ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

茉莉花官吏伝 皇帝の恋心、花知らず/石田 リンネ  


茉莉花官吏伝 皇帝の恋心、花知らず (ビーズログ文庫)
石田 リンネ
KADOKAWA (2017-07-15)
売り上げランキング: 166,393


後宮の女官の茉莉花は『物覚えがいい』というちょっとした特技がある。そんな彼女は、名家の子息のお見合い練習相手を引き受けることに。しかしその場にきたのは、お見合いをしてみたかったという皇帝・珀陽で!?しかも茉莉花の特技を気に入った珀陽は「とりあえず科挙試験に合格してきて」と言い出し…!?皇帝に見初められた少女の中華版シンデレラストーリー!


長らく積んでましたが、ひとまずもっと早く読めばよかった・・・と思うぐらい、楽しめたシリーズ。早く続き買って読みたいぞ。恋愛色は安定の薄さだったけど、ヒロインとのチート加減とのバランスがとても良いなと(固過ぎず良い具合)

女性官吏はいるけれどあくまでも大学へ行けるのは裕福な家の子女だけで、平民の茉莉花が官吏を目指すのはまだ異例。
適性のある女性が管理を目指せるような時代がやっと来たという感じだそう。

今の生活(女官)に満足していた茉莉花が、とあるきっかけで皇帝に出会いそこから世界が広がっていく・・・という感じがとても読んでてワクワクしました。「一度覚えたら絶対忘れない」という才能があるけど、過去に失望された経験から努力して高みを目指すことを恐れていてた茉莉花が、大学へ行き、新たな人物に出会った事によって物事に本気にぶつかるようになり精神的にも成長してくのも良かった。春雪くんも何だかんんだ良いやつだし、きっとこれから長い付き合いになるんじゃないかな?(素で言い合えるような間柄)

天才が学ぶことを覚えたらチートなわけで・・・
覚えたら忘れない特技と、努力で得た知識、そして女官の経験をフルで使いハッタリで堂々と高官な振りを演じきり見事、皇帝の役に立ってみせる茉莉花が生き生きしててとても格好よかったです。

向いているから、ひとまず科挙試験を受けて官吏を目指す事にする茉莉花。まぁ割とみんな向いているから目指していて、崇高な理由は後から生まれるもんだよ!的なのにはなるほどな!と納得。

後世に「茉莉花官吏伝」として残るぐらい有名な官吏になる茉莉花の今後の活躍が楽しみだし、無自覚同士の恋愛も気になるところ(皇帝陛下、無自覚に牽制してて草)ただ皇帝と一官吏の恋愛はご法度だろうから、どうなるのかな?
スポンサーサイト

Posted on 21:10 [edit]

category: B's LOG/アリス文庫

tb: 0   cm: 0

2〜3月の読書メーターまとめ+近況的な  

気づいたら4月新年度でしたお久しぶりです!最近何してたかというと、友人に刀ミュ沼に突き落とされたので、ひたすら真剣乱舞祭2017のアーカイブを暇があったら見続けるという毎日を過ごしてました。阿津賀志山もポチってるのですが(三条推しなので)1部はしんどくて一人で観れない(みほとせはしんどいオブしんどい)
個人的に良くリピートするのは、「Can you guess what? 」「Jackal」「Real Love song by 蜻蛉切」、「mistake」「サヨナラ」「美しい悲劇」。「かざぐるま」は聴くとブワッなるのでダメです(?)
個人的に今まで2.5次元って苦手だったのだけど、どの役者さんもちゃんとキャラクターを掴んでてすごいな・・・と改めて。

とういう事で、ゆとりがあるけれど色々と捗ってません!3月はもっと読めてるかなーと思ったら気のせいでした、むしろ読めてない2月より読めてない(笑)
2〜3月のおすすめはブログ端を参照してください〜今月はこの作品は読むぞ!と決めてるのは、きっちり読みたいです。
ブログにも感想あげれたらいいね。
あと話は変わるけど、連携しているTwitterに画像を表示させたくてTwitterカードを設定したのだけど書影をただ記事にが張るだけでは駄目なんですね?多分???なので結局タイトルだけのシンプル通知のままです

