FC2ブログ

ひとりあそび

気ままに、読んだ本の感想を中心に綴っています

十三歳の誕生日、皇后になりました。2/石田 リンネ  



ちょうどいいから、で赤奏国の皇帝・暁月の皇后となった十三歳の莉杏。暁月との仲は、“かくれんぼ”をして遊ぶおままごと夫婦のままだ。それでも『皇后』らしく、後宮で起きたもう一つの冠の謎や、新たな妃候補との対決を経て日々成長していく。そんななか、暁月が白楼国の皇帝に呼び出された!!莉杏は暁月の不在を政敵の目から隠すことになり!?


赤奏国治安話、悪かったんだ・・・!(そうだった)
普段、年相応で陛下大好きな13歳の女の子な莉杏だけどいざとなったら普段の遊びを活かして皇后よりの流れにしたり暁月が助けに来るまで2人だけがわかる隠れんぼをして敵から隠れるとか賢いだけじゃないのは莉杏ですよ。あと守られるだけでなく暁月の皇后としてあろうとする姿が格好良いです。そんな莉杏だからこそ皇后として期待しちゃうんだろうな。
あと自分が思っている以上に莉杏が可愛くてしょうがないと思うな(ニヤニヤ)
本編で暁月が白楼国でやりたい放題してきたそうなので(白楼国の皇帝の命っぽそうだったけど)ひとまず本編を読むのが良さそうですね。
スポンサーサイト



Posted on 20:57 [edit]

category: B's LOG/アリス文庫

tb: 0   cm: 0

十三歳の誕生日、皇后になりました。/石田 リンネ  




十三歳の誕生日、赤奏国の皇帝に後宮入りを願い出た莉杏。ところが謁見の間にいたのは、“正規の手段”で帝位を簒奪し、新たな皇帝となった暁月だった!莉杏は「ちょうどいい」と皇后にされるが、一緒に寝始めても湯たんぽ代わりのまるで子供扱い。それでも莉杏が眠れるようにと、暁月は毎夜問題を出してくれて!?夜毎に夫婦の絆が深まる恋物語!


ちょうど良いで夫婦になって割にはもはやおしどり夫婦でふふふとなった。莉杏が小さいからかもしれませんが、毎日一緒に寝て(暁月は布団を温めるのも皇后の仕事だよとか言っちゃってる)暁月に問題を出されて考えながら寝ちゃうとか(莉杏がね)年相応の部分もあって可愛いです。なのですが、彼女が問題を解決するときは関係者の視点になって考えるのがとても賢いしいざとなっったら13歳の子供である自分も利用して暁月を助けるんだから、末恐ろしい皇后陛下ですね。と言いつつどんな素敵な女性になるのが莉杏の成長が楽しみ。
この作品は「茉莉花官吏伝」(だいぶ前に1巻読んだだけ笑)のスピンオフだそうなので、6月に3巻も出ますしこちらを先に読んで、本編でどう絡んでくるのか気になるので積んである茉莉花の方も読んでいきたいと思います。

Posted on 21:03 [edit]

category: B's LOG/アリス文庫

tb: 0   cm: 0

かくりよ神獣紀 異世界で、神様のお医者さんはじめます。/糸森 環  



名により本質が定められる『此の世』――亥雲の国に転生した八重。ある日、化け物に襲われた八重は、かつて神だったという金虎・亜雷を解き放つ。俺様な彼に振り回されて弟捜しを手伝うが、見つけた弟・栖伊は本質を失い、異形と化す病に冒されていた。亜雷は、独特な魂を持つ八重ならば栖伊を治せると言うが……? 「俺はおまえのために解き放たれた」アブない虎に懐かれて、魂の意味を取り戻す“神様治療”はじめます!



異世界なのだけど、現代の日本の物(空き缶とか、ただし大きい)とか民衆に伝わる言葉遊び的なのがとても良いです。言葉遊びが楽しい糸森作品。

精神年齢が大人(いわゆる見た目は子供、中身は大人)なので八重さんが冷静に突っ込むのと、前世寄りの性格なので人に好かれたいから断れないとか結構グッさりきますな。
それにしたって勝手に嫁入りさせられて、途中で囮にされて、そして無性の力を当てにさせれ引き受けるのは人が良すぎるぞとなりました。あとまじもふもふ。

八重がうっかり(?)救った亜雷と亜雷も絶対まだ何かあるぞ〜〜(花神のムチ展開を思い出すんだ・・・)八重を守ってくれるだけの存在じゃない。
御朱印帳の旅も始まることだしこのシリーズは長期でやった方がずっっと面白くなりそうだから、お願いしますよ!角川さん。

Posted on 23:16 [edit]

category: ビーンズ文庫

tb: 0   cm: 0

蟲愛づる姫君の蜜月/宮野美嘉  

(今まで使っていたamazletが気付いたらサービス終了に・・・・ショック)


国王とその妃の、奇妙すぎる夫婦関係とは?
恐ろしい毒蟲たちと、それらが生み出す蠱毒をこよなく愛する変わり者の姫君・李玲琳と、その夫にして魁国の国王・楊鍠牙。若く美しく文武両道のパーフェクトキングのくせに、過去の諸々の経験ゆえにとことん不幸体質な鍠牙は、いつか妻に殺されることを夢見ているし、玲琳の夫の扱いときたら蟲以下だ。周囲から見れば奇妙すぎる夫婦だし、実は本当の意味ではまだ夫婦になっていないのだが、どうやらそこに愛はちゃんとあるらしい。
さて、大国・斎から玲琳が嫁いできて、はや八ヶ月が過ぎた。もともと小柄ながらそれなりに背も伸びて、少女から女性になり始めた玲琳と、鍠牙の夫婦関係が先に進むことを周囲の者たちは期待するが、肝心の国王夫婦にはまるでその気がないらしい。中でも気を揉むのは、斎国時代から玲琳に長年仕えてきた侍女の葉歌だ。彼女はある日、玲琳に「国王とずっと仲良くいられる毒」なるものを飲ませ、その翌日、忽然と姿を消してしまった。玲琳はいなくなった葉歌を探すため、蠱師として彼女を「呪う」ことにするが……。
大人気! 中華ファンタジー史上最高に奇妙な国王夫婦の物語、第3弾!



一番まともなのが玲琳な気がする。旦那様は安定のメンヘラだからお留守番も出来ないの(語弊がある)
ただ蠱毒の力が失われた事と、何より葉歌が消えた事は無自覚に不安に感じてたと思った。
今回蠱毒の里の事や、そこのに存在する森羅(葉歌)という暗殺者の事、そして今回の本当の黒幕である玲琳の母の仕掛けを打ち破ったので物語に一区切りついたかな。好きなシリーズなので続いて欲しいなぁ。
ラストの短編では玲琳の母と皇帝の馴れ初め話が。皇帝は自分が暗愚である事そして彩蘭を後継にしたいけど母親の身分が低く息子たちが邪魔だから殺して欲しい、そして母は近親婚のし過ぎで短命な事に気づいてのそして皇帝の血を入れれば良い子供ができる・・・・と、利害の一致だったんだなぁーと。短いながらも意外性があって面白かった。

Posted on 22:02 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

3月読書メーターまとめ  

気付いたら4月の中頃で、しかもコロナで予定が順調に全部潰れていて世知辛世の中だ・・・・辛い
早く元の生活に戻りたいものです。
読書もたぎる訳(仕事は忙しいというか通常通りなので)ではなくあまり読めてなくてむむむって感じです。今月もう少し読めるかしらー


やっとUnnamed Memoryの1巻を読破してちょっとドヤってます笑 これは巻が進むごと楽しくなるやつだな!とひとまず2巻は書いました(ちょっと分厚さに怖気ついてる)



追記より読書メーターまとめです。
-- 続きを読む --

Posted on 21:31 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター