ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

Home, Honey Home (1)/潮文音   

たまには乙女ゲー寄りなコンテンツでも・・・
ブラコン系の記事をなんとなく見返していたら、明らかにドハマりした時期があって笑ってしまったwシルフ本誌まで買って感想書いてたとか結構頑張ってたな、自分(約2年前)で、感想をちょっと読んでみたら結構アレで自分で引いた。

Home, Honey Home (1) (シルフコミックス)
潮文音
KADOKAWA/アスキー・メディアワークス (2016-06-21)
売り上げランキング: 20,080


大人は、甘くて・ズルくて・嘘つき
一人で生きていくことを決意していた孤独な少女・一花。そこに父親を自称する四人の男が現れる。誰が本物なのか、それとも全員嘘つきなのか――。きわどい関係を描く、年の差恋愛ビジュアルストーリー。


急に11人も兄弟が出来た話や、マネージャーとアイドルの恋模様を描いた話(フォルティッシモ2巻から積んでるなー)なんてのもありますが今作はいきなりお父さん(候補)が4人も現れた!という話でした。
ちなみに、シナリオライターはノルンでお馴染みの潮文音さんでイラストは雲屋ゆきおさんです。雲屋さんは少女小説では結構お馴染みな方なのだけど、乙女ゲーのガーネット・クレイドルの原画も担当されてましたね。ビジュアルストーリーなのでイラストが多くて、雲屋さんのイラストを堪能出来るので最高(なので活字嫌いの方にもオススメ)

大好きだった祖父を亡くしてから一人ぼっちで大きな古いお屋敷に住む主人公の元に、突然父親(自称)が4人も現れてそれぞれ自分が父親だとそれぞれ主張して・・・という感じでした。
ちなみに、お父さん候補は、建築士な冬陽さん、英語講師な(ちなみに主人公の高校の)蛍さん、人気俳優な千晃さん、職業不明・不思議系な葉介さんという感じでそれぞれ癖がありそうな感じ。
女優だった主人公の母親と何かしら関係があったのだろうけど、自分と付き合ってた!と主張する人もいるしで(ただし4股する女性ではなかったらしい)今は誰が嘘つきなのかがわからない(一様、DNA鑑定を~的な話は出てくるのだけど何だかんだで最低5年待ちらしい)
今のところ、気を許してるのは葉介なのかなぁ。一番、一花に寄り添ってくれてるというか(不思議系ゆえに)なんだかチャラい千晃は、色々隠してる部分がありそうだな(ちなみに叔母は母と付き合ってたと主張)蛍は必死で主人公の父親であろうとしてるしてる感じがするかな(主人公とは音楽好きという共通点がある)冬陽さんは、真実なんて置いといて俺の娘になれよ発言からお父さんではないのかもしれないけど、何か理由があって一花を庇護しようとはしてるのかなー(千晃とは高校からの腐れ縁)

1巻の時点では主人公の一花が一緒に暮らして自分で父親が誰かを判断するという感じで終わるのだけど、これは家族物になるのかそれとも恋愛に発展してしまうのか(個人的には幼馴染な弁護士のロク先生を押したい。制服フェチだけど結構イケメンだし優しいし!)この中に嘘つきは間違いなくいる訳で、何故父親を名乗って一花に近づいてきたのはも気になるところ。
あと主人公の一花が誰にも頼れない状況なせいで、甘えべたな子になってるので4人のパパたちにこらから甘やかされればいいよ!となりました。彼女、基本ツンドラというか塩対応で、千晃と初めて会った時の「若い子大好きなんだ。君いくつ?」→「八十歳です」のバッサリ感に笑ったw

スポンサーサイト

Posted on 21:17 [edit]

category: ビジュアルストーリー

tb: 0   cm: 0

フォルティッシモ1+シルフ2月号  

久しぶりにこのカテゴリーの記事を見返してたら、一時期毎月のようにシルフを買って感想(しかも結構長い)をあげていて若干引き気味な自分がいます。記事の日付をチェックしてみたら、一様完結して1年たつんですねぇ。最終巻が出たといっても、コミカライズやら色々展開は続いているのでむしろ俺達はこれからだ・・・!感がすごい

という事で、フォルティシモ1巻買ってきました。
(勝手に、ブラコンコラボの特典がつくと思っていてアニメイトオンラインで買ってしまった。
シルフの表紙がブラコンとのコラボってだけだった・・・送料ェ)

【Amazon.co.jp限定】フォルティッシモ (1) 特製ブロマイド ♯003 付 (シルフコミックス)【Amazon.co.jp限定】フォルティッシモ (1) 特製ブロマイド ♯003 付 (シルフコミックス)
(2014/12/19)
ハラダサヤカ

商品詳細を見る

フォルテ、全員で表紙。ブラコンとはまた違ったキラキラ感があっていいですね!スタイリッシュ
1話の時は本誌で読んだので(感想)そこは流し読みしつつ、2話へ。

プロモーション部に配属希望だったのに、まさかのマネジメント部に配属され人気アイドルのフォルテの担当にさせられてしまいます。フォルテのメンバーは個性的で振り回されるし、何よりフォルテは人気のアイドルという事で忙しい・・・!らいので新人な双葉はひーひー言いつつもまじめに仕事をこなしていきます。
最初はアイドル?あんま興味ないんで・・・という感じだったんだけど、メンバーの活躍を間近で見てプロってすごいな、と考えを改めていきます。ただあくまで業界人側の視点からみてという感じだと思うんですけどね、純粋に好きとは違うというか(仕事なので当たり前かもですが)
メンバーについては、永遠ちんは風斗系タイプなワガママなタイプかな。フォルテよりも自分!な感じ。そして風斗に対抗心を抱いてるのかな?理くんはまだよくわからないけど、今のとこ穏やかな感じ。拓眞は1巻ですでに、フォルテに必要な存在だよ!と言ってくれた双葉ちゃんに手を出そうとしてけど、本当はチャラそうでピュアそう。清家さん、口をひらけばえーいちえーいちという彼ですが、ちょっと何を考えてるわからん。ただ瑛一朗の姉(女優)の事が・・・?という感じなのでどうなるのかな。赤星さんは、文句なしに格好いいと思う。さすがリーダーで(たぶん)メインヒーロー様。
なれない仕事にいっぱいいっぱいな双葉ちゃんをさり気なく気を使い、ガス抜きさせようとしてくれる、そしてフォルテを誰よりも大事に思って良いグループにしようとする姿をみて惚れない訳がない(断言)
まだまだ1巻なのでなんともいえないけど、それぞれ個性的で(人数も少ないし)良いなー。
サブキャラの元マネの月城さんや、週刊誌編集部の松永さんなんて厄介そうで面白いですねw話をややこしくしそうで

フォルテのマネジャーをするようになっても、あくまで仕事だからという感じだった双葉にラスト瑛一朗がフォルテとしてアイドルの魅力を見せ付けて、彼女も彼にひと時夢中になってしまったようなのでこれからどうなっていくのかな。

双葉ちゃんは『哀れなシンデレラ』だそうなので、これからの展開がちょっと不安だ(明らかにフラれてるし)


一緒に買ったシルフ!ブラコンとのコラボで、椿と瑛一郎です。なんで椿とだったのかはわからないけど、でも他のキャラは想像出来ない(笑)
シルフ 2015年 02月号 [雑誌]シルフ 2015年 02月号 [雑誌]
(2014/12/22)
不明

商品詳細を見る


フォルティッシモは第5話「シンデレラ、動揺する」が掲載されてたんですが、4話(1巻は3話まで)を読んでないので単行本化まで待つことに。カラーな理くんが中の表紙だったので、彼中心な話なのかな?
他にも、コミカライズ(中川わかさん)やブラコンのショートストーリー(双子)が載ってました。結構、番外編のコミカライズが面白かったので単行本欲しいかも。あとSSは安定の双子だったので、この二人はずっとこうなんだろうなーって(笑)
あと復刻で梓の眼鏡を紙上通販するそうです。
ブラコンのライターさんが担当しているビジュアルノベルも連載されていて(平安物)ちょっと面白そうだなーと。活字作品が2つも連載されてるんですね、今。

Posted on 12:26 [edit]

category: ビジュアルストーリー

tb: 0   cm: 0

フォルティッシモ第1話「シンデレラ、お城に乗り込む」  

この前、久しぶりにアニメイトに行き、せっかくだしシルフとぷるぷる新刊とかつて悪と魔法少女は~な新刊コミックスを買おうぜ!!(別に地元でも買える)とノリノリな気分だったんですが発売日を勘違いしてて(雑誌だと発売日+2日)、結局ぷるぷる新刊だけ買って帰ってきました(笑)ぷるぷるも楽しみにしてたので良いんですが、何と言うかほくほく感がもっと欲しかったwでもアニメイトはやっぱりコミックとか色々と充実してて見てるだけで面白かったです。

