガルとまた初めっから恋をしていくというのがとても良いな~
個人的に城から逃げ出すためにレジナがアガルを誘惑するシーンが気に入っています、アガルも脳内で盛り上がって王女と従者の怪しい物語が始動してて可愛かったなとw横で観ていたバハームフォン、ドン引きだったけど(笑)

ラスト、やっと魔王を出しぬけたと思ったらそれも彼の計算だった訳で・・・ここで卿ことヴィネトが操られたバレクに殺されてしまうんですが、退場の仕方も格好いいんだからずるい。死後、幻魔の王となってしまう彼も気になるけれど主を自ら殺してしまったバレクが心配だな・・・あとヴィネトを間接的に死に追い込んだ魔王(しかもバレクを使って)に対して兄だ、と思う事はレジナにはもうないでしょうね。

Posted on 16:26 [edit]

category: アイリス文庫

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター