ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

スポンサーサイト  

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Posted on --:-- [edit]

category: スポンサー広告

tb: --   cm: --

政略結婚/高殿 円  

政略結婚
政略結婚
posted with amazlet at 17.07.23
高殿 円
KADOKAWA (2017-06-24)
売り上げランキング: 2,976

加賀藩主前田斉広の三女・勇は、加賀大聖寺藩主前田利之の次男・利極と結婚。やがて家を支える存在になる勇だが―(「てんさいの君」)。加賀藩の分家・小松藩の子孫である万里子。日本で初めてサンフランシスコ万博の華族出身コンパニオン・ガールになった女性は、文明開化後をどう生きるのか―(「プリンセス・クタニ」)。瀟洒豪壮な洋館に生まれ育った花音子の生活は、昭和恐慌によって激変。新宿のレビュー劇場に立つことになった花音子は一躍スターダムにのし上がるが―(「華族女優」)。不思議な縁でつながる、三つの時代を生き抜いた女性たち。聡明さとしなやかさを兼ね備え、自然体で激動の時代を生き抜く彼女らをドラマチックに描き出した、壮大な大河ロマン!


どの時代の女性も時代やお家に縛られながらも、自分の意思を貫いて聞きていく姿が同性としてとても格好良く感じれました。女性はどの時代も逞しいのです。

三遍が収録されていて、「てんさいの君」は加賀藩主前田家の三女・勇の物語で分家である大聖寺前田家に政略結婚で嫁ぎ、お家の為に生きてきたものだけど彼女に取っては充実した人生だったのではないかなと。早くに夫や娘を亡くしてししまっても、そんな時代だったから仕方ないで済ますしかないのが悲しい。自分の感情よりも(子供ができにくかったら、側室を進めなければいし)お家の存続を優先しなければならない時代でした。
ラスト、こっそりてんさいの大根柄のお皿を残していた夫(こっそりてんさいの君と呼ばれていた)の茶目っ気にクスッとなりました。

「プリンセス・クタニ」は前田さんの分家の子孫である万里子の物語で、外国育ちで気も強く女子教育のために学習院女子に入れられたものの貴族階級の決まりにごとに馴染めず早く卒業して外国で自由に暮らしてやる!という跳ねっ返りな少女だったけど、大人になり自分の先祖が治めていた土地を訪れて自分たちの存在がその地の人々の拠り所になるんだ、と気付けるのはやはりそういう血筋だからですよねぇ。お家の為の結婚だったけど、恋愛結婚みたいなものだし「前田さんとして、生きてくださらない?わたしと一緒に」と逆プロポーズするなんて素敵。色々縛られつつも、自分なりに自由に生きていったのだろうな。

「華族女優」は華族に生まれつつも、昭和恐慌のせいで名ばかりの伯爵家になってしまい貧乏育ちな花音子の物語で、戦前のレビュー劇場が舞台で今までの上品な感じから猥雑でどこか薄暗い雰囲気でした、あとみんな生きていくのに必死。
花音子は華族というより女優として前だけをみていたけど、祖父や両親は華族であったことを捨てられなくてきっと新しい時代では生きていけなかったのだろうな。華族というものは戦後間も無く消滅したものだそうだけど、生まれから華族役も多かったけどそれももうない、演じることを祖父や母の妄執のように感じてたけどやっと死んだ、わたしはおそらく最後の華族女優である、のラストはとても感慨深かったです。
彼女は結婚しなかったみたいだけど、東雲のハン兄さんとの悪友のような兄妹みたいな関係がいいなぁと。

三遍ともそれぞれ独立した話だったのだけど、ちょっとずつ繋がってるところがあっておっ!となりました。
あと大根のお皿も時代を超えて大事に受け継がれてるようでなんか嬉しい。
個人的は華族制度の終わりの時代を書いた「華族女優」が好きかなー。

女性が強く生きている物語で、大人向けの少女小説のようでした。とても面白かったです!
スポンサーサイト

Posted on 21:39 [edit]

category: ソフトカバー

tb: 0   cm: 0

公爵令嬢の嗜み (2) /澪亜  

少女小説って基本、巻数表記(1、2とか)がないので片づける時とかすごい不便なんですよね、、、その分サブタイが付いてるんですけどそこで何巻なのかはちょっと解りづらい・・・そんな中、タイトル巻数でサブタイなしでとてもわかりやすいこのシリーズ!

公爵令嬢の嗜み (2) (カドカワBOOKS)
澪亜
KADOKAWA/角川書店 (2016-04-09)
売り上げランキング: 4,164

前世の記憶を活かして商会を設立し、領地の経営も軌道に乗せた私こと令嬢アイリス。とは言え、王子に婚約破棄をされた身。一生結婚せず領地に籠もって生きていく…と思いきや、王城からパーティの招待状が届いて!?


前回は前世の知識をフル活用して領地経営やアズータ商会の事業大きくしたりして結構とんとん拍子に上手くいってたのだけど、今回社交界に出た事によって第二王子派に目を付けられて国教から破門されてしまい読んでてハラハラしました。
さすがにあっさり解決とはいかなかったけど(事が事なので)自分の手札を最大限に活かして最終的にはエルリア妃陣営にぎゃふんと言わせたのは爽快(笑)今回はディーンの力も大きいと思ったけど、アイリスを慕っている面々(護衛組やターニャとか)が絶対に裏切らないというのも大きいよね。

さて、この乙女ゲームの世界観でのヒロインであるユーリ・ノイヤー男爵令嬢がどうやらただの頭ゆるふわ系令嬢ではないっぽいしアイリスの意思に関係なく政治のゴタゴタ系に巻き込まれ始めてるのでどんどん展開が面白くなっている気がする!
ひとまず弟のベルンの目が覚めたのは良かった・・・近づいてきたユーリをバッサリしたのは本当にGJ
ディーンとアイリス二人とも恋愛よりも・・・という感じで、今は信頼できる仕事仲間という関係(アイリス的には)なのかなーと思うんですがその関係がこれからどう変化していくのかも少女小説読み的には楽しみです。

Posted on 12:59 [edit]

category: ソフトカバー

tb: 0   cm: 0

公爵令嬢の嗜み/澪亜  

タブレットを活用しよう!という事で電子書籍です。カドカワBOOKという事で、発売日に配信とかスゲー!

「これって乙女ゲームのエンディングシーン?」前世の記憶が蘇ったのは、床に押さえつけられた悪役令嬢(私)が婚約者だった王子に婚約破棄をされる場面…ってこの場面、すでに私にとってのバッドエンドを迎えてる!?なんとかその場を切り抜けて、父である公爵との交渉の末、領地の経営を任されることになった私こと、令嬢アイリス。前世の知識を使って、商会に始まり銀行や学校の設立に奔走するワーキングお嬢様の物語、ここに開幕



乙女ゲームに転生しちゃった系な話なんですが、前世の記憶が戻った時にはすでにBADENDで回避不可能でもう教会幽閉ED確定じゃんと早々に主人公の人生は積んでしまうのか・・・と思いきゃ、最終的に領主代行として領地を治める事に。
前世(30代の時に不慮の事故で亡くなってしまったらしい)で税務事務所で勤めてたらしく、知識をフル活用して領地をバリバリ自ら発展させていいくので読んでて気持ちいのですが経済系の話題が多めなのでやや硬く小難しいかなーと(わたしの頭もややスカスカなんですが)

主人公アイリスは作中では悪役令嬢でヒロインをいじめ抜いたらしいので味方がいない状態なのかな?と思ったら、使用人には慕われてるし母親には溺愛されてるしなんか安心した。むしろ姉を断罪した側についていた弟ベルンが公爵領の面々にフルぼっこにされていて笑ったwというか弟君、我に返ってよかったよ
元は典型的なお嬢様という性格だったみたいだけど、前世の記憶がよみがえってからは理性的というか思考がサバッとしてて(中身が三十代だからか)個人的に好感が持てる主人公。ただ前世の部分が強いので、もはや別人と思わなくはないけど。
あと公爵令嬢なのに庭でヨガしちゃうしw

ラスト、さて戦場(王宮)に行きますか、なところで終わってしまってしまったので続きでますよね??アイリスには華麗に社交界に返り咲きして欲しい、そしてお花畑な第二王子一派にぎゃふんと言わせて欲しいです。
あとお嬢様とディーン(第一王子)との関係もどう変化していくか恋愛面にも期待しています。

イラストが双葉はづきさんで表紙とカラーピンナップがとても良くてちょっと紙で買えば良かったかな?と(タブレットなのでカラー表示ではあるんですけどね)

Posted on 15:05 [edit]

category: ソフトカバー

tb: 0   cm: 0

she&sea 華とけだもの/糸森 環  

3巻目はジェルドが表紙・・・・!



異世界トリップをして海賊王ガルシアに拾われた少女、笹良。海賊王の寵姫“冥華”として大事に扱われる立場から一転、奴隷をかばって同じ境遇に落とされることに!


今回も加筆が結構多かった気がします、たぶんクラゲとかロンちゃんとかのシーンなかったよね?
笹良と海賊たちのやり取りが読んでて楽しいです。ヴィーはお兄ちゃんだし、ジェルドは完全に笹良に懐いてて可愛い(あの仲直りのシーンが好き)
普段は気の良い奴らなんだけど、やっぱり海賊なので残酷なのが当たり前。平和な日本育ちの笹良には彼らの行動が理解できない、彼らも彼女の考えが理解できないので色々交わらないのが悲しいですよね。
海賊に捕まった人たちを純粋に助けたくて奴隷に身を落とす決意した笹良だったけど、「ガルシアの関心を失わないために」という気持ちも少なからずある事に気づいて苦しんでしまう姿が読んでて痛々しかったです。
奴隷に落とされて過酷な状況になってしまうけれど、いつまでもヘコんでないで前向きな笹良が良かった。

今回、貴族などの陸の人間が海に干渉しようとしてる事や他の船長たちが出てきたり(お父様、結構色男だったのね!)なんだか笹良を取り巻く環境がより複雑になりそうだなーと。
そしてラスト冥華=生贄だという事がわかっても、恨みごとをぶつけずに海賊たちを心配する言葉を残していくなんてなんて良い子なの・・・ガルシアは笹良にキスまでしても最後はやっぱり突き放すんだから酷い男だ・・・

Web版読んでるけど、やっぱり続きが楽しみなのは変わらないので続巻お待ちしています。次は誰が表紙になるのかな?

Posted on 17:11 [edit]

category: ソフトカバー

tb: 0   cm: 0

本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第一部「兵士の娘I」/香月美夜  


本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第一部「兵士の娘I」本好きの下剋上 ~司書になるためには手段を選んでいられません~ 第一部「兵士の娘I」
(2015/01/25)
香月美夜

商品詳細を見る

幼い頃から本が大好きな、ある女子大生が事故に巻き込まれ、見知らぬ世界で生まれ変わった。貧しい兵士の家に、病気がちな5歳の女の子、マインとして…。おまけに、その世界では人々の識字率も低く、書物はほとんど存在しない。いくら読みたくても高価で手に入らない。マインは決意する。ないなら、作ってしまえばいいじゃない!目指すは図書館司書。本に囲まれて生きるため、本を作ることから始めよう!本好きのための、本好きに捧ぐ、ビブリア・ファンタジー開幕!書き下ろし番外編、2本収録!


とある感想サイトさまで見かけてちょっと気になってたところ本屋でたまたま見かけて購入。
なろう作品は読むの初めてかな?

トリップ物は読んだことあるんですが、転生物は初めて。
女子大生だった麗乃がうっかり死んでしまって、兵士の娘に転生してしまいましたという感じなんですが、元々存在していたマノンに麗乃意識が入りこんでしまった感があってちょい違和感。前世の記憶があるからかもしれませんが、マノンと麗乃がイコールでつながらないかな。お姉ちゃんのトゥーリもむしろ妹みたいに思っちゃってるんじゃ的な(笑)

活字中毒だったのに転生した先は本がなくて(庶民には手を出せない)うわーーーー!!となってしまうんだけど、じゃあないなら作ってやるさ!とひとまず紙やインクから作ろうとするマノンが逞しい(どれだけ本好きなんだ 笑)
あと転生した先の生活水準がだいぶ低くて衛生面がよろしくない描写がちょっとリアルでマノンがドン引きしてるのが良く伝わってきました(笑)少しでも身の回りの綺麗にしようと麗乃時代の知識をフル活用して、どんどん衛生面を改善していくのも面白かったです。あとマノンのレシピが美味しそう。

体が虚弱過ぎるという(何か理由があるみたい)ハンデはありますが、麗乃時代の知識があるのが彼女の強みですね!あと就活の対策がばっちりで(前世では司書に内定してたみたいだし)ちょっと笑ってしまったw「それは圧迫面接ですよ!」とか(笑)一部の人間には頭がよすぎて違和感を持たれているみたいで、それがどうこれから影響していくかなぁーと。

この作品、すごく長いらしく(まだ完結してないらしい)どこまで書籍化されるのかが微妙なんですが出来るならばラストまで読みたいなぁ。ひとまず今月2巻目は出るそうなので近い内、続き読みたいな。

Posted on 16:23 [edit]

category: ソフトカバー

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。