最近、読書系のブロガーさん達がラノベブログの歴史と昔はこの作品にハマってたよ!的な事をまとめていて、とても興味深く読ませてもらってます。自分もラノベブログを参考にしながら作品をリサーチしてた身なので、いづれウチでもやりたいけどただの自分語りになりそうだな(笑)

という事で、追記より読書メーターまとめです(BLもあるよ)
-- 続きを読む --

Posted on 20:23 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました1・2 /永瀬 さらさ  

この手の乙女ゲームに転生して系な話を読むといつも思うんですが、こんなファンタジーでベタベタな乙女ゲーは今ないと思う(笑)強いて言えば、アンジェリークやマイネリーベ(やったことはない)が世界観的に近いのだろうか・・・あとライバルキャラ(悪役令嬢系な)は(プレイヤーにストレスだし)見かけない気もするなー出て来てもヒロイン大好き!を見かける事が多かったかなー(余談でした)



婚約破棄され前世の記憶が甦り、乙女ゲーム世界へ転生したと自覚した令嬢アイリーン。でも前世の記憶は不完全で、破滅フラグが立ったのに、回避方法がわからない。確実なのは、全ての破滅フラグの起点が、ラスボスの魔王クロードだということ。「ではクロード様をわたくしのものにすれば死なないわよね?」かくして魔王の愛を得るために、求婚したり、魔物を助けたり、起業したり…悪役令嬢が狙う、一発逆転ハッピーエンド!?(1巻)


乙女ゲーマー的にも、紫さんが挿絵なのも嬉しいですよね。テンポが良いのでスイスイ読めちゃう気がします。

ポジションは悪役令嬢だけど、素直ではないだけで(しかも高飛車)本当は努力家かつ仲間思いなアイリーンが周りに誤解され過ぎて辛かったけど、本当の仲間内にはちゃんと慕われてて(だって婚約者には手酷く振られるし)安心しました。
こっ酷く振られても、自分の死亡フラグを回避の為に前を突き進むぐらい強い子なのだけどでも婚約解消の事件はトラウマになっててしまっていてセドリック許すまじ・・・!全力で魔王を振り回して、死亡フラグをぶち壊していってラストはリリア陣営に倍返しスッキリしたのですが、恋愛面では魔王に翻弄されているのにニヤニヤ。ゲームの記憶が不完全なので若干手探りで読んでてハラハラしますが、シナリオを捻じ曲げて(?)自らオリジナルルートを作ってしまうアイリーン様が素敵!

2巻ではまさかの続編に突入で、魔王に隠れてミーシャ学園に乗り込むアイリーンですが生徒会に(のちにメンバーが下僕になる)入ったりとバリバリ目立っていて潜入とは・・・?となりました。相変わらずの行動力なアイリーンだけど、その裏では私は役に立てるから捨てないでの裏返しとか辛い。そして魔王であるクロードはアイリーンにメロメロ過ぎてもはやメンヘラで笑ったw(潜入を知った時、城を凍らせたのにはw)ちょっと魔王っぽくなる時もあるけど、なんだかんだで彼女には甘くて花丸!
今作のヒロインを利用して、周りを引っ掻き回して楽しんでいたリリア。彼女も前世の記憶があり、その知識を自分がプレイヤーとして楽しむだけに利用していて周りの人たちはあくまでゲームのキャラクターでしょ?という考えで、アイリーンとは相入れない感じ。リリアは一作目のキャラたちをアイリーンは2作目のキャラ(婚約者は魔王)を仲間に引き入れたみたいだけど、これから本格的にやり合うのだろうか?ゲームの展開とだいぶ離れてるみたいだし、どう決着を付けるのかぜひ続きを読みたいです。
しかし2作目のヒロインであるセレナは色々小物すぎて逆にかわいそうだったな。

Posted on 17:00 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

なんちゃってシンデレラ 王都迷宮編 異世界で、王妃殿下はじめました。/汐邑 雛  



地下迷宮の迷子騒動から、夫・ナディル直々のお迎えにより、ようやく帰ることができたアルティリエ。権謀渦巻く後宮事情、偶然かいま見た下町事情を学んだことにより、ようやくこの異世界で王妃となる決意をかためる。ところが、アルティリエ襲撃の裏側には、意外な人物がいたことがわかり…!?転生幼妻、ついに成人で旦那様とのラブも急上昇!!


個人的に推しているシリーズなんですがなかなか感想が書けず・・・。そんなこんなで王都迷宮編完結でした。
前巻で孤児院の子供達と接し、自分が目指すべき王妃像が定まったという感じでしょうか。孤児院の子供達もきっと「お嬢様」と接した時間がかけがえのないものになったのではないかと。もう会えないかもしれないけど、確かに絆があるんだとパレードのシーンを読んで思いました。

ナディル殿下は相変わらずアルティリエを溺愛してるし、ルティアも誰よりも信頼していて、お互いが唯一無二の関係という感じなんだけど、この関係に至るまでお互い努力して来たんだとフィル=リンに言った言葉がとても印象に残ってます。確かに年の差15歳だしお互いが歩み寄らないと噛み合わないよね。

今回黒幕が(周りの者が利用して勝手に引き起こした感じだけど)今まで名前ぐらいしか出てこなかったエオル殿下(ナディアの双子の兄弟)だったのはちょっと腑に落ちない感じだったかな?ルティアに淡い恋心を抱いていて、それを利用されてという感じだったけどそこれ辺をもっと掘り下げて欲しかったなぁ。

ついに王と王妃になり・・という感じで綺麗にまとまっていているのだけど、まだ色々と掘り下げられそうだしぜひシリーズ続いて欲しいですね。

Posted on 21:03 [edit]

category: B's LOG/アリス文庫

tb: 0   cm: 0

錬金術師は禁じられた現を超える ~マンドラゴラの妙薬と人魚姫の恋~/一原 みう  

ブログ更新停滞(極)してます〜(苦笑)今日は久しぶりに感想をあげれそうで気持ち的にやったぜ!という感じ。
今月はもう少し読書に時間を割いて、感想をあげるようにしたいと思います。まぁ3月も後半戦ですけどね。読書まとめは2〜3月合併号で近況を交えて書きたいと思ってます!


時を超え記憶を失ったままのセラフィーヌは、錬金術師のカリオストロ伯爵と弟子アレクサンドルとともに、昔住んでいたR女子修道院跡に向かう。旅の途中、謎の青年錬金術師シャルルに出会うが…?



祝!2巻目おめでとうございます!!続刊を全力で喜び踊りだしたかった読者がここにいるので編集部の皆様どうぞよろしくお願いします!!!!

安定のセラフィーヌさんのお人好しっぷりにちょっと苦笑してしまったんだけど、良いように利用されても意地悪されても何事にも前向き捉えられるところがとても好感がもてました。まぁアレクサンドルはヤキモキしてしまうんですけどねw後は、セラフィーヌがちょっとずつ伯爵への特別な感情を抱いてきて自覚をしてきたところもさてどうなるのかな?と。伯爵もセラフィーヌの事を特別な存在だと思ってるだろうけど、彼は恋愛が御法度な錬金術師だしなかなか難しいそうだけど。

相変わらず、当時のフランス(パリ)の不衛生な描写がとてもリアルで読んでてウヘェwとなりました。パリを歩くときは降ってく汚物に気をつけなければならないって(白目)
今回の話に絡んでくるノワイユ伯爵家の姉妹も、シャルルも根は善人という感じでしたね。その反面、錬金術組合Fは弱者の味方を謳ってるけど実際は利益第一でその為なら平気に人を騙すインチキ組織で、それ故にカリオストロ伯爵が邪魔な存在なんだろうな。

ラスト、まさかの師匠であるサンジェルマン伯爵がR修道院のあの人に繋がるとは!という感じで驚いたんですが、セラフィーヌが答えよりもカリオストロ伯爵と行く事を選んだので、この先どんな展開になるのかちょっと不安です。

このシリーズは歴史上の人物も話に絡んでくので読んでてとても面白いです。あと錬金術師だけに、作中の問答に(倫理の授業的な)良く考えさせられました。人魚姫の結末は、姫にとっては満足な結末だったのではないか?幸せかを決めるのかは私自身だ。というのに納得。

ちょっとずつ物語の謎が明かされて読んでてワクワクするシリーズなので、ぜひ旅のラストまで見届けたいなぁと(続き待ってます)

Posted on 20:36 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター