FC2ブログ

ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

さくら花店 毒物図鑑 夏の悪夢/宮野 美嘉  



さくら花店 毒物図鑑 夏の悪夢 (小学館文庫キャラブン!)
宮野 美嘉
小学館 (2018-09-06)
売り上げランキング: 149,082

住宅街にひっそりとたたずむレトロな雰囲気の「さくら花店」。一見ごく普通のフラワーショップだが、ここにやってくる客は、傷ついて病んだ魂を抱える人ばかり。苦しむ人の心を癒そうとする花の願いを聞き、その手助けをしているのは、植物の声を聞くことができる店主の雪乃だ。本日店にやってきたのは、美しい妹のために白い百合を買い求める女子高生。雪乃が感じた嫌な予感の正体とは?花に呼ばれると危険もかえりみず走り出してしまう雪乃を見守るのは、人嫌いで無愛想な樹木医の将吾郎。風変わりな夫婦が、植物にまつわる歪んだ事件を解き明かす!



続きがでて良かった!(キャラブン後書きないし)
宮野さんの少女小説とか読みたいけど、難しいのかな。他のルルル文庫作家さんとか復活してほしい(宇津田さんとか、深山さんとか)

夫婦なんだけど、どこかお互いの気持ちに気づいてない感がある。
自分達が思っている以上に、両思いだと思うぞ。どこか風変わりな佐倉夫婦なんだけど、結婚に至るまでに宙ぶらりんな関係にモヤモヤした時もあったのね!と新鮮になりました。「結婚してくれ」とプロポーズするごろーさんめっちゃ照れてて可愛いところもあるんだねw個人的に、雪乃さんのごろーさんを幸せに出来るのはわたししかいませんから!と言い切る雪乃さんが素敵・・・!

あと同居人のヒロくん、佐倉夫婦には懐いていて雪乃の後ろを雛鳥の様に付いて行って可愛いなと思ってしまいますw
コミュ障かつ心が子供の様で繊細だけど、彼なりに花屋の仕事頑張っているしね・・・
ヒロくんにはちょっと弱い夫婦にはニヤニヤしてしまう。

さすが宮野さんという感じで、相変わらず人間の見られたくない汚い部分をドロッと書くのが上手いなと。現代ものだからか、さらにリアルでエグいというか・・・
モブだと思っていた、パートの楠さんがなかなかの過去を持っていてヒィ・・・・!となりました。今はとても幸せだそうですが、それは花に癒されたから?
あとは人間大事な物を奪われた時(奪われそうになった)なりふり構わずいくらでも残酷になれるもんですよね、きっと。

読み切り形式ですが、またシリーズの続きが読めたらいいな!
スポンサーサイト

Posted on 20:06 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

紅霞後宮物語 第八幕/雪村花菜   

お久しぶりです!最近はなかなか読書に時間が避けなかったのですが、ボチボチ再開して行きたいです(積み本がエグくなってるので)読書と感想を上げる習慣が消えそうでヤバいぞ、わたし!

紅霞後宮物語 第八幕 (富士見L文庫)
雪村花菜
KADOKAWA (2018-06-15)
売り上げランキング: 3,045


怪我に倒れた小玉に代わり、戦場では賢恭が軍を率いていた。そして小玉負傷、樹華戦死の報が届いた宸は衝撃に揺れていた。小玉を思うが故の企みで望まぬ結果を招いてしまった梅花は、自らの命を以て償おうとするが、裏で何かが動いていたのではと疑う文林は、真相を探るよう梅花に命じる。「小玉が死んだら、お前を殺す。だが、死ぬまでは働いてもらう」司馬氏の失脚までは上手くいった。その後何故歯車は狂ってしまったのか。梅花は思いがけない闇に真実を見つけてしまい―?



今回で第二部完ということで物語に一区切りついたけれど、逝ってしまった人が多くて読んでてしんどかったです。
梅花や樹華は(息子の事が心残りだろうけど)きっと生を全うした!という感じなのかな、と思いました。梅花は過去に文林の母と何かがあったようだけど、そこは本編では語られない感じ?(カクヨム連載なんだっけ?)
その反面、司馬淑妃は餓死なんてとてもらしくない最期だったな、と。でも最後まで「皇帝」を慕い続けていた姿はブレがなかったなぁ。
そして息子の鳳は一番後味が悪かったですね、黒幕だったのは(すごく頭のいい子だったのだろうな)ゾッとしたけれどもし早く生母から引き離していれば違う未来があったかもしれないのに。
あと薄充儀が異民族に皇族の姫として嫁ぐ事なり、思いの外高位の妃(貴妃と真桂)が仲良しで、彼女たちの友情が尊かったです。

どこか情が薄い夫婦だったけれど、二人の関係にも変化が見られたような。これは国が滅びに向かっている物語なので、どんどん暗い展開になりそうですが小玉が老いて亡くなるまで私も読みたいです。

Posted on 20:21 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

さくら花店: 毒物図鑑/宮野美嘉   



さくら花店: 毒物図鑑 (小学館文庫 み 7-1 キャラブン!)
宮野美嘉
小学館 (2018-04-06)
売り上げランキング: 435,585


(あらすじが長め)

傷つき病んだ心を呼ぶ店――癒しの花物語

住宅街にひっそりとたたずむ「さくら花店」。レトロな雰囲気の小さなその店にやってくるのは、心に深い悩みを抱える客ばかり。それは植物たちが、傷ついた人の心を癒そうとして彼らを呼び寄せているからだ。
そんな不思議な花店を切り盛りするのは、植物の声を聞くことができる、店主の佐倉雪乃。悲しい人々を救おうとする植物の願いを受けて、その手助けをするのが雪乃の仕事だ。
今日もさくら花店には、暗い顔をした客がやってくる。
「旦那を殺したら罪になるんですかね…」
呟く女性の心を救いたいと言う可憐な花たちの横で、雪乃はそっと微笑む。
「あなたはここへ呼ばれてきました。花は病んだ人を呼ぶんです。あなたは花に癒されるために、ここへ来たんですよ――」
不思議な力を持つ雪乃を支えるのは、極度の人嫌いでぶっきらぼうな樹木医の夫、将吾郎。
風変わりな夫婦の日々と、植物にまつわる事件を描く、優しくて怖い花物語。



久しぶりに宮野さんの作品読めて嬉しかったです!(ガガガで書かれてたみたいだけど)
植物の声が聞こえる店主が、その声を聞いて病んだ人たちを手助けていくという感じで癒し系の話かと思ったら、結構人間の暗い部分を書いており作者さんらしい毒のある作品で安定でした(良き)

各話に出て来るお客さん達もそれぞれ病んでいて、特に「待雪草」に出て来る小瑠璃ちゃんのお母さんの「お母さんの言うことを聞いてれば良いの」の洗脳系は一種の虐待ですよね、、、、花の声を聞けるヒロくんも親に異質だと思われてて、親の愛情を十分に受けれなかったせいで精神的に幼かったり。
色々と胸に歪みを抱えた人たちが出てきたのだけど、一番異質なのは主人公夫婦(とヒロくん)なのかな、と。旦那は人間が嫌い過ぎなのと(たぶん嫁に対して執着凄まじそう)嫁は花に愛着はあれど人間には執着してなさそう。あと素だと、雪乃も訛りがでるんだね、なんか可愛い。
このどこか歪んで噛み合ってない夫婦のエピソードを読みたいのでシリーズ化すると良いな・・・・

(また女性向けで新作読めるのも嬉しいんだけど、少女小説も読みたいなぁなんて)

Posted on 19:31 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

レアリアⅡ〜Ⅲ(前篇・後編)/雪乃紗衣  

新刊まで駆け抜けたのでまとめて感想です!

それぞれサブタイはⅡ「仮面の皇子」Ⅲ「運命の石 前篇後編」

休戦延長なし―。魔女家名代として宰相会議に臨んだミレディアは、破滅に突き進む帝国の選択に心を痛めつつも、「家族」となったアリルのために為すべきことを考えていた。一方、アリルはもう一人の皇帝候補ラムザとデュアメル学院に通い、帝位継承者として起つ決意を固める。…明かされる少女の罪、そして少年の仮面の下に隠された驚くべき真実。(仮面の皇子)


やはり入ってきづらい文章かつ場面転換が多いなど読みづらさが難点なんだけど、2巻以降だんだんミアたちの物語になってきたのもありすごく作品に愛着が湧いてきました。確実に終わりに進んでしまっているけど、もしかしたらミアならその運命を変えてくれるのでは・・と思わずにいられない。それぞれの皇子たちと関係性も良いですが、個人的に王朝のアイゼン皇子との悪友からの仇の関係になったのが刺さった。そんな中でも、ミアの中ではアキの存在が大きいんだなぁと。
その関係にヤキモチを焼くアリル皇子は微笑ましかったけど、確実に仄暗い感情も抱いているみたいで・・・(冬の王の血)その狂気がどうなるのかザワザワする。アキや皇子たちの謎やそれぞれの思惑も徐々に明かされてきて続きも気になるところ・・・(あと鳴らしたものが玉座につけるという「運命の石(リア・ファール)を鳴らしたのはミア?)
次はいよいよ皇帝選でしょうか・・・ザワザワしながら続き待機ー

グランゼリア戦を描いた中編である「碧落」は壮絶で読んでて苦しかった。ほとんどの十三翼将がこの戦で戦死してまうんですが、みんなオレンディアの為に死んでいってた姿は本当に読んでて辛かったです。ボロボロで擦り切れてしまったミアが痛々しかったけど、それでも唯一諦めないでオレンディアを守り切った彼女は本当に強いんだな、と思いました。ポンコツな小魔女と呼ばれてるけど、アイゼン皇子の剣を受けて防げるぐらいなので本当は強いのでは・・・?(ヒント、剣受ける様は剣鬼将軍や死神ギィの影をみた)となったのでまだミア自身にも謎が多そうだ。」
あと愚帝と噂なユーディアスの本性やオレンディアへの執着が垣間見えてゾクっとした。

読んでて気持ちが落ち込みますが(展開が重いので・・面白いんだけどね!)かつくらの新刊に載ってる書き下ろしの短編集がほのぼのしてていい感じに幸せになれるのでオススメ。ヤキモチなアリル皇子とカブなアキ(作者インタビューもあるよ)

Posted on 15:58 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

小説家・裏雅の気ままな探偵稼業 /丸木文華   

丸木さん×笠井さんのタッグ!しかもオレンジでとか新鮮だな〜
ファンには嬉しい組み合わせです。

小説家・裏雅の気ままな探偵稼業 (オレンジ文庫)
丸木文華
集英社 (2017-11-17)
売り上げランキング: 32,387

売れない小説家・裏雅が「真珠姫」と呼び、ひそかに観察を続けているのは、彼を「雅兄様」と慕う伯爵令嬢の茉莉子。一見おっとりとして可愛らしい茉莉子だが、雅は彼女の秘められた特性に興味を禁じ得ない。茉莉子はある日、「本業の小説のほうはさっぱりだが推理力には定評のある」雅のもとに、女学校で噂になっている不可思議な「幽霊」の話をしに来るのだが…?


舞台は大正時代の女学校が舞台で非常に百合百合しい内容で、純粋故に自分の世界を壊すものには幾らでも残酷になれるのよ、という感じで結構毒々しい感じでした。

周りにはおっとりした可愛らしい子として(そんな風に演じている)みられているけど、本当は感情などが欠落していてどこか空っぽで、死んだ子猫の死体を自分との部屋の引き出しにしまってしまうようなどこか異質な少女茉莉子を気に入っていて、彼女を観察しつつ通っている青山にある女学校で起こった事件を推理するけど解決はしないという話でした。好奇心を満たす為なら、それがきっかけで人が死のうとも構わないという感じなので、まぁ色々欠落しているんだね。
茉莉子も幼馴染に異常な執着をされてて(本人は気づかず)この異質な感じが人を」惹きつけるのかもしれない。ただ彼女にどれだけ好意を向けようとも、気づかれないだろうけど(感情を理解できないから)
読み切り形式でしたが、兄様を食べてしまいたい茉莉子とそんな彼女を観察し続ける売れない小説家の不思議なやりとりをもっと読みたいなぁと(もちろんカスミとオボロも続き待ってますよ!)

今回、コバルト本誌に短編が載っていた(ホラー特集で扉絵はCielさん)「珠代」も同時収録されていて(青山の女学校に通っている令嬢たちが登場人物ですが表題作とは繋がってないと思う)、自分が崇拝していた同級生がただの醜い女だとわかったとき、そんな彼女に失望して・・・という感じで色んな意味でゾクッとする話なのでオススメです。文章も読者が聞き手(この話でいうと先生=読者なのかな、と)な感じに進むのも面白く同時収録されて嬉しかったです。

Posted on 21:00 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター