FC2ブログ

ひとりあそび

読んだ本、プレーしたゲームなどの感想を中心に綴っています

さくら花店 毒物図鑑 夏の悪夢/宮野 美嘉  



さくら花店 毒物図鑑 夏の悪夢 (小学館文庫キャラブン!)
宮野 美嘉
小学館 (2018-09-06)
売り上げランキング: 149,082

住宅街にひっそりとたたずむレトロな雰囲気の「さくら花店」。一見ごく普通のフラワーショップだが、ここにやってくる客は、傷ついて病んだ魂を抱える人ばかり。苦しむ人の心を癒そうとする花の願いを聞き、その手助けをしているのは、植物の声を聞くことができる店主の雪乃だ。本日店にやってきたのは、美しい妹のために白い百合を買い求める女子高生。雪乃が感じた嫌な予感の正体とは?花に呼ばれると危険もかえりみず走り出してしまう雪乃を見守るのは、人嫌いで無愛想な樹木医の将吾郎。風変わりな夫婦が、植物にまつわる歪んだ事件を解き明かす!



続きがでて良かった!(キャラブン後書きないし)
宮野さんの少女小説とか読みたいけど、難しいのかな。他のルルル文庫作家さんとか復活してほしい(宇津田さんとか、深山さんとか)

夫婦なんだけど、どこかお互いの気持ちに気づいてない感がある。
自分達が思っている以上に、両思いだと思うぞ。どこか風変わりな佐倉夫婦なんだけど、結婚に至るまでに宙ぶらりんな関係にモヤモヤした時もあったのね!と新鮮になりました。「結婚してくれ」とプロポーズするごろーさんめっちゃ照れてて可愛いところもあるんだねw個人的に、雪乃さんのごろーさんを幸せに出来るのはわたししかいませんから!と言い切る雪乃さんが素敵・・・!

あと同居人のヒロくん、佐倉夫婦には懐いていて雪乃の後ろを雛鳥の様に付いて行って可愛いなと思ってしまいますw
コミュ障かつ心が子供の様で繊細だけど、彼なりに花屋の仕事頑張っているしね・・・
ヒロくんにはちょっと弱い夫婦にはニヤニヤしてしまう。

さすが宮野さんという感じで、相変わらず人間の見られたくない汚い部分をドロッと書くのが上手いなと。現代ものだからか、さらにリアルでエグいというか・・・
モブだと思っていた、パートの楠さんがなかなかの過去を持っていてヒィ・・・・!となりました。今はとても幸せだそうですが、それは花に癒されたから?
あとは人間大事な物を奪われた時(奪われそうになった)なりふり構わずいくらでも残酷になれるもんですよね、きっと。

読み切り形式ですが、またシリーズの続きが読めたらいいな!
スポンサーサイト

Posted on 20:06 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

9月の読書メーターまとめ  

またお久しぶりになってしまいました・・・!
北海道胆振東部地震が起こり、いっときはどうなるかと思いましたが今はすっかり日常通りに過ごしています。
今日で地震から1ヶ月です。思ったより早く通常通りになりましたが、震源地である厚真はやはり状態が酷いようです、少しでも早く復興が進めば良いなと。
あと今回、被災して思ったのはSNSのガセネタが多い事。自衛隊の人が言ってたんだけど〜等。
ガセ情報で軽くパニックになってる人もいたので、SNSを鵜呑みにしてはダメだなと(もちろん危険に備えるのは大切ですが)

今月は潔くブログに感想書くのは休もう!ってことにしたのですが(読んでもなかなか感想を書く余裕がなかったので)竜宮輝夜記 、異人街シネマの料理人の最終巻はとても面白かっただけに悔しいです。
あとウィングス本誌の金星特急の番外編も読んだのですが、すっかりパパな錆丸や桜ちゃん、安定の仲間たちが出てきてどこか懐かしい気持ちになりました。旅を終えた者たちの物語という感じで、少しさみしくもありましたが(もう続きが読めない的な)


最近感想をあげれてなくて、読書ブロガーとしてどうなの?って感じなのでボチボチ頑張りたいと思います。今月更新しなさ過ぎて広告にブログがサンドイッチされてる、見辛い(笑)
もちろん、ストレスにならない程度にね!本も読むぞ!

追記より読書メーターまとめです。(BLもあるよ)
-- 続きを読む --

Posted on 11:50 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

8月の読書メーターまとめ  

あ、9月だ。今年もあと3ヶ月しかなくてスンッてなってます。
てか今月読書メーターのまとめしか書いてなくて(忙しかったかと言われればどうだっけ?という感じ)読書ブロガーとしては少々反省(自己満で書いているとしても)

最近では令嬢エリザベスシリーズがとても面白かったです。
今2巻目に入ってるところですが、三角関係にじれじれしてしまいます(どっちもタイプが違えど魅力的だから困る!)
1巻目の感想は書けなかったのですが・・・今月出る完結巻を読んだらまとめて感想上げたいと思います、はい。


あとはだいぶ積んでいたら、いつの間にか完結していた「Home Honey Home」シリーズの2巻を読んだり。
この作品4巻で完結してるのですけど、あと2巻で綺麗に終われるのだろうか・・・・
ノルンのライターさんだけあって、キャラや掛け合いなどがとても魅力的だし雲屋さんのイラストもとても素敵(同人誌買わせてもらいました・・・というかそれがきっかけで続きに手を付けた)
今年中には完結まで読みたいです。


8月も全然読書が出来なかったので(暑さとアプリゲーのせいだ!!)、今月は作品を何冊か選んでそれを読み切りことを目標にしたいと思います。

追記より読書メーターまとめです。(BLもあるよ)
-- 続きを読む --

Posted on 20:06 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

6〜7月読書まとめ  

気づいたら8月・・・!6月はリアルの方で(毎年恒例のあれ)バタバタしていたし、あとは某単騎のチケット争奪戦の記憶しかない(ちなみにチケットはご用意されてません)あとは1週間ほど暑さにやれれてた時もあり、久しぶりに体調を崩してしまいました。道民は暑さに弱いの!(特に自分の地域は基本的に涼しいですし)

6月は3冊しか読めてないのですが、7月は20冊越えと久しぶりに読んだな!という感じです。主にコミックばかりなんですけど、気持ち的に積み本が若干減ってスッキリ。進撃もリアルタイムに追いついたし(タイトルに内容が繋がって興奮した!)新刊が何冊か出てますが、艶漢もコミックセット分は読んだので満足。乱歩系な世界観かつファンタジー要素もあり結構設定が深いなぁと。イラストがやはり美麗で眼福。

活字でのおすすめは、ブログ横のオススメ欄をご覧ください!
あれこれ読んだっけ?ていうのが多くて笑う。
個人的には、TLなんですが丸木さんの新作「双囚」、糸森さんのアイリスの新作お狐様、はるおかさんの後宮シリーズが面白かったです。一華〜も読めてないしーーー9月も色々新刊が出るしで、夏休みが欲しい(お盆とは??)

追記より読書メーターまとめです。今回は2ヶ月分なので長いですw
BL編もちょろっとあるよ!
-- 続きを読む --

Posted on 20:07 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

なんちゃってシンデレラ 王国騒乱編 お伽話のつづき、はじめました。1 /汐邑 雛  

なかなか読書が捗らない・・・あと仕事が繁忙期みたいな物ですごい疲れてしんどい(蒸し暑いし)
集中も続かないので、最近はチマチマ進めるアプリゲー(FGOアイナナ)進めてます。



元お菓子職人、和泉麻耶(33歳)の記憶を持つアルティリエは、国王となった夫・ナディルとまるで新婚のような甘~い夫婦生活を送っていた。そんななか、アルティリエの生誕祭が開かれることとなり、二人と血縁関係のあるリーフィッド公国の世継ぎレスタークもやってくる。とある目的のために来訪した彼は、15歳の王妃アルティリエを懐柔しようとし!?



新章突入おめでとうございます!ここからは新規書き下ろしだったはずなので、とても嬉しいです。

正式に即位しても相変わらず相思相愛でほっこり。氷の国王と呼ばれているナディル陛下なのに、幼妻にはベタ甘でニヤニヤしてしまいます(しかもエルゼヴェルト公爵に張り合って贈り物合戦をしてるとか草)確かにナディルの腕の中守られているのだけど関係は対等なのがとても良いなと思います。あとルティアも王妃らしく凛としてきてとても素敵です。常にナディルの王妃であろうとしてるし、実家の義兄(まぁほぼ他人みたいな感じですが)をガッツリ叱ったのは威厳を感じられたエピソードだったな。

二人の血縁者であるリーフィッド公子は確かに頭の良いお馬鹿さんという感じだったけど(エルゼヴェルト国王夫妻がだいぶチートだし)国のためならプライドを捨てれるし、性格も素直なのでなんか憎めなかったです。無事に(?)ルティアの騎士になったので今後の活躍に期待。しかしダーディニア王家とエルゼヴェルトの家系図が複雑で混乱する(カバー裏に載ってますが)

王妃領となったリーフィッド公国を巡って帝国と戦争になりそうな状況で、エルゼヴェルト公爵が誘拐され・・
解決の為に、王妃であるルティアが自分の生家である公爵領に向かう事に。独断での行動なので、計画がナディルにバレた時が恐いですね・・・続きも楽しみです。

Posted on 08:22 [edit]

category: B's LOG/アリス文庫

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター