ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

神々の悪戯プレー感想  

スチルコンプしたから感想を書くんだ、書くんだ・・・!(アポロン風に)

神々の悪戯 (あそび) (通常版)神々の悪戯 (あそび) (通常版)
(2013/10/24)
Sony PSP

商品詳細を見る

【ストーリー】
これは様々な神話の神々が集う世界のお話。
神話の代表である神が集まり、何やら相談をしている模様。
どうやら神々の中には「人間嫌いの問題児」がいるよう。
神は人間を愛し、人間から崇拝されなければいけない存在。
現在の神と人とのつながりの稀薄性は憂うべきこと……。

その現状を打破するため、人間に真似て「学び舎」を作り、
そして人間の少女を1人選んで
問題のある神々に「人間」とは何か、「愛」とは何かを教えるようにと命じたのだった



ブロッコリーオリジナル作品2作目です。ブロッコリーはうたプリでどーんと有名になりましたが、乙女ゲームブランドとしてはまだ新参者ですよね。ブロッコリー作品(うたプリしかないけど)は良くも悪くも癖が強いと思うし、この第2作目も神々と学園ライフ的な感じだったので(ジャンルは「運命の糸を紡ぐLove is pain ADV」)ちょっと大丈夫かな・・・wと思いつつも、久しぶりのカズキヨネさん原画な作品だったので買わないわけがない(モニター応募ではあるんですが)

完全イラスト買い(エレガの楽曲も楽しみ)まぁキャラ萌出来れば良いかなー的なノリでプレーしてみた感想は追記から。ネタバレ注意です。
(やっぱ乙女ゲームの感想は畳んだ方が良いかなーなんて考えてます。結構みなさんネタバレに配慮されているのでね・・・)
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 18:01 [edit]

category: ブロッコリー

tb: 0   cm: 0

うたの☆プリンスさまっ♪All Starプレー感想  

うたの☆プリンスさまっ♪All Star(通常版)うたの☆プリンスさまっ♪All Star(通常版)
(2013/03/07)
Sony PSP

商品詳細を見る


物語の始まりは秋。早乙女学園の卒業から1年と半年。芸能事務所シャイニング事務所に入り、見習い作曲家としての活動をするものの、 なかなか芽が出ない主人公“七海春歌”。見習いのまま、事務所に留まれるのは2年間のみ。主人公にはタイムリミットが迫っていた。



実はDebutをまだフルコンプしてないんですが、先にASをコンプしてしまいました。
だって発売当時ASで盛り上がってたから自分もプレーしたくなっちゃって☆まぁ色々流されやすい自分です。
一様Debutのマスターコース後の話ではありますが、春ちゃんはパートナーがいなくてマスターコースを受けれなかった設定なので特にプレーに問題はなかったですね。あとプリンスたちとは「素敵なお友達」状態なのでリピとかのエピソードが無くても行けると思いますし。前作なのでアニメを観て、先輩攻略したいし!!という方はいきなりASスタートでも大丈夫だと思います(ただ先生組ルートはFD的な内容なのでSSをプレーしてないとキツいかも・・・)で、誰ともくっ付かなかった設定のレインボールートをプレーしてお気に入りのプリンスが見つかったらリピをプレーしてみるのも良いかもしれない。

うたプリもいつ間にかシリーズが沢山出てるので軽くおさらい
一様オススメプレー順は(時系列)
Repeat!→Amazing Aria(通称AA)/Sweet Serenade(通称SS)→Debut→All Star
+Music(9月に2も発売予定)

・リピートは学園時代の話でアニメでは1期の内容にあたる(のですが結構アニメよりもぶっ飛び内容で癖が強い)実は無印のリメイク版
最初はまずオーディションソングは聴かないでプレーして欲しいです。ちょっとづつ曲を作っていって、最後作り上げた曲が流れる演出なので元の曲を知らない状態でプレーした方が、個人的により楽しめるのではないかな、と。
・AAはAクラス+セシル、SSはSクラスのFD。AAでは光男がSSでは先生が攻略可能。立ち絵が無印版なのでプレイヤーの愛が試されます。
・続編。リピ、FD後の話なのでここからプレーは内容的に厳しい。
プリンスたちがアイドルの壁にぶつかりまくる+キャラゲー色が強い内容のためか、かなり酷評。
あとキャラがぶれているらしい・・?(少しプレーした限りでは自分は気にならなかったけど)
アニメでは2期の内容にあたる(全然違う話ですけどねw)
先輩達も初登場
・シリーズ最新作。先輩たちも攻略可能に
「All Star」だけあってプリンスさまたちが総出演
・おまけでMusic
うたプリの音ゲーだけを収録したゲーム。マジ時間泥棒ゲー。結構本編は買わないけどMusicは買うという方を見かけたりします。2も出るよ!おまけでメモリアルやごほうびもあります

と、かなり適当にまとめるとこんな感じでしようか。たぶんまだまだ展開はされると思います(HE★VENS出てきたし)
というか今の時点でもシリーズが多いから、結構プレーするのは大変そう。


おっと・・・、前置きがかなり長くなった。
下から、かーるくプレー感想↓ 一様、ネタバレ注意 


※基本このブログはネタバレに配慮していないので、そこら辺は自己責任でお願いします。


☆総評7.5点
(10点満点中)

プレーする前はあまり先輩たちに興味がなく、実は乗り気ではなかったAS
ひとまず頑張ってレインボールートを開放しようか・・・と感じでプレーし始めたんですがすみません萌えました(土下座)先輩達もプリンスたちに負けず劣らずキャラクターが濃くて良かったです。さすがキャラクターで売ってるだけあるね!シナリオはいつの間にか物事が上手く行っているいわゆるうたプリクォリティーな感じでしたが、また主人公と共に頑張っていく内容に戻ったのは良かったと思います。
あと先輩ルートでもそれぞれ担当の後輩が出てきちんとメインを食わない程度にサブキャラしててくれてたのは良かった!(結構重要な事だと思うの)あとメモリアルでは本編中ではあまり見られないキャラクターとの絡みとか、プリンス視点のエピソードが読めたりしてGJでした。

シナリオのボリュームは、先輩サイドで6章、先生サイドで3章+レインボールート(EDが8つ)で基本ED数はDebutと同じで恋愛、後輩、友情の3つあるんですが1つのルートはそんなに長くはないです。ただ攻略人数が多いのでボリューム不足って事は無かったですね、個人的には丁度良いかな。
DebutからOPやシステムグラフィック面などが(あとメモリアルが読みやすくなってるし)進化してるのはとても好印象。リピやFDやMusicのOPは他の乙女ゲームに比べたら少し遅れてると思ってたので、Debut以降はOPにも動きが出てきてキラキラのアイドル感が出て本当に格好良くなってるなーと。あとEDに音楽値が関係がなくなったのは本当にありがたい。
あと今回からはついにリズムゲー中にキャラの応援(?)ボイスが付きましたね。慣れるまで集中出来なかったw
楽曲も相変わらずクォリティーが高い。QUARTET★NIGHT(ASテーマ曲)、それぞれのドルソン(4曲)、デュエットソング(2曲)、RAINBOW☆DREAM(レインボールート)と使用楽曲も多くて豪華。

プレー順は(たぶん)、カミュ→蘭ちゃん→藍ちゃん→りんちゃん→嶺ちゃん→リューヤサン→レインボー(音也→トキヤ→まぁ様→レン→なっちゃん→翔ちゃん→セシル→その他のED)という感じに攻略しました。しばらく積んでいた時期があったので曖昧ですが・・・

初回は先輩のみ攻略可能で、だれか1人のED(恋愛?)を見ると先生ルート解放。全キャラ攻略後、レインボールート開放という感じになってます。
今回は簡単にルートの感想をそれぞれ書きたいと思います。

★先輩ルート
Debutで投げっぱなしだった伏線を無事回収してくれたルート。
プリンスたちは基本的に初めから好感度MAXでしたが、先輩達はどっちかと言うとマイナスからスタートなのが新鮮でした。キャラ選択の際に蘭ちゃんを選択したら「こっちくんな!」と言われて素で傷ついたりしましたが。
春ちゃんの粘りで少しづつ作曲家やパートナーとして認めていってくれたのが良かったなー。あと先輩たちが徐々にデレてくるのに非常にニヤニヤしました。
個人的には藍ちゃんのシナリオがすごく綺麗な話で気に入っています。普通に考えたら藍ちゃんの正体的にギャグシナリオにしかならそうなのに、普通に良い話でさすがうたプリクォリティー(実は光男のシナリオも良かった)
あとスチルを見返すとカミュが白馬に乗っていてさすがうたプリクォリティー。伯爵のルートはセシルの先輩だけあってファンタジーだったような。嶺ちゃんは元のキャラと素の部分に結構ギャップがあって、本心をなかなか見せてくれなくて、フレンドリーのようで実は一番癖のあるキャラではないかと。あとスチルで嶺ちゃんイケメンでビックリした、もうマッチョッチョ!なイメージしかない。蘭ちゃんはあんなツンツンしていていたのに、EDでは同棲しててキャー。懐が広そうでマジロックだぜ!
個人的にびっくりなのは、嶺ちゃんが25歳でカミュが20歳だったこと

★先生ルート
SSの恋人になった後の話。
先生達はアイドルとして地位は確立しているけど、本当に今まのままでやっていっていいの?というのがそれぞれルートのテーマになっていたと思います。
りんちゃんルートではAクラスのメンバーが、リューヤさんルートではSクラスのメンバーが協力してくれて友情って良いな。
デュエットソングの「月明かりのDEAREST」はりんちゃんが作曲して、「RISE AGAIN」はリユーヤさんが作曲したというのは納得。それぞれのイメージにピッタリだなと思いました。
リューヤさんのEDで春ちゃんが彼シャツしてて(´・ヮ・`)

★レインボールート
春ちゃんが誰ともパートナーを組まなかった状態でスタートなので、俺達の春歌!!状態で本当に公式ありがとう、ありがとう。プリンスたちが牽制し合ってたのにニヤニヤもっとやれ!春ちゃんが猫になっちゃった☆な感じなので笑うしかないんですが、みんながわいわいしてるのをみれて面白かったです。それぞれのED後の後日談もメモリアルにあって良かった!
ノーマルED扱いですが、友ちゃんEDっぽいのもあったのも良かったです!春歌とペアを組みたかったら私を倒してからにしろ!的なことを言っててマジイケメン・・・。
あと全ED後に開放されるレインボーEDのエンドロールでの挿入セリフで7人が「We are ST☆RISH!」と言っていたので原作でのST☆RISH結成ルートでもあったのかな。
同室組で同時攻略可能ですが、選択肢によって違うエピソードが違うので1人ずつ攻略していくのもオスススメ!

キャラを攻略し終わると手書きメッセージが届いたり、フルコンプすると寄せ書きみたいなのが出てきて、そんな少しの演出が嬉しいうたプリ。


と、結構長くなりましたしたがザッとこんな感じでしょうか。
個人的に楽しくプレー出来ました。その内Debutもプレーしたいと思います。

Posted on 18:55 [edit]

category: ブロッコリー

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。