ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

ハートの国のアリス ~Wonderful Twin World~プレー感想  

ツイアリをコンプしたので、次は何プレーしようかなーと。今積んでいるのは、うたプリDebut/ソラユメVita/アムネシアV/わたじゅう(同人ゲー)。ここはかなりの間積んでいるうたぷり(PSPだし)をプレーするべきかしらー。まぁひとまず最近はゲーム中心だったので読書に戻りたいと思います、あと録画もたまってるし(ほぼ朝ドラ花とアン)


(ブログに拍手いただいてます!いつもありがとうございます)
ハートの国のアリス ~Wonderful Twin World~ (通常版)ハートの国のアリス ~Wonderful Twin World~ (通常版)
(2014/05/29)
Sony PSP

商品詳細を見る

不思議の国のアリスを踏まえつつ、
まったく異なるストーリー展開の恋愛アドベンチャーゲーム。
メルヘン調な世界なのに、
帽子屋がマフィアだったり銃撃戦が珍しくもなかったりと物騒な世界。

現実主義で、夢見がちなところが皆無な主人公。

今作は「ハートの国のアリス」の続編にあたり、
主人公がキャラクター達と恋人同士、あるいはごく親しい状態からスタートする。

主人公は大切な人と自分の居場所を見付け、ハートの国に残った。
キャラクター全員が知人のはずだが、なぜか帽子屋屋敷には見覚えのない門番の姿が……。
まったく似ていないのに双子だという門番は、片やナルシスト、片やオカルト好きという、
他の面子に負けず劣らずの個性の持ち主。

加えて、住民のどこかを狂わせていくというイカレた嵐『クレイジー・ストーム』の到来。
クレイジー・ストームに吹かれると、住民は皆、どこかが少しずつおかしくなるという。
帽子屋が珈琲好きになったり、ハートの女王が白ウサギ好きになってぬいぐるみを収集したり。
そんな前例のある『嵐』が、今またハートの国に迫っている。

“大切な人も、どこかが変わる”
嵐の到来に揺れる主人公は、更に不思議な卵の夢に迷い込むことに。
ハートの国を狂わせていくイカレた嵐と主人公を惑わせる卵の夢。
風が吹き荒れたとき、大切な人に起こる変化はどんなものなのか。

常識の通じない世界に残った、
現実主義の主人公の恋の行方は―――?


クロアリのリメイクも無事(?)決定したようで、新装版を追いかけていくつもりだったのでありがたい。ノベル式でも色々ごっそり持ってかれたのに、これで訪問式とかだったら本当に一生コンプ出来ませんからね!!これからクロアリ、ジョーカーと新装版が発売されるとして(間にFD、おもちゃの国も入りそう 笑)自分がダイアリをプレー出来るのいつになるんだろ・・・と若干うつろな目に。というか最近リメイクとFDが続いてるし、ミラアリ以降シリーズ自体進んでませんよねwまぁ新装版から入った人も次の新作(スペード?)が発売されたら、リアルで追いかけられる方が良いか。

では感想は追記から
ネタバレ注意です
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 12:49 [edit]

category: クインロゼ

tb: 0   cm: 0

新装版ハートの国のアリス~Wonderful Wonder World~ プレー感想  

(記事に拍手頂いてます!いつもありがとうございます。)

パッケージのイラストがハトアリPC版と同じというのが良いですよね~。

新装版 ハートの国のアリス新装版 ハートの国のアリス
(2013/10/31)
Sony PSP

商品詳細を見る


銃弾飛び交う恋愛アドベンチャー
帰りたいといつまで思えるか―――

不思議の国のアリスを踏まえつつ、
まったく異なるストーリー展開の恋愛アドベンチャーゲーム。

現実主義で、夢見がちなところが皆無な主人公。
特に、恋愛ごとはこりごりだと思っている。

彼女が引っ張り込まれた(自主的にではない)のは、やけに物騒なハートの国。
メルヘン調な世界なのに、ほのぼのしているのは建物や小物だけ。
帽子屋がマフィアだったり遊園地の従業員は銃携帯が標準だったりと危険な世界。

主だった住人は皆危険人物ばかりで、すぐに乱闘騒ぎや殺し合いに発展してしまう。
その上、領地争いまで勃発しており、帽子屋・ハートの女王・ゴーランドが対立する三つ巴状態。

おかしな薬を飲まされて(やっぱり自主的にではない)帰るに帰れなくなった主人公は、早々に「こ
れは、夢オチだ」と決め付け、非日常を楽しむことにする。

どの陣地に味方し、どう行動すれば、元の世界へ帰れるのか。
そして、登場人物の誰よりも恋愛に乗り気でない主人公に、
まともな恋愛は出来るのか―――。


アリスシリーズといえば、クインロゼの代表作ですよね。
自分はPS2版が発売された時に初めてプレーし、ひたすら訪問しまくるという作業ゲー(強)の洗礼を受けてからというものアリスシリーズから遠ざかっていた訳でw今回新装版の要素として、完全ノベル式に変更という事でまた手に取ってみました。アリスシリーズ気になってたけど、作業ゲーという点で引っかかってた方などは手に取る良い機会かもしれませんね!ただイベント数などが(アニアリの時点でハトアリの2倍のボリュームらしい)これでもか!ってぐらい多いので、お手軽にはプレー出来ませんけどね・・・。ただ一番プレーし易そうなのは、やはりノベル式だと思うのでイラストとかにこだわりがなければ新装版をプレーするのが無難ではないかと(あとは買う前にレビューとか見て、どれがいいか決めると良いかも)
あとパッケージ版の他にも、DL版ではVitaにも対応済み+ios版(Android版も近日公開予定)も配信開始されてるみたいですよ、便利な世の中になりました。

では感想は追記から
ネタバレ注意です
-- 続きを読む --

Posted on 22:47 [edit]

category: クインロゼ

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター