FC2ブログ

ひとりあそび

気ままに、読んだ本の感想を中心に綴っています

Unnamed Memory I 青き月の魔女と呪われし王/古宮 九時  

Unnamed Memory I 青き月の魔女と呪われし王 (DENGEKI)
古宮 九時
KADOKAWA (2019-01-17)
売り上げランキング: 108,718


「俺の望みはお前を妻にして、子を産んでもらうことだ」「受け付けられません!」永い時を生き、絶大な力で災厄を呼ぶ異端―魔女。強国ファルサスの王太子・オスカーは、幼い頃に受けた『子孫を残せない呪い』を解呪するため、世界最強と名高い魔女・ティナーシャのもとを訪れる。“魔女の塔”の試練を乗り越えて契約者となったオスカーだが、彼が望んだのはティナーシャを妻として迎えることで…。


読みたい!と思っていた熱烈なファンも多いシリーズついに書籍化という事で、わーいと手を出したら読み応えがたっぷりでした笑(Babelの一巻だけ読んだ事あるんですが、シリーズに読み終わったら読み直したいと思います)

魔女と王という事でシリアスな展開なんだろうか・・・・と思ったら、もはや夫婦か!とツッコみたくなる様な夫婦漫才からの夫婦漫才。ただ賑やかな雰囲気の中で人間を突き放した部分があったり、彼女自身一年だけという契約以上城にとどまる気もなさそうで、どこかいつかオスカーに自分を終わらされたいような願望が感じて不安を感じました。長く魔女として生きることになった過去に何があったのか気になりますね。あとオスカーの母親とか

個人的に最初は気に入っているからそばに置いているって感じだったけど、ふとした瞬間に執着や恋に落ちた感じがとても自然で良かったと思いました。なかなかガードが硬いぞ、頑張れオスカー。

まだ序章という感じですが、これは「名もなき物語」これらの一年の出来事が歴史には残らず読み手にしか残らない。魔女の終わりの物語、続きが気になります(ひとまず2巻ポチりました・・・・)
スポンサーサイト



Posted on 22:30 [edit]

category: ソフトカバー

tb: 0   cm: 0

2月読書メーターまとめ  

コロナが大流行で世の中落ち着きませんね・・・・早く収束して欲しいものですが、、、、、

なかなか活字を読む時間が取れず読んだのは、ほぼ鬼滅ぐらいという笑(5冊ずつ揃えてます)
あとはわたしの悪癖の感想書かずに放置が出てたので気をつけたいと思います、はい。あとはもう少し読書(活字)に時間を割きたい今日この頃です。

追記より読書メーター感想です。
-- 続きを読む --

Posted on 13:50 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

1月の読書メーターまとめ  

気付いたら2月も終わりだよ・・・・!
なかなか読書とかする気力がなくて・・・と思ったら、意外と読んでるな!コミックスが多いけど。
のんびりですが流行に乗って鬼滅も少しづつ読み進めています。1月には舞台鬼滅も感激してきたのですが(どっちかというと製作陣目当だったのですが)とても良い舞台でした。円盤買ってしまう様な気がする・・・その内舞台関係のエントリーも書きたいな(n回目)

活字オンリーだと3冊としか読めてないけどどれも個人的には面白かったです。
((しかも個別に感想書いてる))

皇妃エリザベートのしくじり人生やりなおし (二見サラ文庫)【電子オリジナル】廃墟の片隅で春の詩を歌え 愚かなるドードー (集英社コバルト文庫)銀狼の姫神子 天にあらがえ、ひとたびの恋 (角川ビーンズ文庫)

追記より読書メーターまとめです。
-- 続きを読む --

Posted on 13:11 [edit]

category: まとめ

tb: 0   cm: 0

皇妃エリザベートのしくじり人生やりなおし/江本 マシメサ  

読むまで謎だったんですが、挿絵がなくて残念。
二見サラ文庫初めてだったんですがライト文芸っぽいですね・・・?(他のラインナップはわからないけど)

皇妃エリザベートのしくじり人生やりなおし (二見サラ文庫)
江本 マシメサ
二見書房
売り上げランキング: 29,656

二回目の人生は、絶対に幸せになってみせる。

陛下との結婚が不幸の始まり!?
皇帝陛下は未練たらたらだよ、シシィ

暗殺者の凶刃に倒れ六十年の生涯を閉じたオーストリア皇妃エリザベート。
ところが、一回目の人生の記憶そのままに、六歳の少女時代へ逆戻り!?
二度と不幸な人生は歩みたくないと、運命の分岐点だったフランツ・ヨーゼフとの出会いを回避し、見初められることのないようガリ勉少女に変貌を遂げるのだが…。
転生エリザベートと堅物皇帝フランツ・ヨーゼフの二度目の出会いと恋を描く、甘く瑞々しい歴史ファンタジー。


わたしはこの物語を読むまで、シシィはサラエボ事件で暗殺されたと思ってたがあれ「オーストリア皇太子と妻の暗殺事件」だったもんね、エリザベートは皇妃ですもんね(無知)暗殺はされたもの60歳と割と長く生きていた様で(当時としたら)こんなんだけど、東京にハプスブルグ展を観に行ってます(恥)
わたしも人生やり直して〜〜となった

皇帝がエリザベートに一目惚れして〜というドラマチックな馴れ初めだったけど、自由な気風なバイエルン家と絶対君主制を掲げている堅く苦しいハプスブルク家に嫁ぐというのは(自由気ままに育てられてた様だし)明らかにしくじり人生ましぐらだなと思った。
ハプスブルク家の終焉を見届けて、6歳に巻き戻ってからのシシィは皇帝と結婚(ひとまず出会う)のを絶対回避・・・・・!!!!!という感じなんだけど、これどうやっても出会っちゃうし恋しちゃう感じでもはやそこは回避不可能(運命)なんだろうな。今回はお互いを知り、シシィも賢いのでどんどん最悪の事態を回避して行くのがどんどんハッピーエンドに近づいって2度目は幸せの結末だったのだろうなぁと思える終わり方で良かった。2回目で幸せになれたって事は1回目でも幸せになれたかもしれない、お互いに向き合ってたら、もっと民衆に向き合ってたら歴史は違ってたかもしれませんね。
余談ですが、ゾフィー様については「帝冠の恋」(須賀しのぶさん)を読んでるのであまり悪いイメージがないのですよ。
それにしてもあまーそうだったけど、オーストリアスイーツ(カフェ)美味しそうで行ってみたいわ〜〜(ヨーロッパ自体行ってみたい、というか海外に行ってry)

Posted on 13:49 [edit]

category: ライト文芸

tb: 0   cm: 0

廃墟の片隅で春の詩を歌え 愚かなるドード/仲村つばき  





幽閉された亡国の王女・アデールにもたらされる、数奇な運命! 革命により王政が倒れた国、イルバス。国王夫妻と王子らは処刑され、生き残った三人の王女たちもそれぞれ幽閉されていた。末王女のアデールは、特に過酷な辺境の地・リルベクに立つ「廃墟の塔」に閉じ込められ、希望のない日々を送っている。だがある日、謎の青年エタンが廃墟の塔に姿を現した。他国に亡命した姉王女・ジルダの命を受けここに来た、というエタン。亡国の王女を待ちうける未来とは? 凍り付いたアデールの運命が、音を立て動き出す――!


コバルトの電子オリジナル作品です。あまりにも糖度がなく王宮陰謀物(壮大な姉妹喧嘩)なのでオレンジでも良かったのでは?となった(登場人物以外イラストがないのです・・・)

意図的に自分の意思を持たないお人形の様な王女が徐々に成長して行く姿が面白かったです。知識や確かな王女としての意思があるはずなのに、自分の意思を封じ込めて姉たちのお人形でいようとするアデールの姿が読んでてもどかしかったけど、自分で悔しい思いをして行き成長していく姿がとても良かった。続きも決まっている様で、曲者でもある姉たちにどう戦って行くのかがとても楽しみ。姉たちも才能がある妹をドードー(愚者)に仕立てようとして、廃城に放置するんだから情があるのはアデールぐらいなんだろうな。

作中結婚するんですが夫とはすごくビター(政略結婚なので)な関係で(険悪ではないけどぎこちない)、むしろ女王の愛人兼(まぁそこに愛は無いみたいですが)側近であるエタンとは、廃城から助け出されたりお目付役だったりして、ちょいちょい口にレモンを突っ込まれたりもしかしたら淡い思いを抱いたのは彼なのかもしてない。

続巻も今月末に配信なようだし、連載も続いてる様なので続きが楽しみなシリーズです。
夫のグレンとも自分が狙われた事件がきっかけで決心がつき夫婦として歩み寄れたし、才能を開花させたアデールがどう化けていくのかが楽しみです。

Posted on 19:18 [edit]

category: コバルト文庫

tb: 0   cm: 0

検索フォーム

プロフィール

最近のお気に入り!

カテゴリ

最新記事

リンク

メールフォーム

カウンター