シルフ 2014年 09月号 [雑誌]シルフ 2014年 09月号 [雑誌]
(2014/07/22)
不明

商品詳細を見る

さて、今月号からフォルティッシモが連載されるという事で自分も買ってまいりました。新連載の方に合わせてブラコンの方も色々展開されるようで、OVA化と中川わかさんのコミカライズの連載などが決定したそうですよ(付録としてブラコン小冊子が付いてきます)あと全員サービスは朝日奈家三つ子のにゃーにゃーにゃーラバーストラップらしいです。

今回色々他の作品を読んでみて、個人的に「ココロ★ノート」が面白くて続き読んでみたいなーと。あとは結構4コマの「雛菊家の人々」も好きで買ったら読んでますw

という事で、続きから感想です。
ネタバレ注意
-- 続きを読む --

Posted on 11:53 [edit]

category: ビジュアルストーリー

tb: 0   cm: 0

小冊子「フォルティッシモ ナビゲーション」を読みました  

ブラコンコンビの新作「フオルティッシモ」の連載に先駆けて、今月のシルフに小冊子が付いてくるよ!って事で久しぶりにシルフを買ってみました。小冊子目当てだけに、本誌を買うのは結構もったいないかな・・・と思ってギリギリまで結構迷ったんですが、プロローグも掲載されてたので個人的には買ってよかったかな(キャラクター紹介+SSなので(付録としては)割と充実してたかも・・・?)

※畳んでないので、ネタバレ注意です
シルフ 2014年 07月号 [雑誌]シルフ 2014年 07月号 [雑誌]
(2014/05/22)
不明

商品詳細を見る


新作タイトルは「フォルティッシモ」だよ!と聞いて、自分は風斗の所属しているフォルテを連想したんですが間違ってはいなかったと・・・(笑)せいぜいブラコンと同じ世界観ぐらいかと思ってたんだけどなー、まさかフォルテをメインに持ってくるとは。内容はザックリ言えば、マネージャーとアイドルとの切ない恋物語という感じなようです(たぶん)

完全オリジナル作品を楽しみにしていたのもあるし、ブラコン完結したのに風斗出てきちゃうの!?ちぃちゃんはもう良いの!?(いや、もう昴とくっ付いたけど)という感じで複雑だったんですが、プロローグを読んだ限り風斗はアメリカに行きっぱなしでメンバーなのにサブキャラみたいになってたので(プロフィールにもいなかった)そこは安心しました。

プロローグの方は、主人公のふたばがフォルテのマネージャーに採用されるまでの話で、今はごちゃごちゃなフォルテだけどふたばという「新しい風」によって変わっていくかも・・・という感じ
フォルテのキャラも出てきてたので、この人たちはこんなキャラなんだなーと。瑛一郎、涼(セカンドではちょいちょい出てきていたね、清家さん)、拓眞、理、永遠がメンバーなんですがそれぞれキャラが魅力的そうで良いかも(キャラクターもそんなに多くないし 笑)フォルテはメンバー同士の仲が悪い設定だけど、思ったよりギスギスしてなかったような気がする。確かに仲良しこよしって感じはしなかったけど。

フォルテのマネージャーとして奮闘する内に、ふたばはメンバーの一人に恋してしまって・・・という感じになるみたいですが「どうせ彼はわたしのことなんて見ていない」と書かれていたので、ブラコンとはまた違ったタイプの話になりそうですね。
ふたばが恋をするのはたぶんメインっぽい瑛一郎なのかな?「報われないってわかっているのに・・・なんで俺のことなんか」っていう言葉がまた切なげ

連載はシルフ9月号(7月22日)からみたいなので、1話は買って読んでみようと思ってます。

Posted on 12:41 [edit]

category: ビジュアルストーリー

tb: 0   cm: 0

BROTHERS CONFLICT 2nd SEASON (5)+13Bros.MANIAX   

発売されてから結構間が空いてしまった!



ブラコン最終巻です。と、いってもシルフ本誌で最終話は読んで感想も書いているのでそんな書くことは無いんですけど、やっぱり最後なので。今回単行本とコミックス両方とも結構分厚いので読み応えがありました。一様3話+おまけが収録されてるんですが、半分ぐらい最終話です。シルフ掲載時もそこそこな長さだったんですが、今回単行本収録にあたってかなり加筆されているのでさらに長くなっていました。
ファンブックの方は、全38話のプレイバックやエイプリール企画や第1話リトライ版や朝日奈家のその後が書き下ろしされてたり盛りだくさんだったので、個人的にはオススメ!

今まで単行本の感想は隠してなかったんですが、最終話なので畳んどきますね!
続きよりネタバレ注意です。
-- 続きを読む --

Posted on 13:32 [edit]

category: ビジュアルストーリー

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター