ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

悠久のティアブレイド プレー感想  


悠久のティアブレイド -Lost Chronicle- - PS Vita
アイディアファクトリー (2016-09-08)
売り上げランキング: 2,187


いよいよ今年も終わりが近づいてきています・・・(ザワザワ)今週末はクリスマスで自分もたまたま仕事はお休みなんですが、わたしは七面鳥の法事の予定なので^^

今年はこの作品が最後になりました、というか年内にコンプ出来て良かった。
さて下から感想です、大した事は書いてないですけど追記よりネタバレ注意!
-- 続きを読む --
スポンサーサイト

Posted on 22:16 [edit]

category: オトメイト

tb: 0   cm: 0

灰鷹のサイケデリカ プレー感想  

ゲームコンプしたのセブスカぶりだぜ・・・!
しばらく「灰鷹」をどう読んでいいかわからなかったけど、シンプルにハイタカでオッケーだったようだ。
灰鷹のサイケデリカ
灰鷹のサイケデリカ
posted with amazlet at 16.10.22
アイディアファクトリー (2016-09-29)
売り上げランキング: 1,224

サイケデリカの新作という事で今年一番楽しみにしてた作品。
実際プレーしてみて、正直期待し過ぎた感はあったけれど(自分が黒蝶と同じテイストを求めてしまってたし)哀しくも優しい物語という感じでとても良かった。個人的満足度は8点(10点満点中)
割と現代物よりも童話な世界観とかが好きなのもあるし、今回プレー後すごくキャラクターたちに愛着がわいたしで自分はこの作品好きだなぁってじんわりしてる。あとは結賀さんのスチルや音楽も素敵で満足。スチルは今回結構多めに感じてテンション上がった!
「灰鷹のサイケデリカ」という作品としては完成度は高いと思うけど、ストーリはほぼ一本道だし乙女ゲームをプレーしてるというより本を読んでる感覚に近かったですね。

という事で追記よりネタバレ感想です
-- 続きを読む --

Posted on 17:42 [edit]

category: オトメイト

tb: 0   cm: 0

7'scarletプレー感想  

(何気に乙女ゲーへのモチベーションが上がったかもしれん)

7'scarlet
7'scarlet
posted with amazlet at 16.08.24
アイディアファクトリー (2016-07-21)
売り上げランキング: 1,141


前回コンプしたのが百花百狼だったので(しかも5月 笑)達成感がすごかった(笑)
発売前から特に気になりもせずそのままスルーをしていたのですが、ボリュームがないけど(←結構重要ポイント)割と評判が良さげだし今の季節にピッタリな作品ぽかったので、まぁプレーしてみるかなー夏だしなーと割となんとなく購入した今作。あとあまり個人的にはあまり参考にしてないけどファミ通でもゴールド受賞してるそうですよー
ミステリーやサスペンスなところに期待していたのだけど、思いのほか切なくて色々自分には突き刺さった作品でした。個人的にはプレーして良かったな、と自分の気まぐれに感謝かな。
総評的には8点(10点満点中)という感じ。

という事で追記より感想ですよー
ネタバレ注意です。
(ネタバレ見ない方が絶対楽しめると思うよ・・・)
-- 続きを読む --

Posted on 22:56 [edit]

category: オトメイト

tb: 0   cm: 0

レンドフルール プレー感想  

今年何プレーしたかなーとチェックしてみたら10本もコンプしてなくて笑ったwあーあ・・・
近頃はゲーム熱がやや低下している(まぁ乙女ゲーム引退とかはないですけどね)ので、レンドコンプで今年終わりそうな予感。



結構前に全ルートは観終わってたんですが、スチルとEDがなかなか回収出来なくて苦しんだ作品(笑)普段あんまりトロコンとかそこまで・・・って感じなんですが、今回は意地になってコンプさせましたw

かなり時間をかけた作品かつわたしの記憶力が残念なのもあり、内容を薄らとしか覚えてないのでかなり適当な感想になると思います!(予言)
という事で、追記より感想です。ネタバレ注意~~

-- 続きを読む --

Posted on 23:26 [edit]

category: オトメイト

tb: 0   cm: 0

「黒蝶のサイケデリカ」プレー感想(ネタバレなし)  

(やっと速度規制が解除されててホッ・・・・・)


黒蝶のサイケデリカ黒蝶のサイケデリカ
(2015/01/29)
PlayStation Vita

商品詳細を見る

深く深く堕ちていく中、聞こえるのは雨の音。
そして、何かの鳴き声。

目を覚ますと少女は洋館の中にいた。
混乱する少女に得体のしれない醜悪な化け物が襲いかかる。
少女は化け物から逃げ惑いながら考える。

ここは一体どこなのか?
そもそも―自分は誰なのか?

自分の過去にまつわる全ての記憶を失った少女は、
同じ境遇の男性たちと合流する。

少女たちの持つ武器は不思議な拳銃。

少女たちはこれから、生き残りをかけて『黒蝶狩り』を行い、
化け物が持っている『万華鏡の欠片』を集める。

絶望と裏切りが渦巻く洋館の中で、未来に希望を見出せるのか―?



サスペンス物という事で期待しつつ、シナリオやら結構不安があった作品。
この作品、公式でネタバレしないでね!と言われてたらしくプレーされた方もネタバレなしで書かれてる方が多かったなぁーという感じ。

実際プレーしてみて、サイケデリカめっちゃ良かったんだけど・・・!と震えるぐらいストライクで大当たりな作品だったんですが、本当にネタばれ見ないでプレーしなくて良かった。これからプレーされる方は、チェックするのは公式ぐらいにして、最低限の情報の状態でプレーするのもいいかも。あとは購入する前に、このゲームは恋愛要素がほぼないと思うので糖度を期待する人は手を出さないのが無難(そこら辺はネタバレなしの感想を読んでみたりしてください)

今回はネタバレ無しの感想にしましたが、完全なネタバレは無理なので見る際にはご注意を
追記から感想です。
-- 続きを読む --

Posted on 13:45 [edit]

category: オトメイト

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター